ハロー・トゥモロー ―いらない物語。―

管理人:もかさま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約3時間
攻略人数:1人 / ED数:6種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)かつ18推(18歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
人間の青年との恋仲を無理矢理引き裂かれた魔女・シェマティエ(名前変更可)。
「必ず迎えに行く」という彼の言葉を信じて待ち続けるも、果たされないまま早3ヶ月が過ぎた。
仕事中も気がそぞろな彼女を心配した師匠のダルフィクは一計を案じ、
己の古い友人であるリインを新しい恋の相手にと紹介するのだが…。

リイン :謎めいた図書館の館長。自称魔物で、魔術への耐性が異様に高い。セクハラ魔。
ダルフィク :主人公の育ての親であり、魔術の師。リインとは古くからの友人。
キアーラ :リインの図書館に通う快活な人間の少女。裏表がなく、はっきりとものを言う。
ポッド :配達業を営むカエルの魔物。リインの図書館はお得意様の1つ。



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

大人向けを意識して制作されたというこちらの作品。
作者様の絵柄は『悪魔の迷路と記憶の欠片』のような可愛らしいタイプと
『節分恋香』のような写実的なタイプがあるのですが、今作は後者ですね。
しっとりとした美しさで、作品の雰囲気にとてもよく合っています。
一部キャラのセクハラ言動があるためレーティングは15推(かつ18推)となっていますが、
R18的な展開がある訳ではありません。

主人公と攻略対象(リイン)、実はいきなり婚約状態から始まります。
主人公自身は恋に破れて傷心の真っ只中であり、次の恋など考えられもしない状態なのですが、
養父であり恩師でもあるダルフィクの提案を無下には出来ず。
その気持ちに報いるためにと、3ヶ月だけリインと形ばかりの婚約者ごっこを試みます。
が、リインの方はひたすら主人公へのセクハラを繰り返し、2人の距離は縮まるどころか…という物語。
確かに序盤はリインの言動が突飛過ぎて(いきなり【胸揉んで】きたりとか;;/一部文字反転)
目が点になりましたが、中盤以降はガラリと印象が変わりました。
彼が抱えているものが想像以上に重くて…。
キャラクターの心理描写が非常に緻密で丁寧で、いろんな苦味を味わった大人だからこその
簡単に素直になれなかったり、疑い深くなったり、自己嫌悪に陥ったりする様にはとても共感を覚えます。
これ、もっと若い頃にプレイしていたら「ええい、大人ってメンドクサイ!」なんて思ったのかなぁ。
ぶつかり、すれ違いながらもゆっくりと近付いていく2人の関係が微笑ましかったです。
温かい優しさに満ちあふれた物語でした…!!
おまけの小話集にも大満足です~。特に、リイン視点のお話には本編の描写にちょっと物足りなさを
感じていた場面だったので。
ここでしっかり補完されているのがさすがと言う他ない…!



ゲームの流れとしては毎日その日の仕事内容(秘書業務・書庫整理・家事)を決定し、
特定の曜日のみ更に自由行動(魔術練習・買い物・街の人と会話・リイン訪問)を選択、
これを3ヶ月繰り返すだけです。
が、一部出しにくいEDもあったので、今回も簡易攻略を書いてみましたよ!
(間違いがあったら申し訳ありません)
ネタバレが気にならない方のみ、以下からご覧くださいませ~。
(※ver.1.0をお持ちの方はまず最新版にアップデートする事をお勧め致します)



※ED名はこちらで簡易的に付けたものです。一部文字反転しています

 ■ED1: 恋愛ED・その1。自由行動はひたすらリインに会いに行く
 ■ED2: 恋愛ED・その2。聖夜をリインと共に過ごさず、かつEDまでに仲直りしている
      具体的には
      【自由行動はひたすらリインに会いに行く】→【花束で喧嘩イベント】→
      【聖夜(12/25)までリインと会わない】→【EDまでにリインと会う
 ■ED3: ノーマルED。リインとの婚約を続けた上で、ほどほど仲良し
      リインとの関係で「もう少し考える」を選び、あとは仲が深まらない程度に
      (選択肢はリインとのイベントがある程度進むと出現)
 ■ED4: バッドED・その1。強引キスイベントの後、一切リインと会わない
 ■ED5: バッドED・その2。最初から一切リインと会わない(キスイベントを起こさない)
      ED4と5は内容がほぼ同じだが、ED5にはリインに直接断りを入れるシーンが追加
 ■ED6: ゲームオーバー。リインとの関係で「終わりにする」を選ぶ

≪その他≫
 ・1日の仕事はどれを選んでもOK
 ・魔力はおまけ閲覧条件に影響します。ノーマル・バッドED狙いのついでに50まで上げましょう
 ・買い物はおまけ閲覧条件に影響します。購入履歴は引き継がれます
 ・街の人との会話ではたまに攻略ヒントをもらえます
 ・恋愛イベント中に出る選択肢はどれを選んでもEDには影響しません。
  ただし、終盤に見られるイベントの内容が変わるようです(多分)

悪魔の迷路と記憶の欠片

管理人:もかさま

 
内容:記憶探しと悪魔の館からの脱出ADV
使用ツール:RPGツクールVX / 1周クリア時間:約2時間 / ED数:2種類(ゲームオーバー除く)



【あらすじ&登場人物】
気付けば、記憶を失った状態で見知らぬ館の地下通路に倒れていた主人公。
傍には人語を解する1匹のコウモリと、徘徊する不気味な死霊たち。
とりあえず「リシェ」という自分の名だけを思い出した主人公はコウモリと共に出口を探すが、
その途中あちこちに落ちていたのは彼女が失くした記憶の欠片だった。

リシェ :主人公。名前以外の全ての記憶を失っている少女。
ラティス :人間の言葉を話すコウモリ。口調は粗野だが、主人公を心配して行動を共にする。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★☆☆ :ほんわか度
★★★★☆ :しんみり度

乙女ゲーではありませんが、多分に恋愛要素も含まれています。
同作者様の別作品『クロードの家の失敗魔女』程度の糖度はあるのではないでしょうか?
シリアス成分は今作の方が少し高くて雰囲気もやや暗めですが、特に脅かし表現などはなく
全体的に優しく温かでほのぼのしています。
『クロード~』の作風がお気に召された方には是非こちらのプレイもオススメ致しますよー!

物語は第1~10話+α(プロローグ・幕間・最終話)から構成され、
各話【ADV(会話)パート】→【MAP探索パート】→【ADVパート】という流れが基本になります。
(EDによっては少ない話数で終わる事も)
探索パートでは各話のMAPに20個ずつ落ちている主人公の「記憶の欠片」を拾い集めながら
出口を目指すのですが、あちこち動き回る死霊に触れないように進まなくてはなりません。
主人公たちには戦闘能力がないので、死霊に触れただけでアウト。HPが減ります。
最初の2~3MAPは結構「楽勝♪楽勝♪」てな感じで余裕かましていられましたが、
後半はさすがに手強かったですねー。
回復アイテムを適所で使えば滅多にゲームオーバーにはならないものの、
プレイはそれなりに慎重にならざるを得ませんでした。
各話終了時にしかセーブ出来ないという仕様もあり、死霊の動きを見極めながら
焦らずじっくり進めるのが結局EDへの一番の近道となります。
物語が進むにつれ徐々に明らかになる主人公の記憶はある意味予想しやすいのですが、
その王道の結末こそをプレイヤーとしては早く見たい訳で…!
ついつい真夜中に一気プレイしてしまう自分がいました(^_^)ゞ
そして期待を裏切らない大団円EDに大満足、非常にほっこりさせて頂きました~v
記憶の欠片は全て集めずともグッドEDへたどり着けますが、
全て集めると良い事(おまけページ開通)が起こります。(一部文字反転)
ED内容そのものに違いはないため、別ED(ノーマル?ED)回収目的でなければ
欠片は全て集めながら進めた方がいいでしょう。



以下は簡易攻略です。MAPも作成してみましたよ!
公式サイトに「むしろMAP作成嬉しい」的な事が書かれてあったので、「ならば作らねば!」と
妙な使命感に燃えました(笑) 細かいミスがあったらすみません…。



◆ED分岐条件
第5話までに集めた記憶の欠片の総合計数?
一定数(80個?)以上集めないと第6話以降に進めず、
物語終了となる

(ED&おまけをコンプするには…)
 ① 第3話まで全ての欠片(各20個)を集め、セーブ
 ② その後、第4・5話で一切欠片を拾わずにクリア→ノーマルED回収
 (多少は拾っても大丈夫ですが総合計80個未満にする事)
 ③ ①のセーブデータをロードし、全ての欠片を集めて最後までクリア→グッドED(+おまけ)回収


◆攻略MAP
 サムネイルをクリックすると画像が拡大します

   

   

 



                                   (フォント素材:素材屋405番地様)


◆その他
 ・おまけページはグッドED(全ての欠片回収済)を見た後に一旦セーブし、
 そのセーブデータのストーリー選択画面・一番下(選択肢「最終話」の下)から開ける
 ・スチルは「おまけ:後日談」を見た後、「おまけ:キャラ設定画集」の選択肢一番下
 (選択肢「学者」の下)から見られる

節分恋香

管理人:もかさま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周クリア時間:約10~15分
攻略人数:3人 / ED数:3種類+1種類

※こちらは15禁(15歳未満禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
上流貴族・節分ふしわき家には音に聞こえた従順で美しい姫がいる。
名を月詠つくよみ(名前変更可)と言う。
彼女は親同士の取り決めにより近々幼馴染の柊と結婚する事が決まっていたが、
ある日突然、彼女の父が2人の婚約を破談にすると言い出した。
父は仕事で窮地に陥り、それを助けてくれた鬼に娘をやると約束してしまったのだ…。

柊(ひいらぎ) :蔵人少将。主人公より1つ年上の幼馴染であり、親の決めた許婚。
那由(なよし) :柊の異母弟。母の身分が低いため、自身は下人として節分家で働く。
曽井(そい) :屋敷の外で出会った見知らぬ青年。人と違った能力があるらしい。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

下(4/3付)↓の記事と続けて同じ書き出しというのもアレですが…
前作『クロードの家の失敗魔女』とはまた随分違った絵柄&作風に驚き!
サイトで他のイラストも拝見していたので作者様がこういうタッチの絵も描かれるというのは
存じていましたが、一見すると別の絵師様のようです。勿論どちらもお上手ですがね^^

タイトルでもお判りのとおり節分ゲームです。
鬼に嫁ぐ事が決まった姫の、残された3日間を描いた物語。
当初はてっきり鬼も攻略対象だと思ってまして(もっと言えば【曽井が鬼の正体】だと思ってた(笑))、
無理矢理嫁がされたものの実は鬼は優しい性格で――という展開を予想していたのですが。
その勝手な想像を華麗に裏切って下さいました(´∀`)ゞ
このお話ではそのままストレートに「鬼=悪役(邪魔者)」として捉えて問題ありません。
でも考えようによっちゃ人助け?したのに嫌われちゃって、少々可哀相な気がしなくもない?
(一部文字反転)

そもそも攻略対象の1人と婚約している(しかも仲良い)ので彼と両想いなのかと思いきや、
ルートによってヒロインは他の相手に秘めた想いを抱いてたりします。
プロローグではその辺不自然にならないよう、“従順で優しい姫”という設定を生かして
上手く言葉を選んで書いておられるなと感じました。
許嫁の柊ルートでは当然柊の事が好きなのですが、お互い慎み深い性格が災いして
まだ完全な両想いではない、といった状態。
曽井ルート以外はヒロインもちゃんと自分の気持ちを自覚しており、
3日という短い期間ながらどのルートも無理なく綺麗にまとめられていました!
(曽井にも最初に伏線が張られてたし)
ラストの展開は全員ほぼ同じで、割とあっさりめです。
それだけだと上記ほどの糖度は感じられないかと思いますが、
この評価はおまけの後日談(物語の欠片)を含めた上での評価でして。
直接的な表現はありませんが、なかなかに艶っぽいですよーv(´m`)フフフ
しかも、約2名ほど本編では見せなかった別の顔を覗かせるキャラがおりましてですね!
1人はまぁ「そういう一面もステキv」で終われる程度の可愛いものなのですが、
もう1人は「ちょっ…、アンタそうだったの!?Σ(゜□゜;)」と言いたくなるような…げふげふっ。
でも最後には改心(?)してるし、全てはヒロインを好き過ぎるが故の事だし。
結局ヒロインが幸せならいいのか? はい、いいんです!!(どーん)

クロードの家の失敗魔女

管理人:もかさま

 
内容:魔女育成SLG
使用ツール:LiveMaker / 1周クリア時間:約1.5~2.5時間 / ED数:2種類+α



【あらすじ&登場人物】
大魔法使いクロードが住んでいた森の家。
彼が亡くなった今、そこには彼の弟子である1人の魔女と2体の使い魔が暮らしていた。
魔女は魔法が大好きだけれど、皆から“失敗魔女”と呼ばれるくらい魔法が下手な女の子。

それでも日々練習をこなす彼女の元へ、ある日ルニスと名乗る少年がやって来た。
彼はクロードからの手紙を示し、突然彼女にある試練を課してきて―?

マリアン :素直で頑張り屋の魔女(名前変更可)。ただし魔法は失敗ばかりしている。
ルニス :“クロードの家”を訪れたクールな少年。主人公より年下だが魔法の腕は上。
ダブレット&ドレス :主人公の使い魔達。カラス(ダブレット)と黒猫(ドレス)。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★★ :ほんわか度
★★☆☆ :しんみり度

絵柄にまずひとめ惚れ!
そして、全体の優しい雰囲気にふため惚れ!!(〃▽〃)
登場人物が町の人々含め全員いい人で、心がほっこり温かくなりましたーv
乙女ゲーではないので過度な恋愛要素を期待してはいけません。
…が、【一般向け】という意識でプレイすると「結構甘い!」と感じるレベルの糖度はあります。
「一緒に過ごせて嬉しい」などスイート爆弾投下しつつもけろっとしている天然ヒロインに対し、
ひとりで盛大に照れまくるルニスが可愛いのなんのって! これがクーデレって奴ですか?
ルニスの方が4つも年下ってのもこの2人には何だかピッタリな距離感でいいなぁv
END1(←ぜひ恋愛EDと呼ばせて頂きたいっ)は何度見てもニンマリ頬が緩んでしまいます。
ルニス、もうそのまま尻に敷かれてしまえばいいよ!(笑)

1ヶ月(30日)間、ルニスに魔女としての資質を認めてもらうべく行動します。
(正確には「魔女として」だけじゃないけど、その辺は本編でドウゾ)
勉強・探索・依頼受理・会話とやるべき事はたくさんあり、
特に探索は場所によって必要体力値が違うので、チュートリアルはきちんと読むべし。
1周目はかなり慎重にプレイしたため私の1周クリア時間は上記↑のようになりましたが、
コツを掴めばもっとサクサク進められますよ。
調べてみると、EDの成功判定ラインも思ったより低めに設定されていました。
全体の数値のバランスさえ気を付けていけば、難易度的には易しい方ではないでしょうか。
2種類のED(スチル付)は最終日のとある魔法を成功させる事が大前提で、
あとはルニスの好感度によって分岐するようです。
逆に言えば、どんなにルニスと仲良くなろうと最終試練を乗り越えなければバッドEDな訳で…
彼はクールに去っていってしまいます。そこがやっぱり乙女ゲーとは違うかな(^_^)
画面切替や場所移動の際に毎回メッセージが出たり、
依頼画面で所持アイテムの個数を確認出来なかったりするのはちょっとだけ手間だったので、
その辺をもっとテンポ良くプレイ出来たら嬉しかったですね。



以下、簡単な攻略ヒントを載せておきます(いつもの単なる自分用備忘録ですが…)。
細かい数値・条件は間違っている可能性アリです><
あくまでプレイの目安、くらいの気持ちでご覧下さいませ~。



◆強制発生イベント
 【07日目:夜】 ルニス歓迎会イベント
 【13日目:夜】 ファーブラの流星群イベント
 【15日目:朝】 --(中間判定)--
          (前日までに知識値・技術値各7以上/依頼成功率3以上ないとバッドED。
          ルニス好感度は判定に影響しません)

 【21日目:朝】 魔導書探しイベント
 【24日目:朝】 --(最終試練内容決定)--
 【28日目:朝】 町へお出かけイベント
          (ルニス好感度20以上+21日目イベント成功でルニスと一緒にお出かけ可能)

 15・24日目以外、どれもルニスとの恋愛(好感度)にかかわってきます。
 選択肢が出るので彼の気に入る/彼と一緒に行動する答えを選びましょう。
 28日目のイベントは条件が揃っていないとそもそも選択肢が出ません(=単独で行動)。

◆ED判定
 【END1】 恋愛(っぽい)ED。最終試練成功+ルニス好感度25以上
 【END1】 ただし、28日目の「町へお出かけイベント」でルニスと共に行動している事が条件?
 【END2】 師弟ED。最終試練成功+ルニス好感度24以下
 ※最終試練に失敗するとルニス好感度にかかわらずバッドED

 -----最終試練の成功条件------------------------------------------------------------------
  ・知識値・技術値  … 各14以上
  ・依頼成功率     … 10以上
  ・必須所持アイテム … 森の主の抜け殻/光る苔/虹色の鱗 各1以上
              ↑これらは主に各探索場所(森・洞窟・川)最深部にて採取可能
 ------------------------------------------------------------------------------------------

◆プレイのコツ
 ①1日目→勉強(午前:知識/午後:技術)
 2日目→午前:探索(最浅部)/午後:依頼受理
 3日目→ルニスと会話
 4日目→勉強(午前:知識/午後:技術)  ………
 …という風に、序盤は「休む」以外のコマンドを順番にまんべんなく選択していくと良。
 夜の会話で上がる数値(ランダム)、探索で入手したアイテム内容を踏まえ
 徐々に調整していく。
 15日目の中間判定前にはステータスチェックを忘れずに!

 ②探索は体力0になるまで継続可能(帰り道や家での行動に体力は必要ない)。
 場所によって異なる必要体力値を把握して無駄のない行動を。
 各地最深部へはなるべくクッキー(体力回復+8)等を入手してから行こう。
 (体力回復アイテムは夜の会話イベントでもらえます。もらったら惜しまず使うべし)

 ③受ける依頼は依頼ポイントの高いものからガンガン狙おう(序盤は無理だけど)。
 一見大変そうに見えるが、少しずつポイントを稼ぐよりも最終的には楽。
 (依頼画面の切替操作がやや手間なため)
 ただし、最終試練に必要なアイテムの残数には注意。

page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード