ノエルの書架

管理人:真白さま

 
使用ツール:LiveMaker / クリア時間:約15~30分
攻略人数:1人 / ED数:5種類



【あらすじ&登場人物】
冬、図書館の一番奥にある窓辺の席。
誰にも邪魔されずどっぷりと本の世界に浸れるそこは、私だけの秘密基地だった。
そんな辺境の場所へやって来て、私に話しかける名も知らぬ青年。
彼は言うのだ。
―あなたは天使じゃないんですか?」

青年 :図書館で突然主人公に話しかけてきた男性。名前も年齢も分からない。


【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

fuzzy様の作品については先に公開された2作目をまだプレイ出来ずにいるのですが、
せっかくのXmasなので3作目となるこちらから遊ばせて頂きました。
年々、季節もののプレイがどんどん追いつかなくなって来てるわ…。くぅっ!

何とも言えぬ不思議な余韻を残す物語です。現代物でもあり、ファンタジーでもあり。
1作目『レイニー×レイニー』もそうでしたが、作中であまり断定的な事を描かず
多くをプレイヤーの想像に任せる―といった手法が成功していますね。
今作では登場人物たちの名前すら出てこないし。
主な舞台は「冬の図書館」で、全体的に物静かで落ち着いた雰囲気の中で進行していきます。
ふわっとぼかすように画面が切り替わるトランジション効果がよくマッチしていて素敵!
文章表示のデフォルト速度も標準より少し遅めだったでしょうか?
それ故、短編ではありますが時間に余裕のない方には向きません。
ゆったりとした気分で読み進めて頂きたいですね。

真相(?)が判明する最後のED(ED5)にはルート制限がかかっています。
(攻略はreadmeテキストやサイト内memo・'14年12/5記事に有)
他のEDは割と淡々と2人の関係が終わったり、少々ヤンデレっぽい展開になったりして、
全てはそのED5に凝縮されていると言っても過言ではない―のですが。
公式サイトにそれを表すかのような素敵な言葉が書かれていたので、引用で紹介させて頂きます。
 
「それはきっと、たったひとつの贈り物。奇跡という名の毒だった。」
 
あの結末が2人にとって本当に幸せだったかどうかは分かりません。
もしかしたら、今後もっと大きな切ない傷を残すきっかけになるのでは…という思いもあります。
どのEDをトゥルーEDと受け取るかはプレイヤー次第。やはりそれがこの作品の魅力の1つなのでしょう。

レイニー×レイニー

管理人:真白さま

 
使用ツール:Livemaker / クリア時間:約15~30分
攻略人数?:3人 / ED数:7種類(ゲームオーバー除く)

※こちらは12推(12歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
梅雨時の6月。外は朝からどんよりとした雨模様。
しかし今、そんな空よりも私の心をどんよりさせるものがある。
このところ常に私につきまとっている同級生、「ストーカーくん」の存在だ。
ただ静かに後ろをついて歩くだけで、特に害も危機感もないのだけれど。

今日の放課後は図書委員会。図書室の鍵を開けたくて、私は司書の人を探す。
その途中で出会う後輩やストーカー。何故か読めないプリント。感じる奇妙なデジャブ。

雨はまだ降り続いている。

篠沢 :主人公のストーカー(?)。と言っても別に何をしてくる訳でもなく、行動が謎。
早瀬 :主人公と同じ図書委員で、割と仲の良い男子。たまに天然発言も。
雅 :中学時代からの1つ下の後輩。可愛い弟系だが、本音は他人に見せないタイプ。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

ああ、せっかく雨の醸し出す鬱々とした雰囲気が素敵なゲームなのに、
梅雨時期までにご紹介出来なかった…っ!無念><

主人公・奈乃(名前変更可)がツッコミ気質で、特に序盤はハイテンションな会話が続くため
一瞬コメディ作品かと錯覚してしまいます。
が、サイト注意書きにも「暴力・流血表現含む」とある通り、実際はかなりシリアス色強め。
ハッピーEDと見せかけて最後の一言で「えっ?」と思わせられたりして、
是が非でもEDコンプしたくなるような物語の「引き」がお見事でした!
真相ED(ED7)はかなり意外で…まさかあの人がラスボスだったなんて!!
ちなみに、そのED7は最後の行動で結末が2つに分かれます。
どちらのラストもある程度プレイヤーの想像に委ねる形で終わってしまうため
何となくもやっと感が残りますが、そういうのも楽しめる方向けの作品ではないでしょうか。
(きっちり説明されない部分はラスト以外にも多々あるので、あらかじめお心積もりを)
個人的には、あの思わせぶりな「引き」から始まるEDをもう1~2つ読んでみたかったわぁ。
特にED7-1に続くEDがあれば、ストーカーくんのストーカーたる所以がもっと活かされて
彼の魅力が更に引き出されたのではないかと思うのですよ~っ(≧∀≦)
このストーリー展開ならば男性視点から見た物語などもとても興味深いと思うの!
まぁその辺も含め、人によっていろんな感想がありそうな作品だというのが結論なのですが。

本編では明確に誰かと恋愛関係になる、という結末はありません。
なので、男性キャラ3人を「攻略人数」と書いていいのかどうかは若干悩むところ(^_^)
ただし、告白やキスシーンはあり恋愛要素はしっかり存在します。
おまけで読めるIFストーリーを含めると糖度はもう少し上がるかな?
ストーカーくんとヒロインの初々しい男女逆転カップル(?)がめっちゃツボでした…!(笑)
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07 09
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

ご無沙汰して申し訳ございません。
活動停止サイト様を中心に、記事を少し
整理しました。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード