ブラッド教授の笑わない助手

管理人:砂原みたけさま new
内容:お菓子をねだる駄々っ子教授と渋々ながらも奔走する助手の探索ADV
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約10分 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・イザベラ(名前変更可)は黒魔術を研究するブラッドリー教授の助手。
甘いものが食べたいという教授のため、屋敷にある材料でお菓子を作ることになったのだが…。

ブラッドリー :黒魔術研究のため主人公と共に人里離れた屋敷で暮らす、自称・天才教授。


【感想】
★★★☆☆ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
☆☆☆ :シリアス度

こちらの作品、「お菓子」「黒魔術」などのワードからハロウィンゲームかと思っていまして、
秋頃には既にクリア済だったりします。
が、実際プレイすると主人公の作るお菓子が全てショコラ系ということもあり、
「これ、むしろバレンタイン向きでは?」と感じるようになりまして。
この時期までレビューを温存していた作品なのでした。
(特に何かの季節イベントものと明記されている訳ではないんですけどね)

表情筋が全く機能していないヒロインと、その上司でやや自信過剰な若き天才教授のお話です。
教授の唐突な要求により、渋々ながらお菓子を用意することになった主人公。
手始めに本棚でレシピを調べてみると、レシピページには何やら不自然な折り目が…という流れ。
無表情なヒロインはもともと心の機微に疎い子なんだろうな、
教授はプライドが邪魔して素直になれないタイプで、そんな2人のすれ違い日常の1コマを描いた
物語かな―というのが当初の印象でした。
実際、どのEDも最後は微笑ましい結末で、恋愛成就とまではいかずとも
「ブラッド…頑張れ……!」と彼側を応援したくなります。スチルの照れ顔可愛いv
しかしながら、過去の2人には何となく含むものがありそうで。
そこにモヤモヤしていたら、おまけで読める“あるモノ”によって知られざる真実の断片が…!
ああ、だから黒魔術なのか。ああ、だからヒロインは無表情なのか。
ああ、だから2人きりの引きこもり生活だったのか―…と見事に伏線が回収されていきます。
本編はクスッと笑えるくらいライトでほのぼのした話なのに、隠された設定が意外と重い…!!
でも、それによりますますブラッドの健気さや一途さが伝わって、きゅんとさせられてしまいました。
そもそもの発端に関する謎は残りますが、2人の生活が今後も平和で穏やかであれと願うばかりです。

レシピを確認した後は屋敷内を探索し、お菓子の材料を集めます。
探索個所は少ないし、アイテムの場所も判り易くなっているのでさほど迷うことはありませんが、
ところどころ魔物(?)に邪魔されて取れないアイテムにはひと手間必要ですね。
「〇〇液体」だの「××粉」だの明確に何と判らない怪しい代物も見つかりますが、
一応全て食品なので安心して投入しましょう。アイテムの正体はEDを見ると判明しますよ。

愛しのフランケンシュタイン

管理人:六夏さま
内容:心のかけらを探して夜の街を彷徨う探索ADV
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約4~5時間 / ED数:5種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
さあ、行こう。暗闇が優しいうちに。

人造人間として生まれた主人公の少年・アダム。
失くしてしまった心のかけらを集めるため、
秘密の友達のゴーストと共に夜の街を探検しましょう。
(一部制作サイト様より引用)

アダム :主人公。錬金術と科学によって作り出された人造人間の少年。好奇心旺盛。
ミゲル :アダムを作った不愛想な青年男爵。父親は自動人形製造会社の創設者だった。
博士 :ミゲルの協力者。何故か骨格標本の姿をしている。常識的で穏やかな人物。
ゴースト :アダムの部屋に現れた謎の幽霊。アダム以外の人間には見えないようだ。



【感想】
★★★★★ :アーティスティック度
★★★★★ :ロマンティック度
★★★☆☆ :メランコリック度

ハロウィンものという訳ではないのですが、ハロウィン時期にプレイしたいと感じる作品です。
程よい難易度の謎解きでゲームの進行も判り易く、割と気軽にプレイし始めたのですが、
やり込み要素が思った以上に盛りだくさんで!
ハロウィンまでにコンプ出来なかったのが悔しい…くうっ(T▽T)

作者様の作品はどれも画面からして1枚の絵画のような芸術性があるのですが、
こちらの作品もやはりと言いますか。もう…圧巻!(語彙力)
BGMに使われている柔らかなクラシックも、童話か詩のような洒落たセリフ回しの数々も、
全てがスタイリッシュに調和していて感動するばかりなのです。
基本はオーソドックスなポイント&クリックADV。
街の住人らと会話しながら「!」マークが表示されている箇所を調べて読み進めていきましょう。
1周だけでは選べない選択肢やアイテムなども出てきますが、周回して「理性」と「共感」の値を
上げることで最終的にコンプリート出来る仕組みになっています。
物語は章仕立てになっており、チャプター選択画面からいつでも好きな章をやり直すことが可能。
探索に夢中になって本来の行動目的を忘れてもミッション画面で簡単に確認できるし、
痒いところに手が届く親切設計が嬉しいですね。
ED数は公式では5種類となっているものの、同じEDの中にも複数の選択肢が存在し、
全ての物語を見るにはそれなりの時間を要します。
が、とにかくこの素敵な世界観にどっぷり没入しすぎまして。感覚としてはあっという間でした…!

人々はツギハギだらけの“怪物”である主人公にも優しく接してくれる人ばかりですが、
どこか不穏で歪な空気も纏っていて。
アダムが心のかけらを集めるたびに彼を取り巻く周囲の謎も同時に解き明かされていき、
ワクワクする気持ちとやるせない気持ちがどんどんない交ぜになっていきました。
最後にアダムが選んだ結末は果たして幸福だったのかどうか。
物語の先が見たいけど見たくない。終わってしまうのが寂しい。
ああ、これも作者様の作品における共通項の1つですよね。幸せなジレンマです。

夢もすがら花嵐

管理人:六夏さま
内容:夢の世界を巡る和風探索ADV
使用ツール:ティラノビルダー・ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約1~1.5時間
ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
「僕」はたゆたっていた。光と水泡の中をただゆらゆらと揺れていた。
ここはどこなのだろう? 自分は何をしていたのだろう?

そんな「僕」にどこからかゆったりとした少女の声が聞こえた。
「そこな書生さん。どちらまで?」

僕 :主人公。気が付くと何故か夢の世界にいて、記憶がおぼろげ。どうやら書生であるらしい。
獏(ばく) :夢の世界で出会う和服の少女。短い旅路のお供をしてくれる。



【感想】
★★★★★ :ハイカラ度
★★★★★ :ワクワク度
★★☆☆ :謎解き難易度

同作者様の『HUNGRY TEA PARTY』レビューの際にも少し触れておりましたが、
この作品はやはり春にご紹介したい!と思って待機させておいた1作です。
桜と菜の花がよく似合います。DL版とブラウザ版あり。

タイトル画面のグラフィックを見ただけでもうヤバいくらいに惹きつけられたのですが、
プレイすると更にどっぷりと引き込まれてしまいました。
イラスト・シナリオ・音楽・UI全てが見事に調和して、1つの和モダンな世界を構築しています。
彩度低めの渋い和紙を思わせる色彩が特に好み…!
木に絡め取られた人間とか、室内なのに雨が降っていて足元まで浸水している書斎とか、
ぎょっとするような要素がそこかしこにあるにも拘らず、その空間にずっととどまっていたい
そんな風に思える空気が何とも心地好くて。
現実へと戻るために読み進めているはずなのに、この世界から出たくなくなる優しい矛盾を感じます。
しかも、毎回部屋の片隅でちんまり佇む獏ちゃんが本当に可愛くてねぇv
彼女に蒐集品を見せるとこれまた可愛いコメントをくれるので、
何か入手してはいそいそ話しかけに行く自分がいました。プレイが終わらんわー!笑

探索&謎解きは難しすぎず易しすぎず、個人的にはちょうど良い難易度でした。
名だたる古典文学へのオマージュも見られて、そちらへの好奇心もくすぐられます。
(私はこのゲームの影響でロートレックの詩集などを読んでみたり)
EDは2種類ですが、ノーマルEDは途中の選択肢によってエピローグが変化します。
ここでしか見られない立ち絵があるとか、贅沢ですね。


↑こちらはゲーム特設サイトに直接リンクしています

HauntedHouse

管理人:WHさま
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
内容:居なくなったおばあちゃんを捜して異世界探索RPG
使用ツール:RPGツクールVX / 1周プレイ時間:約1.5~2時間 / ED数:13種類
(ゲームオーバー除く)


【あらすじ&登場人物】
早くに亡くなった両親の代わりに主人公を育ててくれた優しい祖母。
その祖母が、主人公の16歳の誕生日のすぐ後に突然姿を消してしまう。
手がかりは彼女がずっと大切に管理していた古い屋敷。
主人公はそこで鍵のかかった秘密の通路を見つけるが、その先に繋がっていたのは
何とお化けが町を闊歩する異世界だった!

主人公(名前変更可) :性別選択可能。おばあちゃんっ子の16歳。
ダグマ :狼男。満月になると変身する。気さくで面倒見が良く、仲間のオカン役。
ヴァン :吸血鬼。貴族出身のせいか、気位が高くやや気難しい。薔薇の紅茶が好み。
ハル :ハーピー。中性的な容姿と「魅了」の魔力がかかった声を持っている。
ヨセフ :ミイラ男。王族の血に誇りを持っており、少々上から目線な態度。
バズ :バジリスク。読書家で物静かな青年。とある理由から常に目隠しをしている。
ユエ :月兎。小柄な少年。好奇心旺盛で、屋敷でもさまざまな薬の研究をしている。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度(恋愛モードONの場合)
★★★ :コミカル度
★★☆☆☆ :シリアス度

2019年ハロウィンゲーです。
最初に主人公の性別と恋愛要素の有無が選べます。攻略対象は全員男性。
(サイトには「見た目を選ぶ」との記述のみですが、作者様ブログに「性別選択」と有)
WH様の作品で乙女ゲーが楽しめるとは!(・∀・)
ただし、男主人公を選んでも恋愛モードはONに出来ました。
どちらの主人公でも「プロポーズ」なんて単語が飛び出すキャラもいますが、
基本的にはほのぼのな関係でプレイヤー次第でどうとでも脳内補完できる感じです。(一部文字反転)

まずは女主人公&恋愛モードONで全員攻略してみました。
物語の大筋は変わらず、最終的にお相手の感情値(好感度)がMAXかどうかでEDが分岐します。
当初、キャラ個別イベントは各3つ(3つ目にスチル有)だったようですが、
現在はアップデートで1つ追加されています。うっかり見逃しにご注意くださいね。
4つ目のイベントではムードの良い場所で2人きりになれて、ちょっとだけ糖度もUPですよv
ちなみに恋愛モードOFF時にも個別イベントは見られましたが、私のプレイミスでなければ
最初の2つまでしか発生しませんでした。この辺が差なのかな?
次に男主人公&恋愛モードOFFでクリア。こちらはラスボス戦とその後の展開がまるで違いました!
てっきり同行回数の多かったキャラが来てくれると思ったら、まさかの○○との共闘とはっ…!!
個人的には一番の爆笑EDだったので、一度はぜひ見て頂きたいですね~。
そして最後は男主人公&恋愛モードONで攻略。
とりあえずセリフが女主人公時と全て同じだった(と思う)ので、こちらは1人のみで終了です。
上記ED数は「恋愛なしED」+「恋愛ありED」× 6人 × 感情値分岐による2種類 の合計で、
主人公の性別差分は含めていません。

となると、片方の主人公のみでプレイしてもいいのでは?と思われるでしょうが…
少々お待ちくださいっ。
本作には主人公のお着替えシステム(ver.1.07以降)がありまして。
お店で衣装を買って着替えると、それに合わせて歩行グラや戦闘立ち絵が変化するのです。
男女兼用のものも一部ありますが、男性用・女性用の個別衣装がそれぞれ良いのですよ~♪
元々の赤ずきん衣装もお似合いですが、着替えるとよりハロウィンらしくてカッコいい&可愛い!
思わず全パターン試してセーブ画面に並べてしまいましたわ笑
他、特筆すべきは戦闘システムですかね。少々独特なので、最初に公式サイトの動画か
ゲームメニュー内の「Bookmark」からチュートリアルを見ておきましょう。
恋愛モードONの場合(のみ?)、戦闘時たまに同行キャラがかばってくれたり
主人公が攻撃を受けると怒って反撃してくれたりします。
これは恋愛っぽい…! ここのセリフはボイス付きなので更に萌えましたー!!
あと、前述の通り恋愛ON・OFFによってラスボス戦(の戦い方)に大きな違いがあります。
恋愛OFF時は必ず体を強化し、回復薬を多めに持って臨んでください。



■ミニゲーム『HauntedHouseHalloween』も公開されました。本編クリア後プレイ推奨とのことです。

カルダモンズ・ホラーハウス

管理人:砂原みたけさま
内容:奇妙な館で行方不明になった神父様を捜す短編ADV
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約40分~1時間 / ED数:2種類


【あらすじ&登場人物】
ごく普通の平和で小さな村。
その村のはずれに、ある夜突然 謎の洋館「ホラーハウス」が現れた。
村の神父が館の調査に出向いたものの、彼はそのまま消息不明に…。
神父の身を案じた村の少女アンゼリカは尻込みする村人達に痺れを切らし、
単身ホラーハウスへと向かうのだった。

アンゼリカ(名前変更可) :主人公。村で機織りをして暮らす少女。怖がりでおどおどしがち。
神父 :村の教会で働く若い聖職者。真面目で穏やかな性格で、主人公からの信頼も篤い。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

こちらも特にハロウィンものではなく、そもそも今年春には既に公開されていたのですが、
でもやはり今の時期にプレイするとぴったりじゃない?とずっと思っていた1作です。
乙女ゲーではありませんが、ほんのり男女の恋愛要素があります。
神父様の教派、妻帯OKだったらいいなぁ~。

1時間前後でさくっとクリア出来る探索ADVです。
途中いくつかある神父様との会話によって彼の好感度が上下、EDが分岐する仕組みで
コンプするには多少周回する必要がありますが、それでも全体で2時間かかるかな?という
ボリューム。謎解きも容易でストレスなくプレイ出来ました!
物語序盤に「怖いものが好きか」という質問があり、返答次第で画面の明るさや脅かし要素の有無、
コレクション要素などが変わります。
私は全力で「はい」と答えた人間ですが(笑)、それでもそこまでの怖さは感じなかったですね。
むしろ登場するアレやコレやが可愛らしくてーv コミカルさすら感じられるほど。
壁のネコ】の【餌もらった】後の満足げな顔とか可愛くてたまらんぜよ…!(一部文字反転)
ED2つはどちらも納得の結末です。自分の人生に人知れず葛藤を抱えていた神父様の心に
どこまで寄り添えるかが鍵となるでしょう。ひねった選択肢はないので素直な心のままに!
どちらのEDでも最後に素敵な1枚絵が拝めます。

細かい点ではキャラドット絵にもご注目。
作中、主役2人が密着するシーンが何度かあるのですが、
その都度ちゃんと“そのシーン専用”のドット絵が使用されているんですよー。
しかも、ちゃんと目や手が動いてる! 感慨深げに瞼を閉じたり、腕が背に回ったり…。
個別の立ち絵を利用して、というのはよく見かけますが、こうやって絡みのドット絵を
しっかり作ってくださるのって意外と少ないと思うので、丁寧な作り込みが嬉しいですね。

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07 09
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR