欲とふたり連れ

管理人:あきばれさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約10~20分
攻略人数:2人 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
石のような白い目を持ち、“石人”と呼ばれる差別階級に生まれた主人公・オキ。
奴隷市で売られていたところを良家の子息・ミヤコに買われた彼女はその日から彼の下僕となり、
以来ずっとほぼ彼とのみ過ごす生活を送ってきた。
しかし、ミヤコは家の代々のしきたりによりもうすぐ神に“嫁入り”しなければならない。

ミヤコ様なき後、自分はどうすればいいんだろう───…?

ミヤコ :名家のホンケの次男。“嫁入り”に選ばれている立場上女装しているが、性格は暴力的。
サトリ :名家のホンケの長男にして当主。一族の大いなる呪術の力と才覚を受け継いでいる。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

今作もまた作者様の暗鬱な筆致が織り成す、非常に魅力的な1作となっておりました。
紡がれる世界はどす黒く、しかもかなりエグい描写も含まれているのですが
(表現的にはソフトな方だとは思うものの想像するだに痛ましすぎて…!)、
いつもの作品より少し救いがあったような…なかったような(どっち)。
プレイの際には公式サイトの注意書きをまずしっかりお読みくださいませね。
「ホンケ」というワードが出てくることからも推察される通り、
過去作『ヌシアルハナ・ハルノヨ』とは世界観が繋がっているようです。

何よりまず「何故ミヤコは男性なのに“嫁入り”するの?」という疑問が頭に浮かびますが。
その理由が何とも残酷です。サトリとは双子同士というのがまた酷い。
生まれてきたのが数分遅れただけでこうまで運命が違ってしまうのか…!
ミヤコはスカート(?)穿いて女装してはいますが性格はかなり男性的なので、
普通に育っていたら自分の置かれた立場にいくらでも反抗しそうなキャラなんですよ。
でも、どのルートでも結局はその運命を受け入れてしまっているということは、
幼少時からずっとある種の洗脳を受けてきてもう逆らえなくなってしまっているのかな…。
反面、その鬱憤が主人公に向いてオキは日常的に彼から暴力を受けているのですが、
ミヤコの実情を知ってしまったらどうしても彼を非道な人間と見ることは出来ませんでした。
オキが狭い世界しか知らない純粋無垢を通り越して愚鈍なキャラ、という設定も良かったです。
あれだけの仕打ちを受けてなおミヤコを慕うのは純粋であるというだけでは無理があるし、
ミヤコの境遇をちゃんと理解出来ないからこそ彼の心の拠り所にもなれたのだろうとも思うし。
これだけ異質な世界を描いているにもかかわらずそこに確たる説得力があるので、
やはり力のある作者様だなぁと思います。
主人公には何の才もなく、彼の運命を変えることは出来ません。変えようともしません。
それでもミヤコEDでは「こんな風に人を救うことも出来るのか…」と、ある意味尊ささえ感じました。
EDスチルの2人が幸せそうで哀しい…。

もう1人の攻略(?)対象・サトリは本編では憎々しいばかりのキャラクターですが。
おまけ小話を読んでしまうとこちらも何だか憎み切れないですね…。
せめてED後の主人公が少しでも幸せでありますように。

sister in the xxx

管理人:あきばれさま

 
内容:兄妹愛掌編ビジュアルノベル
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / プレイ時間:約5分 / ED数:1種類



【あらすじ&登場人物】
屋敷の中でお互い以外に拠り所を持たない孤独な兄と妹。
2人は心中しようとして失敗してしまった。

兄 :心中未遂以来、家族の監視の目が厳しくなり気分が落ち込み気味。
妹 :兄の唯一の心の支え。兄を盲目的に愛する。



【感想】
★★★★☆ :狂愛度
★★☆☆ :真相の意外度
★★★★★ :暗鬱度

GW中に開催されていた「一週間ゲーム製作大会」企画の参加作品です。
あらすじやサンプル画像のイメージからお察しの通り、救いのないダーク系の物語です。
同作者様の『ヌシアルハナ(・ハルノヨ)』の雰囲気がお好きだった方には特にオススメ!
分類カテゴリは非常に迷うところでしたが、乙女ゲーではないし、
かと言ってホラーやサスペンスでもないしな…という事で結局「その他」に。
恋愛要素がありますが、登場人物は兄妹なので苦手な方はご注意くださいませ。

物語は「side:A」から「side:C」まであります。
AをクリアするとBが出現し、Bをクリアすると更にCが…という流れで、各話は1~2分程度の長さです。
面白いのは、AもBもCも文章自体は(多少の追加はあれど)全く同じだということ。
違うのはBGMと立ち絵の表示のされ方のみなのです。
side:Aのラストで「ああ、そういう事か…」と察せられるものがあるのですが、
ぼんやりと感じていた狂気が話を追うごとに徐々にはっきりと形を成してきて。
ただ同じ文章を読んでいるだけなのに、ぞわぞわとした感覚が自分の中で肥大して
せり上がって来るのが判ります。震える…!
ネタバレ無しでレビューしようとすると書ける事がほとんどない作品ではありますが、
やはり私は作者様のこの退廃的で陰鬱な筆致にとても心惹かれてしまうんですよねぇ。
短編ながらもコンフィグ画面やメニューボタン等に統一感(伏線も…)があり、
隅々まで丁寧に作られている良作でした。

ヌシアルハナ・ハルノヨ

管理人:あきばれさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約15~30分
攻略人数:5人(内1名女性) / ED数:16種類

※こちらは15禁(15歳以下禁止)作品です。

※攻略対象・シナリオ等が追加されたバージョンアップ版が公開されました!(旧版データは使用不可)
 それに伴いタイトルに「ハルノヨ」が追加されたので、当記事も修正。


【あらすじ&登場人物】
血統を守るため数代ごとに「キンシンコン」を繰り返す、とある閉鎖的な一族。
そのブンケに、しかも外の人間である母から生まれた双子の姉弟・カツラとカズラは
幼い頃に両親を亡くし、ホンケにも疎まれ、それゆえ互いを唯一の拠り所として生きてきた。
やがて、成長した姉のカツラはホンケの嫡子の結婚相手に選ばれる。
両親の死の原因でもあるホンケにはどうしても遺恨が拭えないカツラだったが…。

カズラ :カツラの双子の弟。ホンケから心身ともに傷つけられ、いつしか心を病んでいった。
ツバキ :ホンケの嫡子。カツラとカズラにとっては従兄に当たる。高圧的で容赦がない。
サツキ :ツバキの妹。異質な容姿をしており、離れに軟禁されている。
チガヤ :主人公姉弟が世話になっていた叔母一家の息子。一見物腰柔らかだが嗜虐的。
アザミ :主人公らのはとこ。極度の女嫌いで、敬愛するツバキの妻になった主人公を憎んでいる。



【感想】
☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

ああ、このドロッとまとわりつくような いびつくらくてよどんだ空気感…たまりません!
あらすじからも察せられるとおり近親相姦など不道徳要素が多く含まれ、
決して万人向けとは言えない作品ではあります。
が、こういう雰囲気・世界観がお好きな方にはまさに垂涎ものですよ!
プレイの際は公式サイトの注意書きを必ずお読みくださいますように。
ちなみに、タイトルの「ヌシアルハナ」は多分「主ある花(=既に決まったお相手のいる女性)」の意。

主人公のカツラは長年ホンケから不遇な扱いを受けてきたせいか、
自分の将来含めあらゆる事において主体性がなく諦念的になっている少女です。
(その割に衣装が妙にセクシーでドキドキしました…///)
ヒロインが受け身過ぎるとプレイ中どうしても歯がゆい思いにとらわれがちなのですが、
このカツラに関してはあまりそういう感情は起きませんでしたね。
シナリオが淡々として読み易く、1ルートの長さもちょうど良かったからでしょうか。
また、彼女は憎しみと紙一重になっている歪んだ愛情を攻略対象らから向けられています。
(↑バージョンアップ版で追加されたチガヤ・アザミはちょっと違いましたが)
その様子は「愛されている」というより「執着されている」といった方が正しいかも。
個人的には、ツバキのカツラへの想いが(たとえ一方的でも歪んでいても)一応本物らしい、という点に
わずかな救いを感じました。 でもあの所業はヒドイけど
EDは1キャラにつきベスト・ノーマル・特殊の3種類、加えて共通ノーマルEDの計16種類。
ベストと言っても当然ハッピーEDとは言いがたいものばかりですが、
どれも読み応えのある陰鬱さと外道さ(←褒め言葉)でオススメです…!!
それでも最後はなるべく心穏やかに読み終わりたいわぁという方は、サツキ攻略を後回しにすると
良いかもしれません。



■番外編『ヤミノウツツ』も公開されています。本編の数代前にキンシンコンした2人のお話。
 本編にスチルはありませんでしたが、こちらには素敵なEDイラストがあります。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
04 06
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード