DollyGirl

管理人:関口葉月さま

 
使用ツール:NScripter / 1周プレイ時間:約2~3.5時間
攻略人数:4人+α / ED数:9種類+α
※こちらは18禁(18歳未満禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
ある日突然、陽の光の下で生きる事を許されなくなってしまった少女。
少女―奈々(名前変更可)の兄が言うには、彼女はそういう病気なのだと。
それでも優しい4人の兄弟に守られ甘やかされ、
外界から遮断されたまま生温いまどろみの中で少女の年月は過ぎていった。
しかし、彼女は次第に気付き始める。

―いつ、この世界は壊れてしまうんだろう

奏 :長男。職業はエステティシャン。妹をとことん甘やかし、ゴスロリ・甘ロリ趣味で飾り立てる。
明 :次男。大学生。ぶっきらぼうながらも優しい兄だったが、あるきっかけにより兄妹仲は決裂。
澪 :三男。兄弟の中でもとびきりの美形。最近はバイトで忙しく、姉への態度もそっけない。
恒 :四男。賢く要領のいい末っ子。家族の中でも主人公が最も気を許す可愛い弟。



【感想】
★★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

わーん、またも「早くプレイしておけば良かった!!(>_<)」と後悔した作品ですー!
(DL日付が2年以上も前…;;)
いえ、題材(兄×妹/弟×姉)的にずっと気にはなっていたのですが、絵のないノベルゲームという事で
どうしても「普通の絵有り作品の方が早く読めそう…」なんて考えちゃって。
どんどん月日が過ぎてしまったんですよねぇorz
すっごく読み応えあるしすっごく面白かったので、ガチ近親モノが苦手でなければ超オススメ!!
ただし、18歳未満の方はプレイ出来ませんのでご注意くださいませ。
(性描写がある訳ではありません(キス止まり)が、扱っているテーマ的にR18との事です)

実のところ、私自身はガチ近親モノより義近親モノの方が好み。
安易だけど「実はいとこでした」「養子でした」という展開の方が安心出来て好きだったんですよ。
しかしっ、この作品はそんな私の心まで大いにざわつかせてくださいました。
ありがとうガチ近親! 万歳ガチ近親!! @ただし二次元に限る
ヒロインは兄2人、弟2人を持つ5人きょうだいの3番目。
しかも兄・弟それぞれにベタ甘派(奏・恒)とクール派(明・澪)がいて、
兄妹萌えの方にも姉弟萌えの方にもデレ派にもツン派にも、ついでに病み派にも対応してるって…
何コレ!? 全方向過ぎるでしょー!!Σ(゜∀゜*)
その上、更に隠しとして血縁外の攻略キャラまで用意されています。まさに至れり尽くせり。←?
キャラについては1人1人語りたいところですが、ネタバレになりそうなので敢えて自粛。
でも、印象としては何となく明と澪が好まれそうな感じですね。 私もこの2人推し(ぼそっ)
他の近親モノとちょっと違うなと思ったのは、兄弟側から想いを告げられるよりも先に
ヒロインがその兄弟をちゃんと異性として意識しているってところでした。
告白を受けてから相手にほだされていく訳ではなく、ヒロイン自身が
「血の繋がった家族を好きになってどうしよう、ごめんなさい」と思い悩む姿が描かれるので、
両想いになった時は普通に「おめでとう!」って祝福したくなるんですよね~。
こういうテーマ特有の嫌悪感も薄いし。
作者様がご自身でこの作品を「あたまおかしい系」と評されていますが、
「だが、そこがいいんです!!!」と拳握って力説させて頂きますよ!
最後の最後に開く小話では、何故きょうだいが皆こんななのかという事にまで
何となく説明がつけられていて…計算された緻密な構成力に脱帽です…っ!

選択肢場面ではセーブ・Qセーブが出来ないなど、システム面が若干不便なのでご注意ください。
(追記:現在は使用可能になっているようです)
また、物語前半は多くのキャラが交互に登場し、さらに回想や夢シーンなども入ってきて混乱しがちです。
絵による助けがない分、焦らずじっくり読み込むべし。
公式サイトには完全攻略も掲載されていますよ。
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード