夏天祭実行委員会 当日!

管理人:ayakoさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約30分~1時間弱
攻略人数:5人 / ED数:5種類+5種類


【あらすじ&登場人物】
ついに我が校の学園祭である「夏天祭」がはじまる。
準備期間中は色んな事があって、沢山の思い出が増えた。
実行委員達と協力し合い、作り上げてきた夏天祭。

私も実行委員長として、いつも以上に気合を入れて臨むつもりだ。
(制作者サイト様より引用)

高袖季秋 :明るく人懐っこいノッポの1年生。実行委員では広報を担当。
祇園寺冬次郎 :主人公と同級生の会計局長。何かと不憫な苦労人。いつも周囲から遊ばれている。
鈴里春世 :総務担当で1つ年上の幼馴染。小柄で主人公より背が低い。寡黙な性格。
頼広 織 :3年生の企画局長。いつもやる気なさげで仕事はサボリ気味。
衣戸 節 :主人公をサポートする生徒会副会長。美術部所属の不思議系メガネ君。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★☆☆ :シリアス度

'08年に公開された『夏天祭実行委員会』の続編です。
まさか出して頂けるとは思ってなかったから嬉しい…! 祇園寺にまた会えた!!
しかも攻略対象まで増えてますよ。うっひゃほーい♪ヽ(´▽`)ノ
前作プレイ済が前提となっておりますので、未プレイの方はまず前作からどうぞです~。

今作では前作で準備を頑張っていた夏天祭当日2日間が描かれています。
ゲーム冒頭にて主人公・なつめ(名前変更可)が誰と結ばれているか(or いないか)を訊かれます。
ほとんどのキャラが前日に想いが通じ合ったばかりという設定なので、今回はまさに恋人1日目!
甘々気分真っ只中…のはずなんですが、全員実行委員として何かと業務に追われまくっていて
なかなか上手くいきません(苦笑)
そもそもヒロインがかなりクールな性格だし、胸キュン度は前作の方が高かったかな?
でもそんな中で甘いEDにたどり着けた時はやはり感慨もので…。
現実でもちょうど夏真っ盛りの時期ということもあり、何だか彼らと一緒に
夏のお祭りを満喫したぜ!という気分にさせて頂きました♪
うう、これはまた改めて前作をプレイしたくなってきてしまう…!
乙女度が高いのは相変わらず鈴里ルートですね。新キャラの衣戸も結構健闘してるかと!
けど、やっぱり祇園寺…祇園寺が一番なんだよなぁ、私(人*´д`)
不憫でヘタレだけどやる時はやる、カッコ悪くてめちゃカッコいい彼が愛しくてたまりませんっ
ゲーム中には記憶力を試す簡単なミニゲームがありまして(全3回/難易度調整可)、
これに全問正解することで夏天祭の成功度が上がり、ベストEDを迎えられます。
成功度が低いとバッドED(上記ED数「+5種類」はコレ)ですが、
別に相手と不仲になるとかそういうことはないので大丈夫。コンプリート判定にも反映されません。
気になるという方は最後のミニゲームの答えを敢えて外してみましょう。

絵のお上手さは今回も言わずもがな。
そして、前作でも感心させられた独特のシステムグラフィックやアイキャッチも健在でしたっ。
机の上に置かれた写真や携帯画面を使って背景や時間経過を表示させるって、
個人的にとっても洒落てると思うんですよ~。(全体背景の机の質感がまたリアル(^_^;))
場面切替時に入るアイキャッチは、今回はお祭りの感想等を書くメッセージボード風。
回を重ねるごとに生徒達の書き込みが増えていくのですが、
誰のルートかによって一部書き込み内容が変わるんです。これも心憎い演出だわぁ…v
おまけページが驚きの充実度で、CG&EDリストやキャラ紹介などはもちろん、
男性視点ストーリー、後日談、パラレル物語、座談会…などなど、とにかく豊富でビックリ!!
コンプリート特典もあるので、ぜひぜひ隅々まで遊びつくしてみてください。
暑い夏の日にピッタリの爽やかな良作です♪

非日常クアルテット

管理人:ayakoさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / クリア時間:約2~3時間
攻略人数:4人(内1名女性) / ED数:8種類+7種類



【あらすじ&登場人物】
主人公・弓桐史亜[ゆみきり しあ](名前変更可)は平凡な毎日に退屈し、
何か面白い事が起こらないかと日々期待している高校1年生。
そんな中、ふと目に止まったあるクラスメートの不可解な言動。
その人物に興味を持った事から、平凡だった彼女の日常はとんでもない非日常へと変わっていく…。

数多(あまた)カケル :クラスメート。男子とは普通に接するのに何故か女子にはつっけんどん。
竜壬(りゅうみ)サダカ :クラスメート。見目が良く態度も優しいため、常に女子に囲まれている。
東弥(とうや)タツジ :クラスメート。明るくにぎやかなお調子者。彼女がいるとの噂があるが…。
奈敷(なしき)アカリ :クラス委員長。眉目秀麗、成績優秀、スポーツ万能。でも性格最悪。



【感想】
★★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

タイトルの「クアルテット」って何だろう?と一瞬思いましたが、「カルテット」の事ですね^^
物語は…一言で表すなら“和風学園ファンタジー”とでも言いましょうか。
前半部分だけプレイすると全くの現代学園ものです。が、ここはやはり「ファンタジー」に分類を。
何てったって“非日常”ですしね!

グラフィックは相変わらず美し過ぎてため息しか出ません…っ。
ayako様の作品はいつも背景画像やキャラ絵の見せ方が変わっていて面白いなぁ(´∀`)
何でこんなに画面デザインが和風なの?と思っていたら、中盤以降から術師だの式(神)だの
昔からの仕来(しきた)りだの、それっぽい要素がばんばん出てきました。
式同士の戦闘などもあって燃えるー! ※戦闘を操作する訳ではありません
物語の基本的な流れは全員――少なくとも男性陣は皆同じなのですが、
主人公の立ち位置というか彼らとの関係性が微妙に違っておりまして。
展開に金太郎飴な感じが全くないのが素晴らしかったです。読み応えも十分!
数多ルートは初々しくももどかしく、竜壬ルートは切なく苦しく、
東弥ルートは等身大の親しみやすさがあって…しかも甘いっ(≧∀≦)
(ちなみに東弥ラヴー バカ可愛い!ヘタレ最強!! 他の2人も捨てがたいですがっ)
私は深く考えずに数多→東弥→竜壬(→奈敷)の順で落としたのですが、
全てクリアしてみてこれはなかなかいい順序だったのではと感じました。
特に竜壬ルートはかなり変化球なので、少なくとも初回は狙わない方がいい…かも?
あ、奈敷さんも案外嫌いじゃなかったです^^ あそこまで徹底してると逆に清々しいわぁ~(笑)

そしてもう1つ特筆すべきは、個別ルートで出てくる“アイズポイント”というシステム!
感覚的には商業ゲーの『ビタ○ンX』シリーズにあったアクションポイントに似てるかな?
会話中に隠されたツッコミorスルーポイントを見つけてタイミング良くボタンを押す、というアレですよ。
(未プレイの方には解りづらい例で申し訳ありません;;)
こちらでは「愛」や「信」など7つの感情ボタンを用いて攻略対象に自分の感情を訴えかけます。
正しいタイミングで正しい感情ボタンを押すと好感度UP♪
サイトの紹介ページにも詳しい説明がありますが、実際遊んでみた方が多分解りやすいでしょう。
正直、アイズポイントを気にし過ぎるとお話の流れが悪くなり、
逆にシナリオに集中し過ぎるとアイズポイントの存在を忘れる…という両刃の剣的な側面はありました。
ポイントを自力で探す作業はゲーム性があって本当に楽しかったですが、
反面、かな~り大変だという事も先に述べておきますね(^_^)
ヒント機能が充実しているのでそちらを活用するのも一手ですよ。クリア時間もだいぶ短くなるかと。
(上記クリア時間↑は自力でアイズポイントを探した場合を想定しています)
でもとにかく、いろんな面で魅力的で完成度高くてオススメ! です!!



■'14Vt番外編として『非日常バレンタインゲー』も公開されています。運にも左右されるミニゲーム付。
本編の紹介ページからDL可能です。

夏天祭実行委員会

管理人:ayakoさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約1時間
攻略人数:4人 / ED数:8種類+1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・夏堀なつめ(名前変更可)は高校2年で学園の生徒会長。
学園では毎年夏休み前に学祭「夏天祭」が行われ、彼女はその実行委員長も務めていた。
学祭当日も近くなり、準備に追われる実行委員たちをまとめるため日々奔走する主人公だったが…。

高袖季秋 :明るく人懐っこいノッポの1年生。実行委員では広報を担当。
祇園寺冬次郎 :主人公と同級生の会計局長。何かと不憫な苦労人。いつも周囲から遊ばれている。
鈴里春世 :総務担当で1つ年上の幼馴染。小柄で主人公より背が低い。寡黙な性格。
頼広 織 :3年生の企画局長?いつもやる気なさげで仕事はサボリ気味。



【感想】
★★★★ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

またもや絵のクオリティが上がってるー!?Σ(゜▽゜;)
そしてまたもや画面のデザインが秀逸で!今回はステーショナリー仕様に統一されています。
付箋紙のようなシステムボタン、掲示板のような背景やウィンドウ、学祭ポスターのアイキャッチなど、
立ち絵がない場面でも普通に1枚のイラストのように見入ってしまえるってどういうことでしょう。
巷の商業ゲームよりもよっぽど丁寧で凝った作りですよ!
システムはオーソドックスなADVで選択肢もごくごく簡単です。
が、通常選択肢の他に17もの感情から気分を選ぶ「感情入力」システムが面白い!
感情の正解は1つだけではありませんので、ここでいろいろ試してみるのも楽しいですよー。
用意された選択肢ではなく、きちんと自分の気持ちで答えられたような気になれるのが嬉しいv
あ、正解選択肢は選ぶとちょっとした効果音が鳴ります。音声はオンにしておいたが吉。

こちらのサイト様の作品中、糖度は最高レベルです。どちらかと言うと男性陣が頑張ってたり(笑)
主人公はサバサバしていて態度が結構素っ気無かったりするのですが、
私自身、彼女と似たような考えの持ち主なので逆に感情移入しやすかったですね。
やっぱり半裸程度じゃ動揺しないよねぇ?←え

ED数の“+1種類”はバッド…と言うか、誰との恋愛も成就せずに普通に終わるED。
とにかくプレイして絶対に損はない1作です。心からオススメ致します!!
(追記:現在、夏天祭当日を描いた続編『夏天祭実行委員会 当日!』も公開されています。
合わせてプレイすると楽しさ倍増♪)

神樹の守人

管理人:ayakoさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / クリア時間:約1時間
攻略人数:2人 / ED数:3種類+4種類



【あらすじ&登場人物】
ここは天界・人間界・地界の3つに分かれた世界。
ある時、天界の大神は人間界のあらゆる土地に神樹を植え、そこに天界の者を1人ずつ遣わしめた。
遣わされた者の役目は、神樹を守り育てる事で地界人の人間界侵略を防ぐ事であった。
――そしてとある女神が守るこの神樹の森。
おおらかで愛情深いが怠け癖のある女神のあまりの職務怠慢ぶりに、とうとう大神が罰を下した。
女神から天界の力を取り上げ、1週間以内に自力で力を取り戻さないと
今までの記憶を一切消して生まれ変わらせてしまうというのだ…。

大樹 :女神が守る神樹の人間体。だらしない女神の代わりにしっかりしている。
マチト :神樹の森に入り込んだ人間の青年。気さくで優しい。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

今回もまた絵が、画面デザインが美しい…!
スチルのサムネイル一覧を見ているだけでうっとり出来るゲームってそうそうないですよ。
そして、システム画面を見ているだけでうっとり出来るゲームって以下略。

アナログ調で描かれた枠やイラストが特徴的です。
画面の構図も↑のサンプル画像の通り、立ち絵ではなく大きな顔アイコンが並ぶ独特なスタイル。
おかげでキャラクター達の小さな表情変化もはっきり判ってより楽しかったです♪
登場人物の名前は、上記キャラの他には「犬」「梟(ふくろう)」「川」「湖」「葉っぱ」…などなど。
名前だけ聞くとえっ?と思うかもですが、葉っぱ以外は皆人間体ですこぶる美形揃いです。
でも、人間体でなくても葉っぱ大好き!あなたのツッコミは最高です!弄られっぷりも最高です!!(笑)
作者様は恋愛色薄めと言っておられますが、いやいや、かなりきゅんきゅんさせられましたよ~。
特に大樹のけなげさにはもう感動!
これで梟さんも攻略対象だったらなぁ…いえ、何でもありません…(´-`)

ED数の“+4種類”はバッドEDです。EDリストには含まれませんが、こちらもしんみりと良いお話でした。
バッドを見るのが苦痛でない方は出来ればぜひ試してみて下さいませ。
物語中唯一悪役?っぽいあの人の過去話にも触れる事が出来ます。

育成日記

管理人:ayakoさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / クリア時間:約30分
攻略人数:2人? / ED数:16種類



【あらすじ&登場人物】
とある研究所。そこでは人よりも優れた能力を持つ人工生命体の研究が進められていた。
ある日、研究員・月星小夜(名前変更可)は同じチームの研究者達から
強制的に新しい人工生命体の育成を任される。
幼少の頃から天才と称され、親の愛をほとんど知らずにずっと研究所で育ってきた彼女は、
研究とはいえ自分が子供を育てるという事に不安を感じるのだが…。(一部制作者サイト様より引用)

ミライ :研究によって作られた人工生命体で今回の育成対象。名前は変更可。
雨森 草 :同じ研究所に勤める青年。植物系の研究をしている飄々とした人物。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★★★ :コミカル度
★★★☆☆ :シリアス度

非常に有名な育成SLGです。DLさせて頂いた後長々と温めておりましたが、ようやくプレイ出来ました!

「勉強」「運動」「容姿」「創作」「娯楽」の5つの要素を組み合わせながら
育成→イベント→1週間の予定決定→育成…という流れで1ヶ月間人工生命体の子供を育てていきます。
こちらの作者様のゲームはまず何より絵が素敵です!画面のデザインが素敵です!!
システムも非常に快適で、繰り返し作業も全く苦になりませんでした。
そしてとにもかくにもミライがかーわーいーいー!!
攻略対象は…人数を明記するのがちょっと難しいですね。
どう育てるかによってミライが全く別人格になってしまうため、それぞれ違う人間と取れなくもない。
育て方を間違えると“良い子”には育たずいわゆるバッドEDになってしまうのですが、
その人格もそれはそれで好みで困りました…(苦笑) 特に知力バッドの彼が好きだー!
いたいけな子供に厳しい言葉を向けるのは少々心が痛むのですが、
バッドEDにも美麗スチルがあるのでそれを見たいがためについ躍起になってしまいます~。

ミライが中盤まで幼児~少年の姿なので、ゲーム中の糖度はほとんどナシ。
でもそれは決してマイナス要素ではありませんので!どうかお間違えの無きように!!
もし物足りないという方は、プレイ後に制作者サイト様のギャラリー等をご覧になるとよいと思いますv
あと、ゲームのおまけがとっても楽しいですよ~。だてに爺さんキャラ5人も出てきてないぜ!(笑)
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09 11
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード