わたしの愛する、壊れたせかい

管理人:りっとさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約3~10分
攻略人数:1人 / ED数:5種類
※こちらは12推(中学生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
マルガレーテの幼馴染・エリオットは不治の病を患っている。
それも「感情が昂ると最悪 死に至ってしまう」という不思議な病。
少しでも彼の気が晴れるようにと心を尽くすマルガレーテだったが、
ひねくれ者のエリオットはつれない態度で…。

エリオット :主人公と家族同然に育った幼馴染の少年。ひねくれ者のツンデレ気質。


【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

こちらは複数のクリエイター様が同じBGMを使って各々ゲームを制作するという
「Make Like Music企画」にて公開された作品です。
可愛いファンタジー音楽を中心に、ちょっとしたドタバタが似合うコミカル系もチョイスされていますね。

音楽はもとより、絵柄も文章もほのぼのしていて可愛らしい癒し系です。
なので「死に至る病」などと言いつつも、ちょっとヒョロいだけの生意気ツンデレ幼馴染(笑)の
ひねくれっぷりをニヨニヨ愛で倒す物語かと思っていたのですが…
えええ、いきなりエリオット血ィ吐いたーーーーーーーーー!!!???Σ( ̄□ ̄ill)
大好きなヒロインに近付かれると興奮のあまり死んでしまうようです…何てこった。
ちゃんとハッピーEDは迎えられましたが、未来が少々心配になる2人ですね。
でも、どんなにエリオットの性格が歪もうと、ヒロインがそれをどーんと受け止めてあげられる
大きな器の持ち主なので、何だかんだ幸せにやっていけそうでもあります。
キャラ(ヒロイン含む)の死亡率が意外と高く、ハッピールートとそれ以外のルートとの落差が
なかなか激しいのも特徴の1つです。
ただ、根底に流れるものは温かく結局は両想いの2人なので、読了後はやはり幸せ感が勝りました。
くっそ面倒くさいエリオットの暴言(褒めてる)も、愛ある故の言葉と思えば
キャンキャン吠える子犬のようで(褒めてる!)微笑ましく思えてくるでしょう。

スチル等はありませんが、セピア調のED絵が雰囲気あってとても素敵でした。
EDリストと共にあの絵を見返せる機能があれば嬉しかったのですが、実装はされていないようで…残念。
テキスト文字も最近のゲームの主流に比べるとやや小さめでしょうか。
読みにくいというほどではありませんが、もう少し文字を大きくするか
せめてウィンドウの不透明度を上げるかして頂けると、よりプレイし易かったかなと思います。

空っぽたまごは泥を見る

管理人:りっとさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
内容:人工知能とある少女の思い出の物語
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約5分弱 / ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
終わった世界でひとりぼっちの人工知能は思い出す
ゼッタという名前の彼女のことを (readmeテキストより引用)

オーヴァル :卵型の人工知能。記憶データが一部消去されているようだ。
ゼッタ :人工知能の記憶データの中に断片的に残る女の子。



【感想】
★★★★★ :温かい過去度
★★★★☆ :切ない現在度
★★★★ :優しい未来度

淡々と紡がれる物語の中に「感情」という名のキラキラ輝く宝石が散りばめられている
例えるならそんな感じでしょうか。
主人公が「人工知能」という特殊な存在、かつ予想以上に重く壮大な世界観で
ジャンル分けするならSFに当たるのかなと思います。
が、本来もっとずっと直線的で無機質であろう世界をふんわりと優しい絵柄が彩る事によって、
まるで童話のような印象をも与えてくれました。
フリーハンド故の歪み具合がとてもいい味なのです。

誰もいない世界にひとり残された卵型人工知能の「オーヴァル」が、
記憶の修復と共に大切な思い出を1つずつ取り戻していく物語。
1話(1分かかるかかからないくらい)読むごとに次の話が開放されていく形式です。
主な登場人物は主人公とそのマスターの少女、研究者である少女の父親の3人のみ。
語り口は人工知能の一人称らしく平坦で飾り気のないものなのに、
彼らの深い絆やお互いを思い合う心が随所に垣間見え、温かい感動がじんわり沁み入ります。
何故、彼以外の誰も世界に存在しないのか。
何故、彼の記憶データが一部消えてしまっているのか。
その辺も物語が進むにつれ明らかになっていきますが、あまりきっちりとした説明はありません。
そこは話の核ではないので、むしろこのくらい抽象的なのがちょうどいいのでしょう。
EDは2つ。普通に読み進めると切ない通常EDにしかたどり着けないので、
もう1つEDがある事を忘れてプレイを終了してしまわないようお気を付けくださいね。
通常EDだけでもしっかり物語は成立していますが、やはりあのトゥルーEDを見てこそ
この作品は完成されると思うので…!
分岐箇所を見つけるのもそう難しくはないはずです。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード