可惜夜奇譚

管理人:すうさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
内容:ヤンデレ兄妹が織り成す官能的なダーク和風ADV
使用ツール:ティラノビルダー / 1周プレイ時間:約15分 / ED数:2種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
両親亡き後、兄妹2人で寄り添って暮らしてきた色葉と雨音。
しかし、色葉は最近雨音との兄妹としては近すぎる距離を危惧していた。
これ以上は危険だ―そう己を律するも、妖しい色香を纏って自分を見つめてくる雨音に
色葉の自制心は限界に近づいていて…。

色葉(いろは) :雨音の兄。作家という職業柄、家に籠りがちで人間関係が希薄。
雨音(あまね) :色葉の妹。たった1人の身内である兄の世話をかいがいしく焼いている。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

DL版とブラウザ版あり。
タイトルの「可惜夜」は「あたらよ」と読むようです(読めなかった…(=∀=;))。
「明けるのが惜しいほど素晴らしい夜」との意味どおり、
夜を中心に展開するシーンのそれぞれが何とも風流で、幻想的で、かつ官能的で。
うっとりとため息が漏れてしまいます。

近親要素あり(妹×兄)の和風恋愛ADVです。
最近は姉弟ものより兄妹ものにハマりつつある(笑)私にとって、
まさにどストライクに刺さる作品でございました! 和風というところが更に好み~。
主役2人のキャラデザがいかにも血の繋がった兄妹、といわんばかりに似通っていて、
宵闇を背に顔を寄せているスチルだけでもう背徳感がビシバシです。
加えて、雨音ちゃんの楚々とした外見と蠱惑的な表情のアンバランスさがたまりませんで!
アップのスチルではその繊細で美しい塗りの瞳に魅入られてしまいました…v 眼福。
また、文章も情緒的でしっとりとした趣があってですね、
静謐で冴えた空気の中で交わる情念と狂気の表現が艶めかしいことこの上ないのですよ。
直接の性的表現はありませんが、とにかく雰囲気が終始耽美でエロティックなのです。
これは性癖に刺さる人が多そうだ…!

EDは2つ。選択肢は複数ありますが、実質最後の選択肢が運命の分かれ道となるでしょう。
メリーバッドエンドでどちらにせよ救いがない…と思いきや、
考えようによってはどちらもハッピーエンドと受け取れるような気も。
TRUEエンドは割と予想できた結末だったのですが、BADエンドは…
「そう来たかー!」と意外な真実にゾクリとさせられました。
私はTRUE→BADの順で見たので、受けた衝撃がより大きかったように思います。

架谷野家の薔薇薔薇

管理人:ラシさま up

 
使用ツール:吉里吉里2 / 1周プレイ時間:約1.5~2時間
攻略人数:2人 / ED数:6種類+α
※こちらは15推(高校生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
架谷野家は郊外のそのまた外れに住む吸血鬼ハンターの一家。
長男の阿賀太を中心に、自分達の父親を殺した吸血鬼を探している。
そんな折、アメリカから吸血鬼・ジャルダン公とお付きの魔女らが日本へやって来た。
彼らはこの国のハロウィン騒ぎに乗じて若い女性から血を奪うつもりでいたのだが、
最初に声をかけた相手が何と架谷野家の長女である鞠愛[まりあ](名前変更可)で―?

ローズ・ド・ジャルダン :アメリカに住む吸血鬼公爵。地元で血が飲めなくなり、最近貧血気味。
ダークルル :日本出身のウェアウルフ(多分)。ジャルダン公宅にホームステイしている。
バニラ・ボニカ :ジャルダン公の取り巻き魔女。流行に敏感でスマホも操る。
架谷野阿賀太 :主人公の兄で架谷野家長男。狂気の吸血鬼ハンター。右目を失っている。
架谷野霧秋 :主人公の弟で架谷野家次男。高校を中退して吸血鬼ハンターの道を選んだ。
架谷野十里亜 :架谷野家のママ。外見は無邪気な天使だが、吸血鬼を憎む心は人一倍。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2015年ハロウィンゲーです。
以前からずっと気になっていたサイト様だったのですが、
公開済作品がどれも長編かつシリーズものだったためなかなか着手に至りませんで…。
その点、今作は短編ということで取っ掛かりとしてプレイするには最適でした。
(個人的には「中編」と言ってもいいくらいのボリュームを感じましたがね)

公式サイトやふりーむ!様のDLページ等を見ると一目瞭然かと思いますが、
非常に個性的でインパクトのある作風です。
物語の前半はすさまじいまでのギャグの応酬! ひたすら笑いしかありませんっ。
が、しかし。ここから何故、あれほどまでに凄惨なEDへと行き着いてしまうのか…!?
プレイしていた自分がビックリでしたよ…。
正直、1~2ED見ただけでは意味がよく判らずぽかーん(゜д゜)とするばかりでしたが、
キャラクター達がやたら意味深なセリフを吐くのでどうしても真相が知りたくなりまして。
最後は攻略ページのお世話になりつつ、一気プレイしてしまいましたー。
隠されていた架谷野家の真実には…唖然呆然。
キャラ絵が繊細で美しいからこそ、そして前半であれだけギャグをかっ飛ばしていたからこそ、
その猟奇性が際立っています。各キャラの印象も一変するでしょう。
真相EDまで見た後は是非冒頭シーンを読み返してみてください。
 
戦 慄 が 走 り ま す よ ‥‥‥ !!!!!
 
何気ないあの一文、あれはこういう意味だったのか…!と。

流血描写や怖い・痛いといった表現が苦手な方にはお勧め出来かねます。
痛々しいスチルが表示されたまま延々会話が続くシーンなどもあるので、苦手な方は十分ご注意を。
恋愛的な糖度は低め。でも、(歪んだ)家族愛は溢れんばかり!でした。



■'19年ハロウィンゲーとして続編『架谷野家の薔薇薔薇2』が公開されました。ローズEDの後日談となります。
 現在サイトからDLページへのリンクが繋がっていないため、DLはこちらからどうぞ。up

トワイライト

管理人:NPさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:NScripter / 1周プレイ時間:約1.5~2時間
攻略人数:2人 / ED数:8種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
幼少時のある事件をきっかけに、田舎町の外れの館で薬師のサイラスと共に
ひっそりと暮らす少女・メイ(名前変更可)。
兄のように、親のように守ってくれるサイラスとの生活は変わり映えがなくも穏やかで、
これからもこんな日々がずっと続いていくと思っていた。

しかし、そんな2人だけの日常に、ある日突然 都からの来訪者が現れる。

サイラス :主人公の両親の元で働いていた薬師。身寄りのなくなった主人公を引き取る。
ローランド :王都で働いているサイラスの友人。人をからかって楽しむ一面がある。
ダリル :王都で出会う青年。主人公にやたら好意的に接してくるが…。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

上記バナーのリンクは作品個別の公式サイトへ繋がっております。
サークル様のその他作品一覧はこちらからどうぞ。

美しくも繊細な立ち絵と公式サイトのイラスト、そして「愛されヤンデレ乙女ゲーム」という
素敵ワードに惹かれてプレイ(^^)
登場キャラクターが皆 基本的に穏やかで物腰柔らかく、ヤンデレと謳われつつも
静かで優しくしっとりとした空気が全体に漂っています。
そして、愛されまくり&純粋培養の主人公が天然記念物的な可愛さで!
男性側が彼女への独占欲から闇堕ちしそうになっても、素直に彼への愛情を伝えることで
幸せな大団円EDも迎えることが出来ます。
あの堕ちるギリギリのラインで悶えている姿が最高に大好物なんだ…!
ヤンデレルートは確かにヤンデレなんですが、今までプレイしてきた数多の作品に比べれば
かなり優しい部類の病み具合かなと感じました。
ところどころに選択肢は存在しますが、ルート制限で最初は一部の選択肢しか表示されず、
特定のEDを見ることで選択肢が追加されます。
ほぼ2択なので、前と違う行動を取れば容易にEDリストは埋められるでしょう。

シナリオやイラストのみならず、ボイス・音楽・背景・ロゴなど制作には多数のスタッフ様が
関わっておられるようです。
どのお仕事も大変丁寧で素晴らしいのですが、一応絵描きだった自分からすると
特に背景の緻密さに感服しましてね…! こんな風景画描いてみたかった!!
キャラグラやボイス(一部)に関しては、サークル様過去作品『ボーダーライン』でも
同じスタッフ様が担当していらっしゃいます。
そちらはお嬢様と父の秘書(エルフ)という年の差・身分の差・種族の差恋愛ノベルです。
本作以上に静かで穏やかなキャラクター達が織り成す一途な恋物語なので、
ご興味のある方は合わせてぜひv
ただ、どちらの作品も画面サイズがかなり大きめ。
PC解像度によっては画面が見切れてしまうので、その場合は表示をフルスクリーンに設定しましょう。

ツギハギの幸福

管理人:雉野ハチさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約30~50分
攻略人数:3人 / ED数:5種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・リブム(名前変更可)の母は幼い頃に亡くなり、たった1人の家族である父も今は行方不明。
村医者で隣人のアラネムを手伝いながら父の帰りを待ち続ける中、
主人公は森で記憶喪失の青年を見つける。
すぐ村に溶け込んだその青年と、ある日隣町まで薬の配達に出かけることになったのだが、
彼らを待っていたのは異様な風体の男だった…。

??? :隣町に住み、グレーヴスと名乗る謎の青年。芸術家ということだが…?
アラネム :両親のいない主人公を親代わりとなって世話してくれた村の若き医者。
ロプス :名前以外の記憶を失い、森で倒れていた青年。性格は明るく人懐っこい。



【感想】
★★☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

タイトルの「ツギハギ」にも繋がり、メインキャラと思われる???さんの姿を
スクショに載せてよいものか迷いましたが、作者様からGOサインを頂いたので掲載致しました。
注意書きに「グロ」とありますが、彼の姿が許容範囲であるなら大丈夫かなというレベルかと。
立ち絵・スチル共に大変美しい作品です!
背景も全て自作のようで、画面全体の一体感が素晴らしいですね。

村での平和なひとときに若干のほんわかさを感じるものの、全体的にはかなりの鬱サイコストーリー。
むしろ、村の描写がほのぼの平和であるからこそ、その後主人公に訪れる悲劇の凄惨さが
際立っていると言いますかね…!
完全なるハッピーエンドはありません。
全てをクリアすると、タイトルの意味が???さんの身体のことだけを示すのではなく、
いろんな綻びをいびつに縫い合わせて出来た「幸福」という布に主人公がくるまれているように思えて。
何とも重苦しい気持ちになりました…。
ただ、個人的には「本人達さえ幸せなら裏の闇なんて見ないフリしてもいいんじゃない?」と
思ってしまうので、(一見)甘々EDには頬を緩ませて頂きましたよ~v
…主人公の目に光が宿ってなかったりするケドね!
全ての謎が解ける真相EDはED5(とそのクリアで開放される小話)になるのでしょうか。
このEDにたどり着くのはなかなか困難でしたが、作者様のpixivFANBOX(サイト内にリンク有)に
攻略ヒントが掲載されています。

物語の長さに対して選択肢は割と多め。セーブ上限数が10と少なく、やや注意が必要です。
ED5攻略が難しかったことを鑑みると、セーブ数はもう少しあると嬉しかったかなぁ。
重要な分岐点はどこか、プレイの際は慎重に見極めて進めてくださいね!

となりのヒト

管理人:明野貴志さま

 
使用ツール:ティラノビルダー / プレイ時間:約30~40分
攻略人数:?人 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
大学生活最後の春休み。
仁科が住むボロアパートの隣の部屋に、同学年のゼミ仲間・根岸が突然引っ越してきた。
卒業まで残り1年での引越しを不思議に思いながらも、特に気にも留めなかった仁科。
だがその後、周囲に次々奇妙なことが起こり始め、仁科は精神的に追い詰められていく。

仁科亮司 :主人公。表情がくるくる変わる明るい性格。物事はあまり深く考えない。
根岸悠仁 :仁科の隣に越してきたゼミ仲間。いつも無口で周囲から孤立している。
三ツ橋 猛 :仁科の高校時代からの友人。筋肉マッチョ。仁科に対してはやや過保護。
青木敬太 :大学で知り合った仁科らの友人。飄々として掴みどころがない。



【感想】
☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

乙女ゲーではなくBL作品です。ご注意を!
前作の『夢見鳥』がとても素晴らしかったので、何の躊躇いもなくDLしてしまいましたよ(笑)
今回も大変良質なヤンデレゲーでした…!
性的描写は一切なく終始プラトニックなので、BLが苦手な方でも大丈夫かと思います。
(逆に濃密なBLがお好きな方には「甘い」より「切ない」系ですよ…と)
ちなみにDL不要のブラウザゲーです。

物語は選択肢のない一本道ノベル。
攻略する・されるといった類ではないため上記↑に「攻略人数」と書くのもそぐわないのですが、
表記形式を統一している関係上そちらはお見逃しください(^_^)
一本道ではあるもののラストに面白い仕掛けがありまして、簡単には終わってくれません。
この作者様がそんなあっさりした作品をお作りになる訳がないと思っていましたら…あああ!!
ここで! ここで終わるか!!(泣)
正直、全て読み終える頃にはおあずけ喰らった犬の気分にさせられるのですが、
それがまたプレイヤー心を解ってらっしゃるというか、さじ加減が何ともニクいっ。
続編とまでは言わずとも、前作のように公式サイトのおまけページなどで
何かしらその後の彼らが見られたらな…と期待せずにはいられません。
他にも語りたいことは山ほどあるのですが、やはりここではやめておきましょう。
プレイ先のふりーむ!様のコメント欄にはネタバレ感想も書かれていますが、
この作品はネタバレしない方が絶対に面白いのでプレイの際はお気をつけくださいませね。
(私はネタバレ気にしない派なのですが、これは先に読んで後悔してしまいましたorz)

『夢見鳥』とは世界が繋がっているようで、友人の1人・青木は前作でも登場したキャラですね。
脇役なのに相変わらず凄い存在感だ…! 名前だけ出てくる前作キャラもいますよ。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード