それは間違いだった

管理人:じゅんさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約4~5時間
攻略人数:3人+α / ED数:5種類+α
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
何事にも無気力で、今も仕事を辞めてきてしまったばかりの主人公・土屋透子(名前変更可)。
そんな彼女の目の前に突如、陰陽師を名乗る怪しい男が現れた。
更にその男・上條蒼悟は何故か彼女を自分の補佐官にしたいと言い出し、猛アプローチ。
嘘くさいと疑いつつも、あまりの熱心ぶりと好待遇に主人公の心は揺らぐ。

どうせ元々くだらない人生、ならばこの奇妙な彼に託してみたっていいじゃないか。
たとえ、それが間違いだったとしても。

上條蒼悟(かみじょう そうご) :才色兼備のエリート陰陽師。真面目そうだが女性経験は豊富らしい。
南雲緋鉈(なぐも ひなた) :蒼悟の地元のお役人。男らしい外見に似合わず、乙女趣味で奥手。
翠香(すいか) :謎の超絶美青年。人付き合い、特に女性は苦手。蒼悟と親しいようだが…?



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

【派生作品プレイによる追記あり】
舞台は架空の現代ですが、全体のデザインや人物衣装などがとっても和風なのですv
ヒロインは既に20代半ばとのことで、乙女ゲーにしてはかなり大人設定。
しかも冒頭からかなりの駄目人間っぷり&喪女っぷりを披露してくれてまして、
健気に頑張る純情可憐ヒロインがお好きな方には敬遠されるかもしれません(^_^;)ゞ
(だけど「金欲しい、でも働きたくない」ってのには同意するわ~。にんげんだもの)
そんなヒロインなのに、男性陣は彼女にメロメロになって逆ハー状態になってしまいます。
これも納得いかない方には受け容れにくいかなぁという要素なんですが…
私にとっては本作ヒロインって某女芸人さんのイメージで、磨けばそれなりに光るのに
女っぽく振舞うのが恥ずかしくて逆に慎みのない行動を取っちゃう、って感じなんですよね。
男性側もヘンタi変わった感性の持ち主ばかりで一般的な女の好みしてなさそうだし(笑)、
そう考えるとこんな逆ハー展開もアリかも!と思えてしまいました。
下ネタもばんばん飛び出すので耐性のない方はご注意を。
そういう軽妙さが楽しめる方には本当に面白い作品だと思います!

上記プレイ時間でも判るとおり、本編はなかなかの長編。
お話が一区切りつくごとにアイキャッチが入り、全5話の構成となっています。
ただし共通ルートが多いので、まず1人をクリアしてその後はスキップ機能を駆使すれば
ストレスなくコンプリートまでたどり着けると思いますよ。
八方美人にさえならなければ恋愛EDは楽勝。
…と思いきや、途中の選択肢をうまく答えて好感度を上げておかないと後日談が開きませんっ><
(上記ED数の「+α」はこの後日談分)
ワタクシ的には翠香がちょっと難しかったです~。だって、
真正のMと信じて「殴る」ばかり選んでしまったからね!(苦笑) 皆さんは優しくしてあげてね…
あと、会話中の選択肢の他に自由行動が出来るMAP式選択肢があります。
1回につき6ヶ所まで行けるので、同じ場所へ3回ずつ行くことをオススメしておきます。

そしてそして大切なこと! こちらの作品のBGM…何と作者様の自作なのだそうです!!
やはり自作の音というのは一味違いますねー。作品の世界観にそりゃもうピッタリでした♪
おまけの音楽鑑賞部屋では各曲についての作者様のコメントも読めます。
攻略対象3人のみならず個性的なサブキャラ達とも仲良くなれるし、隠しルートもあるし、
コンプリートご褒美絵は異様にエロい(!)しで、見所はたくさん。
小話が追加されるパッチも公開されているので、是非そちらも合わせてプレイしてみてください^^



ここからは派生作品『WB』(15禁)の感想です。
記事が長くなり過ぎるので以下折りたたみます。





『WB』は本編の冒頭部分(バイト退職~帰宅)を元にしたエイプリルフール?短編です。
(単に4/1が公開日というだけかもですが、作中で嘘をつく選択肢もあったりするので)
何かと言い寄って来るバイト先の店長や謎の眼鏡の男を振り切って早くお家に帰りましょう。
攻略対象は言うまでもなく、上記バナー↑のお二方です。

最初にプレイ出来るstage1ではバイト先の店長との攻防。
それを無事クリア(退職ED後?)すると、帰宅途中で眼鏡の男に捕まるstage2がオープンに。
選択肢がかなり小刻みに出てくるので、短いお話ながらなかなかEDにたどり着けません(^_^)
何言ってもめげずにしつこく迫って来る男性陣とのやり取りがウザ楽しいです!
いえ、ヒロインの身にしてみれば鬱陶しいことこの上ないんでしょうけどね~(苦笑)
EDは大まかに分けて7種類ですが、ノーマル的EDは台詞やスチルの差分別に
さらに細かく4~17種類に分かれます。何と総計41ED!!
こんなに数があるにもかかわらず、非常に丁寧に作られている差分に感激。
この辺、作者様の作品への愛情をひしひしと感じますねーv
公式サイトには「ネタバレを気にしなければ本編未プレイでも~」と書かれていますが、
私としてはやはり本編コンプ後(出来れば番外編『clear』も)にプレイを推奨致します。




■翠香っぽい男の子を育成するミニゲーム『竹から出てきた男の子を育てたら一月で成人した』が公開されました!
 その他の派生作品も多数公開中です。


クコロニアのエルフ


使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約10分
攻略人数:1人 / ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・シナモン(名前変更可)は新米冒険者。
今はまだ安全で簡単な仕事しか受けられないが、いずれは冒険者らしい派手な活躍を、と夢見ている。
ある日、森で薬草摘みの依頼をこなしていると、どこからか物騒な声が聞こえてきて…。

サージュ :クコロニアという国からやって来た美しいエルフの青年。やや自意識過剰。


【感想】
☆☆☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆☆ :シリアス度

2019年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
選択肢は1つのみ。予想以上に短いお話でしたが、この手軽さが今の私にはとても有難い…。
短いながらも最後にあっと驚く仕掛けが隠されていたりして、作者様方のユーモアセンスを感じます。

ボーイッシュな元気ヒロインと美形エルフの出会いの物語です。
エルフがオークに捕らわれているところを偶然目撃したヒロインが
エルフを助け…たまでは良かったのですが。エルフの反応が何だかオカシイ。
そういう性癖なんかーいっ!とツッコミたくなりました。いや、実際ツッコんだ。笑
その後、奪われたエルフの宝を取り戻すためオーク達の住処へと向かう2人。
首尾よくその洞窟を発見、いよいよ冒険者らしい戦いの場が…と思いきや。
オークの反応も何だかオカシイ。そして、それに対するヒロインの反応も最終的にオカシイ。
どのキャラクターも予想の斜め上をいくハジけっぷりが楽しくて!
作中に嘘っぽい噓はないものの、このキャラクター性が噓の日ゲーってことなのかな~と思いつつ、
2つのEDをクリアさせて頂きました。

糖度的にもまだまだこれからといった感じで、本当に物語の序章という印象。
もう少し2人の物語を見たかったな、でも季節の企画モノなら公開日が重要だろうから
あまり贅沢言っちゃダメよね、と思っていたのですが。
最後の最後に タイトル画面がーーーーー!!!!Σ(゜∀゜)
あんなにも大胆に、しかしさりげなく変化しますかね!!??
何というストレートな表現…! これが噓の日ゲーの真の意味?
1回目プレイでは仕掛けに気付かずスルーしちゃってたのですが、
レビューを書くにあたり見直していて何やら違和感を…で、思わず二度見。
気付いた瞬間、大爆笑させて頂きましたよーうっ! ハッピーエイプリルフール☆

リレガトゥーラ


使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:各話 約15~20分
攻略?人数:各1人 / ED数:各2種類+α
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ】
いつの間にか見覚えのない場所にいた貴方。
目の前には一人の男が。彼は自分を『司書』と名乗った。
『司書』は言う。
「ここは物語の館 特別なお客様である貴方の為にとっておきの『物語』をご用意しました」と
(制作者サイト様より引用)


【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】
2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
このたびアップデートとして夏の物語が2話追加されました!
ハロウィン企画とは違い、常時公開のようです。

本編はオムニバス形式の短編集です。
多分、シナリオを書かれた方がそのままご自身のキャラの立ち絵を担当しておられるのかな?
そのため、作者様の作風の個性がはっきりと出た2作となっておりました。
以下はver.1.3にて追加された2話分の感想です。
記事が長くなり過ぎるので、アップデート前の記事部分は折りたたみとさせて頂きますね。

◆『夏の幼馴染の話』
作:梅ヶ枝きな様。今より少し未来、しっかり者の主人公とオタクでちょっと気の弱い幼馴染のお話。
一応許婚同士の男女の物語なのですが、何やら様相が普通と違います。
デザイナーズベビー】…真面目に考えたら恐ろしい世界ですね。
このシリーズの中では恋愛色が濃い方で、積極的かつ頭の回転の早い主人公が
自己評価低めでうじうじしがちな攻略男性をロジカルに説得、最後は無事ハッピーエンドへ…と思いきや。
選択肢によっては不穏な空気が漂い、プレイヤーは詳しい説明がなされないまま
その空気の中に置き去りにされます…! あんぐり(゜д゜)
真相を是非とも詳しく知りたいところでしたが、それは野暮というものなのかもしれません。
描かれていない部分が非常に気になる、何とも絶妙な終わり方が印象深いです。
 
◆『音楽家の話』
作:蜜子様。幽霊嫌いの主人公の前に、突然中年男性の幽霊?が現れ…!?というお話。
舞台は現代の日本で主人公も学生ですが、お相手は金髪中年紳士。
ナイスミドル!でジェントルマン!!(幽霊だけど)な攻略対象ですよー。
何か未練を残して幽霊になったらしいのに何故かその未練を思い出せない彼のために
ちょっと頑張る女の子のお話ですが、相変わらず会話のテンポが良いですね!
最初のゴーストジョークは私も主人公と同じく解ってあげられませんでしたが;;
(己の知識不足が恨めしい…)
今回も作者様らしくほのぼの明るめ、でも最後はじんわり心に沁みる物語なのですが、
こちらも選択肢によってはちょっぴり怖い展開が待ち受けています。
明るい真夏の太陽の下にいたと思ったら、いきなり夜の肝試し会場に連れ込まれた
そんな印象で思わず「ヒエッ?」と声が出てしまいました(^_^)



↓ここからはアップデート前の感想記事です

◆『醜い男と美しい妻の話』
作:梅ヶ枝きな様。悪評高い村の領主の元へ嫁いだ貧乏貴族の娘のお話。
何となく童話の『青ひげ』(大好き!)を思わせるお話でした。
『青ひげ』のヒロインは好奇心の誘惑に負けて大変な目に遭ってしまいますが、
こちらでは自分の意思(選択肢)で行動を決められます。
『青ひげ』を読むたび「何でダメって言われたのにやっちゃうんだよぉぉ」と子供心に思っていた
(もちろん、そうしないと話が進まないからでしょうが(^_^))ので、ちょっと嬉しい(笑)
どちらの行動が良かったのかは…ご自身の目でお確かめくださいませ。
陰のある使用人のバルトークがとっても好みでしたv あと、終盤の【Sな】ヒロインも!
全体的に空気が不穏で、シリアス成分高めです。
 
◆『幼い少女と不器用な青年の話』
作:蜜子様。しっかり者の小学生の少女と(一見)ヤンキー青年のお話。
現代が舞台です。とにかくヒロインの小夏ちゃん(名前変更可)が純粋で可愛くってねぇ!
口達者でおませさんなのに、生意気な感じが全然なくて。
お相手のせいちゃんも、単に子供の恋人ごっこに付き合ってあげているだけかと思いきや…
本当にイイ男でした!!
彼があの強面でキラキラパステルの映画チケットを買いに行く姿を想像すると微笑ましい^^
12歳の年の差なんて成人してしまえば気にならなくなる範囲だし、この2人に関しては将来も
ハッピーエンド以外あり得ん!と信じて疑いません。司書サン、ナニ馬鹿ナコト訊イテクルノサー
ほのぼの、時にちょっぴりしんみり…という感じの物語。




EDは各話に2種類ですが、両方のお話をクリアするとそれまでに選んだ選択肢を元に
案内人の司書さんからちょっとした“診断”を受けます。
それにより、最後にまたED(と言うのか?)が分岐。上記「ED数」の「+α」はこの部分です。
私は【前向きで純粋】と言ってもらえましたよー、うふふ。(一部文字反転)
(追記:ver.1.3以降でも司書さんとのちょっとした追加会話がありますのでお見逃しなきように!)



■ハロウィン企画として追加HWパッチが配布されていました。
 作者様ごとに各1話収録で、ヴァンパイアや魔女、狼などが登場します。AF話よりED分岐がちょっと増えました♪
 現在は仕様変更により、本体ver.1.3に更に1.3用パッチをあてる必要があります。

悪事讃歌

管理人:まふさま
内容:悪事を働くことが苦手な悪魔娘が悪事を頑張るADV
使用ツール:YU-RIS / 1周プレイ時間:約10分 / ED数:3種類(ゲームオーバー含む)


【あらすじ&登場人物】
憧れの魔王様に会うため、何としても今度の「クソ外道の宴」に出席したい
一般悪魔のベリア(名前変更可)。
しかし、どうやら彼女には参加資格となる外道力が足りないらしい。
そこでその不足分を解消すべく、悪事を働きに人間界へと赴くのだが!?

リド :人間界で出会った少年。無邪気で好奇心旺盛。「困っている人には親切に」がモットー。
ケッフェン :主人公の昔なじみの悪魔。「クソ外道の宴」参加資格を持っている。新しいもの好き。



【感想】
☆☆☆☆ :主人公の外道度
★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :ゾワリ度

2018年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
くまのこ道様は制作スピードが早過ぎてプレイが追いつかないサイト様の1つです…汗
でも、ADV作品はコンプがし易いミニボリュームのものが多く、
気負いなく手を付けられるのが嬉しいですねv

冒頭から主人公とケッフェンの会話に爆笑させられました! 「激ナウ」www
主人公は悪魔のくせにやたら真っ当な性格をしています。
下界で偶然出会ったリドの純粋さにつけ込んでいろいろ悪事を働こうとするのですが、
結果的に何故かどれも善い行いになってしまい…というストーリー。
とにかくテンポが良くて楽しいです!!
なかなか企みが成功しない主人公に対し、ゆるふわ笑顔でさらっと怖いセリフを吐くリド。
天然なのか何なのか…げに恐ろしきは子供の無邪気な残酷さということでしょうか。
全体的にほのぼのしていて終始コメディ調なのですが、
油断していたところへあのED1はちょっとビックリしました。あれ、予想外にダーク…!?
全くノーマークだった分、ED1のリドにはいろんな意味で心わしづかみにされましたね。
彼はあの後どうなったのかな…。
乙女ゲーではないので恋愛要素はありません。
でも、ケッフェンの男らしさと優しさにはキュンとさせられる方もきっと多いのでは?

メイライ・キディ

管理人:きるえさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約40分~1時間
攻略人数:2人 / ED数:4種類
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
平和で自然豊かな小国の姫・チェルシー(名前変更可)は自分の国が大好き。
だが、最近では隣国の王子との婚約話も浮上し、王族としての役割を自覚しつつも
国を離れなければならない未来に少し憂いを感じていた。
そんなある日、彼女の前に龍人族の青年が現れ、彼女は自分のつがいだと主張してきた。
まさかとは思いながらも、突然示された新しい未来に姫の心は少なからず踊って…。

レフィ :隣の大国の王子で主人公の従兄。温和な性格で、主人公も実の兄のように慕っている。
ユーリ :突然現れた龍人族。片方の角が折れている。フレンドリーだが人の話を聞かない。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2018年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
ゆうあかり様おなじみ「頭が痛くなるゲー」シリーズももう第8弾なのですね。
随分長く遊ばせて頂いております。いつもありがとうございます!

今作の主人公は15歳のお年頃とはいえ、かなりロリチック。
顔を(≧д≦)←こーんなにしてわたわたする様子が愛らしいったらありません。
が、その幼い容姿とは裏腹に、しっかりした言葉遣いと何事も筋を通そうとするものの考え方は
さすがお姫様といった感じで。ゆうあかり様の代表的ヒロイン像と言えましょう。
また、攻略対象の2人も良い意味で実に実にゆうあかり様らしい殿方でして…!
特にユーリ! あのフレンドリー極まる気さくな態度&口調に反して
まるで話がかみ合わない電波っぷりはもう…ええ。
そして2人とも息を吐くように嘘をつくし(笑)
恐らくユーリの方が作者様の好き要素をより反映させたキャラだと思うのですが、
どうやら私は「作者様の好み“ではない(要素が薄い)方”」に肩入れしがちだということが
最近判ってきました(^_^)
なので、今作でも従兄のお兄様に1票ですー!
国同士を転移装置で繋げているなら主人公が里帰りするのも容易なのだから、
そこさえ寛容になってあげれば彼女は素直にお嫁に来てくれたであろうと考えると、
何だか彼が不憫になってしまいました。
 
……EDではそれを差し引いてなお余りある鬼畜の所業でしたがね!!!!
 
どう転んでも主人公は悲惨な目にしか遭わないので、その辺は十分お覚悟くださいませ…。

タイトルの意味が不明で最後まで「?」となっていたのですが、
あとがきを読んで…やられたー!となりました。そ、それは判りませんってーーー!!



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
03 05
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR