温泉彼氏

管理人:夏ぷりんさま up
使用ツール:ティラノスクリプト(吉里吉里2/KAG3から変更) / 1周プレイ時間:約30分~1時間弱
攻略人数:?人 / ED数:7種類

※リメイク完成、再公開されました!主にグラフィック・システム面変更、ブラウザプレイも可能に。 up

【あらすじ&登場人物】
主人公・温田いずみは仕事に厳しい鬼上司にコキ使われ、最近お疲れ気味の26歳。
会社泊や終電帰りは当たり前、休日も返上続きで趣味の温泉巡りもままならない。
そんな中、同僚の由布子が「頑張っているご褒美に」とくれた小さな袋。
しかし、それ―某有名旅館の入浴剤が彼女を信じられない非日常世界へと導いた!?

??? :入浴剤と共に主人公の家に現れた謎の3人組。何故か全員服を着ていない。
大分由布子 :同僚OL。仕事に追われる主人公のサポートもしてくれる、面倒見の良い姉御肌。
課長 :主人公の直属の上司。普段は会議室にこもって仕事をしており、滅多に姿を見せない。



【感想】
★★★★★ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

【リメイク版プレイによる追記あり】 up

男性も女性もハダカ祭りで「ウッヒャアァァァ!!!////Σ(゜▽゜*ノ)ノ」となりました(笑)
でも変ないやらしさは全くなくてですね、コミカルで明るくて健康的なエッチさ?
とでも言いましょうか。
(“エロ”ではなく敢えての“エッチ”表現。エロだと何かイメージ違うんですよ~)←こだわり
見知らぬ男性とお風呂に入って、お互い素っ裸なまま後ろからぎゅーされたり
湯あたりして介抱されたり。
…って状況だけ書くと何ともえらいこっちゃな展開ですが、
レーティング的には確かに全年齢~15推程度だと思えるから不思議です。
(リメイク前は「15推」でしたが、現在は「全年齢」とされています)
何だろう、この素晴らしい清潔感!
全て「疲れているが故の幻覚」で済ませてさっさと状況に順応しつつ、
ときどき順応しきれずに現実的ツッコミを入れてしまう主人公にも大爆笑です。

謎の素っ裸3人組に個別EDがあるのかと思いきや【逆ハー】EDしかなくて(※レビュー当時)
きちんとカップリング成立する話が好きな私としましては最初ちょっと物足りなかったんですよ。
彼らの正体も判らないままだし、何だか最後まで幻覚のままっぽいし、
でもまぁこれが一番ベストなEDなのかな…と一旦は思い込んだのです。が! が!!
ちょっと待て、制作サイト様のゲーム紹介ページを見ると未邂逅のキャラがいるじゃないか。
ということは、まだ見てないEDがあるってことよね!?と、再びプレイ続行。
そしたら…最後にとんでもなく甘いお人が来ましたーー!!!
少なくとも私と好きキャラ傾向がかぶる方にはきっとお楽しみ頂けるのではないかと!
クリア後に読めるおまけエピソードもめちゃくちゃツボでしたよ~v(*>▽<)b☆
(一部文字反転)
(追記:現在は3人組個別EDも追加されています)



完成をとても心待ちにしていた作品だったので、ちょっとだけリメイク版の追記を…。
シナリオ的には大きく変わっていないようなのですが、
作者様お得意のコミカルなアニメーション演出がふんだんに盛り込まれていて、
リメイク前の何倍も楽しくなっていました!
冒頭のNow Loading画面からして物語の一端を担わせている小技がまたニクいっ。
まだ途中までしか再プレイできていませんが、隠しのあの人にたどり着くまで頑張ります!

毒味メイドと嫌味シェフ

管理人:ナリオさま new
内容:素直になれない両片想いケンカップルのイチャラブストーリー
使用ツール:ティラノスクリプト / プレイ時間:約30分 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・ユーリャ(名前変更可)は城で女王陛下の毒見役として働くメイド。
シェフのシスティとは10年来の腐れ縁だが、とある過去の因縁もあって口を開けば喧嘩ばかり。
本当はずっと彼に想いを寄せているのに…。
そんな2人を見かねた世話好きな女王は、彼らの仲を取り持つべくドッキリ大作戦を持ちかけた!
果たして、主人公はシスティの本音を引き出すことが出来るのか…!?

ユーリャ :主人公。長年女王陛下の毒見役を務めるメイド。勝気で照れ屋な美少女。
システィ :女王の料理番。主人公には事あるごとにつっかかり、嫌味ばかり言うが…。
女王 :絶大な政治手腕を持つカリスマ女帝。身内には優しく、お茶目で世話焼き。



【感想】
★★★★ :糖度
★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

多分?2020年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
選択肢のない一本道ノベルゲーで、美しい絵柄と春らしく華やかなUIが目を惹きます。
メニューボタンなどが食器や厨房用品でまとめられているのが可愛いっ。
(ただ、ページ送りを示すナイフ&フォークのアイコンが最初は「!!」マークに見えて(汗)
「キャラがめっちゃ叫びまくるゲームだなぁ?」なんて勘違いしておりました…(^_^;)ゞ)
最後は甘々ハッピーエンドなストーリーで、印象としてはじれったくて甘酸っぱい少女漫画ですね。
悪意あるキャラも全く出てこなくて、幸せな気分になれること間違いなし!
今だからこそこういうお話が読みたいものです。

主役が両片想いなのが冒頭からあからさまに判るので、見守るプレイヤーとしては
「ええい、早くくっつかんかい!…けど、このくっつくまでのもだもだがたまらん!!」という
嬉しいジレンマに悶えまくりでした。
そして前半でじらされた分、後半の怒涛のラブシーンの濃密さに更に悶える…!
描写がとても丁寧で、彼らの長年の想いが伝わってくるんですよね。
ところどころシスティ視点の文章が入るのですが、その部分だけちゃんと文字色が変化しているのも
読み易くて嬉しい配慮。
もう、あっという間に読み切っちゃいましたよーぅ!!
この作品はキャラの表情変化も見どころだと思うので、立ち絵が大きめなのもいいですね。
テキストにだだ漏れる(笑)口に出来ない想いと共にくるくる変わる彼らの表情を見るのは
実に実に楽しかったです。
描かれてはいませんが、とあるシーンでの女王の表情も見たかったー!
多分、プレイヤーと全く同じ表情をしていると思われます。ある意味、彼女が我々の分身(笑)

病み世に光る

管理人:塩路ハルさま new
使用ツール:ティラノビルダーPro / 1周プレイ時間:約1.5~2.5時間
攻略人数:5人 / ED数:15種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
ここは男女逆転した『源氏物語』が史実として語り継がれている世界。

ごく普通の女子高生・ひかり(名前変更可)は平々凡々な毎日に少し退屈していた。
そんな彼女の元に、ある日突然千年前の世界から自分そっくりな和装の姫君が現れる。
何でもその姫は平安時代に生きた光源氏―「光姫」で、ひかりの元の魂の持ち主。
最愛の君が千年後の現代に転生したと知り、全てを捨てて追いかけてきたのだと言う。
その強い想いに感銘を受けたひかりは、彼女の身代わりとなって平安時代へ行くことを承諾する。
自分も姫のように深く愛せる大切な何かを見つけられることを願いながら―…。

光源氏 :平安の御世、その美しさから「光姫」と称えられた皇女。恋多き姫だが、実は…。
葵 :光姫の年下の許嫁。生真面目な性格ゆえ、奔放な婚約者と打ち解けられずにいる。
六条 :光姫の教育係であり恋のお相手の1人。雅な大人の男性だが、嫉妬深い一面も。
朧月夜 :右大臣家の六男で、左大臣側の光姫とは政敵。宮中で一、二を争う美貌の遊び人。
明石 :辺境の地で出会う受領ずりょうの息子。身分はそれほどでもないが、高い教養を持つ。
紫 :幼少時に光姫が義弟として引き取り、育てた若君。光姫の想い人に瓜二つらしい。



【感想】
★★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

性別が逆転した『源氏物語』のキャラクターが登場する平安恋愛ファンタジー。
女性の美の基準は昔と今で異なっているようで、平凡な主人公や彼女にそっくりである光姫は
平安の世では絶世の美姫としてもてはやされる設定です(イケメン基準は現代と変わらず)。
某ルートでめっちゃ平安顔に似顔絵描かれる主人公が可愛いw

以前レビューさせて頂いた『ナイト・メアリー』でも感じたことですが、
作者様の作品は物語の設定がかなり重いにもかかわらず描写がとても軽やかなんですよね。
例えばこの作品だと、主人公が割と葛藤少なく現代を捨てたり、
知識のない平安時代でそれほどの苦労や不自由を感じず暮らせていたり。
(もちろんそれなりの描写はあるのですが、かなりあっさりめ)
そこが長所でもあり、同時に気になるところでもあるかなと思うので、
どっぷりシリアス展開に浸りたい方にはやや物足りないかもしれません。
逆に、濃密な愛憎劇でもさくさく読み進めたいという方にはとてもオススメ!
1人につき3種類のEDがあり、少ない選択肢で分岐するのでフルコンプも容易です。
ハッピーEDを複数持つキャラもいますがバッドEDはもれなく悲惨で、そのギャップがまた楽しかったり。
個人的には 六 条 先 生 激 萌 え 。 明石君も捨てがたいですがっ。
END1は鼻血噴きそうなくらい悶えたわ…!!(危ない)
六条は「光姫の恋人(情人)」という立ち位置です。なので、攻略対象が他の女性キャラと
関係を持っているのは嫌!という方には注意が必要ですが(実は彼だけではないけど…)
彼のルートは主人公が平安に来た意義を一番感じられるルートでもありました。
ゲームDLページにも書いてありますが、六条先生(と紫君)は後半に攻略した方が良いと思います。
この2人は本人ルートと他キャラルートで見せる顔がかなり違いますのでね。

立ち絵は男女共にキャラクターがしっかり描き分けられていて非常に見やすいです。
黒目黒髪のいわゆる“純日本人”風ばかりではありませんが、舞台はあくまで異世界ですしね。
1枚絵も多くて眼福なのですが、残念なことにCGリスト・EDリストがありません。
お気に入りシーンを見返したい方はセーブ機能を活用しましょう。

追憶の彼方~過去と未来の約束~

管理人:藍原彼方さま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約2.5~3時間
攻略人数:3人+α / ED数:6種類

※前作のリメイク版完成に伴い、こちらも再公開されました!

【あらすじ&登場人物】
憧れの先輩とお付き合いをしてみたり、友人たちとのおしゃべりに花を咲かせたり
主人公・綾瀬菜摘(名前変更可)はそんなごく普通の高校生活を送っていた。
ほんの少し前、天使(?)から一時的に「人の心を読む力」を与えられたことを除いては。

その不思議な経験によって微妙に変わった周囲の人間関係。
そんな中、ある朝彼女のクラスに転校生がやって来るという噂が広まって…?

御影 聖 :成績優秀・スポーツ万能な1つ年上の先輩。主人公の憧れの人。
九条天音 :幼馴染。今でこそ口の悪いひねくれ者だが、昔は気が弱く泣き虫だった。
佐上悠吾 :別クラスの同級生。異性より同性とつるむ方を好むタイプ。
辻宮 将 :主人公のクラスにやって来た無愛想な転校生。どこかで見覚えが…?
シャム :以前主人公に「人の心を読む力」をくれた天使(?)。自由気ままな性格。



【感想】
★★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

こちらは『追憶の彼方』の続編となります。
前作を知らないとやや「?」となってしまう部分もあるため、
未プレイの方はまず前作からプレイされることをお勧め致します。

上↑でご紹介しているメイン男性キャラのうち、新登場は将のみ。
聖先輩と天音は前作EDにて恋人に、悠吾はこれから恋愛に発展?というところまで進んでいます。
今回、私が楽しみにしていたのはやはり天音と悠吾でして~v(先輩ゴメン;;)
特に天音はゲーム公開前、制作サイト様にとっても不幸そうなTOP絵が飾られたりしていたので
心配だったんですよね。
彼はずっとヒロインを想いながらも、両想いになることはどこかで諦めていたようなキャラ。
今回もネガティブ思考のループにハマってどんどんドツボな方向へ進んでしまいます。
「待って待って!貴方はもっと自信を持っていいのよぅ~(;´д`)ノ」と言ってあげたかった!!
天音ルートは全編通してかなりもどかしい思いをさせられますが、その分EDが幸せ全開で嬉しいっv
プレイ前はまだ恋愛未成立の悠吾ルートの方が面白そうかな~なんて思っていたのに、
あのタガが外れたようないちゃラブっぷりはもう完全に予想を上回ってくれましたよ!////
悠吾は実際にもいそうな等身大の男の子の葛藤を見せてくれて(でも天音好きにはちょっと切ない…)、
先輩は恋人としてはピカ一の安定度でした。
お相手によってヒロインが受身だったり押せ押せだったり、立ち位置が違うのも楽しかったですね。
隠しルートも素敵な余韻の残る良シナリオだったのですが、そこはプレイしてからのお楽しみ
ということで^^
EXTRAではギャラリーやおまけ小話のみならず、イベント回想も出来るのがイイです♪
いつでも美しい絵や甘いシーンが見放題!!ヽ(´▽`)ノ

1つだけ気になったのは、ヒロインの顔グラでやたら“泣き(涙目)の表情”が多かったこと。
涙って面積的には大したことないはずなんですが、一度気になるとやたら目に付いちゃいまして…。
「すぐ泣く子」のように見えて本当に涙するシーンの印象が薄れてしまうので、
涙目の顔グラはここぞという時にのみ使った方が良かったんじゃないかなぁ~と思ったのでした。



■将視点で描かれたスピンオフ作品『追憶の彼方~勿忘草の約束』(12推)や
 悠吾ED後日談『call my name』(ブラウザゲー)も公開されていました(現在は公開終了)。


可惜夜奇譚

管理人:すうさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
内容:ヤンデレ兄妹が織り成す官能的なダーク和風ADV
使用ツール:ティラノビルダー / 1周プレイ時間:約15分 / ED数:2種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
両親亡き後、兄妹2人で寄り添って暮らしてきた色葉と雨音。
しかし、色葉は最近雨音との兄妹としては近すぎる距離を危惧していた。
これ以上は危険だ―そう己を律するも、妖しい色香を纏って自分を見つめてくる雨音に
色葉の自制心は限界に近づいていて…。

色葉(いろは) :雨音の兄。作家という職業柄、家に籠りがちで人間関係が希薄。
雨音(あまね) :色葉の妹。たった1人の身内である兄の世話をかいがいしく焼いている。



【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

DL版とブラウザ版あり。
タイトルの「可惜夜」は「あたらよ」と読むようです(読めなかった…(=∀=;))。
「明けるのが惜しいほど素晴らしい夜」との意味どおり、
夜を中心に展開するシーンのそれぞれが何とも風流で、幻想的で、かつ官能的で。
うっとりとため息が漏れてしまいます。

近親要素あり(妹×兄)の和風恋愛ADVです。
最近は姉弟ものより兄妹ものにハマりつつある(笑)私にとって、
まさにどストライクに刺さる作品でございました! 和風というところが更に好み~。
主役2人のキャラデザがいかにも血の繋がった兄妹、といわんばかりに似通っていて、
宵闇を背に顔を寄せているスチルだけでもう背徳感がビシバシです。
加えて、雨音ちゃんの楚々とした外見と蠱惑的な表情のアンバランスさがたまりませんで!
アップのスチルではその繊細で美しい塗りの瞳に魅入られてしまいました…v 眼福。
また、文章も情緒的でしっとりとした趣があってですね、
静謐で冴えた空気の中で交わる情念と狂気の表現が艶めかしいことこの上ないのですよ。
直接の性的表現はありませんが、とにかく雰囲気が終始耽美でエロティックなのです。
これは性癖に刺さる人が多そうだ…!

EDは2つ。選択肢は複数ありますが、実質最後の選択肢が運命の分かれ道となるでしょう。
メリーバッドエンドでどちらにせよ救いがない…と思いきや、
考えようによってはどちらもハッピーエンドと受け取れるような気も。
TRUEエンドは割と予想できた結末だったのですが、BADエンドは…
「そう来たかー!」と意外な真実にゾクリとさせられました。
私はTRUE→BADの順で見たので、受けた衝撃がより大きかったように思います。

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR