ごっですプリンせす(フリー版)

理人:コメディクライムさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約2~2.5時間
攻略人数:3人+α? / ED数:9種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・市松ミツルは女だてらに市松式総合体術の継承者。
幼い頃に母を亡くし父も海外の仕事で留守がちだったが、親を心から尊敬する素直な娘に育った。

その父が病に倒れ、ミツルは代理としてイタリア・サンユノの町に赴任することになる。
そこは父が「警察」として治安を守っていた小さくて可愛い町。
今日から私がこの町を守るんだ!
男だらけの部下達になめられぬよう、女であることを隠して仕事に臨むミツル。

町を守る、その「警察」としての仕事の矛盾には気付かないまま…。

ユウゼン :主人公の父の片腕的存在である日本人。言葉はあまり多くなく、厳しい印象。
シャル :現地で主人公の父に育てられた少年。熱血で義理人情に厚い。
シック :ふとしたことから知り合いになった青年。いろんな仕事に手を出しているらしく、神出鬼没。
アヤ :主人公の親友。人を動かす能力に長けている。主人公の父にアタック中。



【感想】
★★★★★ :糖度
★★★★ :コミカル度
★★☆☆☆ :シリアス度

元は有料頒布されていた作品ですが、一部仕様を制限してフリー公開されました!
さすが元シェア作品、全体の完成度が高いですっ。
フリー版ではCGリストやEDリスト、また「カイワチェインコンボ」等の個性的な機能が
外されてしまったのが残念ですが、シナリオについてはシェア版と全く同じED数を楽しめるようです。
太っ腹どうもありがとうございます!

イタリアが舞台ということやタイトルなどから、主人公父の「仕事」が何とな~く察せられるこの作品。
そんな世界に何も知らずに飛び込んでしまった純粋すぎる主人公の成長物語です。
たまにちょっとだけ危険な目に遭ったりするものの、基本は明るい王道ラブコメ。
システムについては公式サイト内にて詳しい説明が読めますが、共通シナリオの他に
 
 ・町の人々と自由にふれあい「話題」を入手する【散策モード】
 ・その「話題」を使って仲間と交流を深める【夜会話】
 ・トラブルに対処するための簡単な【コマンドバトル】
 
があります。これがねっ、メリハリ利いててもーう面白い!(>▽<)ノ
「話題」の入手やバトルに失敗してもゲーム進行には支障ないので安心ですし
(EDを左右する好感度・忠誠度には影響アリ)、
ペットのフン事情とかイタリアのちょっとした豆知識などもついちゃいますよ(笑)

ED内訳は【ユウゼン:3/シャル:3/シック:1/その他(逆ハー):1/共通ノーマル:1】です。
バッドと言えるEDは一切ありません。公式サイト内の攻略ページにはバッドED表記もありますが、
内容的には全然バッドじゃないので気軽にチャレンジして大丈夫。
私は最初にユウゼン【マフィア】EDを見たのですが、とびきり甘い中にも
予想の遥か斜め上を行く超展開に腹筋崩壊致しました! マンマミーア!!!
やっぱりずっと気持ちを抑え込んでいたキャラが最後にデレ全開でブッ飛んでくれる姿は楽しいわぁv
いいぞもっとやれ。(一部文字反転)

コンプには周回必須ですが、メニュー内に早送りボタンはないようです。
文章スキップする際はスペースキー・エンターキー・Fキーなどで対応して下さいね。
セーブ数も20とやや少なめなので、EDや恋愛イベントを回想したい方はセーブのご利用は計画的に。


腐った世界の庭、美しきルネス

管理人:コメディクライムさま

 
内容:ファンタジービジュアルノベル
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / プレイ時間:約30分 / ED数:1種類
※こちらは12推(中学生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
星皇国の騎士、ジュラス・ラザラスは国に唯一選ばれた勇者(フェナー)だった。
愚かな王の願いを叶える愚かな勇者。
王は勇者に腐敗した世界を救うため魔女(マレフェカ)を殺せという命を下す。
またか。
勇者はひとり、城をあとにした。 (制作者サイト様より引用)

ジュラス :主人公。国で唯一「勇者」の称号を持つ騎士。自嘲しながらも堕落した王に仕え続ける。
ラーン :森でひっそりと暮らす少女。聖典に書かれた「魔女(マレフェカ)」であるとされている。
王 :ジュラスの主。己の権力を誇示するため、ジュラスに「討伐」という名の殺戮を繰り返させる。
カトリ :聖典タナクフの管理者である総主教。国の現状を憂いているものの、何も出来ずにいる。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :儚く脆い度
★★★★★ :やるせない度

こちらのサイト様の過去作品、実はかなり昔にいくつもプレイさせて頂いておりました~。
(現在はシェア作品が主ですが、以前はフリー作品もたくさんあったんですよ)
が、どれもコンプ前に当時のPCと共にデータクラッシュしてしまい、結局そのまま…(泣)
クリアは出来なかったものの、独特の世界観と個性的なキャラクターが強く印象に残っておりました。
今回ようやくフルコンプ&レビューを書くことが出来て嬉しい限りですv

今作は選択肢のない一本道ビジュアルノベルです。
同サイト様のシェア作品『シンクレティズム魔法奇譚少女ヒュプネロトマキア』と世界が繋がっており、
ラストにちらりとその一端(スチル)が垣間見られます。
主人公のモノローグ時は画面全体に文字が被さるノベル形式ですが、
会話場面になるとサンプル画像↑のような文章ウィンドウ表示のADV形式になります。
発話者によってウィンドウの色が変わるなどの細かな配慮が嬉しいし、
何よりこの形は立ち絵をしっかり見られるのがいいですね。
お話自体も短編なので、ノベルゲーに慣れていない方にも読み易いのではないでしょうか。

タイトルにもありますが、「庭」が1つのキーワードになっている作品でした。
こちらで描かれる「庭」は、文章的にも画像的にも本当に…息を呑むほど美しくてですね…!
そこに漂う儚くも清浄な空気が現実に感じ取れるかのようです。
対となる「城」のシーンが非常に陰鬱で人間の暗い部分を凝縮しているかのようで、
それにより「美しいもの」と「汚いもの」の差をより鮮明に印象づけている感じでした。
(食事をしている王の咀嚼音とか、画を想像して本気で耳を塞ぎたくなりましたよ…)
舞台の国は政治が腐敗しており、でも誰もその暗黒を打開することが出来ずにいます。
「何かに希望を探しながら、その希望に絶望している」という作中の一文は、何とも重い一言。
そんなよどんだ世界のうねりに諦めにも似た境地で身を任せていた主人公を、
ヒロインはさらりとすくい上げ、その清らかさで浄化してしまいます。
彼女は魔法の使えない魔女だけれど、主人公にとっては確かに魔法使いだったんだなぁ…。
美しいBGM効果も合わさり、クライマックスシーンはグッと心にこみ上げるものがあります。
結末は決してハッピーエンドではないし、世の不条理さにただただ腹立たしくなるかもしれません。
それでも、最後に主人公が選んだ道はとても納得出来るものでした。
「勇者」ではあっても「英雄」にはならなかった】のがむしろ嬉しかった。
きっと彼はそんなこと望んではいなかったでしょうから…。(一部文字反転)

セーブ・ロード・オート機能はゲーム画面上部のメニューバーから操作可能です。
また、あまり使う機会はないかもしれませんが、文章スキップはスペースキーやFキー等で行えます。
キーによって微妙に動作が違うので、自分の使い易いキーを選んでくださいね。


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード