Halloween Chocorate

管理人:佐渡琉華さま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約30分
攻略人数:3人+1人 / ED数:5種類



【あらすじ&登場人物】
もうすぐお菓子の祭典ハロウィンがやって来るこの季節。
浮かれる周囲とは反対に、キャンディの妖精・アン(名前変更可)の気は重かった。
何故なら、彼女の通う妖精学校ではハロウィンのお菓子作りが3学年への進級試験。
先生を唸らせるオリジナルレシピを魔法で考案・具現化しなければ、即座に落第してしまうのだ。
優しい仲間達に励まされながら、主人公は無事試験を乗り切る事が出来るのか?

ショコラ :チョコレートの妖精。主人公とはクラスメイトで親友的存在。明るいムードメーカー。
シフォン :シフォンケーキの妖精。学年は主人公より1つ下だが、とにかく生意気で天邪鬼。
バニラ :アイスクリームの妖精。その優秀さで校内でも有名な1つ上の先輩。かなり天然。
レモネード :レモンキャンディの妖精。超シスコンな主人公の兄。自信家で俺様。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

ハロウィンゲーとして毎年期間限定で公開されていた作品でしたが、
2012年から常時公開に切り替えられました。うっほほーい☆ヽ(>▽<)ノ
('12年版は二度バージョンアップしたという意味でタイトルに『P*P(Plus*Plus)』と付けられています)
最新版ではイケメンお兄ちゃん・レモネードが新たな攻略対象に加わりました。
ただし、恋愛ではなくあくまで兄妹愛としての位置づけですが。

プレイ期間は9/1~10/31の2ヶ月間。
平日は直感力(レシピのひらめき)や具現化能力(魔法による菓子作り)を鍛えたり、
息抜きの散歩(男の子と会話)をしたり。
休日には気になるお相手とデートも出来ます。
まずは直観力から鍛えていくとシステムが理解しやすいでしょう。
簡単なSLGだし楽勝~♪…と思いきや、
意外とギリギリなところで日数足りなくなったりして血を吐きました。ぐはっ!
いえね、別に一番レベルの高いお菓子を作らなくたって進級は出来るんですけどね。
どうせなら最高級品を作って進級EDを迎えたいじゃないですかー!
スチルもデート可能な4箇所の内2箇所へ一定回数通う事で出せるのですが、
これがねっ!確認出来るのは日数的に3箇所までがギリでして!!
ある程度相手の好みを考えて行動しないとスチルコンプが出来ません。
あらゆる点でニクいほどに絶妙バランス…っ(´д`)
という訳で、あまり難しく考える必要はないものの細かい部分で注意すべきゲームです。
覚えるレシピはどのルートでも同じなので、好感度の高いキャラによってレシピも変わる
(ついでに作ったお菓子の絵もカットインで見られる)とかだったらもっと楽しめたかな?
↑システム的に可能かどうか判らずに勝手言っちゃってますが…すみません;;
会話パターンがたくさんあるのは嬉しいですねv

キャラクターではツンデレショタのシフォンがもうもう大ヒットでした!
何なのあのカワイコちゃん!!(笑)
ショタキャラという事で見た目的には一番私の好みから外れているのに、
素晴らしいツンデレっぷりが全てを凌駕してくれました。やっぱりいいわぁ、ツンデレv
バニラ先輩もぽやっとしてるクセに手が早いったらなかったです(*ノ▽ノ)ヒャア
このゲームで注意すべきは、腹ペコ状態でプレイしちゃいかんという事ですかねぇ。
皆が皆、姓も含めて全て美味しそうな名前なので…。
私はプレイ中、真夜中だというのにうっかりちんすこう食べてしまいましたよ。
雪塩ちんすこうウマーv(何の話??)

おほしさまのうた

管理人:佐渡琉華さま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約20~40分
攻略人数:3人 / ED数:6種類



【あらすじ&登場人物】
彦星様と織姫様が年に一度の逢瀬を許される七夕の日。
私は七夕までの4日間、織姫様の付き人として目覚める名も無き小さな星だ。
その期間のみ特別に自我と名前――「美空」(名前変更可)を与えられ、逢瀬の準備を手伝っている。
大切な仲間達と毎年繰り返す、私にとっても特別な4日間。
――そして今年もまた、七夕の日が近付いてきた。

火花 :主人公の対となって彦星の付き人を務める「星」。几帳面で生真面目、ややヘタレ。
風雅 :「風神」と呼ばれる風の精霊。七夕当日の雨雲を払ってくれる。自由きままでフレンドリー。
星彦 :天の川に橋を架ける大工のカササギ。見た目は可愛い少年だが、性格はかなり男前。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

とっても可愛らしい七夕ゲームです♪
ずっと期間限定公開だったのですが、今年から常時DL可になったのでレビューに加えさせて頂きました~。
初期ver.では攻略不可だった星彦も、現ver.(+edition)では攻略対象に加わっております。

バッドEDのない、本っ当ーに可愛らしい物語なのですが。
作者様の作品と言えば『Crystal Forest~smile of adieu~』『Epines princesse』など、
今まではかなりダーク色が濃い印象でした。
そしてこの作品でも、可愛らしい中にその片鱗がちらりほらりと見えてたり…。
でも鬱展開(と言うか、悲しい真実)はおまけの小話(ストーリーピース)の中に収められていて、
本編では星彦ルート以外は「あ、まだ何か裏にあるんだな」と匂わせる程度です。
と言っても、その匂わせ方がまた絶妙でして!
ハッピー展開だけに浸っていたいよぅ…と思いつつ、結局は真実が気になって
全部読まずにいられなくなるという(^_^)ゞ
心配するほどのダークさではない(と思う)ので、印象としてはやはりEDの幸せ感の方が勝ります。
美しい星空の背景がロマンチックな雰囲気を更に盛り上げてくれましたーv
1年で4日しか会えない恋人というのも少し寂しいですが、
永遠に続いていく恋ならそれはそれで素敵ですよね(未来の不安要素は置いといて…)。

男性陣は全員ヒロインにぞっこん(笑)で性格も良くて甲乙つけがたいのですが、
個人的には僅差で火花に軍配を上げたいです。照れ顔がどツボった!!(〃▽〃)
他の2人は明るい&可愛いイメージが強い分、ふと切なげに微笑む表情にキュンとします。
火花はヒロインと同じ立場の「星」だから彼女の裏事情を知らないけれど、
風雅や星彦は知っているので…その辺が表情の違いにも表れてるのかな。

Epines princesse

管理人:佐渡琉華さま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約2~3時間
攻略人数:3人 / ED数:7種類

※こちらは15禁(15歳以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
リヒト=レイ王国唯一の王女・いばら(名前変更可)は9日後に結婚を控えていた。
お相手は昔一度だけ会った事のある同盟国の第三王子。
国中が浮かれ気分の中、彼女の心だけは重く沈んでゆく。
何故なら、彼女には人知れず想い合ってきた大切な恋人がいたのだから…。

それでも、王族の務めを果たすため、己の恋に終止符を打つ決意をした主人公。
さよならの言葉を胸に、彼女は彼が棲む禁忌の森の最奥へと向かうのだった。

呪忌(じゅい) :金の瞳を持つ“忌み子”。森の奥で孤独に生きてきたが、主人公と心通わせる。
霧羽(きりゅう) :主人公の許婚で、同盟国セント=ルミアの王子。柔らかな雰囲気の持ち主。
漣(さざなみ) :リヒト=レイの若い騎士。主人公とは主従でありながら兄妹のような間柄。



【感想】
★★★★☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

タイトルは直訳すると「荊姫」。
荊の檻に囲まれて自由に生きられない――そんなヒロイン像を想像させられ、実際その通りなのですが、
縛られているのは何もヒロインだけではなかったり。
膨大な文章量に若干の性描写、加えて痛々しい流血・残酷描写がありまして
(攻略対象全員が生き残ったEDってなかったような…)、コンプにはかなりの時間を要します(´д`)
それでも、こういう雰囲気がお好きな方には是非オススメしたい、とてもドラマチックな物語でした!
登場人物は姫と王子と騎士と魔物…なんて書くと、設定だけは可愛いメルヘン童話風?

この作品の一番の特徴を上げるなら、やはり「メモリア」機能でしょう。
メモリアとはクリアおまけなどでよく見られる、いわゆる「攻略対象視点からの物語」です。
これがヒロイン視点の本編とほぼ並行して、しかも大量に読めるんですよー。
本編だけを読むなら、上記ほどのクリア時間(1周)は恐らくかかりません。
が、この作品は本編・メモリア全て読んで、初めてそのルートを制覇したと言えるのではないでしょうか。
私は、漣→霧羽→呪忌の順に攻略したのですが(呪忌はルート制限があるのでご注意)、
割と大団円に終わったと思えた漣EDが他キャラルートで開いたメモリアで読むと
「え? ええ? えええええ…!!!???」の連続で。裏にあった真実に愕然…っ!!
霧羽と呪忌に至ってはもう本当…言葉になりませんでした。
ヒロイン自身も辛い目に遭い、たくさん苦悩もするのですが、彼女に見えていた世界はあまりにも狭く。
別視点から見るとこんなにも、こんなにも話の印象が変わるのか!!と寒気がするほどです。
そんなひたすらネガティブな展開の中、ぽっと和みを提供してくれたのは個性豊かなサブキャラ達でした。
特にメイドのミネルヴァが可愛かったよぅ~。コミカル度に0.5付いてるのは彼女の愛らしさ故v
メイン攻略キャラはやはり呪忌で、それとほぼ同じくらい印象的なのが霧羽王子ですね。
でもごめんなさいっ(>_<) 私は一番普通の人だった漣が好きでした…!
幼馴染の姫への諦め切れない恋心に悩む騎士とか、設定が美味し過ぎるでしょー!!
おまけに、オリジナルのOP・ED曲がとても素敵なのです。
全て歌詞付きで、ED曲などは全3種類もあるんですよ~!豪華!!

ここからは攻略についてちょっとだけアドバイスを。
まず、ゲームは選択肢及びMAP画面でのセーブが出来ませんのでご注意下さい。
基本的には昼・夜にある自由行動でお目当てキャラを追いかけ続ければOKですが、
キャラがMAPのどこにいるかは一見判りません。
が、よく見るとMAPの画像オンマウス時に表示される場所名(「調理場」「回廊」等)の横に、
小さな薔薇マークが付いているものがあるはずです。それが目印!
薔薇は各キャラに対応した色になっているので、そこに気付けばイベントを追いやすいですよ~。
(私はEDコンプするまでこのマークに気付かず、非常に苦労したので…馬鹿orz)
また、全EDクリアすれば大抵のCGは埋まりますが、埋まらない場合はメモリアを読んだり
サブキャラのイベントを探したりしてみましょう。
制作サイト様内のBBSも非常にお役立ちなので、そちらも参考にされると良。
あとは、ゲーム同梱のマニュアルはプレイ前に一度しっかり読んでおいた方が良いと思います。
メモリアの読み方とか更新のタイミングとか、詳しく書いてありますのでね。
メモリア画面は右上の色付きボタンで視点キャラ変更、「Return」文字の左右にあるダガー(†)で
ページ切り替えが可能です。使われている英字フォントがやや見づらいのでお気を付け下さい。

Crystal Forest~smile of adieu~

管理人:佐渡琉華さま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約1.5~2.5時間
攻略人数:4人 / ED数:8種類+α

※こちらは15禁(15歳以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
主人公・柏木千夏(名前変更可)は、ごく平凡な女の子。
毎日学校へ通い、友達と話をし…だが、そんな生活の中で彼女はある「虚無感」を抱えていた。
遠い昔に何か大切なものを忘れてしまったような…。
そして、繰り返し見る青い闇の夢。目覚めるといつも内容は朧げになってしまうのだけど。

ある日学校へと急ぐ林道の途中、主人公は青く光る不思議な空間に迷い込む。
そこには彼女を【カルタグラ】と呼び、この世界を【何でも願いの叶う楽園】と評す青年達が。
そして彼らは彼女にこう語りかけた。

――『ようこそ、クリスタル=フォレストへ』――と。

リスター :華奢で儚げな印象の第一王子。両の視力を失っており、自室から出る事がない。
アンバー :大人びていて自他共に厳しい第二王子。冷たく見られがちだが、その実子供好き。
コーラル :明るく人懐っこい第三王子。城には住まず、城下の宿で気ままに暮らしている。
ルナ :町外れの洋館に住む謎の青年。気狂いと称され、人々から恐れられている。



【感想】
★★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

公開前からずっと楽しみにしておりましたー♪の、インモラルダークADV。
(でもなかなかに文章量が多くてコンプには随分時間がっ…おおぅ><)
ルートには攻略制限があり、初回プレイではリスターとコーラルのみが攻略対象です。
2人の全EDクリア後アンバーが、アンバーの全EDクリア後にルナが攻略可能となります。
…と言いつつ私、注意書き読んでたクセにうっかりリスターの前にアンバー狙っちゃった(T▽T)
個別ルート進入に失敗すると、何も謎が解明しないまま途中でゲームオーバー?になります。

まず先に書いておきます。こちらはかなり人を選ぶ作品です…!
想像力が豊か過ぎる方、登場人物に思いっきり感情移入してしまう方には向かないかもしれません。
「インモラル」の内容についてはゲーム紹介ページのQ&Aに書かれていますので、
気になる方はプレイ前のご確認をお勧め致します。
でもそれらを差し引いても、期待通り非常に面白い作品でした!
リスター&コーラル攻略中は彼らの過酷な運命にとにかく圧倒されっ放しなのですが、
アンバー、ルナ…と進めていくにつれ、その先の真実が知りたくてたまらなくなりまして。
最後まで読むとこの攻略順序にも納得。 異世界なのにやたら現世の固有名詞が出てくるのにも納得!
誰を落としても世界の根本的な流れは変わらず、全体に鬱っぽい雰囲気が漂います。
ただ、最後にルナルートにて辿り着ける真ED(だと私は思ってる)で唯一救いを見い出せるので、
コンプリート後の読後感は決して悪くありません。
100%でなくても幸せになれる道はある…結構考えさせられるシナリオでしたね。
ヒロインは一見清楚なお嬢様風なのですが、女の業というか情念みたいなドロドロした部分も
かなり見せてくれます。リスターの15禁シーンとか、もうもう…!(アワワ)
乙女ゲーではちょっと珍しいタイプですが、その分ねっとり絡みつくような濃厚ラブシーンは必見。

文章はとても詩的で綺麗。哲学的な印象すら受けます。
内容はかなりダークなのに嫌な後味がないのは、作者様の力量に寄るところが大きいのでしょう。
加えて、キャラクターと絵がとても魅力的で!
絵師様は『Monochrome Wish』(公開終了)のつみきみき(現・ららん)様。
攻略対象に近付くと相手の立ち絵が顔アップになるのですが、拡大されても全然粗がないよ!(驚)
ちょっと瞼を伏せた流し目とか、困ったような笑顔とか、とにかく表情が艶っぽくてドキドキもの。
OPムービーもミステリアスな音楽と演出が作品にマッチしていてカッコイイです。
また、ゲームにはボイス付ver.とボイス無ver.があります。
私は相変わらずボイス無しの軽量版プレイでしたが、サンプルボイスは聴いてみましたよ~。
皆さん、とってもいいお声でした♪


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

お知らせ
  ◆ 2018年ハロウィンゲー一覧 ◆
(当ブログにてご紹介済サイト様情報のみです)
 
 【追加】
 ・half様
 『フィンメルグ ~HOLLOW WORLD~』
 
 --------------------------------------------
 
 ・けんこうランド様alalaka様
 『ヴァンプ・ザ・プレイ・ヴェルヴェット』
  前~中編(後編は制作中)
  ※正確にはHWゲーではありませんが…
 ・FLIFLO様
 『TRICKYNIGHT』(R15)
 ・ふくねこぶろぐ。様
 『血の恋人』
 ・めがねの天ぷら様
 『しゅくめいのさだめ方』
  '17年HWゲーの続編
 ・エンロハルバル。様
 『ショ体盛り!?ドキドキクッキング
  ハロウィン』

 【再配布】
 ・HACKMOCK様
  過去HWゲーいろいろ(~11月末)
最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード