Cordis

管理人:魚住 冬さま

 
内容:館を掃除しながら主人の秘密に触れる探索ゲーム
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約10~20分 / ED数:8種類

※こちらは12推(中学生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
コルディアは人形師アベルに作られた“生きた人形”。
お得意様の招待でお茶会に出かけたアベルに命じられ、今日は1人で館のお掃除。
この広い館のどこから掃除しよう?
2階には入る事を禁じられている開かずの部屋なんかもあるけれど…。

コルディア :主人公。アベルに作られた人形。何故か自分の意思を持っている。
アベル :コルディアを作った人形師。怒らせると怖い。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

作者様の作品で私の一番のお気に入りがこちらです~v
乙女ゲーではありませんが、若干恋愛要素も有りなので糖度評価をつけさせて頂きました。
やはり探索ゲームは燃えますねー!
難易度はそれほど高くもないですが、EDリストやCGリストがないので
うっかりするとどこまでEDを見たか判らなくなってしまうかも。出来ればメモのご用意を。
(可能なら、今後の作品にはリスト系の実装をお願いしたいところ…!)

主人公・コルディアが意外に軽いノリの女の子なので、ED1・2辺りはクスッと笑える展開です。
私も最初にこの2つのEDを出しまして。
その後、探索中に妙に少女趣味なアイテムを見つけては
コルディアが「まさかアベルにこんな性癖が…!?(・д´・;)」的な反応を示すので、
てっきり【ご主人様は変態☆】EDのようなコミカル要素もあるのかと思っておりました(笑)
いやいや、しかしその後はやはりと言いますが…がっつりシリアス系でして。
ジャンル的にはホラーになるのかな? いきなりの血飛沫シーンもあるので注意が必要です。
(コルディアは人形なので血は出ないはずですが、演出として)
調べられる部屋数は限られており、普通にやっていると時間切れEDになると思います。
残りのほとんどのEDは開かずの部屋(=北東の部屋)がカギとなるため、
まずはアイテムの入手場所を覚え、それらのアイテムを持ったり持たなかったりする状態で
最終的に開かずの部屋へ入ってみましょう。
入手アイテムは全部で【4つ】です。(一部文字反転)

ED8のみ特別なEDロールが流れるので、一応これがトゥルー(?)EDとなるのでしょうか。
あの人が前に進むためには必要な事だったのかもしれませんが、
あの終わり方しかないのだとしたら…コルディアが切ない。切ないよ…。
個人的にはED7も好きです。
無理に辛い現実と向き合わなくたって、ぬるい虚構の世界に浸かったままだって、
本人達が(見かけ)幸せなら別にいいじゃないの…と思ってしまう私は
向上心なさ過ぎなんですかね…。

落日

管理人:魚住 冬さま

 
内容:究極の取捨選択を迫られる恋愛風ノベル
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約5~15分 / ED数:3種類

※こちらは15推(高校生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
ある日、側室の王子が何者かに殺された。それは無残で無慈悲な姿で。
疑われたのは子の無い正室。
王は国のため、決断を迫られる―。

ルキウス :主人公。ラヴェンナ国の若き王。望まずして就いた王位を重荷に感じている。
クラウディア :ルキウスの正室で、亡国の王家の生き残り。唯一彼の孤独を癒す存在。
アグリア :ルキウスの側室。隣の大国アウルスの末姫で、ルキウスとは政略結婚。



【感想】
★★☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

他所様の長編作品のプレイがなかなか終わりませんで。
ひとまず短編ものをレビュー出来ないかなと思い、こちらの作者様の作品に着手してみました。
結構公開数が多いので特に興味をそそられるお話からいくつか…と
最初は軽く考えていたのです、が。が!!

好 み に ド ン ピ シ ャ 過 ぎ ま し た ‥‥‥ ! ! !

気がつけば一気に全作コンプリートしてしまいましたよ…!
制作サイト(ブログ)内には特に個々の作品紹介ページがある訳ではなく
(作者様の作品へのコメント等は読めます)、
DLはブログのプロフィール画像下にあるふりーむ!様へのリンクから行います。

(現在はレイアウト変更により「GALLERY」項目からゲーム一覧が見られます)

淡々と語られる絶望、とでも申しましょうか。
無駄に恐怖も感動も煽ったりせず、ただ静かに壊れていく世界の描写が美しくてゾクゾクしました。
全く救いのない物語のはずなのに、何故かどこか温もりも感じさせてくれる…
そんな不思議で繊細な読後感なのです。
作者様の作品にはこういう印象を抱くものが多く、1つの作品が好みに合えば
きっと他作品も同様に好きになれる事間違いなしかと!
和風伝奇ものがお好きなら『燈火』、中高生の年代の方には『小夜曲』などがお勧めですね。
本作をレビューに選ばせて頂いたのは
「ED数が他より多い」「物語の振り幅が他より(少しだけ)大きい」というゲーム的観点からです。
フルコンプしても30分くらいの掌編なので、取っ掛かりとしては一番いいかな?という感じも。
ただし、冒頭にいきなり結構な残酷シーンがあります。
苦手な方はご注意くださいませね。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード