奇譚の青にねむる

管理人:koutaさま
使用ツール:RPGツクールMV / 1周プレイ時間:約1~5時間
攻略人数:2人+1人 / ED数:7種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
由緒あるティフォージュ伯爵家へ輿入れすることになった男爵令嬢のエクリュ(名前変更可)。
しかし、彼女を出迎えたのは冷酷な態度の婚約者と彼に付き従う執事の2人のみであった。
違和感を拭う間もなく、その夜のうちに伯爵は急な用事で館を離れることに…。
エクリュに館の鍵束を託しながら伯爵はこう告げた。

「一番小さな金色の鍵の部屋だけは絶対に入らぬように」

ユーゴ :ティフォージュ伯爵。婚約者である主人公に対し、何故か初対面から辛辣に当たる。
ルネ :伯爵家に仕える若い執事。態度は慇懃だが、どこか威圧的で底知れない青年。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

童話『青髭』をモチーフとした乙女×洋風ホラーADVです。
異界に浸食された館を探索しつつ、迫り来る危険を回避して脱出しましょう。

『青髭』は大好きなお話なので、ワクワクしながらプレイさせて頂きました!
宗教の「7つの大罪」も関係しているようですね。主人公がちょいちょい【食いしん坊】発言をするのは「暴食(⇔節制)」に当たるからなのでしょうか。
しかし、この作品を年末の忙しい時期にやろうとしていた当時の自分。殴りたい。
 
そんなお気楽にコンプ出来るゲームじゃないわーーーーー!!!!!
 
ゲーム性はめちゃくちゃ高いですが、難易度もそれに比例して高いです。
特に、乙女ゲーと融合させた探索ものとしては最高レベルに難しいし、怖いんじゃないかな。
謎解きに関しては公式サイトに詳しい攻略が公開されているので何とかなるのですが、
追いかけられっこがね…すさまじく厳しくてねぇ……(白目)。
ノートPCの小さな方向キーで操作するのは本ッ当ーに骨が折れました。
それでも「どうしても諦めたくない」「どうしてもこの先の展開が知りたい」という衝動が止まらない、とてつもない魅力に溢れた作品です。
興味とお時間のある方はぜひ腰を据えてチャレンジしてみてくださいっ。

メイン攻略キャラはユーゴとルネ。あと1人(隠し?)はおまけ的な感じでした。
ユーゴルートでは館の怪異の真相が、ルネルートではユーゴと彼の真の関係性が明かされます。
彼らは序盤と終盤のギャップがすごくてですね、どちらも素晴らしく好みだった…!!
ユーゴに関しては、恋愛ED後のセーブ画面で主人公アイコンにちょっとした変化があったりも。
readmeテキストの最後の一言の意味も、彼のEDを見ると理解出来ますよ!
主人公は典型的な非力守られ型ヒロインのように見えて、とても芯がしっかりしている良い子です。
彼女が何とかしないと【攻略キャラが死んでしまう】イベントがあるので、
恋愛EDを目指すと必然的に彼女の強さを実感出来る展開もいいなと思いました。
9割9分は緊迫した雰囲気ですが、たま~にある緩い会話にクスッとさせられます。
(一部文字反転)


■本編のパラレルXmasゲー『クリスマスぱん!』(12推)も公開中です。
 可愛らしい絵柄に反して内容は「Death or DieのゆるふわループADV」って…え?汗

Lumi Crystal

管理人:藍沢 雨さま
←混在コンテンツブロック対策のため、仮バナーで対応
使用ツール:LiveMaker / プレイ時間:約15~20分
攻略人数:1人 / ED数:1種類
※こちらは18推(17歳以上対象18歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
恋人の赴任地に同行してきた主人公・リーファ。
砂漠生まれの彼女にとって、雪に覆われたその地クリスタリアは見るもの全てが新鮮だった。
街の賑わいやモミの木への装飾もその1つ。
何でも今日は年に一度の「クリスマス」で、大切な人と共に過ごす聖なる夜らしいのだが…。

アズラク :リーファの恋人。少々意地悪だが、頼りがいがあって優しい。


【感想】
★★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★☆☆ :シリアス度

選択肢のない一本道クリスマス短編です。
特に何かが起こる訳ではなく、ただ普通の恋人達の甘い1日を描いた物語…なのですが。
 
甘いっ! とにかく甘ーーーーーいっっ!!!
 
大きなハプニングがないからこそと言いますか、最初から最後までとことんお砂糖たっぷり。
むしろお砂糖しかありません!!
これが主人公以外フルボイスときたもんですから、その破壊力たるや。ふぉぉ…!
ここまで甘さ「のみ」に特化した作品は久々な気がします。
ひたすら幸せな乙女気分に浸れること間違いなしですが、
甘々乙女ゲーはプレイしながらついニヤついちゃうわ~という人はご注意を!
1人きりの時に、出来ればイヤホン装着しながらプレイすることをお勧め致します。
恋人・アズラクの声優様はキャラの外見イメージより少し低めで落ち着いたお声ですね。
とても私好みの男っぽいイケボでございましたーv
もちろん他の声優様方も皆さん美声で、かつ演技もお上手で!
本当に、最近のボイスコ(ボイスコーポレーター)さんの質ったらどうなってるの…。
高過ぎるでしょう…!?

そして…っ、何よりこの絵柄の美しさ!
美麗なだけでなく、キャラクターの表情もくるくると非常によく変化するんですよー。
スチルも台詞や文章に合わせて主役2人の体勢がそれはもう細かく変わりましてね。
スチルは全て密着シーンなので、見ていて本当にドキドキするというか…
ボイス付きということもあってまるでアニメーションを見ているかのようです。うっひゃあぁ////
直接表現はありませんがさすが(?)18推!というシーンもあるので、
やはり1人プレイ推奨ですね。
背景の描き込みもスゴイなぁ。思わずサイト見に行っちゃいましたが、プロの方かなぁ。
とにもかくにも夢のようにとろける時間をいただきました。どうもありがとうございますっ。



■バレンタイン続編『Will Melt』が公開されました。本編同様、選択肢なしの(主人公以外)フルボイス作品ですv
 素敵な新キャラが増えている…!!
 こちらは年齢制限が上がり、18歳未満禁止(高校生含む)となっているのでご注意ください。


月と珈琲

管理人:鈴華さま
使用ツール:LiveMaker / プレイ時間:約30~50分
攻略人数:1人 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
伯父が営む喫茶店で調理を担当する牧原小夜乃(名前変更可)は、昔から男性が苦手。
春からバイトに入った大学生の及川とも、半年以上経つ今もろくに会話出来ずにいる。
そんな2人を残し、伯父が勉強のためにと1ヶ月も海外へ行ってしまった。
ぎこちないまま店を切り盛りすることになった2人。だが、その距離はゆっくりと縮まって…。

及川航大 :ドリンク担当として春から店で働き始めた大学生。真面目で落ち着きのある青年。


【感想】
★★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

同作者様の作品は公開済の『白陽祭 -体育の部-』をやりたくてやりたくて仕方ないのですが、
タイミングを逃すとなかなか時間が取れずorz
(追記:↑'16年10/11、無事コンプ&レビューさせて頂きました!上記タイトルからリンクしています)
今作はXmas短編ということで、時期が遅くなり過ぎない内に先にプレイさせて頂きましたー。
(もう2月なので十分遅いのですが…トロくてすみません;;)

しっとり甘めの恋愛ノベル、という表現がここまで似合う作品もそうありません。
真面目さん×真面目さんの織り成す、終始穏やかで誠実な空気の流れる温かい恋物語。
心理描写が実にきめ細やかで、深みあるコーヒーの湯気と香りがよく似合います。
主役2人の年齢はまだ20~22歳くらいで「すごく大人」という訳ではないのですが、
この作品の小道具は紅茶やソフトドリンクでは到底務まらなかった気がしますね。
舞台も「カフェ」ではなく、あくまで「喫茶店」と呼びたい。
照明はきっと赤みを帯びた電球色に違いない!…と、そこまで勝手に想像してしまいました(^_^)
クリック待ちアイコンのデザインやコーヒー用SEも、作品の雰囲気に合っていて素敵。
特にSEの方は生効果音なんですね…! コーヒーミルで豆を挽く音が好きですv
(と言いつつ、どれが生効果音なのかは聞き分けられていないのですが(汗))

選択肢は後半に1つのみ。
それによってEDが変わる訳ではなく、基本的には読み進めるだけです。
しかし、そのおかげで逆にじっくり物語の世界に浸れて、こういう作品には良い仕様だなと思いました。
その選択肢はおまけで読める後日談の内容に影響しています。
特筆すべきはver.1.00にして驚異の誤字の無さっぷり!
単独制作だと文章の推敲も大変だと思うのに、短編という点を差し引いても感嘆するばかりです。



■ver.1.10からクリア特典としてバレンタイン後日談が追加されました。ver.1.00用パッチもあります。

Devil's blessing


使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約20~40分
攻略人数:2人 / ED数:7種類
※両サイト様行方不明(閉鎖?)につき、ふりーむ!様のDLページにリンクを変更しました。


【あらすじ&登場人物】
社会人になっても年齢=彼氏いない歴絶賛更新中の主人公・藤木しおり(名前変更可)。
今年も独り身のまま、もうすぐ恋人達のイベント―クリスマスを迎えようとしていた。
そんな彼女の前に突然現れた怪しげな男。
男は自分を悪魔と名乗り、クリスマスまでに彼女の願いを3つ叶えてやると言う。
全く相手にしなかった主人公だが、思わぬ形で1つ目の願いが叶ってしまい…。

サレオス :主人公の前に突然現れた自称・悪魔。何故か主人公のことを知っているようだが…。
日高 昴 :会社の後輩。いつの間にか主人公に対する態度がよそよそしくなってしまった。



【感想】
★★★★ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

さすがにそろそろハロウィンからXmasモードに移行しよう…という訳で、
まずはこちらの作品を紹介させて頂きますっ。
(ハロウィンゲー、まだまだやりたい作品が残っているのですが…! 時の流れは無情(泣))

攻略対象の1人が悪魔というファンタジー要素を含む作品ですが、
どちらかと言うと現代色の方が強いですね。
登場人物が皆社会人で、しっかり地に足のついた大人という雰囲気がとても好印象です。
特にヒロインは、仕事モードの時は非常に“デキる女”“頼れる先輩”という感じで…!
こういうキャラだからこそ年下の攻略対象が似合うってものですよv
しかも黒髪眼鏡スーツ男子(+敬語)とは…こんなの私得でしかないじゃないですか。やだー!!
ただし、後輩クンはまだ未熟というか押しの弱い部分もあるので(まぁそこが良いのですが)、
強引に迫られたい方は悪魔の彼の方がオススメですねー。
悪魔というにはかなり優しいですが…! 結局ヒロインに振り回されちゃってるし(笑)
で、そのヒロイン。彼女は普通に魅力的なので、最初は「年齢=彼氏いない歴」という設定が
しっくり来ないかもしれません。が、この辺は最後までプレイすると理由が判ります。
出来れば、後輩クンがこの事実を知った時の反応も見てみたかったな~。
プレイ期間は1週間。クリスマスらしい糖度もバッチリですよv
後日談として【初詣】編も読めるので、年末年始にプレイするのもいいかもしれません。
(一部文字反転)

万一攻略に詰まった場合は「EXTRA」のシーン(回想)リストを活用しましょう。
同じイベント内でも対象キャラの好感度によってシナリオが小さく変化しています。
回想では自分の通ったルートが好感度「高」バージョンか「低」バージョンか
判別出来るようになっているため、ここで選択肢の間違いに気付きやすいです。
たとえば、ある日までは好感度「高」「低」両方のシナリオが読めていたのに、
次の日からは「低」シナリオしか読めない…ということになっていたら、
その日の選択肢を変えてみればいいとなる訳ですからね。
私はサレオスグッドEDを出すのに少々苦労したのですが、この方法で上手くいきました。
あの選択肢が間違ってるとは気付かなかったわ…。思い込みって危険!

情炎@シンドローム

管理人:きるえさま
使用ツール:Livemaker / 1周プレイ時間:各約30~50分
攻略人数:計3人 / ED数:計7種類(クリスマス:1 パラノイア:3 ナイトメア:3)
※こちらは15禁(中学生以下禁止)かつ18推(18歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
彼氏いない歴21年の地味系女子大生・陽菜(名前変更可)にも今年はついに初カレが!
そして季節はもうすぐクリスマス。
弟からはいろいろ言われるけれど、初めて好きな人と過ごすクリスマスはやっぱり楽しみで仕方がない。
なのに…。(『情炎@クリスマス』より)

藍浦陽斗 :容姿端麗で文武両道な主人公の弟。口は悪いが、何だかんだで姉とは仲良し。
西園寺 玲 :『情炎@パラノイア』のみ登場。主人公の昔の同級生で、現在はカフェバー経営者。
二階堂恭夜 :『情炎@ナイトメア』のみ登場。勤務先の図書館で出会った誠実そうな大学生。



【感想】
★★★★☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

過去何本か公開されていた「情炎」シリーズが1つになってリメイクされました!
内訳は以下の通り。
 
 1部:『情炎@クリスマス-I can't live without you-』 全ての始まりのお話。
 2部:『情炎@パラノイア-Do you know how much I love you?-』 クリスマスから数年後のお話。
 3部:『情炎@ナイトメア-I'm always here for you-』 新規ストーリー。やはりクリスマス続編。
 
『パラノイア』と『ナイトメア』はどちらも『クリスマス』の続編ですが、話は繋がっていません。
それぞれが独立したIFストーリーという感じです。
また、以前限定公開されていたお正月パッチの小話はおまけシナリオという形で同梱されています。

『クリスマス』については当時レビューを書かせて頂きましたが(『パラノイア』は追加情報のみ)、
今回のレビューにあたりそちらの記事を下げ、こちらに統合させて頂きました。
一応、記事一部を折りたたみで残しておきます~↓

 -----------------------------------------------------------------------------
 【情炎@クリスマス単独レビュー】(一部)
 物語は血が繋がっていない姉弟の一見仲良しラブストーリーです。
 最初は主人公視点の物語しか読めませんが、そちらをクリアすると
 弟視点から同じ話を読むことが出来るようになります。
 少なくとも主人公視点からは↑のようなシリアス度は感じられないと思います
 (主人公の身に降りかかる“ある災難”を除いては…)が、
 このゲームの肝は何と言っても弟視点から見たシナリオでしょう!
 作者様があらすじに対して「決して嘘はついていないのに騙しているような気分になる」
 と書かれている通り、ダークというよりも人としてどうなの、という弟君です…A´∀`;)ハハハ
 彼の立ち絵の瞳から光が消えたらご用心!ですよ!!
 あれがないだけですぅっと空気が冷えていく…。
 『情炎』というタイトルからもただ明るいだけじゃない、何か察せられるものがあるのでは
 ないかと。
 でも私は電波でも鬼畜でも変態でも(!)、ヒロインが最終的に相手を好きになって
 幸せを感じられるなら普通にハッピーEDじゃないかと思えてしまうんですよね^^
 陽斗は死ぬまで裏の顔を主人公に気付かせなさそうですし…。
 そんな訳でこのEDには納得、というか満足派です~。ヤンデレが両想いになったっていいじゃない!
 ま、三次元でこんな弟がいたら大問題どころの騒ぎじゃありませんけど(爆)
 -----------------------------------------------------------------------------


で、ここからは『シンドローム』全体についての感想ですっ。
私の未プレイシナリオは『ナイトメア』だけだったのですが、
立ち絵・スチルとも新規変更されたとのことで『クリスマス』からプレイさせて頂きましたー。
そこからそのまま3話ぶっ続け―…。
いやぁ、このキャラクター達で3話まとめて読んでしまうと何と言いますか…
ヒロインに対する申し訳なさで非常にいたたまれなくなりました。
「彼女をこんな酷い目に遭わせているのはクリックしている自分のこの手じゃないのか…!?」
と、最後には思ってしまうほどで。
うう、ゴメンよゴメンよ…(と言いつつプレイはやめない)。
そして悟ったのは「『クリスマス』って実はとっても幸せな話だったんだね!」ということです。
他2作の八方ふさがり感を考えれば、こんな風に感じてしまうのも
もう仕方ないんじゃないかと思うのですが…!
ビデオだの盗聴器だのGPSだのの小道具がごっそり出てくるのも現代ヤンデレならでは。
そのくらい男性陣がパワーアップしております。プレイの際は十分お覚悟を。
でも、これだけやっていても殴る蹴るのDVは誰もしていないというのがちょっとビックリですね。
(あ、【首絞め】はあったかな?/一部文字反転)
まぁそれよりある意味酷い仕打ちをしているので、結局笑えないのですが…。
たまにヒロインが逆転勝利する結末も見てみたいなぁと思いつつ、
ゆうあかり様のところのヤンデレさん達は負ける姿が全く想像出来ません(=w=;)
つ、強く生きて主人公…!!(もうそれしか言えない)

ちなみに、攻略対象の中で誰が好きかと問われれば私はやっぱり陽斗派です^^
(外見とギャップ萌えでは恭夜が一番ですが…)
だってやっぱりラスボスだもの!
誰とどうなろうと最期にヒロインと一緒のお墓に入るのは結局彼だと思うもの…!(←物騒)



■新規話+過去作リメイク計5本の小話をまとめた続編『情炎@スパイラル』(15禁18推)が公開されました!
 過去に公開されていたバレンタインパッチのお話も含まれています。



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR