夜は小さなふたりのために

管理人:藍原ユウキさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約1~1.5時間
攻略人数:?人 / ED数:2種類+α

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
吸血コウモリのトリス(名前変更可)とレトは、吸血鬼プルートの眷族としてずっと共に過ごしてきた。
が、ある日レトはプルートの元から「独立」し、遙か北の森にある古城へと旅立ってしまう。
一言の別れも告げてもらえなかった事に気落ちするトリス。
しかし主の計らいでレトに忘れ物を届ける事になり、その小さな身体でひとり北を目指すのだった。

レト :元は主人公と同じ主に仕えていた吸血コウモリ。力をつけ、主から独立した。
クロー :旅の途中で主人公を助けてくれた狼。魔女の呪いで姿を変えられているが、元は人間。
イリヤ :北の町で暮らす少女。魔女にさらわれた姉を救出するため、主人公らと同行する。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

2012年ハロウィン作品『贄の羊に牙を立てて』の続編かつスピンオフ作品です。
今作は正確にはハロウィン作品ではありませんが、前作との関連性から
ハロウィン作品カテゴリにも入れさせて頂きますね。
主役は前作ヒロインに仕えていたコウモリの少女となり、前作ヒロインは会話中に名前が出てくる程度。
が、その名前も前作に合わせてちゃんと変更出来るようになっています。嬉しい配慮ですね!
また、前作に合わせてレーティングが15推となっていますが、今作自体には年齢制限要素はありません。

前作同様、最近のお祭りハロウィンとは一線を画す重く厳かな雰囲気が全体に漂います。
感情を荒げるキャラクターはほとんどおらず、本当に静かに静かに物語は進行していきまして。
かと言って決して中だるみする事はなく、キャラクターの軸がブレる事もなく、
最後までしっかりと世界に引き込んでくれました!
主人公はどちらかと言うと臆病でネガティブ思考の女の子。
が、そのネガティブ加減がちょうどいいと言いましょうか(何か変な表現だわ…)。
このタイプの主人公ってあれこれ考え過ぎてなかなか話を進ませない傾向があって、
プレイヤーとしてはそれを歯がゆく感じる場合もあるのですが、
この作品では全くそんな印象を受けなかったんですよね。
きっと作者様がしっかり文章を推敲してくださっているんだろうなぁ、と推測しています。
丁寧なお仕事っぷりを感じます。
冒頭、縦書きで台詞を表示するシーンが映画のワンシーンのようで印象的。

主人公はレトが大好きなようなのでてっきり攻略対象はレト1人かと思っていたのですが、
プレイしてみると少々様子が違いました(なかなかレト出てこないし(^_^))。
これは…誰を攻略対象と呼ぶべきなのか…!?
選択肢は1つのみで、それによりクロールートかイリヤルート(not百合ED)かに分かれます。
ただ、それならこの2人が攻略対象なのでは?というと、それも何か違う気がして…。
私としては、最終的に可愛いコウモリ2人の行く末をニヤニヤ見守るお話だと思っております。
主人公とレトの想いにはだいぶ差があるようですが、レトには何とか頑張ってほしいですね~。
…いや、彼はあのツンデレっぷりがいいのだから、頑張(って大人にな)るのは主人公の方かな?



■クリスマス小話パッチが期間限定配布されていました。
 現在は本体にも反映されていますが、旧ver.をお持ちの方はパッチのみのDLも可能です。

贄の羊に牙を立てて

管理人:藍原ユウキさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約1時間
攻略人数:1人 / ED数:5種類
※こちらは15禁(15歳未満禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
純白のドレスに身を包み、マリ(名前変更可)は森の奥深くそびえる古城へと向かっていた。
50年に一度、城の主―吸血鬼に捧げられる純潔の“花嫁”として。
覚悟を決めてやって来たとはいえ、やはり恐怖は拭えない。
が、そんな彼女を出迎えたのは、吸血鬼と呼ぶにはあまりに貧弱で温和そうな青年だった…。

プルート :血を吸うのが苦手な吸血鬼の青年。城主から城の留守番を任されているらしい。
ハデス :プルートの友人で、城の本来の主である吸血鬼。現在は旅に出ていて不在。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2012年ハロウィンゲー…との事ですが、オレンジや紫の色彩飛び交うにぎやかなそれではなく、
ハロウィン本来の意味を思い出させてくれるような重々しく厳かな雰囲気漂う作品です。
プロキオン様の他作品は前々からプレイさせて頂いてたのですが、
100%コンプリートしたゲームがまだ無くてレビュー出来ずに歯がゆく思っていたところでした。
なので、今回こうしてご紹介出来て嬉しいですっv

私は吸血鬼もの独特の悲劇性や神秘性、エロティシズムといったものが大好きなのですが、
ハッピーEDがあまり望めないのを少し悲しく思っておりました。
でもこちらの作品はですね、その悲劇性を保ちつつもどこか幸せな温もりを感じるというか…
何より主役2人がきっちり両想いで、お互いの事を思いやっていて、
狂気でも諦念でもなくちゃんとした自分の意思で今後の長い時間を共に歩んでいくんだろうな、
と思わせてくれる結末がイイです!
真エンドと思われるのはED5なのですが、私はその直前に一番悲劇的展開のED4を見ていて
「ひどい、これはプルートが可哀相過ぎる…! 何とかしてあげたい!!o(T△T)o」
という気持ちになっていたので、ED5を見た時の安堵感が一層強かったですね。
微笑み合う2人に対して「良かったね、良かったね…!」と思わずにはいられませんでした。
もちろん普通のハッピーEDとは言いがたいですが、それも人外モノの魅力の1つ。
物語自体はかなり重くて陰鬱なのに最後は心にぽっと灯が宿る、
そんな不思議なバランス感を持った良作だと思います。各EDで表示される詩も絶品。
選択肢はそれなりにありますが、総当たりすればコンプリートはそう難しくないはずです。

加えて、最初に書いた「吸血鬼もののエロティシズム」についても文句ナシで!
直接的表現は全くないのですが、雰囲気がとにかく艶めいてるんですよーぅ。
やっぱり羊を贄とするのはおとなしい小犬な訳なかったんですね。
プルートは本当にナントカの皮を被った●●だったわぁぁ((((*ノノ)キャッ
普段は暗赤色な瞳の色が時々鮮やかな赤に変わるのが何ともエロティック!



■続編かつスピンオフに当たる『夜は小さなふたりのために』も公開中です。とっても可愛い物語!
 主人公は今作ヒロインに仕えていたコウモリの少女となりますが、冒頭にはプルートも登場しますよ。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード