レムレスブルーの午前2時

管理人:心太さま new

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約5~12時間
攻略人数:3人? / ED数:15種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
中高一貫男子校に通う中学3年生のアオイは
真夜中の散歩中、旧制服を着た不思議な少年・ヒナタと出会う。
お互いをよく知らぬまま親しくなっていく2人だったが、ある人物を探しているというヒナタに
アオイはとっさの噓をついてしまう。

その人物、"本物の天才"と称されながら7月半ばに姿を消した少年「アカネ」の真実とは―。

アオイ :明るく天真爛漫な中学3年生。人懐っこいようでいて時に辛辣。大のおじいちゃんっ子。
ヒナタ :真夜中の午前2時に現れた不思議な少年。何故か旧制服を着用している。性格は意外と気さく。
イツキ :季節外れの転校生。「アイドル探偵」として活躍する芸能人の顔も持つ。霊感が強い。
サクラ :アオイと同じ寮に住む2つ上の先輩。真面目で面倒見がよく、アオイの事を気にかける。
アカネ :"本物の天才"と称され、何事も完璧にこなすが故に周囲から畏怖されていた存在。



【感想】
★★★★☆ :少年愛度
★★☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

商業化もされている有名作品ですが、遅ればせながらようやくコンプ出来ましたー!!
オススメ頂いたゲームでもあります。T様、どうもありがとうございました!

一応「ボーイズラブ」のカテゴリに分類させて頂きましたが、「BLと言うより少年愛」との事で
確かにBL要素はさほど強くありません。
それでも、イツキ・サクラルート辺りは普通にBLだよなぁと私などには感じられたのですが、
真EDに到達する頃にはそういうのを超越して訴えかけてくるものがあるというか…。
ヒナタ(&アオイ)ルートはもう読む手が止まらなくて一気にクリアしてしまいました!
あくまで友情以上恋愛未満の関係で、確かに「少年愛」と表現する方がしっくりきますね。
BLが苦手な方でも大丈夫だと思います。

とにかくミスリードが超絶巧みな作品!
読めば読むほど謎が深まり、しっかり読み込まないと頭が混乱すること必至です。
やっと1つ謎が解けたと思ったらまた次の謎が生まれ、しかも選択肢を正しく選ばないと
先のチャプターにも進めない仕様で、全ての真実を知るには手間も時間もかかりました。
中心人物となるアオイのぶりっ子ポーズ&可愛い口調にも惑わされ、冒頭ではコミカルな印象を受けます。
が、全体的には非常に重くてシリアス。残酷描写も出てきますのでご注意ください。
最後の最後、ヒナタ&アオイの真EDへ向かう一連の展開では衝撃的事実が怒濤のように押し寄せてきて、
息をするのも忘れるほどです。
あの、プレイヤーの心を最後まで惹き込み続ける文章力と構成力は圧巻と言うほかない…!!
もちろんグラフィックの画力は言うに及ばず。
音楽(特にメインテーマ)もゲームのイメージととても合っていててっきりオリジナルかと思ったのですが、
実はフリーの音源なんですってね。
メインテーマの曲なんて、今後どこで聴いてもこの作品を思い出しそうです。そのくらいピッタリでした!


とりっく おあ とりっく!

管理人:SNさま up

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約10~15分
攻略人数:2人 / ED数:10種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
人間の父と魔族の母を持つ「半魔」のお嬢様・ソーシャは、小さくて可愛い双子の使用人兄弟が大好き!
日々愛情表現という名の嫌がらせいたずらを仕掛けては、怒られたり呆れられたりしている。
そんなある日、彼女の両親が数日家を留守にする事に。
こんな絶好の機会を逃す手はない!
この時とばかり、ソーシャはいたずらで2人をあれやこれや構い倒す作戦に出るのだが…。

ルナート :使用人の少年でネガートとは双子。泣き虫で怖がり。口調は丁寧(敬語)。
ネガート :使用人の少年でルナートとは双子。クールで大人びている。口調は乱雑。
シシィ :魔族の少年で主人公のお目付け役。普段は黒猫の姿をしている。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

タイトルや賑やかな色使い、「いたずら」というキーワード等からついハロウィンゲーと思ってしまいますが、
実はハロウィン関係ありません(^_^)ゞ
でも、何となくプレイするならハロウィン時期に!…と思っていたんですよね(公開は'13年12月)。
私はショタ萌えよりオジ萌えの属性持ちですが、そんな私にも非常に楽しめた可愛いショタゲーでした!
双子ショタって…いいものですね…v

1周プレイは短いものの、イベントが多彩でED数・スチル数ともにボリューミーで大満足!
「誰に」「どんないたずらをしたか」でEDが分岐します。
仕掛けてみたいいたずらが盛りだくさんで、どの選択肢も選びたくて困ってしまいました~♪
一番楽しかったのは頭なでなでv(←いたずらじゃない気もしますが(笑))
好意の矢印がヒロインからのみなら「これ、完全にセクハラじゃね?」と思うものもありますが、
この双子ちゃん達の場合は嫌よ嫌よも何とかの内、ってヤツなので。そこは安心でした。
真っ赤になって困ってるけど意外と満更でもない…という表情がものすごくツボるんですよーぅ(´д`)ノ
ショタゲーって総じて微糖・ほのぼの傾向の作品が多いと思うのですが、
こちらの作品は攻略対象側にしっかり恋愛感情があるからか、ときめき度もなかなか高め。
パワフルで愛情表現ストレートなヒロインのキャラクターも実にいい味を出していました!
普段は双子よりもずっと言動が子供っぽいのに、実はシリアスな生い立ちを抱えていて(これは双子も)。
ふとした瞬間に“お姉さん”の顔を見せてハッとさせられる―そんな女の子なのです。
そういう彼女だからこそ、どんなにハチャメチャでも彼らに好かれるのが納得出来るんですよね。
ヒロインにちゃんと「惚れられる」要素があるのってやはり大事だと思うのです。

ルナートとネガートはどちらもツンデレキャラですが、ツンとデレの配分が微妙に違います。
言うなれば ツンデレデレ と ツンツンデレ …?
この配分具合がね! 実に絶妙でして!!
初見では圧倒的にネガートが好みだったのですが、コンプした今となっては
むしろルナートがお気に入りになったかもです。彼は敬語と独占欲がポイントだと思うの!(≧▽≦)ノ
人間ver.シシィのEDも出来れば見てみたかったですね~。



■スピンオフ作品『とりーとあんどとりーと!』が公開されています(公開されてるの気付いてなかった…!おおぅ)
 短編探索RPGです。EDは本編での各キャラ恋愛EDの続き的エピソードになっていますよv up


シノビハリセンボ

管理人:華里さま new

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / クリア時間:約10~15分
攻略人数:1人 / ED数:2種類



【あらすじ&登場人物】
時は戦国。
大名家の三女として生まれた主人公・四月朔日わたぬきほむら(名前変更可)は、三度の婚儀をするも
その度に嫁ぎ先が敵に襲われ、出戻りを繰り返すという受難の姫君。
そんな彼女をいつも助けてくれるのは、幼少時から忠実に仕えてくれる忍の青年・狐蛇こだであった。
ある日、主人公の前に全身が針で覆われた不思議な物の怪が現れる。
狐蛇が言うには、それは噓を吐く人間に取り憑く「ハリセンボ」という妖らしいのだが…。

狐蛇(こだ) :四月朔日家に仕え、主人公の護衛を務める忍。有能だが色恋の感情には疎い。


【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
噓の日ゲー、未だほとんど着手出来ておらずタイムリーに記事を書けなくて申し訳ないのですが、
今後もぽつぽつマイペースにレビューしていけたらと思っています。

今までの作品はRPGツクール製がもっぱらだった作者様ですが、今回は吉里吉里製。
RPGに不慣れな身としては、キーボードではなくマウスで操作出来るのはやはり嬉しい…!
操作性がいつも以上に快適なのはもとより、和風で統一されているデザインも素晴らしかったです!
キャラ絵や背景が彩度低めの色でぺったりと塗られているのも何となく浮世絵っぽくて、
世界観にマッチしていますね。
選択肢は少なめで、基本的には読み進めていくだけでOK。EDは「真」「偽」の2つです。
当然ベストEDは「真」の方ですが「偽」EDもこれはこれである意味ハッピーエンドと言える形で、
身分違いの恋によくある悲劇的要素は見当たりません。
終始ほのぼのとして明るく賑やか、でも時にはちょっぴりしんみり…そんな楽しい物語です。
何より、ずっと狐蛇に一途なくせに素直になれない主人公が可愛くて可愛くて~v
冒頭のあらすじで「三度の出戻りを重ね…」と出た時は「ど、どんなヒロイン!?」と焦りましたが、
乱世に生まれた姫としての覚悟をしっかり持っているところも好印象でした。
狐蛇ならきっと大丈夫、彼は笑顔でさらりと世界征服してしまえるチートキャラタイプですよ(笑)

キュノロドンの牢獄

管理人:pineteaさま(管理代表:Bcarさま) new

 
内容:神よ、どうか死にゆく彼らに救いを
使用ツール:WOLF RPG Editer / クリア時間:約5~15分 / ED数:24パターン

※こちらは12推(中学生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
圧政に苦しむとある領土に、死刑囚を収容する牢獄―通称「キュノロドンの牢獄」があった。
主人公は教会からその牢獄へと派遣された1人のシスター。
彼女は死を待つ囚人達のため、今日も慈悲の心で施しを与えるのだった。

エナ :教会のシスター。先の戦争で夫を亡くした未亡人。母性が強く慈悲深い。
クレイオス :【罪状】反逆。主である領主を暗殺しようとして失敗した元騎士。実直そうな男。
コキノ :【罪状】売淫。蠱惑的な容姿を持つ少年。その美貌で多くの人間を誑かしたとされている。
ダモン :【罪状】詐欺。全身傷だらけの粗野な男。知人から金を騙し取った罪で投獄された。
看守 :キュノロドンの牢獄の監視役。淡々と職務を遂行しているようだが、実は…。



【感想】
★★☆☆☆ :救われ度
★★★★☆ :虚しい度
★★★★★ :運命を変えたい度

乙女ゲーのようで、鬱ゲーのようで、でも今までプレイしたどんなゲームとも違う
不思議な余韻を残す作品でした!
先に言っておきますと、どのようにプレイしても死刑囚らの運命は(一部を除き)変えられません。
断頭台の露と消えるその日まで、出来るだけ彼らの心に寄り添いそのよどみをきよめてあげる事が目的です。
別ゲームにて物理的に救う事も可能になりましたが、それはまた後述。

教会から受け取ったお金で施し品を買い、それらを囚人達に与える(与えなくても可)。
プレイはこれを3日間繰り返すだけです。最初はあまりにもあっさり終わるので拍子抜けしてしまうかも。
施し品への感想は様々ですが、己の未来を諦めている彼らなのでリアクションは割と薄め。
好みを探るのはなかなか難しかったですね。
好みの品を与える事で好感度(?)を上げ、最終日までに彼らの心を開くことが出来れば
誰にも言えなかったその胸の内を話してくれるかもしれません。
複数キャラの懺悔を同時に聞く事も可能です。が、刑執行当日に最後の挨拶に来てくれるのは
最も好感度の高い人だけのようなので、目的キャラ以外との過交流にはご注意を。
ちなみに、とある方法で物騒なモノも渡すことが出来ます。
てっきり全員脱走用に使うものだと思っていたら、これがまた実に三者三様の使い方で…
思わず「巧いな~」と感心させられました!
EDは各キャラの死刑執行時の様子が文章のみで語られるという珍しいスタイル。
しかし、その淡々とした叙述が逆にいろんな想像の余地を残してくれるのです。
虚しさも癒しも倍増される感じ…。
迎える結末は基本同じなのに、こうも印象が異なるとは不思議なものですね。
1プレイで全員何かしらのEDを迎える形になるため、ED数は「○つ」ではなく「○パターン」という
単位になっています。

この作品をプレイして「どうしても彼らの運命を変えたい!」と思った方は、
噓の日に公開されたおまけゲーム『キュノロドンの牢獄 Anothe Side』をプレイしましょう。
サクッと終わるミニゲームですが、本編でのもやもや感を吹っ飛ばしてくれますよ~(^-^)
本編とは違ってコメディです♪

Destroy

管理人:pineteaさま(管理代表:Bcarさま) new

 
使用ツール:WOLF RPG Editer / クリア時間:約30分
攻略人数:2人+1人 / ED数:14種類

※こちらは12推(中学生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
とあるマフィアに捕らわれてしまった美しいセイレーンの娘。
セイレーンはその歌声で人間を惑わす魔物だが、彼女は捕縛のショックからか声を失っていた。
奴隷として高値で売り飛ばすためにも、声は取り戻してもらわなくてはならない。
そこでしばらくの間、娘はマフィアの屋敷で監禁される事になったのだが…。

ウェルガー :24歳。主人公を攫った実行犯。単純で血の気が多い若者。
ドート :37歳。ボスの補佐役で若い衆のまとめ役。寡黙で落ち着いている。
ロイ :17歳。父親から地位を受け継いだマフィアの若きボス。性格は冷酷で非情。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

こちら、プレイさせて頂いたのは実は随分前なのですが。
同サイト様の他作品もコンプしてからレビューを…と考えている内にレビューしそびれてしまった
1作だったりします(そして他作品は未だコンプ出来ず(TωT))。

恋愛EDのある乙女ゲーではありますが、基本は屋敷内を探索して脱出を目指すゲームです。
主人公は非常に美しいセイレーンという設定で、攻略男性は早々に彼女に陥落。
一度は彼女を逃がそうとしますが、ボスに見つかり2人は別々に監禁されてしまいます。
ただし、主人公の方はボスの気まぐれで「屋敷の仕掛けを解いて無事脱出できたら見逃してやる」という
賭けを受ける事に…。
自分を助けようとしてくれた彼を探して共に脱出するも良し、魔物らしく人間の事などお構いなしに
ひとり逃げ去るも良し、はたまた大人しくボスに降参するも良し。
ED数は多めですが探索MAPはさほど広くなく、セーブ機能を活用する事で短時間のコンプも可能です。
脱出に必要なアイテムの存在場所と使用順序さえ覚えれば、攻略対象2人のルートは
同じようにクリア出来るでしょう。
ただ、「調べる場所にマーキングされている」等の分かり易いヒントは一切ありません。
何もない場所にポツンと落ちているアイテムもあって、自力で全てを解くのはなかなか手間でした~。
このレビューを書くにあたり再プレイさせて頂いたのですが、攻略ページがなかったら
多分コンプ出来なかったと思います;; 全体的な難易度は低め。

EDですが、割とハッピーだなぁと思えたのは各キャラ(ウェルガー&ドート)2つずつ。
彼らの職業が職業なので、ハッピーと言えど自由を得るためにはいろいろ派手にやらかさざるを得ません。
死人がバタバタ出るので苦手な方はご注意くださいね。
マフィアとは言え、ウェルガーもドートもかなり誠実で憎めないキャラに描かれているのが良かったです。
ウェルガーは可愛く、ドートは渋い!
ロイは特殊ED扱いなので、まぁ…あれ以上を望むのは無理でしょうかねぇ(^_^)
キャラ絵やタイトル画像がとても美しいのですが、作品にスチルはありません。う~ん、残念っ。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
フリーゲームレビュー&二次創作の
ブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

お知らせ
cholian様
 『アイアンブルー・メッセージ』
 
 『ミノルカブルー・アンブレラ』サブキャラ
 花矢さんの短編が公開されました。
 前作未プレイでも楽しめます
 
※サイト休止中のため、リンクはalalaka様へ

プロキオン様
 『新選組相聞記 不語之草 -七つの夕べ-』
 期間限定再公開中です(~7/31)  
最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
*印のついた作品は公開終了しています

 
 
 
レビューリスト(な~ん・他)
 
 
 
 
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード