温泉彼氏

管理人:夏ぷりんさま up
使用ツール:ティラノスクリプト(吉里吉里2/KAG3から変更) / 1周プレイ時間:約30分~1時間弱
攻略人数:?人 / ED数:7種類

※リメイク完成、再公開されました!主にグラフィック・システム面変更、ブラウザプレイも可能に。 up

【あらすじ&登場人物】
主人公・温田いずみは仕事に厳しい鬼上司にコキ使われ、最近お疲れ気味の26歳。
会社泊や終電帰りは当たり前、休日も返上続きで趣味の温泉巡りもままならない。
そんな中、同僚の由布子が「頑張っているご褒美に」とくれた小さな袋。
しかし、それ―某有名旅館の入浴剤が彼女を信じられない非日常世界へと導いた!?

??? :入浴剤と共に主人公の家に現れた謎の3人組。何故か全員服を着ていない。
大分由布子 :同僚OL。仕事に追われる主人公のサポートもしてくれる、面倒見の良い姉御肌。
課長 :主人公の直属の上司。普段は会議室にこもって仕事をしており、滅多に姿を見せない。



【感想】
★★★★★ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

【リメイク版プレイによる追記あり】 up

男性も女性もハダカ祭りで「ウッヒャアァァァ!!!////Σ(゜▽゜*ノ)ノ」となりました(笑)
でも変ないやらしさは全くなくてですね、コミカルで明るくて健康的なエッチさ?
とでも言いましょうか。
(“エロ”ではなく敢えての“エッチ”表現。エロだと何かイメージ違うんですよ~)←こだわり
見知らぬ男性とお風呂に入って、お互い素っ裸なまま後ろからぎゅーされたり
湯あたりして介抱されたり。
…って状況だけ書くと何ともえらいこっちゃな展開ですが、
レーティング的には確かに全年齢~15推程度だと思えるから不思議です。
(リメイク前は「15推」でしたが、現在は「全年齢」とされています)
何だろう、この素晴らしい清潔感!
全て「疲れているが故の幻覚」で済ませてさっさと状況に順応しつつ、
ときどき順応しきれずに現実的ツッコミを入れてしまう主人公にも大爆笑です。

謎の素っ裸3人組に個別EDがあるのかと思いきや【逆ハー】EDしかなくて(※レビュー当時)
きちんとカップリング成立する話が好きな私としましては最初ちょっと物足りなかったんですよ。
彼らの正体も判らないままだし、何だか最後まで幻覚のままっぽいし、
でもまぁこれが一番ベストなEDなのかな…と一旦は思い込んだのです。が! が!!
ちょっと待て、制作サイト様のゲーム紹介ページを見ると未邂逅のキャラがいるじゃないか。
ということは、まだ見てないEDがあるってことよね!?と、再びプレイ続行。
そしたら…最後にとんでもなく甘いお人が来ましたーー!!!
少なくとも私と好きキャラ傾向がかぶる方にはきっとお楽しみ頂けるのではないかと!
クリア後に読めるおまけエピソードもめちゃくちゃツボでしたよ~v(*>▽<)b☆
(一部文字反転)
(追記:現在は3人組個別EDも追加されています)



完成をとても心待ちにしていた作品だったので、ちょっとだけリメイク版の追記を…。
シナリオ的には大きく変わっていないようなのですが、
作者様お得意のコミカルなアニメーション演出がふんだんに盛り込まれていて、
リメイク前の何倍も楽しくなっていました!
冒頭のNow Loading画面からして物語の一端を担わせている小技がまたニクいっ。
まだ途中までしか再プレイできていませんが、隠しのあの人にたどり着くまで頑張ります!

ほぼみっかプラス

管理人:SOrowさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約40分~1時間(内共通プロローグ約30分)
攻略人数:7人 / ED数:49種類(ベストED各1+ノーマルED各6)


【あらすじ&登場人物】
父の転職で、高校3年にして転校することになった主人公・笹森天馬(名前変更可)。
転校先の九里白高校はアットホームな校風が売りのようだけど、
これからどんな学校生活が待っているのかな…?

浅沢堅心 :目つきの鋭い生徒会長。自他共に厳しいが、誰よりも学校のことを考えている。
篠本博彦 :可愛い顔と華奢な体躯に反してかなりの毒吐き。特に女子には辛辣。
清瀬 誠 :常に無口で無表情。家庭部員で、彼の手作りクッキーは達人級の美味さ。
藤宮俊也 :坊主頭でがっちり体型の野球部キャプテン。気さくで頼れるアニキ。
氷河春輝 :フェミニストな美形。音楽活動もしており、学校にはファンクラブもあるようだ。
月沼 海 :ツンツン頭の下級生。スポーツ万能だが、万能すぎるが故?に執着心に乏しい。
東峰一郎 :癒し笑顔のゆるふわ系金髪男子。少々スキンシップ過多なのが玉に瑕。
新木 夕 :主人公のクラスの委員長。誰とでもすぐ打ち解けられる、ある意味最強女子。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

ギャグと恋愛要素が絶妙にブレンドされた青春乙女ゲーです。ブラウザ版とDL版あり。
タイトル通り「ほぼ3日」で出会いから両想い(?)まで完結してしまう、
ハイスピードにしてハイテンションなノリがとても楽しい作品でした!
乙女ゲーにおいてテンプレなキラキラ系男子はあまりいなくて、攻略対象は良い意味でみな個性的。
思ってもみないブッ飛んだ反応が返ってくることもしばしばなのですが、
それ以上に主人公がブッ飛んでいるので最早どこにツッコミ入れればいいのかわからない…!
ただ、一番ブッ飛んでいたのは多分主人公両親だと思う(=∀=)笑

こちらはもともと別ツールで制作されていたタイトル『ほぼみっか』のリメイク版です。
ティラノ版では上記人物紹介の下3人(ユウちゃん除く)が攻略対象として追加され、
スチルも大量投入されています。0枚→60枚ってスゴくね…!?(驚愕)
ED数が多いためフルコンプは大変ですが、各ルートに選択肢は2つしかなく迷うことはないでしょう。
ノーマルEDも短めなので、集中すれば数時間でコンプ可能かと。
個人的推しは藤宮君。キュン度も高くて「これぞ青春!甘酸っぱーい!!(>▽<)」という印象でした。
ちょっと不穏なシーンもあるけど篠本君も好きv 罵倒されまくるのがたまらんぜよー!
あと、彼のルートの主人公が最強すぎて…好き!!笑
万人受けしそうなのは清瀬君ですね。堅心君は恋人というよりむしろ相棒(右腕)になりたいっ。
こう考えると、やはりリメイク前からの攻略対象4人はより安定度が高い気がしますね。
もちろん他3人もまんべんなく面白いのですが!

システム周りがやたらユーザーフレンドリーなのもビックリでした。
保持フラグ可視化とかメニューアイコンの位置変更とか、痒いところにも手が届いてるぅ~。
シーン選択機能は見忘れていたルートを探すのにも役立ちました!
おまけの裏話もとても楽しかったです♪

かぎっこ

管理人:給田(たまえだ)さま new
使用ツール:NScripter・ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約3分
攻略人数:2人 / ED数:8種類


【あらすじ&登場人物】
家族ぐるみで仲良くしている隣家の少年と、放課後のひとときを過ごしましょう。

アヤト :小学5年生の男の子。活発で素直。いろんな意味で少年っぽい。
テツ :小学6年生の男の子。冷静でやや大人びた思考の持ち主。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★★★ :コミカル度
☆☆☆ :シリアス度

DL版とブラウザ版がありますが、最新はブラウザ版のようなのでそちらでのプレイがお勧め。
ノベルゲームコレクション(ノベコレ)様にあるのはティラノ製のブラウザ版とDL版で、
ふりーむ!様にあるNScripter製のDL版とは少々仕様が異なるようです(3/21現在)。
スチルの絵柄等にちょっとした違いがあるので、比べてみるのも面白いかもしれません。
ちなみに、上記サンプル画像はティラノ製のもの。

主人公は高校生のハル(名前変更可)お姉さん。
冒頭にいくつか質問があり、その答えによって趣味や性格が変化します。
どの組み合わせでも何らかのEDには到達しますが、特定のEDのみおまけストーリーが発生。
スチルもそちらで表示されます。
本編はちょっと背伸びしたいお年頃の少年との微笑ましい日常の1コマ、という感じですが、
おまけでは麗しく成長した数年後の彼らが描かれていました~。
(↑は公式にて公開済の情報です。「ネタバレ!?」と思われないよう念のため書き加えておきますね)
私はショタには最終的に成長してほしい派なのでこれは嬉しかった!
フルコンプしても30分かかるどうかくらいの短編なので、気軽にプレイできるのも良いですね。
ピクトグラムのようなメニューボタンやアイコンがおしゃれで可愛いv

同じく短編ですが、ファンタジー色の強い別作品『みどりのうろこ』も面白かったです♪
ちょっと策士っぽい司祭見習い様と天涯孤独な女中のお話。
短編なのにとてもしっかり世界設定が為されているなぁと思ったら、
次回作とも世界が繋がっているようですね。そちらも楽しみです!

恋するロシアンルーレット!

管理人:森崎ささ さま
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約20分
攻略人数:1人 / ED数:4種類


【あらすじ&登場人物】
『バレンタインデー』一色なこの季節、千代子は憧れの佐藤先輩にチョコレートを渡すことに。
果たして彼女は無事に先輩にチョコと想いを届けることができるのか―――?
(ふりーむ!様紹介ページより引用)

佐藤 秋 :以前、危ないところを助けてくれた1学年上の先輩。泣きぼくろが特徴。


【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★★ :コミカル度
☆☆☆☆☆ :シリアス度

2017年バレンタイン作品です。
作者様のサイトは近々閉鎖予定のためリンクはふりーむ!様の方へ…とのことでしたので、
上記リンクはそのようにさせて頂いております。

(追記:現在稼働中の別URLへリンクを変更させて頂きました)

恋する女の子の“可愛い”がむぎゅっと詰め込まれた作品です。
コンパクトなお話ながら、先輩との出会いや好きになった理由などがきちんと描かれており、
無理なく主人公に感情移入することが出来ました。
出会いから告白の日まで学年の違う先輩とはほぼ接点が持てなかった、という設定も
妙に現実味があって良いですね。だって普通はそんなものですもん!
それ故というべきか、一番のハッピーエンドでも糖度的にはそこまで高くなりません。
が、今後十分期待の持てそうな2人の姿にきっとほっこりした気分になれることでしょう。
可愛い作品イメージの割に実はバッド(?)エンドの方が多かったりもするのですが、
主人公がかわいそうなのに何だかクスッと笑えて…やっぱり可愛いかったです(^^)

ゲームには難易度選択機能があり、「たいへん」モードを選ぶと選択肢の位置がランダムに変化します。
「ん? 別に位置が変わったって内容を覚えていれば楽勝よ?」などと思ったのですが、
実際の選択肢を見て「あっ、そういうこと…」と納得。
タイトルにもかかっていますし、ゲーム性を追求するなら断然「たいへん」モード推奨ですよ!
…と言いつつ、自分はちゃっかり「らくちん」モードでクリアしたんですけどね笑


※個別にリンク用バナーを作って頂きました。どうもありがとうございます!

追憶の彼方~過去と未来の約束~

管理人:藍原彼方さま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約2.5~3時間
攻略人数:3人+α / ED数:6種類

※前作のリメイク版完成に伴い、こちらも再公開されました!

【あらすじ&登場人物】
憧れの先輩とお付き合いをしてみたり、友人たちとのおしゃべりに花を咲かせたり
主人公・綾瀬菜摘(名前変更可)はそんなごく普通の高校生活を送っていた。
ほんの少し前、天使(?)から一時的に「人の心を読む力」を与えられたことを除いては。

その不思議な経験によって微妙に変わった周囲の人間関係。
そんな中、ある朝彼女のクラスに転校生がやって来るという噂が広まって…?

御影 聖 :成績優秀・スポーツ万能な1つ年上の先輩。主人公の憧れの人。
九条天音 :幼馴染。今でこそ口の悪いひねくれ者だが、昔は気が弱く泣き虫だった。
佐上悠吾 :別クラスの同級生。異性より同性とつるむ方を好むタイプ。
辻宮 将 :主人公のクラスにやって来た無愛想な転校生。どこかで見覚えが…?
シャム :以前主人公に「人の心を読む力」をくれた天使(?)。自由気ままな性格。



【感想】
★★★★ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

こちらは『追憶の彼方』の続編となります。
前作を知らないとやや「?」となってしまう部分もあるため、
未プレイの方はまず前作からプレイされることをお勧め致します。

上↑でご紹介しているメイン男性キャラのうち、新登場は将のみ。
聖先輩と天音は前作EDにて恋人に、悠吾はこれから恋愛に発展?というところまで進んでいます。
今回、私が楽しみにしていたのはやはり天音と悠吾でして~v(先輩ゴメン;;)
特に天音はゲーム公開前、制作サイト様にとっても不幸そうなTOP絵が飾られたりしていたので
心配だったんですよね。
彼はずっとヒロインを想いながらも、両想いになることはどこかで諦めていたようなキャラ。
今回もネガティブ思考のループにハマってどんどんドツボな方向へ進んでしまいます。
「待って待って!貴方はもっと自信を持っていいのよぅ~(;´д`)ノ」と言ってあげたかった!!
天音ルートは全編通してかなりもどかしい思いをさせられますが、その分EDが幸せ全開で嬉しいっv
プレイ前はまだ恋愛未成立の悠吾ルートの方が面白そうかな~なんて思っていたのに、
あのタガが外れたようないちゃラブっぷりはもう完全に予想を上回ってくれましたよ!////
悠吾は実際にもいそうな等身大の男の子の葛藤を見せてくれて(でも天音好きにはちょっと切ない…)、
先輩は恋人としてはピカ一の安定度でした。
お相手によってヒロインが受身だったり押せ押せだったり、立ち位置が違うのも楽しかったですね。
隠しルートも素敵な余韻の残る良シナリオだったのですが、そこはプレイしてからのお楽しみ
ということで^^
EXTRAではギャラリーやおまけ小話のみならず、イベント回想も出来るのがイイです♪
いつでも美しい絵や甘いシーンが見放題!!ヽ(´▽`)ノ

1つだけ気になったのは、ヒロインの顔グラでやたら“泣き(涙目)の表情”が多かったこと。
涙って面積的には大したことないはずなんですが、一度気になるとやたら目に付いちゃいまして…。
「すぐ泣く子」のように見えて本当に涙するシーンの印象が薄れてしまうので、
涙目の顔グラはここぞという時にのみ使った方が良かったんじゃないかなぁ~と思ったのでした。



■将視点で描かれたスピンオフ作品『追憶の彼方~勿忘草の約束』(12推)や
 悠吾ED後日談『call my name』(ブラウザゲー)も公開されていました(現在は公開終了)。



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR