それは間違いだった

管理人:じゅんさま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約4~5時間
攻略人数:3人+α / ED数:5種類+α
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
何事にも無気力で、今も仕事を辞めてきてしまったばかりの主人公・土屋透子(名前変更可)。
そんな彼女の目の前に突如、陰陽師を名乗る怪しい男が現れた。
更にその男・上條蒼悟は何故か彼女を自分の補佐官にしたいと言い出し、猛アプローチ。
嘘くさいと疑いつつも、あまりの熱心ぶりと好待遇に主人公の心は揺らぐ。

どうせ元々くだらない人生、ならばこの奇妙な彼に託してみたっていいじゃないか。
たとえ、それが間違いだったとしても。

上條蒼悟(かみじょう そうご) :才色兼備のエリート陰陽師。真面目そうだが女性経験は豊富らしい。
南雲緋鉈(なぐも ひなた) :蒼悟の地元のお役人。男らしい外見に似合わず、乙女趣味で奥手。
翠香(すいか) :謎の超絶美青年。人付き合い、特に女性は苦手。蒼悟と親しいようだが…?



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

【派生作品プレイによる追記あり】

舞台は架空の現代ですが、全体のデザインや人物衣装などがとっても和風なのですv
ヒロインは既に20代半ばとのことで、乙女ゲーにしてはかなり大人設定。
しかも冒頭からかなりの駄目人間っぷり&喪女っぷりを披露してくれてまして、
健気に頑張る純情可憐ヒロインがお好きな方には敬遠されるかもしれません(^_^;)ゞ
(だけど「金欲しい、でも働きたくない」ってのには同意するわ~。にんげんだもの)
そんなヒロインなのに、男性陣は彼女にメロメロになって逆ハー状態になってしまいます。
これも納得いかない方には受け容れにくいかなぁという要素なんですが…
私にとっては本作ヒロインって某女芸人さんのイメージで、磨けばそれなりに光るのに
女っぽく振舞うのが恥ずかしくて逆に慎みのない行動を取っちゃう、って感じなんですよね。
男性側もヘンタi変わった感性の持ち主ばかりで一般的な女の好みしてなさそうだし(笑)、
そう考えるとこんな逆ハー展開もアリかも!と思えてしまいました。
下ネタもばんばん飛び出すので耐性のない方はご注意を。
そういう軽妙さが楽しめる方には本当に面白い作品だと思います!

上記プレイ時間でも判るとおり、本編はなかなかの長編。
お話が一区切りつくごとにアイキャッチが入り、全5話の構成となっています。
ただし共通ルートが多いので、まず1人をクリアしてその後はスキップ機能を駆使すれば
ストレスなくコンプリートまでたどり着けると思いますよ。
八方美人にさえならなければ恋愛EDは楽勝。
…と思いきや、途中の選択肢をうまく答えて好感度を上げておかないと後日談が開きませんっ><
(上記ED数の「+α」はこの後日談分)
ワタクシ的には翠香がちょっと難しかったです~。だって、
真正のMと信じて「殴る」ばかり選んでしまったからね!(苦笑) 皆さんは優しくしてあげてね…
あと、会話中の選択肢の他に自由行動が出来るMAP式選択肢があります。
1回につき6ヶ所まで行けるので、同じ場所へ3回ずつ行くことをオススメしておきます。

そしてそして大切なこと! こちらの作品のBGM…何と作者様の自作なのだそうです!!
やはり自作の音というのは一味違いますねー。作品の世界観にそりゃもうピッタリでした♪
おまけの音楽鑑賞部屋では各曲についての作者様のコメントも読めます。
攻略対象3人のみならず個性的なサブキャラ達とも仲良くなれるし、隠しルートもあるし、
コンプリートご褒美絵は異様にエロい(!)しで、見所はたくさん。
小話が追加されるパッチも公開されているので、是非そちらも合わせてプレイしてみてください^^



ここからは派生作品『WB』(15禁)の感想です。
記事が長くなり過ぎるので以下折りたたみます。





『WB』は本編の冒頭部分(バイト退職~帰宅)を元にしたエイプリルフール?短編です。
(単に4/1が公開日というだけかもですが、作中で嘘をつく選択肢もあったりするので)
何かと言い寄って来るバイト先の店長や謎の眼鏡の男を振り切って早くお家に帰りましょう。
攻略対象は言うまでもなく、上記バナー↑のお二方です。

最初にプレイ出来るstage1ではバイト先の店長との攻防。
それを無事クリア(退職ED後?)すると、帰宅途中で眼鏡の男に捕まるstage2がオープンに。
選択肢がかなり小刻みに出てくるので、短いお話ながらなかなかEDにたどり着けません(^_^)
何言ってもめげずにしつこく迫って来る男性陣とのやり取りがウザ楽しいです!
いえ、ヒロインの身にしてみれば鬱陶しいことこの上ないんでしょうけどね~(苦笑)
EDは大まかに分けて7種類ですが、ノーマル的EDは台詞やスチルの差分別に
さらに細かく4~17種類に分かれます。何と総計41ED!!
こんなに数があるにもかかわらず、非常に丁寧に作られている差分に感激。
この辺、作者様の作品への愛情をひしひしと感じますねーv
公式サイトには「ネタバレを気にしなければ本編未プレイでも~」と書かれていますが、
私としてはやはり本編コンプ後(出来れば番外編『clear』も)にプレイすることを
推奨致します。




■派生作品として、前日談短編『clear』、『WB』の派生『CB』(15禁)、'15年嘘の日ゲー『嘘四一』など多数公開中。
 最新作はRPGツクール製の『逃げ祭』です。


西花子山高校にて

管理人:じゅんさま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約1.5~2.5時間
攻略人数:2人+α / ED数:8種類
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
父の転勤により西花子山町に引越してきて1ヶ月。
団体行動が苦手な主人公・土屋透子(名前変更可)は転校先の高校で友達も出来ず、
浮いた存在になっていた。
ところがある日、そんな主人公に突然話しかけてきた男子生徒が。
彼女にとって困ったことに、彼は学校一目立つと評判の有名人で…。

南雲緋鉈(なぐも ひなた) :隣のクラスの男子生徒。一見気さくで朗らかだが…?
上條蒼悟(かみじょう そうご) :主人公のクラスメイト。口数が少なく物静かな印象。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
★★☆☆☆ :シリアス度

前作『それは間違いだった』と世界観が同じなようでそうでないようで…。
(先に番外編『clear』があるので、正確には前々作になりますが)
10年前の世界を想定しているとのことで、登場キャラも同じ名前で同じような性格。
ただし10歳若い外見をしています。
『それは間』ではヒロインと攻略キャラ達が高校時代に出会っていたという設定はなかったはずなので、
パラレルワールドと受け取っていいのかな。
妖怪が絡む和風ファンタジーでもありますが、今回妖怪色はあまり強くなかったため
カテゴリは「現代物」に分類させて頂きました。

メインヒーローは蒼悟から緋鉈にバトンタッチ。
ハネた赤髪、積極的で明るい性格(一見)は確かにある意味誰よりヒーローっぽいですね(^_^)
前作での緋鉈は、高校時代友人との間でちょっと大きな事件があったらしいのに
その辺さらっとしか書かれてなくて謎の残るキャラクターでしたが、
今回はその事件についてより深く掘り下げられていて嬉しかったです。
恋愛EDは甘さ大爆発!で、読んでいてこちらが照れまくってしまうほど////
蒼悟はと言えば、随分大人しくなって前作とは少々違う印象を受けました。
…下ネタが減ったせいかしら?(笑)
でもところどころ前作と同じセリフが出てきたり、ラストの強引さと手の早さは相変わらずだったりで、
そういうのもやっぱり懐かしい&嬉しかったですね^^
ちなみに、蒼悟ルートでのヒロインの「いいからさっさと抱け!」のシーンが
今作での一番のお気に入りですv(一部文字反転)
最後の最後で躊躇する彼と妙に肝が据わってオットコマエなヒロインの差に笑いました~(^▽^)

…といろいろ書いたものの、私の興味は結局今回も“緑のあのヒト”に向いてしまったりして。
今作では落とせないのかなぁと心配していましたが、そこはさすが抜かりありませんでした!
前作隠し扱い(?)だったあのキャラもばっちりご登場ですよー。
EDタイトルの付け方が独特で面白いので、そちらにも注目してみてください。
(ヒロインEDの2つが揃った時は「ああっ、そうかなるほど!!」と思わず唸らされました)
素敵な自作BGMも必聴。曲ってアレンジ次第であんなにも印象変わるんですねー!


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード