リコリスジャックマンションへようこそ

管理人:ナリオさま
内容:古びた屋敷が舞台のちょっと不穏なハロウィンゲーム
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約15分 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
都会育ちの少女・リコリスが引っ越してきた田舎の村には、
彼女と同じ名前の『リコリスジャック屋敷』と呼ばれる不気味な廃墟があった。
そのことでからかってくるいじめっこたちを見返すため、ハロウィンの日、
リコリスはひとりで屋敷へ忍び込むことに。しかし、そこで彼女が見たものとは…。

リコリス :主人公。都会から田舎に引っ越してきたが、なかなか周囲に馴染めずにいる。


【感想】
★★★★☆ :メルヘン度
★★☆☆ :緊迫度
★★★☆☆ :ゾワリ度

2020年ハロウィン作品です。
廃墟同然の館に忍び込んだ主人公の少女がその一室で見かけた光景。
それは、たくさんの不思議なモノに囲まれながら昏々と眠る、これまた不思議な青年。
この1枚絵↑の描き込み具合と塗り込み具合が、もうね…
スゴくないですか? スゴくないですか!?
キービジュアルとして既に公開されている絵なのでここでも掲載させて頂きましたが、
これは実際のゲームサイズでぜひ見て頂きたいですっ!
前作『毒味メイドと嫌味シェフ』と同様に細やかで柔らかな絵柄なのに、
塗り方や彩度が違うとこんなにもガラリと雰囲気が変わるんですね。
美しさの中にも幻想的な儚さと、そしてハロウィンらしいほんのりとした禍々しさを感じます。

画面の中のどこを何回クリックするかによってEDが分岐します。
もちろん寝ている「彼」も調べることが出来ますが、「彼」がそもそも何者なのか、
何故こんなところにいるのかなど一切の説明はなく。
おまけにセーブ機能がないので、初回はクリックする手が妙に慎重になってしまいました…!
一度クリアすればプロローグ部分は飛ばせるし、全体のボリュームとしてはかなりの短編なので
そこまで身構える必要はなかったんですけどね。
「彼」の正体についてはEDの1つでぼんやりと語られますが、果たしてそれが真実かどうか。
それぞれのEDで主人公はその後どうなってしまったのか。
ラストがどれもそこはかとなく肝が冷える感じで、絶妙に不穏な空気がいかにもハロウィン的です。
そこがまた、とてもとても私の大好物でございましたー!

毒味メイドと嫌味シェフ

管理人:ナリオさま
使用ツール:ティラノスクリプト / プレイ時間:約45分~1時間
攻略人数:1人 / ED数:1種類+2種類(ver.2.0~追加)

※シナリオが加筆修正され、スチル・ED等が増えたアップデート版が公開されました!

【あらすじ&登場人物】
主人公・ユーリャ(名前変更可)は城で女王陛下の毒見役として働くメイド。
シェフのシスティとは10年来の腐れ縁だが、とある過去の因縁もあって口を開けば喧嘩ばかり。
本当はずっと彼に想いを寄せているのに…。
そんな2人を見かねた世話好きな女王は、彼らの仲を取り持つべくドッキリ大作戦を持ちかけた!
果たして、主人公はシスティの本音を引き出すことが出来るのか…!?

システィ :女王の料理番。主人公には事あるごとにつっかかり、嫌味ばかり言うが…。
女王 :絶大な政治手腕を持つカリスマ女帝。身内には優しく、お茶目で世話焼き。



【感想】
★★★★ :糖度
★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】
多分?2020年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
選択肢のない一本道ノベルゲー(※旧版)で、美しい絵柄と春らしく華やかなUIが目を惹きます。
メニューボタンなどが食器や厨房用品でまとめられているのが可愛いっ。
(ただ、ページ送りを示すナイフ&フォークのアイコンが最初は「!!」マークに見えて(汗)
「キャラがめっちゃ叫びまくるゲームだなぁ?」なんて勘違いしておりました…(^_^;)ゞ)
最後は甘々ハッピーエンドなストーリーで、印象としてはじれったくて甘酸っぱい少女漫画ですね。
悪意あるキャラも全く出てこなくて、幸せな気分になれること間違いなし!
今だからこそこういうお話が読みたいものです。

主役が両片想いなのが冒頭からあからさまに判るので、見守るプレイヤーとしては
「ええい、早くくっつかんかい!…けど、このくっつくまでのもだもだがたまらん!!」という
嬉しいジレンマに悶えまくりでした。
そして前半でじらされた分、後半の怒涛のラブシーンの濃密さに更に悶える…!
描写がとても丁寧で、彼らの長年の想いが伝わってくるんですよね。
ところどころシスティ視点の文章が入るのですが、その部分だけちゃんと文字色が変化しているのも
読み易くて嬉しい配慮。
もう、あっという間に読み切っちゃいましたよーぅ!!
この作品はキャラの表情変化も見どころだと思うので、立ち絵が大きめなのもいいですね。
テキストにだだ漏れる(笑)口に出来ない想いと共にくるくる変わる彼らの表情を見るのは
実に実に楽しかったです。
描かれてはいませんが、とあるシーンでの女王の表情も見たかったー!
多分、プレイヤーと全く同じ表情をしていると思われます。ある意味、彼女が我々の分身(笑)



ここから少しだけアップデート版についての感想をば。
ドッキリ大作戦を計画→実行するまでの間に探索パートが追加され、
城内でのほのぼの&ちょい甘な日常イベントが見られるようになりました。ラ、ラッキースケベ…!
探索部分はEDには影響せず丸ごとスキップすることも可能ですが、
可愛いスチルがここに何枚も追加されているので見ない手はありませんよね!
そして、ノベルパートに戻ると今度は選択肢が追加。取った行動によってEDが分岐します。
シナリオ量調整のためか旧版ルートのラブシーンは少々文章が削られてしまったようですが、
それでも十分な甘さがありますv バッドEDはないのでご安心ください。
おまけの後日談も嬉しかったー♪ 「彼」の話は私も気になっていたんですよね!
(注・後日談は本編の主役2人がメインの話ではありません)
旧版レビュー時、当ブログ内でのカテゴリは「恋愛(一般)」としていましたが、
作品紹介に「乙女ゲーム」と明記されるようになったため、ここでもそのように変更させて頂きました。

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07 09
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR