Hello Trickers

管理人:壱川ひゅろさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約5~15分
攻略人数:1人 / ED数:2種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
交錯する男女の駆け引き―――
それは生きるか死ぬかの決死のバトル………!!!!
―――――半分冗談、半分本気、たぶんそんなゲーム―――――

ギャルゲー風、不真面目乙女ADV  (制作者サイト様より引用)

レント :ギャルゲーの主人公。カッコつけたがり。
ジュミ(名前変更可) :ギャルゲーの攻略対象。ロリ顔の巨乳。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

cholian様の絵師としてもお馴染、壱川ひゅろ様の個人作品で、2013年ハロウィンゲーです。
今まで拝見した作品では透明感あふれる柔らかな塗りが特徴的でしたが、
こちらの作品はハロウィンらしく鮮やかな色彩で。また新たな魅力を見せて下さってますよーv

もちろん、絵のみならずお話も非常にコミカルで楽しかったです!
あらすじにある「ギャルゲー風乙女ゲー」って何ぞや?と思われるかもしれませんが、
しばらくプレイを進めると納得出来ます。ああ、そういう事か…!と。
ジュミちゃん(仮名)は可愛い見た目にそぐわぬブッ飛びっぷりだし、
レントは立ち絵が出てきた瞬間、スカした表情と頭の「アレ」とのギャップに噴きました…!!
うちのレビューではいつもあらすじ内でヒロインについて説明し、
人物紹介欄に攻略対象(+α)を書くのがお決まりの形なのですが
(昔は紹介いらずの無個性ヒロインが多かったものでね…。ちなみに一般作品はまた話が別)、
本作に関しては男女キャラどちらを主人公と位置付けるべきか迷ってしまいました。
なので、イレギュラー的に両者とも人物紹介欄に書く事に。
どちらを主人公と捉えるかはプレイヤーさんのお心に委ねられるのではないでしょうか。
でも攻略されたのはやっぱりジュミちゃんの方だと思うのっ(^m^)
2人共一癖も二癖もあるキャラだけど、かなりお似合いカップルだと思います~v

ED数は2種類(ハッピー&バッド)となっていますが、正確にはバッドEDは数種類あります。
1周目は必ずバッドEDなので周回プレイ必須。とは言え、短編なので特に苦にはなりません。
選択肢ごとにセーブを取ってのんびり攻略を…などと考えていたら意外と焦らされるのでご注意を。
しかし、あの追い立てられる感がカッコいい戦闘BGMとマッチしていて妙に燃えますよー!


ミノルカブルー・アンブレラ

管理人:壱川ひゅろさま&奇なりさま
※ゲームはふりーむ!様からDL可能
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約15~30分弱
攻略人数: 1人 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
いつもの雨の日に、期待して。
思わず呼吸を潜めてしまう。
ページをめくる音に、ため息を混ぜた。

そんなことをしなくても、雨音がかき消してくれたでしょうか。
(制作者サイト様より引用)

走(ソウ) :主人公が立ち寄る古本屋でよく見かける若い男性客。
花矢(ハナヤ) :古本屋「狭雲堂」の店員。しょっちゅう居眠りしている。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

選択肢のない一本道ノベルです。
ただ、初周はヒロイン・迎(ムカエ)のモノローグで9割終わってしまう形で、
攻略対象(?)の走はほとんど出てきません。
(そして花矢さんは 何 故 に 攻 略 出 来 な い の か … !)
(追記:↑スピンオフ『アイアンブルー・メッセージ』で攻略?出来るようになりました!ヽ(´▽`)ノ)
本格的に物語が展開するのは2周目からです。周回プレイは必須。
それでも全編読んで30分かかるかかからないかの短編なのですが、
話の読ませ方しかり絵の見せ方しかり、作者様方の卓越したセンスが随所に散りばめられた
素敵な作品でした~v(*´ω`)
私はこれまで結構な数のフリゲをプレイしてきたと思ってるんですが、
それでもcholian様の作品にはいつも新しい発見というか、目からウロコ的な何かがあって
毎回驚かされますね。特に演出面が素晴らしいったら!

せっかくなので、今回はその演出面や画面構成中心のレビューなんぞを。
今作では雨と傘が小道具に使われている関係か、顔グラフィックのフレームが
可愛い傘型なんですよーv
しかも、シーンが変わるたびにその傘がクルクルッと回って…! なんてラブリー!!
文章ウィンドウが画面上にあるのも珍しくて特徴的ですね。
上だとメニューボタンがちょっと押しづらいかな?と一瞬思いましたが、
一本道短編ノベルにはそもそもメニューボタン押す機会がほとんど無いのでノープロブレンだった(笑)
そして、一番印象的だったのはスチルの表示の仕方で!
何と言えばいいんでしょうか、輪郭からふわ~…っと絵が浮き上がってくるあの感じ。
初めて見た時は「おおお…っ!?」とつい見入ってしまいましたよー。
水をたっぷり含んだような水彩風の色塗りにもマッチしていて、まさに溜息ものですっ。
と言うか、作品ごとに毎回CGの塗り方が違うなんて
絵師の壱川様は一体どれだけ引き出しを持ってらっしゃるのか!

もちろん物語も大変素晴らしいですっ。走の初々しさと男の子らしさに心洗われる…。
ヒロインだけでなく男性側の心情も細やかに描かれているのが嬉しかったです。可愛いぞ青少年!
余談ですが、「ミノルカブルー」とはこんな色らしいです → ■■■ (PC環境により差異あり)
こんな色の名前がすぐ出てくるなんて主人公スゴイ!と思ったら、
ちゃんと「美大生」という設定があって納得。その辺もばっちり抜かりありませんね!



■スピンオフ短編『アイアンブルー・メッセージ』が公開されました。いよいよ花矢さんが攻略出来る…!


うつむき少女~みんなまとめて病みなさい~

管理人:壱川ひゅろさま&奇なりさま
※ゲームはふりーむ!様からDL可能
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約20~40分
攻略人数:3人 / ED数:9種類+α
※こちらは15禁(15歳未満禁止)かつ18推(18歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
今日から新学期。
長袖のセーターを着るのは好きだけど、学校に行くのは少し苦手。
人としゃべるのはもっと苦手。

それでも、ほんの少し……ほんとに少しだけど、
学校が始まるのが楽しみだったのは……

「おはよう」

彼がいるから、なのかもしれない……(制作者サイト様より引用)

五百蔵(イオロイ) :育ちの良さが滲み出る生徒会長。クラスは隣だが主人公とは読書仲間。
阿近(アチカ) :同じクラスの元気なムードメーカー。まくったズボンの裾がトレードマーク。
常和(トキワ) :主人公の後ろの席の男子で、クラスの人気者。阿近とは親友同士。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

前作『赤ずきんくんとおおかみちゃん』とはまたうって変わってシリアスな作品ですねー!
絵的にも色使いや塗り方がだいぶ違ってて、今回はちょっと重め&厚めな印象です。
作風に合わせて絵柄変えられるってスゴいなぁ上手いなぁぁ(´д`)
ところどころに入るモノクロのカットインがまた効果的でした。

主人公・紡木弥生(名前変更可)は人の顔を見るのが苦手でいつもうつむいている少女。
なので、初回プレイでは攻略対象達の顔が全く見えません。
ヒロインが顔を上げないから、あくまで彼女の目線で見えるところ(足~口元)までしか
画面にも出ないんですよね。まずこれが面白かった!
最初の選択肢でも上記↑サンプル画像の通り、男性陣は足元のみで登場。
でも、足だけなのにちゃんとそれぞれの個性が出てるんです。うおぉ…!(感嘆)
公式サイトでは既にキャラの顔バレしているのでここで隠しても意味ないんですが、
敢えて顔の見えないスクショを選んでみました。
あまりじっくりキャラ絵を見ないでプレイを始めるのも面白いかも?

1周目は普通にハッピーエンドで終わります。
が、相手の顔が見えないまま終わってはたまらんー!(笑)という事で、すぐさま2周目開始。
すると選択肢が増え、ふとしたきっかけでヒロインが顔を上げてくれます
=男性キャラの顔が表示されます。
プレイヤー的にはやっと彼の顔が見えて幸せ~v…なのですが、
その後のヒロインがたどる運命はまぁその…どう転んでもサブタイトルの通りなのでA^_^;)
糖度はかなり高めに感じましたが、幸せなEDは期待しないように。
でも多分、この作品に興味を持たれる方は皆こういう展開がお好きだと思うんだ…!
合言葉はきっと「プレイヤーも共に病みなさい!」ですよね!!(は?)

今作はシステムグラフィックも非常に見応えアリでした。
ステーショナリー風シスグラって大抵可愛い印象のものが多いのに、
紙がちょっと破れてたり線がちょっと歪んでたりするだけでこうも違うものなんですね。
スクロールバーにまで手が込んでいてビックリ!!
あ、それと見逃してる方がいそうなのでこれも言っておきたいのですが、
 
E D 数 は 9 つ じ ゃ な い で す よ 。
 
タイトル画面は変わりましたか? カットインリスト(CGリストに非ず)は出ましたか?
作者様方のあとがきはご覧になりましたか?
上記のものが出ていないならまだコンプしていないということです。
選択肢が少ないからって最後まで油断しちゃダメダメー!!
(ヒント:前作の隠しED到達方法を思い出しましょう)


赤ずきんくんとおおかみちゃん

管理人:壱川ひゅろさま&奇なりさま
※ゲームはふりーむ!様からDL可能
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約15分
攻略人数:1人 / ED数:10種類+α


【あらすじ&登場人物】
「狼としての威厳がない!」と族長に一喝されたヘタレ狼少女のルポ(名前変更可)。
狼らしく(?)人間を痛い目に遭わせようと森へ出かけたはいいものの、
出会った少年「赤ずきんさん」には狼どころか小動物のように扱われる始末。
そこで、森のおばあさんの力を借りて何とか彼にひと泡吹かせてやる事に…。

ロッソ :森近くの村に住む少年。赤ずきんがトレードマーク。よく森で迷っている。
族長 :狼一族の長。強面で態度も厳しいが、それは愛情深さ故のムチ。
おばあさん :森に住んでいるロッソの祖母。面白いもの好き。実は魔法使いという噂も?



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆☆ :シリアス度

TOP絵の狼ちゃんの可愛さに惹かれて、完成を楽しみにしていた作品ですっ!
キャラ絵もシスグラも明るくてふんわりとした色彩が印象的v
個人的には、SYSTEMでテキスト速度等を変える際のバーの装飾がキュートで好きです^^
あそこのデザインまで凝ってくれてるゲームってLiveMaker製ではあまりないと思うんだ…。

タイトルのとおり童話「赤ずきん」をモチーフとしつつ、
男性側が赤ずきんでヒロインが狼―という男女逆転の物語です。
何度も言いますが、とにかくヒロインの狼ちゃんが可愛いっ! 下がり眉ラブ!!(≧∀≦)
「ちまちまかじって食べるのが癖」とか、なんて愛らしいの…!!
ヒーローの赤ずきんくんも周りの大人(おばあさん)や天然っ娘(ヒロイン)に振り回されて、
常識人であるが故に苦労してます感が滲み出てるのがむしろGOODです。
(童話と違い、この物語ではおばあさんと狼が結託してますのでね)
彼は笑顔より困り顔の率の方が格段に高かったような気が?(笑)
族長・おばあさん含めて嫌味なキャラのいない、終始ほのぼのしたコミカルストーリーでした~。

ゲームは、おばあさんの家で赤ずきんを待ち受けるために
用意された魔法アイテムの中から3種を選んで変装しよう!というのが概要です。
自力コンプなんて無理~(>_<)というほどではありませんが、難易度はそこそこ高めかと。
ただし公式サイトに詳しいヒントページが用意されていますので、
そちらを参考にすれば10個のEDは問題なくたどり着けると思います。
ベストEDとおぼしきED1がほんのり甘めなのですが何となく物足りない感じもあって、
「うーん、でも処女作みたいだし最初はこんなものかしら…」とクリア直後は思っていたんですよね。
がっ!よく見るとおまけ項目のいくつかがまだ見られないし、スチルも開いて…ない? あれ??
――という訳で、探しましたさ隠しED!!
いやぁ、もう甘々大満足ですっvv ご馳走様でした!!!
やはりこのくらいの糖度は欲しかったので、見た時はニヤニヤが止まりませんでした(笑)
フリゲプレイに慣れてらっしゃる方ならきっと見つけられると思いますので、頑張って探してみて下さい。
クリア後はタイトル画面の変化にもご注目♪


■後日談パッチが公開されました。あのトキメキ真ED直後からの物語です。
 また、'13年エイプリルフールゲー『赤ずきんちゃんとおおかみくん』もひっそり公開です。
 (現在はどちらも公開終了)



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07 09
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR