シノビハリセンボ・秘

管理人:華里さま
使用ツール:ティラノビルダーPro(吉里吉里2/KAG3から変更) / 1周プレイ時間:約10~15分
攻略人数:1人 / ED数:2種類

※リメイク版が公開されました。それに伴いタイトルに「マルヒ」が追加されたので、当記事も修正。

【あらすじ&登場人物】
時は戦国。
大名家の三女として生まれた主人公・四月朔日わたぬきほむら(名前変更可)は、
三度の婚儀をするもその度に嫁ぎ先が敵に襲われ、出戻りを繰り返すという受難の姫君。
そんな彼女をいつも助けてくれるのは、幼少時から忠実に仕えてくれる忍の青年・狐蛇こだであった。
ある日、主人公の前に全身が針で覆われた不思議な物の怪が現れる。
狐蛇が言うには、それは嘘を吐く人間に取り憑く「ハリセンボ」という妖らしいのだが…。

狐蛇(こだ) :四月朔日家に仕え、主人公の護衛を務める忍。有能だが色恋の感情には疎い。


【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

【リメイク版プレイによる追記あり】
作者様の他作品は上記リンク先(ノベコレ様)以外にふりーむ!様でも入手出来ます。
(置いてある作品が一部を除き異なります)
ノベルゲームコレクション様 / ふりーむ!様

2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
今までの作品はRPGツクール製がもっぱらだった作者様ですが、今回は吉里吉里製(※旧版)
RPGに不慣れな身としては、キーボードではなくマウスで操作出来るのはやはり嬉しい…!
操作性がいつも以上に快適なのはもとより、和風で統一されているデザインも素晴らしかったです!
キャラ絵や背景が彩度低めの色でぺったりと塗られているのも何となく浮世絵っぽくて、
世界観にマッチしていますね。
選択肢は少なめで、基本的には読み進めていくだけでOK。EDは「真」「偽」の2つです。
当然ベストEDは「真」の方ですが「偽」EDもこれはこれである意味ハッピーエンドと言える形で、
身分違いの恋によくある悲劇的要素は見当たりません。
終始ほのぼのとして明るく賑やか、でも時にはちょっぴりしんみり…そんな楽しい物語です。
何より、ずっと狐蛇に一途なくせに素直になれない主人公が可愛くて可愛くて~v
冒頭のあらすじで「三度の出戻りを重ね…」と出た時は「ど、どんなヒロイン!?」と焦りましたが、
乱世に生まれた姫としての覚悟をしっかり持っているところも好印象でした。
狐蛇ならきっと大丈夫、彼は笑顔でさらりと世界征服してしまえるチートキャラタイプですよ(笑)



リメイク版では各EDの後日談が追加されました。それぞれに美しいスチルもあって眼福v
本編結末としては「真」の方が好きだったのですが、後日談は「偽」の方が断然好みですー!
あの妖しさがたまらない…!!
リメイク前からの操作性・視認性の良さはそのままに、何度プレイしても楽しい1作ですよ。

毒味メイドと嫌味シェフ

管理人:ナリオさま
使用ツール:ティラノスクリプト / プレイ時間:約45分~1時間
攻略人数:1人 / ED数:1種類+2種類(ver.2.0~追加)

※シナリオが加筆修正され、スチル・ED等が増えたアップデート版が公開されました!

【あらすじ&登場人物】
主人公・ユーリャ(名前変更可)は城で女王陛下の毒見役として働くメイド。
シェフのシスティとは10年来の腐れ縁だが、とある過去の因縁もあって口を開けば喧嘩ばかり。
本当はずっと彼に想いを寄せているのに…。
そんな2人を見かねた世話好きな女王は、彼らの仲を取り持つべくドッキリ大作戦を持ちかけた!
果たして、主人公はシスティの本音を引き出すことが出来るのか…!?

システィ :女王の料理番。主人公には事あるごとにつっかかり、嫌味ばかり言うが…。
女王 :絶大な政治手腕を持つカリスマ女帝。身内には優しく、お茶目で世話焼き。



【感想】
★★★★ :糖度
★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】
多分?2020年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
選択肢のない一本道ノベルゲー(※旧版)で、美しい絵柄と春らしく華やかなUIが目を惹きます。
メニューボタンなどが食器や厨房用品でまとめられているのが可愛いっ。
(ただ、ページ送りを示すナイフ&フォークのアイコンが最初は「!!」マークに見えて(汗)
「キャラがめっちゃ叫びまくるゲームだなぁ?」なんて勘違いしておりました…(^_^;)ゞ)
最後は甘々ハッピーエンドなストーリーで、印象としてはじれったくて甘酸っぱい少女漫画ですね。
悪意あるキャラも全く出てこなくて、幸せな気分になれること間違いなし!
今だからこそこういうお話が読みたいものです。

主役が両片想いなのが冒頭からあからさまに判るので、見守るプレイヤーとしては
「ええい、早くくっつかんかい!…けど、このくっつくまでのもだもだがたまらん!!」という
嬉しいジレンマに悶えまくりでした。
そして前半でじらされた分、後半の怒涛のラブシーンの濃密さに更に悶える…!
描写がとても丁寧で、彼らの長年の想いが伝わってくるんですよね。
ところどころシスティ視点の文章が入るのですが、その部分だけちゃんと文字色が変化しているのも
読み易くて嬉しい配慮。
もう、あっという間に読み切っちゃいましたよーぅ!!
この作品はキャラの表情変化も見どころだと思うので、立ち絵が大きめなのもいいですね。
テキストにだだ漏れる(笑)口に出来ない想いと共にくるくる変わる彼らの表情を見るのは
実に実に楽しかったです。
描かれてはいませんが、とあるシーンでの女王の表情も見たかったー!
多分、プレイヤーと全く同じ表情をしていると思われます。ある意味、彼女が我々の分身(笑)



ここから少しだけアップデート版についての感想をば。
ドッキリ大作戦を計画→実行するまでの間に探索パートが追加され、
城内でのほのぼの&ちょい甘な日常イベントが見られるようになりました。ラ、ラッキースケベ…!
探索部分はEDには影響せず丸ごとスキップすることも可能ですが、
可愛いスチルがここに何枚も追加されているので見ない手はありませんよね!
そして、ノベルパートに戻ると今度は選択肢が追加。取った行動によってEDが分岐します。
シナリオ量調整のためか旧版ルートのラブシーンは少々文章が削られてしまったようですが、
それでも十分な甘さがありますv バッドEDはないのでご安心ください。
おまけの後日談も嬉しかったー♪ 「彼」の話は私も気になっていたんですよね!
(注・後日談は本編の主役2人がメインの話ではありません)
旧版レビュー時、当ブログ内でのカテゴリは「恋愛(一般)」としていましたが、
作品紹介に「乙女ゲーム」と明記されるようになったため、ここでもそのように変更させて頂きました。

リレガトゥーラ


使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:各話 約15~20分
攻略?人数:各1人 / ED数:各2種類+α
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ】
いつの間にか見覚えのない場所にいた貴方。
目の前には一人の男が。彼は自分を『司書』と名乗った。
『司書』は言う。
「ここは物語の館 特別なお客様である貴方の為にとっておきの『物語』をご用意しました」と
(制作者サイト様より引用)


【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】
2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。最新バージョンはver.1.4。
季節限定だったハロウィンのお話も最初から選んで読めるようになりました。

本編はオムニバス形式の短編集です。
シナリオを書かれた方がそのままご自身のキャラの立ち絵を担当しておられ、
そのため作者様の作風の個性がはっきりと出た作品群となっています。
最新作2作は『冒険者の話』(作:蜜子様)と『狐の嫁入り』(作:梅ヶ枝きな様)。
語りたいことを書くとうっかりネタバレしそうなので今回は個別の感想を控えさせて頂きますが、
両方に共通していたのは結末の意外性。そして絶妙な【後味の悪さ】!(←誉め言葉)
プレイヤーの想像を掻き立てる余韻あるラストが秀逸でした。こういうお話…好きだー!!



↓ここからはアップデート前の感想記事です。
ver.1.3までのお話(ハロウィン話除く)について書かせて頂いております。

◆『夏の幼馴染の話』
作:梅ヶ枝きな様。今より少し未来、しっかり者の主人公とオタクで少し気の弱い幼馴染のお話。
一応許婚同士の男女の物語なのですが、何やら様相が普通と違います。
デザイナーズベビー】…真面目に考えたら恐ろしい世界ですね。
このシリーズの中では恋愛色が濃い方で、積極的かつ頭の回転の早い主人公が
自己評価の低いうじうじ攻略男性をロジカルに説得、最後は無事ハッピーエンドへ…と思いきや。
選択肢によっては不穏な空気が漂い、プレイヤーは詳しい説明がなされないまま
その空気の中に置き去りにされます…! あんぐり(゜д゜)
真相を是非とも詳しく知りたいところでしたが、それは野暮というものなのかもしれません。
描かれていない部分が非常に気になる、何とも絶妙な終わり方が印象深いです。
 
◆『音楽家の話』
作:蜜子様。幽霊嫌いの主人公の前に、突然中年男性の幽霊?が現れ…!?というお話。
舞台は現代の日本で主人公も学生ですが、お相手は金髪中年紳士。
ナイスミドル!でジェントルマン!!(幽霊だけど)な攻略対象ですよー。
何か未練を残して幽霊になったらしいのに何故かその未練を思い出せない彼のために
ちょっと頑張る女の子のお話ですが、相変わらず会話のテンポが良いですね!
最初のゴーストジョークは私も主人公と同じく解ってあげられませんでしたが;;
(己の知識不足が恨めしい…)
今回も作者様らしくほのぼの明るめ、でも最後はじんわり心に沁みる物語なのですが、
こちらも選択肢によってはちょっぴり怖い展開が待ち受けています。
明るい真夏の太陽の下にいたと思ったら、いきなり夜の肝試し会場に連れ込まれた
そんな印象で思わず「ヒエッ?」と声が出てしまいました(^_^)
 
◆『醜い男と美しい妻の話』
作:梅ヶ枝きな様。悪評高い村の領主の元へ嫁いだ貧乏貴族の娘のお話。
何となく童話の『青ひげ』(大好き!)を思わせるお話でした。
『青ひげ』のヒロインは好奇心の誘惑に負けて大変な目に遭ってしまいますが、
こちらでは自分の意思(選択肢)で行動を決められます。
『青ひげ』を読むたび「何でダメって言われたのにやっちゃうんだよぉぉ」と子供心に思っていた
(もちろん、そうしないと話が進まないからでしょうが(^_^))ので、ちょっと嬉しい(笑)
どちらの行動が良かったのかは…ご自身の目でお確かめくださいませ。
陰のある使用人のバルトークがとっても好みでしたv あと、終盤の【Sな】ヒロインも!
全体的に空気が不穏で、シリアス成分高めです。
 
◆『幼い少女と不器用な青年の話』
作:蜜子様。しっかり者の小学生の少女と(一見)ヤンキー青年のお話。
現代が舞台です。とにかくヒロインの小夏ちゃん(名前変更可)が純粋で可愛くってねぇ!
口達者でおませさんなのに、生意気な感じが全然なくて。
お相手のせいちゃんも、単に子供の恋人ごっこに付き合ってあげているだけかと思いきや…
本当にイイ男でした!!
彼があの強面でキラキラパステルの映画チケットを買いに行く姿を想像すると微笑ましい^^
12歳の年の差なんて成人してしまえば気にならなくなる範囲だし、この2人に関しては将来も
ハッピーエンド以外あり得ん!と信じて疑いません。司書サン、ナニ馬鹿ナコト訊イテクルノサー
ほのぼの、時にちょっぴりしんみり…という感じの物語。




各ED後の司書さんの一言がまた良いのです。
上品で柔らかい空気の中にチラ見えする不気味さと不穏さにゾワゾワしますね…!(一部文字反転)

それは間違いだった

管理人:じゅんさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約4~5時間
攻略人数:3人+α / ED数:5種類+α
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
何事にも無気力で、今も仕事を辞めてきてしまったばかりの主人公・土屋透子(名前変更可)。
そんな彼女の目の前に突如、陰陽師を名乗る怪しい男が現れた。
更にその男・上條蒼悟は何故か彼女を自分の補佐官にしたいと言い出し、猛アプローチ。
嘘くさいと疑いつつも、あまりの熱心ぶりと好待遇に主人公の心は揺らぐ。

どうせ元々くだらない人生、ならばこの奇妙な彼に託してみたっていいじゃないか。
たとえ、それが間違いだったとしても。

上條蒼悟(かみじょう そうご) :才色兼備のエリート陰陽師。真面目そうだが女性経験は豊富らしい。
南雲緋鉈(なぐも ひなた) :蒼悟の地元のお役人。男らしい外見に似合わず、乙女趣味で奥手。
翠香(すいか) :謎の超絶美青年。人付き合い、特に女性は苦手。蒼悟と親しいようだが…?



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

【派生作品プレイによる追記あり】
舞台は架空の現代ですが、全体のデザインや人物衣装などがとっても和風なのですv
ヒロインは既に20代半ばとのことで、乙女ゲーにしてはかなり大人設定。
しかも冒頭からかなりの駄目人間っぷり&喪女っぷりを披露してくれてまして、
健気に頑張る純情可憐ヒロインがお好きな方には敬遠されるかもしれません(^_^;)ゞ
(だけど「金欲しい、でも働きたくない」ってのには同意するわ~。にんげんだもの)
そんなヒロインなのに、男性陣は彼女にメロメロになって逆ハー状態になってしまいます。
これも納得いかない方には受け容れにくいかなぁという要素なんですが…
私にとっては本作ヒロインって某女芸人さんのイメージで、磨けばそれなりに光るのに
女っぽく振舞うのが恥ずかしくて逆に慎みのない行動を取っちゃう、って感じなんですよね。
男性側もヘンタi変わった感性の持ち主ばかりで一般的な女の好みしてなさそうだし(笑)、
そう考えるとこんな逆ハー展開もアリかも!と思えてしまいました。
下ネタもばんばん飛び出すので耐性のない方はご注意を。
そういう軽妙さが楽しめる方には本当に面白い作品だと思います!

上記プレイ時間でも判るとおり、本編はなかなかの長編。
お話が一区切りつくごとにアイキャッチが入り、全5話の構成となっています。
ただし共通ルートが多いので、まず1人をクリアしてその後はスキップ機能を駆使すれば
ストレスなくコンプリートまでたどり着けると思いますよ。
八方美人にさえならなければ恋愛EDは楽勝。
…と思いきや、途中の選択肢をうまく答えて好感度を上げておかないと後日談が開きませんっ><
(上記ED数の「+α」はこの後日談分)
ワタクシ的には翠香がちょっと難しかったです~。だって、
真正のMと信じて「殴る」ばかり選んでしまったからね!(苦笑) 皆さんは優しくしてあげてね…
あと、会話中の選択肢の他に自由行動が出来るMAP式選択肢があります。
1回につき6ヶ所まで行けるので、同じ場所へ3回ずつ行くことをオススメしておきます。

そしてそして大切なこと! こちらの作品のBGM…何と作者様の自作なのだそうです!!
やはり自作の音というのは一味違いますねー。作品の世界観にそりゃもうピッタリでした♪
おまけの音楽鑑賞部屋では各曲についての作者様のコメントも読めます。
攻略対象3人のみならず個性的なサブキャラ達とも仲良くなれるし、隠しルートもあるし、
コンプリートご褒美絵は異様にエロい(!)しで、見所はたくさん。
小話が追加されるパッチも公開されているので、是非そちらも合わせてプレイしてみてください^^



ここからは派生作品『WB』(15禁)の感想です。
記事が長くなり過ぎるので以下折りたたみます。





『WB』は本編の冒頭部分(バイト退職~帰宅)を元にしたエイプリルフール?短編です。
(単に4/1が公開日というだけかもですが、作中で嘘をつく選択肢もあったりするので)
何かと言い寄って来るバイト先の店長や謎の眼鏡の男を振り切って早くお家に帰りましょう。
攻略対象は言うまでもなく、上記バナー↑のお二方です。

最初にプレイ出来るstage1ではバイト先の店長との攻防。
それを無事クリア(退職ED後?)すると、帰宅途中で眼鏡の男に捕まるstage2がオープンに。
選択肢がかなり小刻みに出てくるので、短いお話ながらなかなかEDにたどり着けません(^_^)
何言ってもめげずにしつこく迫って来る男性陣とのやり取りがウザ楽しいです!
いえ、ヒロインの身にしてみれば鬱陶しいことこの上ないんでしょうけどね~(苦笑)
EDは大まかに分けて7種類ですが、ノーマル的EDは台詞やスチルの差分別に
さらに細かく4~17種類に分かれます。何と総計41ED!!
こんなに数があるにもかかわらず、非常に丁寧に作られている差分に感激。
この辺、作者様の作品への愛情をひしひしと感じますねーv
公式サイトには「ネタバレを気にしなければ本編未プレイでも~」と書かれていますが、
私としてはやはり本編コンプ後(出来れば番外編『clear』も)にプレイを推奨致します。




■翠香っぽい男の子を育成するミニゲーム『竹から出てきた男の子を育てたら一月で成人した』が公開されました!
 その他の派生作品も多数公開中です。


肉まん葉集~例えばこんな桃太郎のお話~

管理人:夏ぷりんさま
内容:ハートフルでちょっぴりお下品な桃太郎パロディADV風ノベル
使用ツール:ティラノスクリプト / プレイ時間:約20分 / ED数:1種類


【あらすじ】
むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがおりました。
おじいさんは山へ、おばあさんは川へ。
すると、川から「あるモノ」が流れてきて…?


【感想】
★★★★★ :ハートフル度
★★★☆☆ :お下品度
★★★★★ :爆笑度

今どきのツールはこんな作品も作れるのですね…!
ゲームというか、動く絵本もしくはアニメーションを見ているような感覚でした。
とにかく画面が動く動く!
一本道なのに、しかも誰もが知る『桃太郎』がベースの物語なのに最後まで全く飽きさせない。
そしてラストの意外なオチ。これはっ…もう爆笑するしかない!!
DL版とブラウザ版があります。

登場人物紹介は書くまでもないので省きました。
おじいさんとおばあさん、そして桃…的な何かです(笑)
キャラはサンプル画像↑のとおり人外ばかりですが、一応「乙女?ゲーム」と銘打たれていて
イケメン&美女も出てきますのでそこはご期待ください。
際どいワードがばんばん飛び交いますが、このゲームは絶対神CEROが護り給う世界。
なので、ギリギリのところであれやこれやは伏せられています。安心の全年齢!
が、たまに「□リコン」とか伏字になっていない伏字があるのがまた絶妙なのですよ~^^
(一部文字反転)
画面の右側に本来の桃太郎の物語が一節ずつ表示されるのですが、
キャラの掛け合いを見ているうちにいつの間にかその一部分が変化していて。
ぶっ飛びます。ひたすらぶっ飛びます。もはやどこからツッコんでいいのか判らない…!
それなのに、あんなに綺麗なハッピーエンドに着地するのだから
作者様のお話づくりとゲーム構築技術の巧みさに感嘆するしかありません。
何も考えず思いっきり笑いたいときにオススメです!



■'20年エイプリルフール企画として『肉まん葉全集』が公開されました。大ボリュームの12巻構成!
 …という前フリの“ネタゲー”だそうです(笑)

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR