追憶の彼方

管理人:藍原彼方さま up

 
使用ツール:ティラノスクリプト(LiveMakerから変更) / 1周プレイ時間:約2~2.5時間
攻略人数:4人(内1名女性) / ED数:5種類

※リメイク完成、再公開されました!主にグラフィック面変更、ブラウザプレイも可能に。 up

【あらすじ&登場人物】
主人公・綾瀬菜摘(名前変更可)は高校1年生。
憧れの先輩に告白したところOKの返事をもらい、まさに今幸せ真っ只中だ。
しかし、何か悩んでいるらしき先輩が自分に何も相談してくれないことに少し寂しさも感じていた。

「人の心の中が見られたらいいのに」
ふとそんなことを呟いた主人公に、突然空から奇妙な声が降ってくる。

「その願い叶えてあげようか?」 (一部制作者サイト様より引用)

シャム :菜摘に人の心を読む力を与える謎の青年(?)。人間観察が趣味らしいが…。
御影 聖 :成績優秀・スポーツ万能な1つ年上の先輩。最近、主人公の彼氏になった。
九条天音 :主人公の幼馴染。やや女顔な外見。ひねくれ者で口は悪いが、主人公には甘い。
片桐未央 :主人公の友人。小柄で賑やかな性格。猫目・フワフワ髪が特徴。
芹沢夏鈴 :主人公の友人。黒髪ストレートのスラリとした美人。性格も落ち着いていて大人っぽい。
佐上悠吾 :同級生だが主人公とは別クラス。目つきが悪く無愛想なので、女子からは敬遠され気味。



【感想】
★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

「落とす」「落とされる」が主目的のゲームではないため、上記の“攻略人数”という表現は
適切ではないかもしれません。とりあえず個別ルートのある人数、ということで。

ヒロインが彼氏の悩みを探ろうとつい心の中を読んでしまったところ、
彼の自分に対する意外な本音が聞こえてしまい…。
そんな彼に対しどんな感情や態度を取るかによって物語が分岐します。
分岐した後のルートはほぼ一本道です。
「他人の心を読む」という力に対するヒロインの葛藤に恋愛・友情が上手く絡んでいて、
各ルートかなり読み応えがありました。
とは言え、文章は会話中心で堅苦しさもないのでスムーズに読み進めていけます。
例えるなら、オムニバスの少女マンガかノベルを読むような感覚でしょうか?
作者様は作品傾向を「糖度ほとんど無し」としておられますが、とんでもないですよ!
むしろ大変きゅんきゅんさせて頂きましたー!! そんなところも少女マンガ風♪
ストーリーに大きな意外性はないものの「多分こうなるだろうな。いや、こうなってくれ!」と
思わせる展開が多く、早くそのラストに辿り着きたくてうずうずしてしまいます。
特に天音ルートはヒロインの鈍感っぷりにイライラさせられ…
(だって天音が報われなさ過ぎて~(>_<))、
「折角人の心読めるんだから、彼の心の中読んでやってよぉぉ!」と叫びたくなりました。
あ、ヒロインは(序盤はともかく)力に対しては基本、否定的なんですよ。
力を悪用しようとしない素直な性格は好感度大ですねー。

悠吾もかなり好きでしたが、やはり一番は天音です~。一途キャラっていいよなぁ…うん。
ちなみに悠吾は、同サイト様内で公開されていたFLASHゲーム『インスタントパパ』の主人公です。

ヒーラーとラヴエンチャント!

管理人:みじかいさま new

 
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約2~2.5時間
攻略人数:8人 / ED数:8種類
※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
ヒーラーを目指す魔法使い見習いのポコ(名前変更可)はお外嫌いの引きこもり。
魔物ともうまく戦えず、このままでは薬草の採取もままならないと師匠に心配される毎日だ。
荒療治が必要と考えた師は、ちょうど訪ねて来た知人の弟子・カガチに同行を頼み、
主人公をある知り合いの元へおつかいの旅に送り出すのだった。

カガチ :師匠の知人の元で修行している魔法剣士。口が悪くぶっきらぼう。
ハジメ :近くの街に住む知り合いのヒーラー。主人公に好意を持っている。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

攻略人数8名、しかもRPG!Σ( ̄д ̄ill)
…と、攻略に手こずりそうな匂いに尻込みしてしまい、
DLしてからもしばらく手をつけていなかったこちらの作品なのですが。
いざプレイしてみると全員同時攻略が可能で、しかも詳しい攻略メモまで同梱されていて、
驚くほどさくさくとコンプまで進められましたー♪
しかも、ED分岐前にセーブすべきポイントまでキャラが教えてくれるという親切設計。
ありがてぇ…!

もともと絵柄が大好きな作者様なのですが、前作『ひよっこウィッチとみにラボ』ではスチルが無く、
そこを要望の1つとしてレビューを書かせて頂いておりました。
そしたら今作ではしっかりスチルが存在!ヽ(´▽`)ノヒャッホウ!
主人公の顔はプレイ画面での表示ON・OFFが選べ、スチルにもはっきりとは描かれません。
これは表示OFF派の方にも嬉しい配慮ですね(私はONでプレイしましたが)。
基本的に、一緒に旅する&戦うメンバーはカガチとハジメだけです。
一部例外もいますが、ほとんどのキャラは街などで交流しないとあまり関わりが持てません。
見慣れぬキャラを見かけたら積極的に話しかけましょう。
同時攻略が出来る分、そこまで各個人との物語を深く掘り下げていく形ではないので、
愉快な仲間たちとわいわい楽しく冒険しながらちょっと恋も味わう…そんな配分でしょうか。
キャラ絵を見たときから私の推しはノウマさんですが(自分の好みに目の数は関係ないようです笑)、
EDまで見ると意外とヒルヌマさんもツボでした。毎日お弁当作ってあげたい!

シナリオボリュームとしては短~中編くらいかなという印象ですが、
1回の戦闘が割と手こずるのでプレイ時間はそこそこかかります。
倒せない程ではないものの、1ターンで倒せる敵がなかなかいませんでねぇ…!
主人公が全体攻撃魔法を早めに覚えるので、それを積極的に活用していくと良。
ただし、彼女(とハジメ)はあくまでヒーラー。過信は禁物です。

フィンメルグ ~HOLLOW WORLD~

管理人:はる助さま

 
使用ツール:YU-RIS / 1周プレイ時間:約30~50分
攻略人数:4人+1組+α / ED数:13種類
※こちらは12禁(12歳未満禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・イデア(名前変更可)が迷い込んでしまった世界―「ホロウワールド」。
そこは人ならざる者たちが住まう異世界だった。
1ヶ月後のハロウィンの日に元の世界への扉が開くと聞いた主人公は、
モンスターらに振り回されたり食べられそうになったりしながら奔走するのだが…。

ジャック :主人公を助けてくれた死人の肌色を持つ青年。究極のマイペース。
ベリアル :ホロウワールドに大きな屋敷を構える上級悪魔。人間嫌いで態度も尊大。
ウルジュラ&アルジュラ :獣耳と尻尾のはえた双子の少年。人肉を喰らうが人懐っこい一面も。
セオドア :ベリアルの屋敷の使用人。全身につぎはぎがある。性格は穏やかで親切。
ダージュ :親しげに話しかけてきた黒い翼の悪魔。何故か主人公の過去を知っている。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

既に12月となってしまいましたが、も、もう少しだけハロウィン作品レビューを…!

こちらは『HOLLOW WORLD』という過去作(以下「旧版」・現在は公開終了)に
さまざまな要素を追加した2018年ハロウィンゲーです。
過去にも何度か書いておりますが、half様の作品は私にはけっこう難易度が高くてですね、
今回も13というED数にちょっと尻込みしたのですが、何とかフルコンプ出来てホッとしました。
でも、やはり最後のEDがなかなか探し出せなくて…!><
旧版をお持ちの方は、そちらに書かれていたヒントが今作にも有用なので参考にすると良いかもです。

DLはしたものの機を逸したまま未着手だった旧版と、せっかくなので同時プレイしてみました♪
ホロウワールドという異世界から元の世界へ戻るため、主人公は住人たちと交流しながら
(時には命を狙われながら)道標用のランタンに灯す光=ルーチェを集めて回ります。
シナリオの基本的な流れはほぼ同じでしたが、今作の方が1日の行動選択がしやすくなっていて
とても快適に進められました!
単純作業の合間にイベントやスチルが良い間隔で挟まれていて、中だるみしない構成もさすが。
主人公の赤と青のオッドアイでピンと来る方もいらっしゃるでしょうが、作者様の他作品と
世界観が繋がっているようです。その辺も含めて読み進めていくと感慨深いものがありますね。
思った以上に重めの物語ではありますが、作者様らしいコミカルなやり取りも随所に見られ、
あっという間にプレイ期間の30日を終えられるでしょう。
主人公がこの世界に残りたくなる気持ち、解らなくもないわぁ。 食べられる心配さえなければ…

攻略対象は全員人外、そのため恋愛EDは人間ではあり得ない一風変わった結末が多いですね。
セオドアEDとか、死後すらとてつもなく楽しい予感しかしないですよ…!
お砂糖どっさり、というタイプではありませんが、スチル・後日談ともに充実していて
とても乙女ゲーらしい満足度の高い作品でしたv

星屑の宴

管理人:駿河 冴さま

 
使用ツール:コミックメーカー3 / 1周プレイ時間:約1時間
攻略人数:6人 / ED数:6種類+3種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
占い師見習いのエカチェリーナ(名前変更可)は、ひとり皇都行きの船に乗っていた。
と言うのも、師ラーシャがいきなり置き手紙だけを残して去り、
半ば強制的に修行の旅に出ざるを得なくなったせいだ。
都での新たな出会い、そしてこの地で行われる占い師のための“最後の修行”は
彼女にどんな未来をもたらすのか―。

ヴァーラス :主人公の師の友人。真面目で優秀な故、常に多忙な皇国軍の師団長。
シル :ヴァーラスの部下。穏やかで上品、軍人らしからぬ容姿の術師見習い。
ラスタ :主人公と同郷出身で兄的存在。軍に所属するも気弱な性格で万年一兵卒。
ミハエル :街のレストランの腕利きオーナーシェフ。元軍人(師団長)で怒らせると怖い。
帽子屋 :裏通りに店を構える謎の商人。彼に揃えられない品物は無いと言う。
イズ :挑発的な物言いの占い師。その占いは必ず当たるとも、適当とも言われる?



【感想】
★★★★ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
★★☆☆ :シリアス度

【リメイク版プレイによる追記あり】

かなり以前(2012年)にレビューさせて頂いた作品ですが、このたびリメイク版が公開されまして。
システムが大幅に変更されていて記事内容が全く不適当となってしまったため、
簡単にではありますが再レビューさせて頂きました!
一応、折りたたみで元記事も残してあります。

旧版では恋愛の進行度を調整すれば全員同時攻略可能&無限にゲームを続けられる…などの
特徴がありましたが、リメイク版ではそれがなくなりました。
(キャラと会話して好感度UP → プレゼントを渡す → 恋愛イベント)×5回 の流れは同じですが、
その後は恋愛ED条件を満たしているかどうかに関わらずED(=星屑祭)となります。
好感度に関してはかなりシビアに設定されているので、股がけはまず不可能。
プレゼント購入時以外はひたすらお目当ての彼を追いかけましょう!
(バイトをする余裕もほぼないので、お小遣い稼ぎは帽子屋の裏取引を活用すべし)
詳しい攻略は公式サイトに記載されています。

追加されたEDは3つ。
キャラ恋愛ED条件を満たしていなかった場合、どこまでイベントが進行していたか、
またはどのように行動していたかによって分岐するようです。
モブ】EDには思わず笑ったw いや、この主人公ならあり得なくもないのですが!(^▽^)
ラーシャ】EDが増えたのは嬉しかったですねーv(一部文字反転)



↓ここからは旧版の感想記事です。
 ほぼほぼ参考にはなりませんが、消すのも忍びなかったので…。ご了承の上、閲覧くださいませ。

以前Lagu様の作品を一気レビューさせて頂いた時点で、既に続編制作が決定していたこの作品。
なので、こちらはその続編が完成してからレビューを書かせて頂こうと温存しておりました~(´∀`)
ファンタジーである点やコミカル&シリアスの配分具合などから、雰囲気的には『Doll』に近いかな?
実際両者の世界は同じらしく、攻略対象の中には『Doll』キャラの関係者も交じっています。
そう言えばヒロインのデフォルト名も一緒ですね^^(同一人物ではありません)

ゲームの流れとしては
(キャラと会話して好感度UP → プレゼントを渡す → 恋愛イベント)×5回 の後、
好感度条件を満たして最後のアイテムを渡す 事によってED(=星屑祭) …です。
最後のアイテムを渡さなければ無限にゲームは続けられますが、
好感度は50で頭打ちになるので2時間もあれば1~2人はクリア出来るかな、と。
タイトル画面に「Q&A」という項目がありますので、最初にそちらを読んでおくと
よりプレイがし易いですよ。
そして実はこのゲーム、全員同時攻略が可能です。―が、

 ・恋愛イベントの内容が続きものになっている
 ・各男性キャラが自分と仲のいいキャラ×ヒロインの恋愛を応援したりする
 ・恋愛最終段階では攻略対象とかなり深い関係になる(〃ノ▽ノ)キャア

…という点から考えて、やはり個別に落とすプレイの方が乙女的にはオススメ。
(特に2番目には激しく違和感覚えるので…;; 「『○○は良い奴だからよろしく頼む』とか言って、
昨日は貴方がヒロインとイチャイチャしてたじゃーん!Σヾ(゜□゜;)」みたいな(苦笑))
ただ、どうしてもコミメカゲームの性能の拙さはネックになってしまいまして…。
人数の多さとキャラがランダム出現で思うように好感度が上げられない仕様も考慮すると、
恋愛第2段階辺りまでは全員股がけを狙ってもいいような気がします。
好感度がどれだけ上がろうと、プレゼントさえ渡さなければ次の段階には進みませんしね!
恋愛が進むと街での会話も徐々に甘めになっていきます。
ぽんぽんイベントを進め過ぎて、それらのセリフを見逃さないようご注意を。
繰り返しますが、 全 員 同 時 攻 略 は 可 能 です。
6股を狙うならイズの占いと帽子屋の裏取引をがっつり活用してくださいねー。

おまけも大変充実しています。後日談では師ラーシャも登場^^
ゲーム起動からすぐおまけページ(CG mode)へ飛ぶと、ヒロイン名は未設定状態になっています。
後日談を読む際には、まず「Name」から名前を設定するのをお忘れなく!

ナイト・メアリー

管理人:塩路ハルさま

 
使用ツール:ティラノビルダーPRO / 1周プレイ時間:約40分~1時間
攻略人数:5人 / ED数:10種類


【あらすじ&登場人物】
花屋を営みながら、義弟と2人静かに暮らしていた主人公。
そんな彼らの平穏は、義弟がかけられたある“呪い”によって一変する。

―7日に一度、誰かを殺さないと弟が死んでしまう

どんな手を使っても、あの子だけは必ず私が守ってみせる。
悲壮な決意とナイフを胸に、今夜も彼女はその手を血に濡らすのだ。

アルト :主人公の血の繋がらない弟。不幸な生い立ちだが、姉に対しては従順で心から慕っている。
マキ :主人公の犯行現場を目撃した人物。何故か殺人者である彼女を崇拝する態度を見せる。
ルチアーノ :黒い瞳と髪を持つ異国の青年。無邪気な反面、謎めいていて考えが読めない。
カラ :主人公の店の向かいでベーカリーを営む無愛想な青年。主人公とは顔見知り程度の仲。
ジュート :隣町を牛耳るマフィアの幹部。冷酷で容赦がない。カラと面識があるらしい。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

作者様のサイト(改装後)からはゲームDLページ(ふりーむ!様)直通になっていたため、
公式サイトへのリンクも貼っておきますね。→こちら

攻略対象多めのものがやりたいなーと思ってプレイし始めたのがこのゲームでした。
同作者様の作品としては先に気になってDLしていたものがあるのですが、
案の定タイミングを逃して未だプレイに至らずで…はい、いつもの事です(泣)
本作は主人公の設定がとにかく重く、また登場人物1人1人にもいろんな裏や過去があります。
それらをぐっと掘り下げればおそらく大長編にもなったであろう世界観でしたが、
かなりコンパクトにまとめられていて私にはとても有難いジャストサイズでした!
それ故の物足りなさと言うか、ツッコミどころがない訳ではありません。
が、あくまで恋愛主体で、しかも複数のキャラシナリオを手軽に楽しみたいという方にとっては
ちょうど良いバランスではないでしょうか。
そもそも、この内容にして何と驚きの全年齢対象! 暴力描写はかなり控えめな部類かと。

攻略男性陣は非常に多彩、かつ魅力的です。
しかも初見の印象どおりのキャラがあまりおらず、変態チック(失礼)に思えた人が案外まともで、
まともだと思っていた人が自ルートでも他ルートでも病みをチラ見せしていたりして。
先の読めない感じが面白かったですー!
EDはそれぞれタイトルに「HappyED」「TrueED」と付けられているのですが、
「それをHappy(True)と言いますか…」と何とも複雑な思いにかられてしまいました。
どれも甘さと苦さ、そして切なさがない交ぜになった結末で、深い余韻が残ります。

システム的には序盤のいくつかの選択肢ですぐ個別ルートへと分岐、
ルート突入後はHappyEDとTrueEDに分かれる選択肢が1つあるのみです。
物語にじっくり集中出来るのが嬉しいですね。
セーブ数が少なくギャラリーページもないため、スチルを見返せないのが少々残念。
華と艶のある絵柄だけに、これはもったいないと思うのですが…っ!><
素敵なパートボイスとムービーも付いています。普通にアニメのOPみたいでビックリしますよ!
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード