Aくんと祭のむこう あやなす

管理人:シキミヤさま

 
内容:ブロマンス系和風学園ホラーファンタジーノベル
使用ツール:ティラノスクリプト(LiveMakerから変更) /
プレイ時間:約7時間 / ED数:1種類

※『Aくんと祭のむこう』(以下無印版)からのリメイクです。
 それに伴いタイトルに「あやなす」が追加されたので、当記事も修正。

【あらすじ&登場人物】
1週間後に控えた文化祭。張り切ってその準備に勤しむ生徒達。
しかしこの学校には、いつもこの時期に思い出すように語られる奇妙な伝説があった。
それは―「逢魔ヶ時の伝説」。
何故か文化祭の準備期間のみ入れるという、怪異が潜む異空間。

文化祭準備1日目、あらたはふとした事からその異空間に迷い込んでしまう。
そこで「ある面影」を見つけた彼は、それから毎夕逢魔ヶ時の世界へ足を運ぶことに…。
その中で出会う不思議な人々。不思議な出来事。
彼らと過ごすうち、次第に新は自分が昔失ってしまった大切な“何か”を思い出していく―。

逢坂 新 :2年生。小柄で大人しい印象の少年。この春転校してきたばかり。
秦野千隼 :2年生。明るく優しく、天真爛漫な少年。子供の頃は病弱だった。
立花 遼 :1年生。少々ガラが悪く、他人とつるむ事を嫌う一匹狼。
吉田康平 :3年生。大のホラー好きだが超怖がり。好きな事にはのめり込むタイプ。
遠藤 仁 :2年生。新の友人。他人をからかうのが趣味で、いつも飄々としている。
先輩 :逢魔ヶ時の世界で出会う謎の少年。彼の事は誰も知らない。



【感想】
★★★☆☆ :ゾクリ度
☆☆☆ :ほのぼの度
★★★★★ :しんみり度

【リメイク版プレイによる修正あり】

「プレイ時間・約7時間」との概要に一瞬クラリとなりましたが、
読了後の今は「プレイして良かった…!!」と心の底から思います。
時間を忘れてつい読みふけってしまいました。
それでも何晩もかけないと読み切れない自分がもどかしい!><
物語は全6章から成る連作ものなので、私みたいな遅読人間でも非常に読みやすかったです。
各話のプレイ時間は約1~1.5時間前後。

まず最初に謝っておかなければならないのですが…私、“ブロマンス”ってBLと同じ意味だと
思っておりました。全然違うんですね! 知識不足ですみません!!(恥)
登場人物がほとんど男性というだけで、そういう要素は一切ありません。
章ごとに主役は変わります。が、全体を通しての主人公(核)は「新」です。
ジャンル的には確かにホラーと言えるものの、ファンタジー色が強いためかあまり怖くはありません。
「怪奇」より「不思議」や「奇妙」という言葉が似合うし、「暗闇」より「夕闇」が似合う感じ。
そういう意味では、タイトル画面のイラストは作品のイメージそのものズバリで素晴らしいですね!
(リメイクでタイトル画像は変更されていますが、変更後のものも雰囲気バッチリですよ)
笑いどころも結構あって、【ひよこの大群】や【走る人体模型】は何とも言えない
シュールさがありました(^_^)(一部文字反転)
各話バラバラな事象を扱っているように見えてちゃんと最初から最後まで1本の線で繋がっており、
またこれだけの長さなのに無駄な寄り道展開もないところに確かな構成力と文章力を感じます。
特に、「五章」から「六章」にかけてそれまでのいろんな謎が一気に紐解けていく様は圧巻。
終盤は出来れば間を空けずに一気に読んで頂きたいですねー。
EDは私が望んだ結末とはちょっと違ったけれど、何とも言えない切なさがこみ上げてきてすごく良い。
静かで物哀しげなメインBGMや鈴の音のSEも雰囲気に合っていて心に残ります。
(鈴のSEなくなってた~残念っ(>_<))



ここからリメイク部分についての修正記事です。
無印版はほぼ文章のみのサウンドノベルでしたが、あやなすでは美麗な立ち絵やスチルがつきました!
立ち絵のある会話シーンなどではADVのように文章が画面下数行のみに表示されます。
普通のADVと比べると表示される文字数が結構多いな、という印象を受けましたが、
立ち絵がついても形式はあくまでノベルなのだから当然と言えば当然ですかね。
現在はトゥルーED(無印版と同ED)のみ実装されていますが、今後キャラ個別EDも
別途公開されるとのことで。楽しみ!
そちらが全て出揃ったらまた改めて感想を書かせて頂きたいです。



■スピンオフとしてホラーノベル『トンネループ』も公開されていました(現在は公開終了)。


トンネループ

管理人:シキミヤさま

 
内容:少年達の肝試しで何かが起こるホラーノベル
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約1時間 / ED数:5種類


【あらすじ&登場人物】
季節は夏真っ只中の夏休み。
4人の少年達はとある心霊スポットで肝試しをする事になった。

「このトンネルはずっと歩いていくと地獄にたどり着いてしまうらしい」

佐野貴文 :真面目で慎重な優等生タイプ。友人に振り回され気味な苦労人。
橋本一成 :貴文とは幼馴染同士。常にハイテンションで元気。サッカーが得意。
遠藤 仁 :ホラーと他人をからかうのが好き。人を喰ったような性格。
逢坂 新 :小柄で線の細い少年。大人しいが気弱という訳ではない。



【感想】
★★★★☆ :ゾクリ度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

『Aくんと祭のむこう(あやなす)』のスピンオフ作品です。
『Aくんと~』の「一章」他で登場したクラスメイト4人組が主役。
実は私、プレイ時間のお手頃さからまずこちらを先にプレイさせて頂いたクチなんですよ(^_^)ゞ
前作を知らなくてもこの作品単体で問題なく楽しむ事が出来ました。

『Aくんと~』は立ち絵の無いサウンドノベルでしたが、今作は立ち絵・スチル有りです。
(注:現在は『Aくんと祭のむこう あやなす』としてリメイクされ、立ち絵・スチルがつきました)
↑上記サンプル画像の通り素っ晴らしく綺麗な絵である上、その絵がまぁ動く動く!
コミカル方向にもホラー方向にもかなりの動的演出が目立ちます。
楽しい!! そして…怖い!!!
シナリオボリュームはだいぶ減ったものの、ホラー度は格段にこちらの方が上ですねー。
「無理!o(TдT)o」というほどではないと思うのですが、苦手な方は自己判断でお願い致しますね。
私個人としては、恐怖心煽る効果音(【骨や内臓がひしゃげる】音とか【血しぶき飛び散る】音とか)を
もっとビシバシ入れてくれても良かった…。じ、人格疑われるかしらっ。おほほ(苦笑)
トゥルーEDは1つのみで、後はおまけ扱いのパラレルEDのようです。
トゥルーはさすがの本筋。最もハラハラドキドキさせられると同時に、
まだ完全に信頼し合っていなかった彼らの友情が本物になっていく展開が清々しいです。
前作をプレイしていると、一番非力そうな新が何故【鉄パイプぶん回し】担当なのかも納得出来て
ニヤリとさせられますね。
EDロールの4人がほのぼの&ちまちましていて可愛かった~v
パラレルの方は、EDによって被害者・加害者は元よりキャラの人格まで180°変わってしまいます。
天然で裏表なさそうな橋本が豹変した時は心底ゾッとした…。(一部文字反転)

こちらも前作同様、設定(Config)画面に愉快な仕掛けがしてあります。お見逃しなきように!
貴文の扱い…あれだけですか? (多分)主人公なのにヒドイっ(爆笑)


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード