白い詩

管理人:みれいさま

 
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約40分
攻略人数:3名+α / ED数:5種類


【あらすじ&登場人物】
高校1年の冬。
主人公・丹羽マコ(名前変更可)はいつの間にかどこへ仕舞ったかも忘れていた1通の手紙を発見する。
その手紙は2年前に主人公の靴箱へ入れられていた、宛先も差出人も無いもの。
手紙と言えるかどうかも分からないそれには、所々にじんでいて読めない詩のようなものが書かれていた。
何故だか気に入っていた詩を久々に発見し、
にじんでいる箇所の言葉を何とか埋めようとする主人公であったが…。(制作者サイト様より引用)

瀬戸志朗 :ぶっきらぼうなクラスメイト。主人公とは小学校からの腐れ縁。
桐島 棗 :1学年上のカリスマ生徒会長。が、少々変人(?)。
直江みやび :部活の後輩で中等部在籍。可愛い顔した生意気っ子。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

同サイト様から出ているもう1つの乙女ゲー『My dear...』も良かったのですが、
より楽しめたこちらの作品を今回はご紹介v

オーソドックスなアドベンチャーの中にも、手紙のにじんだ部分の文字埋めが面白かったです。
攻略ルートによって正解が異なるため、対象相手との前後の会話をヒントにして推理していきましょう。
難易度は低めですが、私はうっかり画面の目に見える部分にばかり注目してしまい、
やはり一発で正解出来ませんでした…げふん。
攻略対象の男性陣は「私の好み的にはまあまあかな? でも特別好みもいないかな?」…なーんて
思っていたのですが。最後の隠しキャラにやられましたよー!
隠しイイですよ隠し! 彼に会えただけでもこのゲームプレイした甲斐がありました~♪
主人公も「惚れっぽくてミーハー」という設定の割には嫌味がなくて良い感じです。
桐島先輩の変人っぷりにも動じず、むしろ絶賛する姿には脱帽(笑)

ゲーム画面の文字枠はふきだし型になっており、セリフが漫画のように上へ下へと表示されます。
この形式はキャラクターの表情変化とセリフが同時に見られるので、とても見易くていいですね。
クリアするとおまけで各キャラの後日談が楽しめます。こちらは笑いと糖度が2割増です^^
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード