KOKUTOU -招かれざる常連客-

管理人:大沼遼太郎さま&アイゼン伯爵さま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
内容:殺人でも脱出でもサスペンスでもない“日常ミステリー” 第二章
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約30分 / ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。

今回の謎は少女が“取らなかったとある行動”から始まった。
『黒十さん見てくださいよ、窓際の席の女の人』 (制作者サイト様より引用)

黒十美鶴 :骨董品屋を営む男性。基本は面倒くさがりだが、興味を引かれる事にはのめり込む。
小倉柚葉 :黒十の店に出入りしている天真爛漫で好奇心旺盛な少女。実は財閥のお嬢様。



【感想】
★★★☆☆ :日常ミステリー度
★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

前作『KOKUTOU -消えた初恋の謎-』に引き続き、こちらもフルボイス作品です。
相変わらず声優さん方の演技が素晴らしいー!
今作だけで物語はしっかり成立していますが、前作のネタバレが含まれるため
やはり第一章から順番にプレイされることをお勧め致します。

舞台は前作にも出てきたレトロな雰囲気漂う素敵な喫茶店。
ここである不思議な行動を取る(取らない?)客の少女を見かけて興味津々になった柚葉が、
黒十さんに彼女の謎の解明を迫る…といった展開です。
見ず知らずの他人の個人的事情にそこまで首を突っ込むものではないよ、と思わなくもないのですが、
そんな事を言っていては話が始まりませんからね(^_^)
黒十さんだけなら多少気にはなっても「ま、いっか」と放って帰りそうだし(笑)
(そしてそのまま忘れそうだし)
柚葉ちゃんの引っ掻き回し具合がお嬢様のワガママと映る1歩手前の実にいい塩梅で、
本当ナイスコンビだなぁと思います。ものぐさ男と好奇心旺盛娘…良い!(年の差具合も良いv)
今回の結末は謎を解明出来たトゥルーEDと出来なかったEDの2種類のみですが、
とある選択肢を選ぶと前作にも出てきた「あの人」のちょっとしたエピソードが最後に追加されます。
何やらまた続編でひと波乱起こりそうですね…!?
くだんの少女が残していった台詞も意味深で、彼女も今後重要な役どころになるのでしょうか。

今作では主役2人がお互いをどう思っているかが少し描かれていて、そちらも興味深かったです。
彼らなら恋愛云々抜きでも十分に楽しいコンビですが、今後の進展が気になるところですね。
それにしても、黒十さんに現代機器の何と似合わないことよ…!(笑)

KOKUTOU -消えた初恋の謎-

管理人:大沼遼太郎さま&アイゼン伯爵さま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
内容:殺人でも脱出でもサスペンスでもない“日常ミステリー” 第一章
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約30分 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。

今回の謎はとある女生徒の初恋から始まった。
『消えたんですよ! 人が! 突然!』 (制作者サイト様より引用)

黒十美鶴 :骨董品屋を営む男性。基本は面倒くさがりだが、興味を引かれる事にはのめり込む。
小倉柚葉 :黒十の店に出入りしている天真爛漫で好奇心旺盛な少女。実は財閥のお嬢様。



【感想】
★★★☆☆ :日常ミステリー度
★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

こちらはフルボイス作品です。
普段あまりボイスは重要視しない(←あるとじっくり聞いちゃってプレイが捗らないから;;)私ですが。
この作品はですね、あまりに声優さんとキャラクターのイメージが合い過ぎていて
軽く衝撃を受けたので言及せざるを得ない…!
どの方も声質・演技共に良かったのですが、特に黒十さん役の方が素晴らしかったですっ。
静かで落ち着きある中にちょっと気だるげな雰囲気を漂わせているのがキャラクターにぴったり。
バディを組む柚葉ちゃん役の方がこれまた透き通ったソプラノボイスで、賑やかな子犬っぽい印象で
(「黒十さ~んっ(>_<)」という焦れた言い方が最高に可愛いv)。
声だけでもう素敵な相乗効果を生み出しておられます。

謳い文句は“日常ミステリー”。
殺人などの大きな事件ではなく、誰しもの身のまわりに起こり得るささやかな謎を
解明していくストーリです。
謎としてはそれほど難解なものではなく、ミステリーに慣れている方なら
すぐ「あっ、こういう事かな?」と読めてしまうかもしれません。
が、そこは巧みにミスリードされていると言いますか。
私自身も正解を予想していながら「あれ、やっぱり違う…?」と最後まで確信が持てないままでした。
そして実はもう1つ、最初から提示されていたものとは別の、続編に繋がる大きな謎が
最後に仕掛けられています。
こちらはトゥルーEDでのみ明かされる形になっているので、依頼をクリアしただけで満足せず
最後まで謎を追及していきましょう。
(でも、依頼者からお礼の品をもらって控えめに喜ぶ黒十さんかわゆしvv)
文章中に最近ではあまり耳にしないワードが数ヶ所登場するのが若干ひっかかりましたが、
気にし過ぎですかね?
↑念のため調べてみましたが、あまり明確な解答は見つからず…

イラスト担当は『LIEBENDER』などでもレビューさせて頂いているアイゼン伯爵様です。
このブログ初期からお世話になっている方ですが、当時の画風の面影を残しつつ
更に洗練された絵柄と色彩になっておられて全く驚くばかりです…!

お掃除大好き!シンデレラ

管理人:花雪さま new

 
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約10~20分
攻略人数:2人 / ED数:5種類

※9/15現在、サイトからはまだリンクが繋がっていないためDLはこちらからどうぞ。

【あらすじ&登場人物】
掃除が大好きで、家をぴかぴかに磨くことが生きがいの少女・シンデレラ。
そんな彼女がひょんなことから魔法使いのロクにお城の舞踏会へと誘われる。
しかし、何事も掃除優先のシンデレラは舞踏会に興味を示さない。
欲がなく純粋な彼女を何とか城へ連れて行きたいロクは、ある一計を講じて…。

ウィル :お城の王子様。身分の割にフランクで親しみやすい。ロクとは(自称)友人。
ロク :城仕えの魔法使い。他国出身で、人付き合いはあまり得意でない。掃除も苦手。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

前作『素直な赤ずきんと嘘つきなオオカミ』も童話がモチーフでしたが、
こちらも『シンデレラ』を元にしたお話ですね。
一応意地悪な義母・義姉も出てきますが…モブっぷりが際立っててむしろ愛すべきキャラに(笑)

本作はLive2Dで立ち絵が動きます!
この手の作品は決して初めてではないのですが、これほど感情を伴った細やかな動きをする立ち絵は
そうそうなかった気がしますよ…!!
しゅんと肩を落としたり、やれやれといった風に首を振ったり、驚いて相手の顔を覗き込んだり、
照れて思わず目を逸らしたり。
表情や顔の角度が微変化するだけではなく、身体のちょっとした傾ぎ具合と言いましょうか、
全身の流れるような動きが本当に自然で繊細なのです。とても丁寧なお仕事ぶりです…!
特にツンデレ気味のロクが可愛い~v
無表情キャラは少し照れ顔を見せてくれるだけでも心ときめいてしまうというのに、
これに更に動きが加わるととんでもない威力を発揮するのだというのがよく解りました(笑)

恋愛的にはまだまだこれからといったところで、糖度は控えめ。
その代わり、男性キャラはどちらもヒロインにとても優しく、終始ほっこりした空気に包まれています。
ヒロインも原作のような悲壮感がなくてとても可愛いですよ!
難易度も簡単ですが、選択肢時点でセーブした場合はロードする際にご注意を。
Live2Dの立ち絵が完全に表示される前に選択肢を選ぶとエラーが出る場合があります。
立ち絵の表示を確認してから選択肢ボタンを押すようにしましょう。
(追記:現在はローティング画面が出ることによってエラー回避されています)

素直な赤ずきんと嘘つきなオオカミ

管理人:花雪さま new

 
内容:童話『赤ずきん』がモチーフのほのぼの、ときどき不穏ADV
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約10~20分 / ED数:4種類


【あらすじ&登場人物】
森の奥のおばあさんの家へおつかいに出かけた赤ずきんちゃん。
そこへ嘘つきなオオカミ少年が現れて…?

赤ずきんちゃん :素直で純粋無垢な少女。いつも赤い頭巾をかぶっている。
オオカミ少年 :森でひとりで暮らす獣人の少年。人間を噓で騙して困らせるのが趣味。



【感想】
★★★★★ :キュート度
★★★★☆ :ハートウォーミング度
★☆☆☆☆ :ブラック度

童話『赤ずきん』をモチーフにした可愛らしいほのぼのADV…かと思いきや。
ほのぼのしていないEDが存外多く、その意外性にびっくりさせられた作品です。

まず、とにかく絵が可愛い! 世界観が可愛い!!
冒頭、妙にプレイヤーに語りかけてくる口調のナレーションにクスリとさせられ、
一人称が「わたくし」というやたら上品な赤ずきんちゃんに心和み。
捻くれてるけど子どもらしいヤンチャさと単純さを見せるオオカミ少年にも
微笑ましい気持ちにさせられます。おばあちゃんのキャラクターも最高!
難しい選択肢はないので、素直に選んでいけばトゥルーEDには容易にたどり着けるでしょう。
トゥルールートの最後の選択肢(←正確には選択肢ではないけど)はなかなかに胸熱。
可愛くて幸せな1枚絵も見られて、作品の温かい雰囲気に見合うほっこり大団円エンドでしたv

が、それだけではないのがこの作品の魅力でして!
前述の通り、意外性のある不穏EDの方が多いのが驚きなのですよ~。
ただ、ルート分岐した後のシナリオはそれほど長くなくほぼナレーションのみで語られるため、
不穏と言っても作品全体のイメージを損ねることはありません。
この絵柄でほんのりダークスチルも見てみたかった…というのが偽らざる本音ですが、
綺麗にまとまっているという点では今の形がベストかな、とも思いました。
背景やBGMも可愛らしく、気軽に楽しめる1作です(^-^)


IF ヘンゼルとグレーテル

管理人:からーひよこさま&まめずきさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約40分~1時間
攻略人数:2人 / ED数:6種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
家が貧しく、親に森へ捨てられてしまった幼い兄妹のヘンゼルとグレーテル(名前変更可)。
さまよい歩くうちに見つけた“おかしの家”に住んでいたのは、自称・魔法使いの美しい青年だった。

10年後。兄妹は町で慎ましい生活を送っており、妹は16歳の誕生日を迎える。
そこへずっと音信不通だったあの森の魔法使い・アッシュから突然の便りが届く。
懐かしい命の恩人との再会に心躍らせる妹だったが、兄は何故か気乗りがしないようで…。

ヘンゼル :主人公の実兄。冷静で頭が良く、幼少時からずっと主人公を守ってくれた頼れる存在。
アッシュ :森の奥深く、おかしの家に独りで住んでいる魔法使い。人間にトラウマがある。



【感想】
★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

童話『ヘンゼルとグレーテル』をモチーフにした恋愛ADVです。
おかしの家に住んでいたのがお婆さんではなくイケメンだったら―?
なんて、乙女ゲーマーとしては考えただけでワクワクしてしまいますね!^^
お目目クリクリ主人公が可愛いv

兄妹が口減らしのため森に置き去りにされてしまうくだりは原作通りですが、
その後はおかしの家のイケメン・アッシュとしばらく楽しい共同生活を送ります。
決して食べられたりはしないのでご安心ください(笑)
ある程度成長してからは兄妹で自立し、町の人々にも助けられながら穏やかに生活…という設定で、
主人公らにあまり不幸の影はなく。基本的には甘々愛されストーリーですね。
ただ、どのルートを通っても男性陣は2人とも主人公に惚れているため三角関係勃発は必至。
男性側が想いを告げるか否かで作品の平和度がガラリと変わります。
特にヘンゼルルートは、一旦ハッピーEDへ向かっているように思えても
それまでの行動によっては…な展開があるので要注意ですよ!
あの展開は近親ものならではだと思うんですよねぇ。うん、萌える(コラッ)
迎えて嬉しかったのはやはり各ハッピーEDなのですが、インパクトが強いのは断然バッドEDでした。
上記サンプル画像↑が作品の世界観をよく表していると思います。

両親との生活~おかしの家を見つけるまでが結構長めに描かれているのですが、
ここは原作とほぼ同じなのでもう少し簡潔でも良かったかな?という気もしました。
むしろ重要な改変であるアッシュとの生活をもっとじっくり見てみたかったような…。
(ちゃんと回想で語られてはいるんですけどね)
私がプレイしたバージョン(ver.1.0?)では回想機能等に少々不具合が残っていたものの、
ゲームを再起動することでほぼ解決しました。コンプに問題はありません。
(一部回想は見られないままでしたが、そこは本編のセーブデータを利用しましょう)
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード