ハッピーチョコミント!

管理人:地獄カバさま

 
内容:常夏の島の木に実る不思議なアイスを探す短編RPG
使用ツール:RPGツクールMV / プレイ時間:約1.5~2時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・プルメリアは兄と共に常夏の島に移住してきた元気いっぱいの女の子。
が、さすがに島の暑さには少々バテ気味。
そこで、洞窟の奥にあるという不思議なアイスの木を求めて兄と洞窟へ向かったのだが、
危険なモンスターや妙な人物が次々と現れて…?

プルメリア :主人公。元気で賑やかな12歳の女の子。甘えん坊で寂しがり屋な一面も。
ランタナ :主人公の兄。鉱物学者で、鉱石の採掘と研究のため各地を飛び回る。妹には甘い。
ジンジャー :洞窟で出会ったダークエルフの少年。考えるより先に体が動いてしまうタイプ。
ライチ :ジンジャーの相棒。耳年増でおしゃまなコウモリの女の子。
フラン :島で修行中の魔法使いの少女。おっとりした性格で、魔法よりも調合が得意。



【感想】
★★★★★ :キュート度
★★★★☆ :ゆるふわ度
★★★★★ :おいしそう度

公開が2016年の秋、季節が過ぎていたので翌年夏にやろう…と思って出来なかったのが2017年。
そして、念願叶ってプレイしたはいいもののコンプ出来た頃には既に世の中は秋で、
やはり機を逸してしまったのが昨年、2018年でした。
一体何年かけとるんだ!と自分のグダグダっぷりに乾いた笑いが出ますが、
もちろんそんなハードルの高い作品ではなく、ゆる~い感じで気軽に楽しめる短編RPGです。
(DL版とブラウザ版あり)
記憶を確認するため、今年もまた再プレイして楽しませて頂きました。ありがとうございます^^

相変わらず絵がキュートさ満点です。
キャラクターはもとより敵モンスターも戦闘時のアクションも、これぞ「可愛い」の宝石箱や…!
しかも、ところどころに入るボイスがまた各キャラにマッチしていて可愛くてv
どうしよう、語彙力低すぎて「可愛い」という感想しか出てこないぞっ(^_^)
ストーリーも分かり易くつい先へ先へと進めたくなりますが、そこはちょっと立ち止まるべしです。
村にあるほぼ全てのオブジェクトに会話イベントがあり(3パターン)、
村人や生き物だけでなくいろんな無機物を調べることでゲームの世界観がより広がるでしょう。
また、進行によりときどきパーティー編成が変わるのですが、
そのタイミング?でタイトルに戻るとタイトル画面にも変化が。芸が細かい…!
キャラクターの背景にはそれなりに重い過去もあり、決して緩いばかりではありませんが、
総じてほのぼのと笑って楽しめる1作となっておりましたー。
個人的お気に入りはステータス画面。
アイスをバックにポーズを決める各キャラクターが可愛いのなんのv(←まだ言う)

作者様の作品全般に言えることですが、ゲームの世界観の割に戦闘難易度はやや高め。
状態異常を仕掛ける敵や、スキルを駆使しないと倒せない敵とも序盤から遭遇します。
更に最初のボス戦は事前セーブも回復もなく唐突に始まるため、
適宜セーブしておかないと早々にゲームオーバーとなりかねません。ご注意を。
ただし、MAPの外に一瞬で戻れる便利アイテムがあるので、全滅さえしなければ大丈夫です。

2016の七転八起

管理人:地獄カバさま

 
内容:2016年お正月短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・たまえの家が管理する春小井はるこい神社は、山奥にあるせいか
元日だというのに参拝者がさっぱり来ない。
そこでたまえは神通力を使ってある策を講じるが、それが大騒動を引き起こしてしまい…!?

たまえ :春小井神社の巫女。少々そそっかしいが、神通力はかなりのもの。
孫悟空 :某西遊記から。今年の干支(申)にちなんでたまえに呼び出された。口が悪い。



【感想】
★★★★★ :キュート度
★★★★ :ほんわか度
★☆☆☆☆ :しんみり度

温かみのある手描きMAPと可愛いキャラクターが味わい深い、沼から現れた様の新春ゲーム。
これはタイトル的にも今年の、しかも今!ご紹介しなくてはならんでしょう!!
難易度低め、MAPも小さめなので、小1時間ほどで手軽にプレイ出来るのも嬉しい^^

現在は自作モンスター素材も配布しておられるサイト様なので、敵グラフィックも見所の1つです。
とにかく可愛いし、自作素材という事でやはり画面にとてもフィットしているんですよねー。
が、とある理由から明らかにラスボスだけ造形が違います。可愛いと言うより、これは…。
そうか、たまえちゃん的にはそうなのか。でも、私としては2番目のボスさんの方が!Σo(゜∀゜o)
…とこっそり主張だけはしておきます(笑)
もちろん、味方の悟空もやんちゃ少年っぽくて魅力的。
無理矢理(?)呼び出されてもっと文句言うかと思ったら、意外と大らかで付き合いもいいし。
口が悪いところも好きよーv
MAPが小さい分、キャラクター同士の会話イベントが豊富に用意されています。
Aボタンを押すと会話が始まるので、何かイベントをクリアするごとに押してみるといいでしょう。
境内にいるお父さんと商人(猫)のミケさんに話しかけるのも忘れずに!

戦闘のレベリングはそれほど必要ありませんが、序盤は少し注意が必要です。
単体で出てくる敵はほとんど(全く?)おらず、「攻撃」だけで全滅させようとすると苦戦は必至。
(かまいたち、強いよ…orz)
各キャラの持つ「特技」をしっかり活用しましょう。
何となく「悟空=攻撃役」「たまえ=回復役」という印象がありますが、
実は一番強力な特技を持っているのはたまえの方だったりします。さすがの巫女様!
神社に戻れば(アイテムを使えばワープして戻れる)自動で体力が回復するので、
無理せずのんびりこのゆるふわな世界を楽しんでみては?

散る桜 残る桜も 散る桜

管理人:地獄カバさま

 
内容:未だ寒い春を呼び覚ますために野山を駆け回る短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1.5~2時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
動物や妖怪が跋扈(ばっこ)する自然豊かな山・尾山。
ここに神使(しんし)としての役割を担う1人の子狐がおりました。
彼女の名は「いろは」。
今年も冬の眠りから目覚めた いろは でしたが、辺りの空気は思いのほか暖かくありません。
彼女は春を開花させるため、あちこちで奮闘するのでした。

いろは :主人公。神の使いの使いである狐の少女。元気なのが取り柄。
山彦 :いつも崖で釣りをしている情報通の妖怪。たまに助言をくれる。
シキ :主人公の上司で稲荷の神の使い。強大な力を持っている。



【感想】
★★★★★ :和風度
★★★★ :ほっこり度
★★☆☆ :しんみり度

筆で描かれたような純和風の画面にまず目を惹かれます。
『tiny green』『ホシゾラエンボリウム』などに代表されるように、
作者様の作品は可愛く描き込まれた手描きMAPが実にオリジナリティあって素敵!
主人公・いろはが山を駆け巡って春を呼び覚ますたび、このMAPがどんどん色づいていき、
鮮やかに春めく様が圧巻なのです。
加えて、キャラクターの豊かな表情と細やかな動きも大きな魅力。
大きな立ち絵が表示される訳でもないのに、小さなデフォルメ絵だけでキャラの性格や感情が
伝わるというのもスゴイ事ですよね~。
いろはなどは本当にくるくると表情が変わりまして! 幼さと小動物っぽい愛らしさが全開でしたv

本作では戦闘はありません。
山の住人達と会話しつつ、花を咲かせたり眠っている動物を起こしたりして周るおつかいRPGです。
MAP自体はそう広くないので、詰まっても総当たりでいろいろ話しかければ難なくクリア出来るはず。
(相手の会話が変わらなくなるまで話しかけましょう!)
ただ、今までの作品同様ほのぼのコメディなのかと思いきや…意外とテーマは重かった。
冒頭からタヌキや山彦にちょっと意味深な事を言われ、いきなり「んん?」と思わされたりして。
何かあるぞー、何かあるぞーと警戒しながらプレイを進めていきましたら、
後半でいろはに関する衝撃の事実が明かされました。シキ様、そんな…。
これは山に春を呼ぶ物語であると同時に、いろはという新芽を芽吹かせる成長物語でもあったのですね。
とは言え、ラストは安定のほっこり大団円です。ご心配なく!(^▽^)
クリア後はタイトル画面の変化にも是非ご注目ください。

プレイが進むとメニュー画面(Sキー)から見られる「状況(持ち物リスト)」や「人物記録」が
充実していきます。こちらも必見!
特に「文字」ではなく「絵」で表示される持ち物リストは、MAP同様だんだん賑やかになっていくのが
見ていて楽しくてしょうがない!!
事あるごとについ覗きたくなってしまいますよ~。

ホシゾラエンボリウム

管理人:地獄カバさま

 
内容:月を探して美しい夜空を巡る短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1~2時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
大切なお月様が突然姿を消してしまった。さぁ大変!
夜空の管理人・ポーラスター(通称ポラコ)は
その行方を追って調査を始めるのだが…。

ポラコ :主人公。北のポーラスターを務める二等星。真面目でおっとりマイペース。
ウルペクラ :こぎつね座。有名になりたくてポラコの助手を買って出る。ガチョウのアンサーが相棒。
ミノール :こぐま座。ポラコが所属する天体観測所の所長。ちょっと口うるさいがしっかり者。
リンクス :やまねこ座。趣味の星間旅行を活かし、様々な品を集めては行商している。



【感想】
★★★★★ :ファンタスティック度
★★★★★ :キャラ立ち度
★★★ :戦闘難易度

七夕はもう過ぎてしまいましたが、この季節にピッタリなファンタジーRPGをご紹介♪
プレイ後は思わず夏の夜空を見上げたくなりますよ。

主人公・ポラコは夜空の管理人。
見た目は可愛らしい女の子ですが、それなりに任期も長く星々から頼りにされている有名人です。
そんな彼女と共に周る夜空の世界は、幻想的という言葉がピッタリな美しい手描きMAP。
とても雰囲気があって、見ているだけで心癒されるのですよ~。
登場するキャラ達もそれぞれが本当に個性豊かで!
表情や動きがいちいち可愛いったらありません。
私はやまねこ座・リンクスさんの「ニャー!」ポーズがお気に入りで、
天体観測所に戻るたびに無駄に彼(?)に話しかけては長話に付き合っておりました(笑)
のんびり周るのもオツですが、ダッシュ(Shift+矢印キー)時には普通に走るのではなく
ホウキ飛行で移動するポラコが見られます。
世界観に合った細やかなこだわりですねv

戦闘はランダムエンカウント。
オーソドックスながら、敵・味方共に豊富なグラフィックが用意されていて飽きが来ません。
敵を倒して入手したスキルカードを装備する事でさまざまな魔法を使えるようになるのですが、
装備枠が(武器を除き)3つしかないのが悩ましいところ。
中盤以降は力押しだけではとても敵わない強敵も現れるので、敵の属性を見極めて
MAPごとに調整する必要があります。
難易度は中の上くらいで、私見では宝箱を全て回収するくらいの意識でMAPを周れば、
特にレベリングせずともラスボスを倒せるくらいにはなると思います。
(そういう意味では同作者様の過去作品よりも簡単かも…?)
シナリオのボリュームも適度なので、気軽に着手出来るのが嬉しいですね。
調査が進むにつれて書き込みが増えていく主人公のレポートも楽しいですよー。
この作品、続編…出してくださらないかしら?

最後に、自分の経験から感じた注意点を2つほど挙げておきますね。
まず、宝箱の形状がMAPごとに異なるのでうっかり見逃さないようにしましょう。
特に最後のMAPは判りにくいです。
また、セーブする際はメニューからではなくアイテム「メモワール」から行います。
実は私、日をまたいでプレイした時にこのセーブ方法を忘れてしまいまして…;;
ちょっと困ってしまった思い出があるので、頭に入れておいた方がいいと思います。
(私だけか?)

リトルリトルウィッチ~タイニーグリーンの魔法使い~

管理人:地獄カバさま

 
内容:わがままな魔法使いが巻き起こすファンタジーRPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・マルクは自称「天才魔法使い」の少女。
町でちょっとした騒動を起こし、追い出されて森へと引っ越してきたばかり。
でもこのままじゃ腹の虫が治まらない!
そこで、町の皆を見返すべくカボチャの使い魔・ブッチャーと共に
とある大仕掛けな魔法の準備を始めるのだが…。

マルク :主人公。わがままで自己中心的な魔法少女。自称「天才魔法使い」。
ブッチャー :カボチャの姿をしたマルクの使い魔。数々の理不尽な扱いにもめげない。



【感想】
★★★★ :オールスター度
★★★★ :メルヘン度
★★★ :戦闘難易度

2013年ハロウィンゲーです。
主人公ちゃんがややキツめの性格&外見なのでちょーっとだけメルヘン度を下げましたが
(可愛くないって意味じゃないよ!)、絵本風なデフォルメ絵柄が相変わらずキュートv
あの一見怖そうなツリ目もプレイしているとどんどん愛着が湧いてくるんですよね~。
背景や音楽、演出も雰囲気にピッタリで!
特にBGMは多分素材のはずなのに、まるでこの作品のために作られたかのようにハマっていました。
さすがのセンスですっ!

今作は、町の人達にとあるイタズラ(?)魔法をするために必要なアイテムを集めて回る
戦闘つきRPGです。
サブタイトルからも判るとおり同作者様の過去作品『tiny green』の森が舞台で、
懐かしい顔ぶれもちょこちょこ登場。わーい、ガゼットさん!!ヽ(´▽`)ノ
(彼の「ホーッホッホ♪」が聞けなかったのが少し残念…)
普通のRPGとはちょっと違っていて、戦闘回数は限られています。
戦うのは各Sceneにつき 【レベル上げ用のフリー戦闘上限5回(+α)】+【ボス戦】 のみ。
フリー戦闘をしなくても各ボスにさえ勝てばクリアは出来るんでしょうが…まぁ多分無理かとA^_^;)
敵はそれなりに強いので心してかかって下さい。ボス戦は計5回。
フリー戦闘で魔石をゲットしたら、まず何はなくとも「ヒール」を覚える事をオススメ。
あと、スキルアップの種は入手するごとにすぐ使った方がいいです。
面倒臭がらずこまめにセーブを取る事もクリアへの近道かな?

フリー戦闘を5回行った後、条件によってサブイベント(戦闘)が発生します。
プレイ進行に支障はないけど、これは是非ご覧になった方がっ!
作者様の作品ファンにはたまりませんよ! 相手、めっちゃ強いけど!!(涙目)
発生条件についてはゲーム同梱の「はじめに」テキスト(最新版)をご参照下さいね。
サブイベント・ラスボスのあの方にはビックリ致しました…い、言われてみれば!!Σ(゜□゜;)
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード