ブラッド教授の笑わない助手

管理人:砂原みたけさま new
内容:お菓子をねだる駄々っ子教授と渋々ながらも奔走する助手の探索ADV
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約10分 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・イザベラ(名前変更可)は黒魔術を研究するブラッドリー教授の助手。
甘いものが食べたいという教授のため、屋敷にある材料でお菓子を作ることになったのだが…。

ブラッドリー :黒魔術研究のため主人公と共に人里離れた屋敷で暮らす、自称・天才教授。


【感想】
★★★☆☆ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
☆☆☆ :シリアス度

こちらの作品、「お菓子」「黒魔術」などのワードからハロウィンゲームかと思っていまして、
秋頃には既にクリア済だったりします。
が、実際プレイすると主人公の作るお菓子が全てショコラ系ということもあり、
「これ、むしろバレンタイン向きでは?」と感じるようになりまして。
この時期までレビューを温存していた作品なのでした。
(特に何かの季節イベントものと明記されている訳ではないんですけどね)

表情筋が全く機能していないヒロインと、その上司でやや自信過剰な若き天才教授のお話です。
教授の唐突な要求により、渋々ながらお菓子を用意することになった主人公。
手始めに本棚でレシピを調べてみると、レシピページには何やら不自然な折り目が…という流れ。
無表情なヒロインはもともと心の機微に疎い子なんだろうな、
教授はプライドが邪魔して素直になれないタイプで、そんな2人のすれ違い日常の1コマを描いた
物語かな―というのが当初の印象でした。
実際、どのEDも最後は微笑ましい結末で、恋愛成就とまではいかずとも
「ブラッド…頑張れ……!」と彼側を応援したくなります。スチルの照れ顔可愛いv
しかしながら、過去の2人には何となく含むものがありそうで。
そこにモヤモヤしていたら、おまけで読める“あるモノ”によって知られざる真実の断片が…!
ああ、だから黒魔術なのか。ああ、だからヒロインは無表情なのか。
ああ、だから2人きりの引きこもり生活だったのか―…と見事に伏線が回収されていきます。
本編はクスッと笑えるくらいライトでほのぼのした話なのに、隠された設定が意外と重い…!!
でも、それによりますますブラッドの健気さや一途さが伝わって、きゅんとさせられてしまいました。
そもそもの発端に関する謎は残りますが、2人の生活が今後も平和で穏やかであれと願うばかりです。

レシピを確認した後は屋敷内を探索し、お菓子の材料を集めます。
探索個所は少ないし、アイテムの場所も判り易くなっているのでさほど迷うことはありませんが、
ところどころ魔物(?)に邪魔されて取れないアイテムにはひと手間必要ですね。
「〇〇液体」だの「××粉」だの明確に何と判らない怪しい代物も見つかりますが、
一応全て食品なので安心して投入しましょう。アイテムの正体はEDを見ると判明しますよ。

一恋

管理人:縁ちよさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
使用ツール:ティラノビルダー / 1周プレイ時間:約5分
攻略人数:3人+1人 / ED数:3種類+1種類


【あらすじ】
『運命の恋は、一瞬で始まる―』

ある朝、急いで学校に向かっていた主人公が出会ったのは…?
(一部readmeより引用)


【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆☆ :シリアス度

上記リンクはノベルゲームコレクション様の作品紹介ページ直通になっています。
作者様個別サイトへはこちらから飛べますが、ゲームEDスチルのネタバレがあるのでご注意を。

さくっと手短に遊びたくてプレイし始めた作品ですが、
1ルート5分程度という、まさにハイスピード&ハイテンションな可愛い乙女ゲームでしたっ。
が、その短さにもかかわらずスチルやカットの量が豊富で、しかもそのどれもが圧巻のクオリティ!
こんなに爆速の作品でこんなに美麗絵を拝みまくれていいのかしら…。ありがたや。
花やハートが多用されているUIは最近にはちょっとないほどの王道路線で、逆に新鮮。
ピンクってときめく色だなぁと改めて再認識しちゃいましたよ。
物語は本当に一瞬です。超展開です。
あのたった1つの選択肢でこうも主人公の運命が変わってしまうのー!?
攻略対象はもれなく全員超個性的で、「何でそっちに話が進むねん!」と
ツッコミを入れている間に(入れる間もなく?)彼ワールドへ連れていかれます。
なのに、そんな彼らをも秒で受け入れてしまえる懐深すぎる主人公…アナタが最強や!
最後はめちゃくちゃ溺愛されて乙女ゲーとしての萌えもしっかり味わえる、満足度の高い作品です。

各キャラの名前にツッコミどころが満載なので、人物紹介は敢えて省きました。
主人公のデフォルト名からして、もうね…フフッ。
ブラウザ版が手軽でオススメですが、私のPC環境下(Chrome)ではたまにエラーが出たので
気になる方はDL版が無難かも。
ただし、ブラウザ版でもエラーメッセージを消して普通に進めばフルコンプは可能です。
(隠しルートが出現する状態にしてプレイするとエラーが出ない模様?
出現方法についてはゲーム紹介ページをご確認くださいませ)

転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない


内容:悪役(?)令嬢として断罪される運命を回避せよ!
使用ツール:Ren'Py / 1周プレイ時間:約10~15分 / ED数:5種類+3種類
(ver.1.10~追加)


【あらすじ&登場人物】
貴族令嬢のノーラは国の第五王子であるシャイン殿下と婚約中。
だが、肝心の殿下は学園で聖女と称えられるユリアナ嬢にぞっこんの様子!
まだ婚約破棄はされていないけれど、このままでは時間の問題…。
さて、どうする?

ノーラ :主人公。アクーヤクスキー家の令嬢。キツめの美人顔。
シャイン :カルイヤッチャ王国の第五王子で主人公の婚約者。
ユリアナ :主人公らが通う魔法学校の同級生。イーコデワアル家の令嬢。



【感想】
★★★ :痛快度
★★★★★ :爆笑度
★★★★ :どうしてそうなった度

実はワタクシ、転生+悪役令嬢ものが大好きでしてーっ。
その手の作品は「小説やゲームの世界に転生したら何と自分が悪役令嬢だった!」ってのが定番で。
本来のヒロインとメインヒーロー(←大体は悪役令嬢と婚約している)が結ばれ、
悪役令嬢はラストで婚約破棄を言い渡されて断罪、辺りまでがお約束な訳ですよ。
転生ものなら主人公自身が前世の記憶を駆使して最悪の結末を回避するのですが、
こちらの主人公・ノーラは転生者ではありません。
なので、プレイヤーが力を貸して悪役令嬢としての彼女の運命を変えてあげましょう!
―というゲームです。DL版とブラウザ版あり。

いやぁ、それにしてもヒーローが小気味良いほどにクズなので(名前が物語っている^^)
彼をやり込めるのに何の罪悪感も抱かなくていいというのが良いですわぁ。
一応彼とのハッピー(?)EDもあるのですが、そちらはおまけ的に感じてしまいます。
むしろハッピーEDになって「あれっ?」って思っちゃいましたもの。笑
やはり、作品のテーマ的にも豪快にフッて差し上げる道をぜひ見つけて頂きたいです。
ただ…私ならあのED、きっと【ビンタ】じゃなくて【グーパン】で行くかな。(一部文字反転)
たとえ悪役顔でも主人公はれっきとしたお嬢様だったということなのでしょうか…!?
もちろん、あさってな方向にブッ飛んだ他のEDも楽しかったですっ。

乙女ゲーではないので攻略対象うんぬんという話にはならないのですが、
上記主要キャラ3人の他、もう1人立ち絵のある「あの人」が実は個人的に好みでしたv
体格もいいし、性格だって偏見がなくていい人じゃないですかー!
彼のちゃんとしたお顔を見たかったなぁと考えたのはきっと私だけではない、と思いたい。



■スピンオフとしてクリッカーゲーム『転生してない悪役令嬢はまだビンタが足りない』が公開されました!
 イージーモードはクリック、それ以上の難易度ではタップでの操作がお勧めですよ。 up


↑こちらはゲーム公式サイトに直接リンクしています

第二黒魔術部が病まないわけがない

管理人:壱川ひゅろさま&奇なりさま new
使用ツール:RPGツクールMV / 1周プレイ時間:約20~40分
攻略人数:4人 / ED数:9種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・朝比奈夜世(名前変更可)が所属する「第二黒魔術部」は存続の危機に立たされていた。
1ヶ月後までに生徒会が納得する活動報告書を提出しなければ、即 廃部が決定してしまう!
廃部を免れるため、部員たちは部に代々伝わるという「秘術」のレシピを探すことに。
結果、見つかったレシピは4つ。あとは必要なアイテムを入手するだけだが…。

圭太郎 :朝比奈家に仕える主人公の御付き。やや口うるさい眼鏡男子。
大路 :1年先輩の黒魔術部部員。掴みどころのないストーカー男子。
湯野 :同級生の黒魔術部部員。意外と占いが得意なチャラ男子。
猫屋敷 :1年後輩の黒魔術部部員。ツンな態度で毒舌の女装男子。



【感想】
☆☆☆☆ :糖度
★★★ :コミカル度
★★★☆☆ :シリアス度

サイトは休止中につき、上記リンクはふりーむ!様の作品紹介ページ直通になっています。
(休止中にもかかわらず、こんな素晴らしい作品を公開ありがとうございます!)
cholian様の他作品はこちらからどうぞ→ふりーむ!様

cholian様の作品で。このタイトルで。
説明文にもしっかり「中二病+ヤンデレ探索ADV」と書いてあって。
 
そうだよ! 病まないわけがないじゃないか!!
 
―って、今考えるとそう言えるのですが。
キャラ同士の掛け合いがあまりにコミカルで楽しくてですね、
中二病の部分はともかく、ヤンデレに関してはプレイ中すっかり頭から抜け落ちてしまっておりました。
そして、トゥルーEDで冷水ぶっかけられて一気に目が覚めたという…。あわわ。
物語背景の詳しい説明がないので、最初は主人公がやたらモテて崇められている理由や
そもそも黒魔術部とは…?など、疑問に思う点があるかもしれません。
その辺りはEDコンプ後に読める「真相」によって明かされることになります。
実はそこかしこに伏線が張り巡らされていて、読み返して初めて「ああ、あの台詞はつまり…」と
気付かされることも多く、何度も愕然とさせられました。
とりあえず、普通のドタバタラブコメ(←9割方これなんですが)を思い描きながらプレイすると
最後に頭から食い千切られる感があります。お気を付けください(^_^)
登場キャラが全員黒髪+黒制服なのは普通の高校生っぽさを演出しているのかと思いきや、
終わってみればあれらの結末の底知れなさを象徴している気がしてなりませんね…。

秘術のレシピは一見何のことだか意味不明ですが、歩き回ったり会話したりすることで
必要なアイテムを集められるようになります。
一度入手したアイテムはEXTRAで入手方法を確認可能。この機能はとても助かりました!
(アイテム図鑑は読むだけでも楽しく、見どころの1つでもありますよー)
比較的判り易いのは湯野さんか(【翻訳サイト】が使えれば)大路先輩のレシピかな?
サークル様のFantiaに攻略記事があるので、そちらも参考にすると良いでしょう。
(一部文字反転)

ドトコイ

管理人:黒城ろこさま up
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約20~30分
攻略人数:7人+α+2人(ver.2.0~追加) / ED数:9種類+α

※攻略キャラやイベント等が追加されたアップデート版が公開されました。 up
旧版とのセーブデータの互換性は不明ですが、再プレイでも変わらず最後まで楽しかったですよー♪

【あらすじ&登場人物】
高校2年生になった主人公は、転校先の学校で新学期を迎える。
ウキウキ気分で新しい通学路を走っていたところ、曲がり角でぶつかったのは■の姿をした喋る物体。
主人公は「イケメンの解像度が低くなるおまじない」をかけられていたのだった。
(ふりーむ!様紹介ページより引用)

二階堂政宗 :。財閥の御曹司。ややツン気味で近寄りがたい雰囲気。
青木 真 :。ハキハキした声の優等生。二階堂の知り合い?
斉藤ルイ :。爽やか系帰国子女。フェミニストかつナルシスト。
源 英司 :。頭は残念だがスポーツは得意。いつも騒がしい。
小野圭一 :。主人公のクラス担任。気さくで優しく、生徒に人気。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆☆ :シリアス度

皆さん、『どとこい』というゲームをご存知でしょうか?
美少女がドット絵にしか見えなくなるという呪いをかけられた男子高校生が、
その美少女たちの好感度を上げて呪いを解いていく―いわゆるギャルゲーなのですが。
このたび、同作者様からその乙女版が公開されました!
『どとこい』もいつかやりたいと思っていた作品でしたが、
乙女ゲーマーとしては乙女版が出たなら今度こそ即やらなくては…!という思いに駆られ、
こちらから一気コンプしてしまいました。
(追記:最新版で追加された新キャラの「彼」は、ひょっとして前作の「彼女」の…?)

発想の勝利と言いましょうか。
おまじない(?)によって攻略対象が■にしか見えなくなる仕様、これがまず斬新すぎる!
どこからどう見ても■! この1ピクセルと恋をせよと言うのですから…爆笑っ。
男性側の好感度が上がると、解像度が上がって徐々に彼らの本来の姿が見えてきます。
この過程がとにかく楽しくてですね、どんな顔をしているのか期待が膨らむったらありません。
友人の翔子ちゃんは普通に描かれているので、そちらから絵柄を想像するのも楽しいかと。
メインキャラ(二階堂・青木・斉藤・源)は元の姿に戻るまでに5段階。
『どとこい』は4段階で、本作では解像度高めのドット絵姿が1つ追加されていました。
あの段階、「あと一息!」という感じがめちゃくちゃ伝わってワクワク感が半端ないぜ…!
物語は選択肢を選びながら読み進めていくオーソドックスなADVスタイルです。
選択肢がキャラ別に色分けされていて難易度的にはかなり易しめですが、
隠しキャラを作ることで上手くゲームバランスが取られているなと感じました。
(隠しについてもゲーム内でヒントがもらえるのでそれほど難しくはありませんがね)
恋愛もしっかりしてくれていますよ! ■だけど!!笑

嬉しいのは1人1人に個別のEDムービー(スチル)があるところ。
ムービーでも段階を経てキャラの解像度が上がっていくのですが、
人物がドットなのに背景がリアル写真というシュールさに最後まで大笑いしてしまいました(>▽<)
メインテーマ曲がオリジナルだったり、タイトル画面が攻略したキャラに合わせて変化したり、
細かな演出も含めて予想を遙かに超えて丁寧に作られている乙女ゲーでした。
ブラウザ版・スマホ版もあり、環境に合わせてより自由にプレイできるのも有難いですね♪

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR