現の夢幻

管理人:皐月の夢さま new

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約1~1.5時間
攻略人数:3人 / ED数:9種類
※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・鈴広かなめ(名前変更可)は寝ることが好きな大学2年生。
夢を夢と自覚しながら見ることが出来る、いわゆる“明晰夢”の力を持つ彼女は
ある日夢の中で夢魔・イスカに気に入られ、夢世界の中に囚われてしまう。

はたして、主人公は無事夢から脱出して現実世界へと戻れるのか―?

土屋真陽(つちや まさひ) :主人公の大学の友人。優しく社交的な性格。やや心配性。
イスカリオット :主人公の夢に現れた夢魔。強引で俺様気質だが、無邪気で憎めない。
柏葉一颯(かしわば いぶき) :夢世界で出会う寡黙な青年。普通の人間のようだが…?



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

こちらの作者様の作品もプレイしたいものが手つかずでたまってるぅぅ泣
毎度とても読み易く、かつ飽きさせないシナリオなので、
始めてさえしまえばコンプまでそんなにかからないんですけどね。
早く最新作まで追いつきたいっ。

「明晰夢」って実際に存在するもののようで。知りませんでしたー!
主人公はその力を使い、毎日のように亡くなった祖母と夢で会うのを楽しみにしている女の子。
ファンタジー色を多分に含む物語ですが、そんな夢を何より大切にしていた主人公が
夢世界での出来事を通して徐々に現実と向き合っていく、その過程がとても前向きで清々しくて。
ラストは爽やかな読後感を残してくれました。
某ルートでのおばあちゃんとのシーンとか、グッと胸にこみ上げるものが…!
また、攻略対象も皆それぞれに魅力的! どのキャラも個性が被ってなくて三者三様です。
作者様の他作品と同様に、個別ルートへの分岐が早めで
分岐後は1対1の関係をじっくり構築していけるので、後の甘々な展開にも説得力があります。
おかげでエピローグ(後日談)は思いっきりニヤニヤしながらシーンに浸れましたわ~笑
その分、バッドED・ノーマルEDの回収はちょっと辛いかもしれません。
私は良いEDから見ていくスタイルなので余計にそう感じました。一颯バッド切なかった…。

絵柄もいつも通り美麗で、ギャラリーで何度もスチルを見返したくなります。
ただ、その際の注意事項なのですが。
設定で自動既読スキップをONにしている場合、差分のあるスチルを見ようとすると
2回目以降は既“視”スキップ状態?になるのか、正しく見ることが出来ません。
上記の状態になってしまった場合は既読スキップの設定を変更してみてくださいね。

一翼のアリス

管理人:皐月の夢さま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約2.5~3.5時間
攻略人数:3人 / ED数:12種類+α(Dead ED)
※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
普通の女子高生として平凡に生きてきた主人公・衣純[いすみ](名前変更可)は、
ある日、自分を迎えに来たと言う白兎の青年によって異世界「ハートの国」へ連れ込まれてしまう。
その国は崩壊が進み、今や異世界からやって来る救世主“アリス”を待ちわびている状態。
そして、主人公がその“アリス”なのだと言う。

ハートの国を救うため、元の世界へ戻るため、救世主という一翼を担う事になった主人公。
白兎や帽子屋、チェシャ猫らの協力を得て、まずは国の異変を探る旅に出たのだが…。

マシロ :“アリス”を迎えに行く役目を持った白兎。主人公に対してのみ盲目的に従順。
カミオ :チェシャ猫。いつも他人をからかって楽しんでいる。が、国を思う気持ちは本物。
ユリオス :帽子屋。女王に仕える役人でもある。面倒臭がりだが、いざという時は頼りになる。
女王 :ハートの国の統治者。柔らかな雰囲気の女性で、主人公に国を救ってほしいと懇願する。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

『不思議の国のアリス』をモチーフとした作品です。相変わらず絵が美麗!!
ver.1.00だと文章ウィンドウの文字がかなり見辛く、また一部選択肢場面で
選択肢枠と「save」等のメニューボタンが被ってボタンが押せなくなる、などの問題点がありました。
最新版では改善されているので、旧版をお持ちの方はまずバージョン更新してからプレイされると良。
(旧版のセーブデータも最新版(ver.1.20現在)の本体フォルダ内へコピペする事で使用可能でした。
ただし、「続きから」で始めると文字色など一部の修正が反映されない場合があります)

主人公はそれなりに頭が良くて社交的。
しかし特に夢も目標もなく、ただ何となく毎日を生きており
「実は何も出来ない自分」を密かに気にしている―そんなどこにでもいる女の子です。
それがいきなり異世界へ飛ばされ、救世主となって国を救う!
…なんて、字面だけで見ると何とも突飛な感じですが、プレイしてみるとそれほど唐突感はありません。
主人公の葛藤描写を最小限に抑え、物語をさくさく進めてくれるのはむしろ好印象でした。
その分、割と早めに個別ルートへ分岐し、そこから1人1人のストーリーがしっかりと書かれています。
金太郎飴的な展開もほとんど無いので、ボリュームと読み応えはかなりのもの。
圧巻だったのは戦闘シーンで、事前に選んだ武器や手段によって戦い方が変わります。
フリーの乙女ゲーとしては骨太、でも全体の雰囲気を壊さない程度のライトさも併せ持ち、
ちょうどいいバランスで描かれているなという印象を受けました!
旅の途中の何気ない会話が後々勝敗を決する大きなヒントになったりするので、
一言一句しっかり読み込むようにしましょう。

EDの種類は各キャラHappy×1、Normal×1、Bad×2。リスト外ですがDead EDが複数あります。
(Dead EDは直前の選択肢まで戻れる親切設計)
どのEDもストーリー性があって良かったですが、私は特にBad EDの多彩さが好きですね~。
Normalは【相手を振って帰還】EDなので切ない…。選択肢選ぶのも正直ツラかったーっ(>_<)
(一部文字反転)
Happy EDはさすがの甘さで、EDの後そのままスチル付き後日談が読めるのが嬉しかったですv
前述の通り、道中は戦闘など殺伐としたシーンが多く糖度は終盤に集中している感じですが、
攻略キャラと2人でいる時間が長いので心の距離が縮まる過程も無理なく読めますよ。

灰だらけは恋をする

管理人:皐月の夢さま

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約1~2時間
攻略人数:3人 / ED数:12種類
※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
両親は既になく、今は義理の母や兄姉と暮らす主人公・シンディア(名前変更可)。
義家族は彼女に冷たく、主人公は灰だらけになってこき使われる毎日だった。

そんなある日、彼らの家にお城から舞踏会の招待状が届く。
当然参加出来ない主人公だったが、突然現れた不思議な魔法使いの青年によって
彼女は無事舞踏会に出席。王子様ともダンスを踊る事に…。

だがそれは、ある大きな事件の裏で仕組まれた罠だった――。

アベル :主人公の義兄。昔は主人公と仲が良かったが、今は何故か冷たく接する。
ルシアン :神出鬼没な魔法使いの青年。明るいが、やや人を食ったような面あり。
クロヴィス :近々王位継承予定の王太子。たまに視察名目で町に出没したりも…?



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

某灰かぶりの童話をモチーフにした恋愛SLGです。
が、原作にあるような「みすぼらしい主人公」感は割と薄くてですね、
お話自体は決して軽くはないものの、前作『友達ごっこ』より明るい印象を受けました♪
(ヒロインの性格の違いかな…?)
義家族から意地悪されても自分の主張は結構はっきり口に出すヒロインが
まず予想外でビックリしましたね(^_^)

こちらの作品はふりーむ!様で見つけたのですが。
実は、そこのゲーム紹介ページにばばんっと掲載されているアベル兄様に一目惚れ…!
あのヒロインを思いっきり罵る姿に私のM心が反応しない訳ありませんっ(笑)
こういうキャラをデレさせるのがたまらなく好きです~^^
ヒロインに無邪気に【(家族として)好き好き】言われて苦悩するがいいさ!(一部文字反転)
M心だけではなくS心も持ち合わせている私でございます、ふふふ(笑)
制作サイト様からは上記画像のあるページへはリンクが繋がっていないようなので、
ご覧になる場合は↑の「ふりーむ!様」の文字からジャンプして下さいませね。
(画像ネタバレ有)
他攻略対象の2人もそれぞれ一筋縄ではいかないキャラで、ギャップのあるところがイイv
絵はどの立ち絵・スチルも安定していてとても美麗です!
バッドED各3つに対しハッピーEDは各1つのみという仕様がやや辛口ですが、
全体的にはそれを補って余りある甘さがあるので…! 甘い物語好きの方にオススメ。
注意書きの箇所によって何故かプレイ年齢対象が6推だったり12推だったりしていますが、
流血・暴力描写がある事なども考慮してここでは12推表記とさせて頂きました。

物語は序盤の選択肢でルートが決定、ある1つの事件を軸に展開していきます。
ルート分岐後は選んだキャラと同じ方向からその事件(陰謀)を体験していく事に。
そんな構造上、1回クリアすればある程度他ルートのネタバレもしてしまう訳ですが、
天然で純粋なヒロインについつい行動を狂わされる男性陣が楽しくて!
最後まで飽きずにプレイする事が出来ますよ♪
前作同様、EDコンプ後はEDリストに目を通す事をお忘れなく。

友達ごっこ

管理人:皐月の夢さま

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約1~2時間
攻略人数:2人 / ED数:6種類
※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
クールな性格のせいか、学校でも孤立した存在の女子高生・前原優奈(名前変更可)。
そんな彼女に、何故かクラスメイトの男子2人がたて続けに告白してきた。
彼らとはろくに話した事もなく、しかも2人は親友のはずなのに。一体何故――?

その日から3人の奇妙な「友達ごっこ」が始まった。

元宮 廉 :何故か告白してきた人・その1。明るく社交的で人懐っこい性格。
辻 千明 :何故か告白してきた人・その2。他人に本心を悟らせず、常に余裕の態度。



【感想】
★★★★ :糖度
★☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

三角関係ものは少々苦手なワタクシ。
この作品もあからさまに三角関係っぽかったので、綺麗な絵柄に惹かれてDLしたものの
しばらく手を着けずにおりました…。
が、そうこうしている内にすぐ次作『灰だらけは恋をする』が公開されまして。
そちらがとても面白かったため、順序が逆になりましたが次にこの作品をプレイして…
「早くプレイしておけば良かったーーーー!!!o(>д<)o」と全力で後悔致しましたよ!
全く、何回目の後悔なんでしょうかね…。我ながら学習しない奴です;;

タイトルの『友達ごっこ』。
特に好きでもない男子2人から告白され、何だか裏がありそうだけど
とりあえず友達として仲良くしてみましょう…というところから始まるので、
単純にその曖昧な関係を表しているのかなと思っていたんですよね。
でもコンプしてみて――そのタイトルにとても重い意味が込められていたんだと判り、
物語に秘められた奥深さに感心してしまいました!
シナリオはある程度共通していますが、彼らが何故告白してきたかという真意については
各々のルートでしか明かされません。
何となくですが、ミステリアスな千明の方を後から攻略した方がドラマチックかなぁ…なんて
気もしますね(注:あくまで私の印象です)。
絶対に傷付けたくない、ヒロインと幸せになってほしいと願ったのは廉ですが、
ゲームとして「攻略したい!(=ヒロインにベタ惚れさせたい)」と思ったのは千明でした~(^_^)ゞ
千明ルートに関しては、ハッピーEDはもちろんの事、バッドED2も彼らしくて非常に印象的。
EDタイトル画面に出てくるシルエットの表情が心にグッサリ突き刺さるったらなかった…!!
ヒロインはかなりクールでドライなタイプ。
好き嫌いが分かれそうですが、私はこういうコ結構好きですよーv

EDコンプ後、「ギャラリー」でEDリストを見ると各キャラからのちょっとした一言がもらえます^^
古いバージョンにはEDリストが実装されていなかったので、ぜひ最新版でプレイして下さいね~。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード