HauntedHouse

管理人:WHさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
内容:居なくなったおばあちゃんを捜して異世界探索RPG
使用ツール:RPGツクールVX / 1周プレイ時間:約1.5~2時間 / ED数:13種類
(ゲームオーバー除く)


【あらすじ&登場人物】
早くに亡くなった両親の代わりに主人公を育ててくれた優しい祖母。
その祖母が、主人公の16歳の誕生日のすぐ後に突然姿を消してしまう。
手がかりは彼女がずっと大切に管理していた古い屋敷。
主人公はそこで鍵のかかった秘密の通路を見つけるが、その先に繋がっていたのは
何とお化けが町を闊歩する異世界だった!

主人公(名前変更可) :性別選択可能。おばあちゃんっ子の16歳。
ダグマ :狼男。満月になると変身する。気さくで面倒見が良く、仲間のオカン役。
ヴァン :吸血鬼。貴族出身のせいか、気位が高くやや気難しい。薔薇の紅茶が好み。
ハル :ハーピー。中性的な容姿と「魅了」の魔力がかかった声を持っている。
ヨセフ :ミイラ男。王族の血に誇りを持っており、少々上から目線な態度。
バズ :バジリスク。読書家で物静かな青年。とある理由から常に目隠しをしている。
ユエ :月兎。小柄な少年。好奇心旺盛で、屋敷でもさまざまな薬の研究をしている。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度(恋愛モードONの場合)
★★★ :コミカル度
★★☆☆☆ :シリアス度

2019年ハロウィンゲーです。
最初に主人公の性別と恋愛要素の有無が選べます。攻略対象は全員男性。
(サイトには「見た目を選ぶ」との記述のみですが、作者様ブログに「性別選択」と有)
WH様の作品で乙女ゲーが楽しめるとは!(・∀・)
ただし、男主人公を選んでも恋愛モードはONに出来ました。
どちらの主人公でも「プロポーズ」なんて単語が飛び出すキャラもいますが、
基本的にはほのぼのな関係でプレイヤー次第でどうとでも脳内補完できる感じです。(一部文字反転)

まずは女主人公&恋愛モードONで全員攻略してみました。
物語の大筋は変わらず、最終的にお相手の感情値(好感度)がMAXかどうかでEDが分岐します。
当初、キャラ個別イベントは各3つ(3つ目にスチル有)だったようですが、
現在はアップデートで1つ追加されています。うっかり見逃しにご注意くださいね。
4つ目のイベントではムードの良い場所で2人きりになれて、ちょっとだけ糖度もUPですよv
ちなみに恋愛モードOFF時にも個別イベントは見られましたが、私のプレイミスでなければ
最初の2つまでしか発生しませんでした。この辺が差なのかな?
次に男主人公&恋愛モードOFFでクリア。こちらはラスボス戦とその後の展開がまるで違いました!
てっきり同行回数の多かったキャラが来てくれると思ったら、まさかの○○との共闘とはっ…!!
個人的には一番の爆笑EDだったので、一度はぜひ見て頂きたいですね~。
そして最後は男主人公&恋愛モードONで攻略。
とりあえずセリフが女主人公時と全て同じだった(と思う)ので、こちらは1人のみで終了です。
上記ED数は「恋愛なしED」+「恋愛ありED」× 6人 × 感情値分岐による2種類 の合計で、
主人公の性別差分は含めていません。

となると、片方の主人公のみでプレイしてもいいのでは?と思われるでしょうが…
少々お待ちくださいっ。
本作には主人公のお着替えシステム(ver.1.07以降)がありまして。
お店で衣装を買って着替えると、それに合わせて歩行グラや戦闘立ち絵が変化するのです。
男女兼用のものも一部ありますが、男性用・女性用の個別衣装がそれぞれ良いのですよ~♪
元々の赤ずきん衣装もお似合いですが、着替えるとよりハロウィンらしくてカッコいい&可愛い!
思わず全パターン試してセーブ画面に並べてしまいましたわ笑
他、特筆すべきは戦闘システムですかね。少々独特なので、最初に公式サイトの動画か
ゲームメニュー内の「Bookmark」からチュートリアルを見ておきましょう。
恋愛モードONの場合(のみ?)、戦闘時たまに同行キャラがかばってくれたり
主人公が攻撃を受けると怒って反撃してくれたりします。
これは恋愛っぽい…! ここのセリフはボイス付きなので更に萌えましたー!!
あと、前述の通り恋愛ON・OFFによってラスボス戦(の戦い方)に大きな違いがあります。
恋愛OFF時は必ず体を強化し、回復薬を多めに持って臨んでください。



■ミニゲーム『HauntedHouseHalloween』も公開されました。本編クリア後プレイ推奨とのことです。

Aくんと祭のむこう あやなす

管理人:シキミヤさま
内容:ブロマンス系和風学園ホラーファンタジーノベル
使用ツール:ティラノスクリプト(LiveMakerから変更) / プレイ時間:約7時間
ED数:1種類

※『Aくんと祭のむこう』(以下無印版)からのリメイクです。
 それに伴いタイトルに「あやなす」が追加されたので、当記事も修正。

【あらすじ&登場人物】
1週間後に控えた文化祭。張り切ってその準備に勤しむ生徒達。
しかしこの学校には、いつもこの時期に思い出すように語られる奇妙な伝説があった。
それは―「逢魔ヶ時の伝説」。
何故か文化祭の準備期間のみ入れるという、怪異が潜む異空間。

文化祭準備1日目、あらたはふとした事からその異空間に迷い込んでしまう。
そこで「ある面影」を見つけた彼は、それから毎夕逢魔ヶ時の世界へ足を運ぶことに…。
その中で出会う不思議な人々。不思議な出来事。
彼らと過ごすうち、次第に新は自分が昔失ってしまった大切な“何か”を思い出していく―。

逢坂 新 :2年生。小柄で大人しい印象の少年。この春転校してきたばかり。
秦野千隼 :2年生。明るく優しく、天真爛漫な少年。子供の頃は病弱だった。
立花 遼 :1年生。少々ガラが悪く、他人とつるむ事を嫌う一匹狼。
吉田康平 :3年生。大のホラー好きだが超怖がり。好きな事にはのめり込むタイプ。
遠藤 仁 :2年生。新の友人。他人をからかうのが趣味で、いつも飄々としている。
先輩 :逢魔ヶ時の世界で出会う謎の少年。彼の事は誰も知らない。



【感想】
★★★☆☆ :ゾクリ度
☆☆☆ :ほのぼの度
★★★★★ :しんみり度

【リメイク版プレイによる修正あり】
「プレイ時間・約7時間」との概要に一瞬クラリとなりましたが、
読了後の今は「プレイして良かった…!!」と心の底から思います。
時間を忘れてつい読みふけってしまいました。
それでも何晩もかけないと読み切れない自分がもどかしい!><
物語は全6章から成る連作ものなので、私みたいな遅読人間でも非常に読みやすかったです。
各話のプレイ時間は約1~1.5時間前後。

まず最初に謝っておかなければならないのですが…私、“ブロマンス”ってBLと同じ意味だと
思っておりました。全然違うんですね! 知識不足ですみません!!(恥)
登場人物がほとんど男性というだけで、そういう要素は一切ありません。
章ごとに主役は変わります。が、全体を通しての主人公(核)は「新」です。
ジャンル的には確かにホラーであるものの、ファンタジー色が強いためかあまり怖くはありません。
「怪奇」より「不思議」や「奇妙」という言葉が似合うし、「暗闇」より「夕闇」が似合う感じ。
そういう意味では、タイトル画面のイラストは作品のイメージそのものズバリで素晴らしいですね!
(リメイクでタイトル画像は変更されていますが、変更後のものも雰囲気バッチリですよ)
笑いどころも結構あって、【ひよこの大群】や【走る人体模型】は何とも言えないシュールさが
ありました(^_^)(一部文字反転)
各話バラバラな事象を扱っているように見えてちゃんと最初から最後まで1本の線で繋がっており、
またこれだけの長さなのに無駄な寄り道展開もないところに確かな構成力と文章力を感じます。
特に、「五章」から「六章」にかけてそれまでのいろんな謎が一気に紐解けていく様は圧巻。
終盤は出来れば間を空けずに一気に読んで頂きたいですねー。
EDは私が望んだ結末とは少々違ったけれど、何とも言えない切なさがこみ上げてきてすごく良い。
静かで物哀しげなメインBGMや鈴の音のSEも雰囲気に合っていて心に残ります。
(鈴のSEなくなってた~残念っ(>_<))



ここからリメイク部分についての修正記事です。
無印版はほぼ文章のみのサウンドノベルでしたが、あやなすでは美麗な立ち絵やスチルがつきました!
立ち絵のある会話シーンなどではADVのように文章が画面下数行のみに表示されます。
普通のADVと比べると表示される文字数が結構多いな、という印象を受けましたが、
立ち絵がついても形式はあくまでノベルなのだから当然と言えば当然ですかね。
現在はトゥルーED(無印版と同ED)のみ実装されていますが、今後キャラ個別EDも
別途公開されるとのことで。楽しみ!
そちらが全て出揃ったらまた改めて感想を書かせて頂きたいです。



■スピンオフとしてホラーノベル『トンネループ』も公開されていました(現在は公開終了)。


追憶の彼方

管理人:藍原彼方さま
使用ツール:ティラノスクリプト(LiveMakerから変更) / 1周プレイ時間:約2~2.5時間
攻略人数:4人(内1名女性) / ED数:5種類

※リメイク完成、再公開されました!主にグラフィック面変更、ブラウザプレイも可能に。

【あらすじ&登場人物】
主人公・綾瀬菜摘(名前変更可)は高校1年生。
憧れの先輩に告白したところOKの返事をもらい、まさに今幸せ真っ只中だ。
しかし、何か悩んでいるらしき先輩が自分に何も相談してくれないことに少し寂しさも感じていた。

「人の心の中が見られたらいいのに」
ふとそんなことを呟いた主人公に、突然空から奇妙な声が降ってくる。

「その願い叶えてあげようか?」 (一部制作者サイト様より引用)

シャム :菜摘に人の心を読む力を与える謎の青年(?)。人間観察が趣味らしいが…。
御影 聖 :成績優秀・スポーツ万能な1つ年上の先輩。最近、主人公の彼氏になった。
九条天音 :主人公の幼馴染。やや女顔な外見。ひねくれ者で口は悪いが、主人公には甘い。
片桐未央 :主人公の友人。小柄で賑やかな性格。猫目・フワフワ髪が特徴。
芹沢夏鈴 :主人公の友人。黒髪ストレートのスラリとした美人。性格も大人っぽい。
佐上悠吾 :同級生だが主人公とは別クラス。目つきが悪く無愛想で、女子からは敬遠され気味。



【感想】
★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

「落とす」「落とされる」が主目的のゲームではないため、上記の“攻略人数”という表現は
適切ではないかもしれません。とりあえず個別ルートのある人数、ということで。

ヒロインが彼氏の悩みを探ろうとつい心の中を読んでしまったところ、
彼の自分に対する意外な本音が聞こえてしまい…。
そんな彼に対しどんな感情や態度を取るかによって物語が分岐します。
分岐した後のルートはほぼ一本道です。
「他人の心を読む」という力に対するヒロインの葛藤に恋愛・友情が上手く絡んでいて、
各ルートかなり読み応えがありました。
とは言え、文章は会話中心で堅苦しさもないのでスムーズに読み進めていけます。
例えるなら、オムニバスの少女マンガかノベルを読むような感覚でしょうか?
作者様は作品傾向を「糖度ほとんど無し」としておられますが、とんでもないですよ!
むしろ大変きゅんきゅんさせて頂きましたー!! そんなところも少女マンガ風♪
ストーリーに大きな意外性はないものの「多分こうなるだろうな。いや、こうなってくれ!」と
思わせる展開が多く、早くそのラストに辿り着きたくてうずうずしてしまいます。
特に天音ルートはヒロインの鈍感っぷりにイライラさせられ…
(だって天音が報われなさ過ぎて~(>_<))、
「折角人の心読めるんだから、彼の心の中読んでやってよぉぉ!」と叫びたくなりました。
あ、ヒロインは(序盤はともかく)力に対しては基本、否定的なんですよ。
力を悪用しようとしない素直な性格は好感度大ですねー。

悠吾もかなり好きでしたが、やはり一番は天音です~。一途キャラっていいよなぁ…うん。
ちなみに悠吾は、同サイト様内で公開されていたFLASHゲーム『インスタントパパ』の主人公です。

ほしふるせかいの終末に

管理人:koutaさま
使用ツール:LiveMaker3 / 1周プレイ時間:約15~30分
攻略人数:1人+1人 / ED数:8種類


【あらすじ&登場人物】
「君はこの1週間以内に、国家の存続を揺るがすほどの凶悪事件を引き起こす可能性がある」

突然、政府のマザーコンピューターにそう予測されてしまった主人公・皐月ルリ(名前変更可)。
祖父が高名な工学博士である点を除けば、至って平凡な女子大生の自分が何故―?
軟禁状態となった彼女は監視役のアンドロイドと共に1週間を過ごすこととなる。
しかしそれは、ずっと忘れていた祖父との記憶を辿る1週間にもなるのだった。

アル :正式名称は「AL1525-α」。政府所属のアンドロイドで、主人公の監視役となる。
広永 :警察庁特殊警備課の刑事(警視正)。小柄で童顔だが、態度は不敵。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

思いがけず犯罪予備軍と疑われ軟禁生活を強いられることになった主人公が、
自宅(+α)を家捜ししながら大切な思い出を取り戻す乙女向け探索ゲームです。

探索ゲームは久々なのでワクワクしてしまいました~^^
1日10回×1週間(イベント日除く)と行動回数が多いので空振ってもそれなりに大丈夫ですが、
探索イベントを最後まで自力クリアしようとするとやや難しめかもしれません。メモ必須。
クリック出来る箇所はオンマウスでその名称が出てくれるとより判り易いかなぁとか思ったり。
(いえ、今でも十分判り易いんですが…ものぐさの戯言です;;)
正しい手順で探索し「制作のかけら」「名前のかけら」「心のかけら」を入手(各5つ)、
その上で最後に手に入る「モノ」によって亡くなった祖父が残してくれていたある真実が蘇ります。
私、こういうの弱いんですよね…思わずうるっときてしまいました。おじいちゃん…!(ノ_・。)
ゲームの舞台はアンドロイドを単なる「人間型の機械・家電」と見なす社会なのですが、
そんな中で彼らにも人間的に接する純粋で優しいヒロインが非常に好感度高かったです。
何故ヒロインがそんな性格に育ったか、何故マザーコンピューターから危険人物と見なされたか、
そして彼女に起因するとされた凶悪事件とは何なのか
ちゃんと伏線が張られていて、それらが物語内で回収されている点も素晴らしいと思います。
恐らくはバッドEDなんですが、END1が個人的に最も印象深かったですね。

メイン攻略対象はアル1人ですが、刑事の広永さんにも恋愛EDがあります(2周目から攻略可)。
どちらかと言うとハッピーEDは広永派、バッドEDはアル派だったわー!
見た目中学生(主人公談)なのに最後までしっかり大人な広永さん、素敵でした…v
彼のハッピーEDを見た時だけタイトル画面が広永仕様に変化する仕掛けも嬉しいっ。
EDリストとCGリストがないのが少々残念だったので、今後の実装を是非ご検討頂ければ。
(追記:ver.1.03よりEDリスト・CGリスト・攻略ヒント等が実装されました)



探索とハッピーEDの攻略法は公式の方に掲載されていますが、
EDコンプを目指す方のためにEDリストと各々の簡易攻略を書かせて頂きました。
(kouta様、掲載許可ありがとうございます!)
多少不明確な点もありますが、それでもよろしければ折りたたみからどうぞー。ネタバレご注意!


※タイトルは文字反転しています

■END1:【ほしふるせかいの終末に】 …アルの好感度が高過ぎ(100%超)
■END2:【無垢の鳥かご】      …アルの好感度高(100%以下)
       探索イベント未クリアの方が見やすいかも
■END3:【ほしふるせかいの黎明に】 …アルの好感度100%ちょうど+探索イベントクリア済
       アルハッピーEND(完全攻略は公式サイトへ)
■END4:【永遠に守り続ける】    …アル・広永の好感度を同じくらい高く
       どちらにも毎日2回話しかける(通信する)?
       イベント会話での選択も好感度が一方に偏り過ぎないように
■END5:【取り残された心は】    …広永の好感度不足+探索イベント未クリア
       END6を目指しつつ、広永に通信しない(or通信1回のみ)の日を1日以上作る
■END6:【口説き文句なんてなくても】…広永の好感度高+探索イベント未クリア
       広永ハッピーEND(完全攻略は公式サイトへ)
       探索イベントを最後まで見てしまうとEND8になってしまうので注意
■END7:【平穏無事閉幕】      …アル・広永の好感度低+探索イベント未クリア
       「今日はもう休む」を選び続けると簡単
■END8:【さようなら】       …アルの好感度不足+探索イベントクリア済
       アルの好感度がある程度高ければEND2になる?






■本編ヒロインの友人が主役のゆるふわホラーADV『ゆうやけぱん!』が公開されました。
 10分ほどの短編ですが意外と難しい…! 詰みゲーになる可能性があるので注意書き必読です(>_<)
 他、RPGツクールで制作されたパラレル作品『ほしふるぱん!』も公開中。

KOKUTOU -招かれざる常連客-

管理人:大沼遼太郎さま&アイゼン伯爵さま
内容:殺人でも脱出でもサスペンスでもない“日常ミステリー” 第二章
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約30分 / ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。

今回の謎は少女が“取らなかったとある行動”から始まった。
『黒十さん見てくださいよ、窓際の席の女の人』 (制作者サイト様より引用)

黒十美鶴 :骨董品屋を営む男性。基本は面倒くさがりだが、興味を引かれる事にはのめり込む。
小倉柚葉 :黒十の店に出入りしている天真爛漫で好奇心旺盛な少女。実は財閥のお嬢様。



【感想】
★★★☆☆ :日常ミステリー度
★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

前作『KOKUTOU -消えた初恋の謎-』に引き続き、こちらもフルボイス作品です。
相変わらず声優さん方の演技が素晴らしいー!
今作だけで物語はしっかり成立していますが、前作のネタバレが含まれるため
やはり第一章から順番にプレイされることをお勧め致します。

舞台は前作にも出てきたレトロな雰囲気漂う素敵な喫茶店。
ここである不思議な行動を取る(取らない?)客の少女を見かけて興味津々になった柚葉が、
黒十さんに彼女の謎の解明を迫る…といった展開です。
見ず知らずの他人の個人的事情にそこまで首を突っ込むものではないよ、と思わなくもないのですが、
そんなことを言っていては話が始まりませんからね(^_^)
黒十さんだけなら多少気にはなっても「ま、いっか」と放って帰りそうだし(笑)
(そしてそのまま忘れそうだし)
柚葉ちゃんの引っ掻き回し具合がお嬢様のワガママと映る1歩手前の実にいい塩梅で、
本当ナイスコンビだなぁと思います。ものぐさ男と好奇心旺盛娘…良い!(年の差具合も良いv)
今回の結末は謎を解明出来たトゥルーEDと出来なかったEDの2種類のみですが、
とある選択肢を選ぶと前作にも出てきた「あの人」のちょっとしたエピソードが最後に追加されます。
何やらまた続編でひと波乱起こりそうですね…!?
くだんの少女が残していった台詞も意味深で、彼女も今後重要な役どころになるのでしょうか。

今作では主役2人がお互いをどう思っているかが少し描かれていて、そちらも興味深かったです。
彼らなら恋愛云々抜きでも十分に楽しいコンビですが、今後の進展が気になるところですね。
それにしても、黒十さんに現代機器の何と似合わないことよ…!(笑)

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR