あなたの手のひらの上で

管理人:kijiさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
内容:人間に恋するハムスターの女の子の恋愛物語
使用ツール:WOLF RPGエディター / クリア時間:約10~20分 / ED数:6種類



【あらすじ】
“あなたが好きよ……愛してる……だけど私はハムスター”

主人公は少し臆病なハムスターの女の子。
ペットショップで一目惚れした人間の男性に飼われることになるのだが…。
(一部制作者様サイトから引用)


【感想】
★★★★★ :ラブリー度
★★★★★ :ほっこり度
★★★ :切ない度

前々から気になってはいたのですが、とある理由からプレイを控えていた作品です。
このたび同作者様の『夏色シロップ専門店』シリーズを読了した流れで、こちらもプレイさせて頂きました。
(『夏色~』は後日レビュー予定)

ハムスターではありませんが、私自身、常に身近にペットがいる環境で育ちまして。
人間からたっぷりと愛情を注がれたペットって、こういう風に飼い主に全幅の信頼を寄せてくれるのかしら…。
だったらこんな嬉しい事ってない。
とにかく「ハム可愛いよハム(人´∀`)v」という気持ちにさせてくれるお話でした!
プリプリしたハムケツもたまらんです~v
ヒロインがハムスターの女の子という事で、愛情表現はど直球、超ストレート。
文体が一人称という効果もあってか、あの短い手足やくりくりしたお目目で
めいっぱいの「大好き!」を示してくれている感じがとてもよく伝わってきてほっこりします。
ちょっと拗ねちゃっても、おやつをもらうとすぐ怒っている事を忘れてしまう単純さも愛しい。
これは人間のヒロインにはとても出せない味ですよね(人間だと多分ウザくなると思われ…)。
とは言え、そこはやはり人間とハムスターの恋なので。切ない部分も多分にあります。
EDはむしろ胸がきゅうっとなってしまうものが多めでした。
ただ、私が無駄に危惧してなかなかプレイに至らなかった理由
「ハムスターが【寿命で死んで】しまう」という結末はなく、そこはホッと致しました。
飼い主の男性の未来が描かれたEDではもしかしたら…という表現はありますが、
それ以上に癒しと幸福感で心満たされる事でしょう。(一部文字反転)

基本的にはノベルゲームですが、EDでは可愛いカラーイラストが表示されます。
おまけ部屋の仕掛けも必見。是非コンプリートを目指してみてくださいね!
ちなみに。上記スクショでは飼い主の名前を(ふりーむ!様の真似っこで)「公星」としておりますが、
実際のプレイではハム・飼い主ともに好きな名前をつけられます。
でも、ふりーむ!様のを見ていなくても多分私も「公星」って付けたな^^ ハムスターだけに(笑)

レイニートレイン

管理人:AOLさま new

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約30分
攻略人数:1人 / ED数:3種類



【あらすじ&登場人物】
作家“梅雨晴子”の小説が好きで、毎日通学の電車で読書を楽しむ主人公。
彼女にはその読書以外にもう1つ、電車内での楽しみがあった。
それは、雨の日だけ同じ車両に乗っていて、自分と同じく“梅雨晴子”の小説を読んでいる
「彼」の姿を見つけること。
臆病な自分にはとてもそれ以上の行動を起こす勇気はなかったけれど。ある日…。

彼 :雨の日だけ通学電車で見かける他校の男子高校生。電車内では座らない主義らしい。


【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

うおー、梅雨の間にご紹介出来ればと思っていた作品でしたのに!
梅雨どころかもう秋になってしまって時の流れの早さに愕然としております。すみません(>_<)

雨の日を鬱陶しく思っている人でもきっと雨が好きになる、そんな穏やかで心地好い物語です。
メインの2人はどちらも奥手タイプで、お互いに(と言っても「彼」の気持ちはまだ語られませんが)
何となく気になりながらも序盤では同じ空間(電車)を共有するだけで満足してしまっています。
その心理描写が繊細で、かつリアリティがあって。かなり共感出来るのが素敵。
現実って得てしてそういうものですよねぇ。
そんな中、とあるハプニングによって一歩近付いてくれた「彼」にどんな態度を取るか。
選択肢の数は少なく、またとてもシンプルな2択なのですが、
ちゃんと現実を見据えて自分の意思で行動を起こすことの大切さを教えてくれるようで、
なかなか考えさせられる部分もありました。
(いや、決してそんな説教めいたお話ではないんですけどね!)
ハッピーエンドやおまけ小話はとにかく可愛らしいの一言ですv
初々しいが故に意外とストレートな愛情表現をする2人に、読んでいるこっちが思わず
もじもじしてしまいました~(^m^*)
サブキャラとしていい味を出していた「あの人」にもいつか幸せになってもらいたいですね。

水彩風の淡い絵柄や優しいピアノのBGM、セーブ&ロード画面の傘アイコンなど、
細部に至るまで世界観を大事にして作り上げられた丁寧なお仕事っぷりを感じます。
個人的にはメニューボタンにオンマウスしたときの水音のSEが好きv
コンプリートするとある場所から特典イラストが拝めます。見逃さないよう最後まで気をつけましょう!

ソレだけじゃ足りない。~私と彼らの日常~

管理人:no-maさま new

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約40分~1時間
攻略人数:2人 / ED数:3種類

※こちらは15禁(15歳未満禁止)作品です。

※(8/7追記)ミニゲーム『ソレだけじゃ足りない。~海の番外編~』が公開されました! up

【あらすじ&登場人物】
主人公・南木美咲(名前変更可)は田舎から上京したばかりの社会人1年生。
さっそく弟と共に新居を探すものの良い物件が見つからず、それならば、と弟の下宿先で
一緒に住む事を提案される。
しかし、その下宿先は管理人も同居人も男性ばかりのシェアハウスで…?

苑田淳也 :下宿先の管理人代理。面倒見の良い兄貴分で、在宅でライターの活動もしている。
花澤 皇 :同居人の1人。奏人の大学の後輩。無口で無表情、コミュニケーション能力が乏しい。
奏人 :主人公の弟。東京の大学に通っている。明るく天真爛漫、ややシスコン気味。



【感想】
★★★★ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★☆☆ :シリアス度

とってもハートフルなシナリオにほっこりしつつ、甘々も存分に堪能させて頂きましたーv
主人公に浮ついたところがなく、真面目でしっかり者という点も非常にポイント高いです。
(ドジっ娘・守られ型も可愛いけど、やはり私は優等生やしっかり者タイプの方が好き(´∀`*))
そんな性格だけど外見はボーイッシュ、というのもなかなか新鮮ですね。
現時点での攻略対象は淳也と皇の2人。
奏人ルートはアンケート特典記事で読む事が出来ますが、後日正式にゲームに組み込まれるようです。
他キャライベントも少し追加予定との事なので、一気にプレイしたいという方は
完全版公開を待つのも手かもしれません。

恋愛過程としては特に大きな障害もなく、両想いになるべくしてなっていくという感じですね。
攻略対象同士が三角関係になる事もありません。
こちらの作品は恋愛成就後のエピソード(エピローグ)が長いのが特徴で、
片想い時点のすれ違いやもどかしさを楽しむよりも、その後の幸せ&甘~い恋人時間に
たっぷり浸りたい!という方に特にオススメです。
エピローグでの男性陣は、恋愛前には割と控えめだったフェロモンが溢れ出ていて…
そのギャップにもドキドキですよ////
無表情タイプが好きなので真っ先に皇くんから落としたのですが、最終的には淳也さんのエロスに
やられてしまった自分がいました。大人の色香、キケン!!
(が、料理中に淳也さんが主人公の袖をまくってくれるシーンで、「外」ではなく「内」にまくる姿に
思わず「オカンか!!Σヾ(゜∀゜;)」とツッコんだのも自分です…(笑))
内側にまくった方がずり落ちにくいんですよね~

あとがきにはネタバレと没スチル?のラフ画が表示されます。
あのラフ画、どれもこれも美味しい構図でもったいなさ過ぎるものばかりなのですが…!?
未コンプ状態でも読めるようですが、コンプ後表示を強く推奨致します。

レムレスブルーの午前2時

管理人:心太さま new

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約5~12時間
攻略人数:3人? / ED数:15種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
中高一貫男子校に通う中学3年生のアオイは
真夜中の散歩中、旧制服を着た不思議な少年・ヒナタと出会う。
お互いをよく知らぬまま親しくなっていく2人だったが、ある人物を探しているというヒナタに
アオイはとっさの噓をついてしまう。

その人物、"本物の天才"と称されながら7月半ばに姿を消した少年「アカネ」の真実とは―。

アオイ :明るく天真爛漫な中学3年生。人懐っこいようでいて時に辛辣。大のおじいちゃんっ子。
ヒナタ :真夜中の午前2時に現れた不思議な少年。何故か旧制服を着用している。性格は意外と気さく。
イツキ :季節外れの転校生。「アイドル探偵」として活躍する芸能人の顔も持つ。霊感が強い。
サクラ :アオイと同じ寮に住む2つ上の先輩。真面目で面倒見がよく、アオイの事を気にかける。
アカネ :"本物の天才"と称され、何事も完璧にこなすが故に周囲から畏怖されていた存在。



【感想】
★★★★☆ :少年愛度
★★☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

商業化もされている有名作品ですが、遅ればせながらようやくコンプ出来ましたー!!
オススメ頂いたゲームでもあります。T様、どうもありがとうございました!

一応「ボーイズラブ」のカテゴリに分類させて頂きましたが、「BLと言うより少年愛」との事で
確かにBL要素はさほど強くありません。
それでも、イツキ・サクラルート辺りは普通にBLだよなぁと私などには感じられたのですが、
真EDに到達する頃にはそういうのを超越して訴えかけてくるものがあるというか…。
ヒナタ(&アオイ)ルートはもう読む手が止まらなくて一気にクリアしてしまいました!
あくまで友情以上恋愛未満の関係で、確かに「少年愛」と表現する方がしっくりきますね。
BLが苦手な方でも大丈夫だと思います。

とにかくミスリードが超絶巧みな作品!
読めば読むほど謎が深まり、しっかり読み込まないと頭が混乱すること必至です。
やっと1つ謎が解けたと思ったらまた次の謎が生まれ、しかも選択肢を正しく選ばないと
先のチャプターにも進めない仕様で、全ての真実を知るには手間も時間もかかりました。
中心人物となるアオイのぶりっ子ポーズ&可愛い口調にも惑わされ、冒頭ではコミカルな印象を受けます。
が、全体的には非常に重くてシリアス。残酷描写も出てきますのでご注意ください。
最後の最後、ヒナタ&アオイの真EDへ向かう一連の展開では衝撃的事実が怒濤のように押し寄せてきて、
息をするのも忘れるほどです。
あの、プレイヤーの心を最後まで惹き込み続ける文章力と構成力は圧巻と言うほかない…!!
もちろんグラフィックの画力は言うに及ばず。
音楽(特にメインテーマ)もゲームのイメージととても合っていててっきりオリジナルかと思ったのですが、
実はフリーの音源なんですってね。
メインテーマの曲なんて、今後どこで聴いてもこの作品を思い出しそうです。そのくらいピッタリでした!


とりっく おあ とりっく!

管理人:SNさま up

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約10~15分
攻略人数:2人 / ED数:10種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
人間の父と魔族の母を持つ「半魔」のお嬢様・ソーシャは、小さくて可愛い双子の使用人兄弟が大好き!
日々愛情表現という名の嫌がらせいたずらを仕掛けては、怒られたり呆れられたりしている。
そんなある日、彼女の両親が数日家を留守にする事に。
こんな絶好の機会を逃す手はない!
この時とばかり、ソーシャはいたずらで2人をあれやこれや構い倒す作戦に出るのだが…。

ルナート :使用人の少年でネガートとは双子。泣き虫で怖がり。口調は丁寧(敬語)。
ネガート :使用人の少年でルナートとは双子。クールで大人びている。口調は乱雑。
シシィ :魔族の少年で主人公のお目付け役。普段は黒猫の姿をしている。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

タイトルや賑やかな色使い、「いたずら」というキーワード等からついハロウィンゲーと思ってしまいますが、
実はハロウィン関係ありません(^_^)ゞ
でも、何となくプレイするならハロウィン時期に!…と思っていたんですよね(公開は'13年12月)。
私はショタ萌えよりオジ萌えの属性持ちですが、そんな私にも非常に楽しめた可愛いショタゲーでした!
双子ショタって…いいものですね…v

1周プレイは短いものの、イベントが多彩でED数・スチル数ともにボリューミーで大満足!
「誰に」「どんないたずらをしたか」でEDが分岐します。
仕掛けてみたいいたずらが盛りだくさんで、どの選択肢も選びたくて困ってしまいました~♪
一番楽しかったのは頭なでなでv(←いたずらじゃない気もしますが(笑))
好意の矢印がヒロインからのみなら「これ、完全にセクハラじゃね?」と思うものもありますが、
この双子ちゃん達の場合は嫌よ嫌よも何とかの内、ってヤツなので。そこは安心でした。
真っ赤になって困ってるけど意外と満更でもない…という表情がものすごくツボるんですよーぅ(´д`)ノ
ショタゲーって総じて微糖・ほのぼの傾向の作品が多いと思うのですが、
こちらの作品は攻略対象側にしっかり恋愛感情があるからか、ときめき度もなかなか高め。
パワフルで愛情表現ストレートなヒロインのキャラクターも実にいい味を出していました!
普段は双子よりもずっと言動が子供っぽいのに、実はシリアスな生い立ちを抱えていて(これは双子も)。
ふとした瞬間に“お姉さん”の顔を見せてハッとさせられる―そんな女の子なのです。
そういう彼女だからこそ、どんなにハチャメチャでも彼らに好かれるのが納得出来るんですよね。
ヒロインにちゃんと「惚れられる」要素があるのってやはり大事だと思うのです。

ルナートとネガートはどちらもツンデレキャラですが、ツンとデレの配分が微妙に違います。
言うなれば ツンデレデレ と ツンツンデレ …?
この配分具合がね! 実に絶妙でして!!
初見では圧倒的にネガートが好みだったのですが、コンプした今となっては
むしろルナートがお気に入りになったかもです。彼は敬語と独占欲がポイントだと思うの!(≧▽≦)ノ
人間ver.シシィのEDも出来れば見てみたかったですね~。



■スピンオフ作品『とりーとあんどとりーと!』が公開されています(公開されてるの気付いてなかった…!おおぅ)
 短編探索RPGです。EDは本編での各キャラ恋愛EDの続き的エピソードになっていますよv up


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
フリーゲームレビュー&二次創作の
ブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
*印のついた作品は公開終了しています

 
 
 
レビューリスト(な~ん・他)
 
 
 
 
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード