素直な赤ずきんと嘘つきなオオカミ

管理人:花雪さま
内容:童話『赤ずきん』がモチーフのほのぼの、ときどき不穏ADV
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約10~20分 / ED数:4種類


【あらすじ&登場人物】
森の奥のおばあさんの家へおつかいに出かけた赤ずきんちゃん。
そこへ嘘つきなオオカミ少年が現れて…?

赤ずきんちゃん :素直で純粋無垢な少女。いつも赤い頭巾をかぶっている。
オオカミ少年 :森でひとりで暮らす獣人の少年。人間を噓で騙して困らせるのが趣味。



【感想】
★★★★★ :キュート度
★★★★☆ :ハートウォーミング度
★☆☆☆☆ :ブラック度

童話『赤ずきん』をモチーフにした可愛らしいほのぼのADV…かと思いきや。
ほのぼのしていないEDが存外多く、その意外性にびっくりさせられた作品です。

まず、とにかく絵が可愛い! 世界観が可愛い!!
冒頭、妙にプレイヤーに語りかけてくる口調のナレーションにクスリとさせられ、
一人称が「わたくし」というやたら上品な赤ずきんちゃんに心和み。
捻くれてるけど子どもらしいヤンチャさと単純さを見せるオオカミ少年にも
微笑ましい気持ちにさせられます。おばあちゃんのキャラクターも最高!
難しい選択肢はないので、素直に選んでいけばトゥルーEDには容易にたどり着けるでしょう。
トゥルールートの最後の選択肢(←正確には選択肢ではないけど)はなかなかに胸熱。
可愛くて幸せな1枚絵も見られて、作品の温かい雰囲気に見合うほっこり大団円エンドでしたv

が、それだけではないのがこの作品の魅力でして!
前述の通り、意外性のある不穏EDの方が多いのが驚きなのですよ~。
ただ、ルート分岐した後のシナリオはそれほど長くなくほぼナレーションのみで語られるため、
不穏と言っても作品全体のイメージを損ねることはありません。
この絵柄でほんのりダークスチルも見てみたかった…というのが偽らざる本音ですが、
綺麗にまとまっているという点では今の形がベストかな、とも思いました。
背景やBGMも可愛らしく、気軽に楽しめる1作です(^-^)


魔女のおつかい

管理人:箱舟みかんさま
内容:小さな魔女の何でもない1日
使用ツール:WOLF RPGエディター / プレイ時間:約15~30分 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
ある日、小さな魔女アクアは、友人の魔女の家に遊びに来ておりました。
仲良くお茶をしている最中、友人からおつかいを頼まれます。
暇な彼女は散歩がてらそれを引き受けるのでした。(Read Me・ゲーム概要より引用)

アクア :主人公の魔女。見た目は人間年齢10歳くらいの幼い少女だが、実は…?


【感想】
★★★★★ :メルヘン度
★★★★★ :癒され度
★★★☆☆ :心地好い中毒度

ゲーム説明には
「歩くだけの簡単なゲームです。本当に歩くだけでゲーム性皆無です」
とありまして。
「歩くだけのゲームって一体…?」と思いながらも、イラストの可愛さに惹かれてプレイ。
そして…
 
心 癒 さ れ ま し た ‥‥‥ !!! ゚・。*(´ω`人*)。・゚+
 
歩くだけなんです。偽りなく、本当に歩くだけなんです。
戦闘もなし、分岐もなし、ひたすらてくてく左方向へ移動し続け、
誰かと出会ったらちょっとした会話を楽しみ、そこで新たなおつかいを頼まれてまたてくてく。
ただそれだけなのに、こんなにも楽しませてもらえるなんて…!
おつかい先で出会う魔女たちは皆司る力によって異なる「魔女空間」を持っており、
その空間の個性的かつ神秘的な風景が一番の見所です。
基本的に移動するだけの主人公ですが、実は矢印キー「↑」で風景の方を向くことが出来まして、
それぞれの風景についてゆる~いコメントを呟いてくれたりします。
このいかにも「おさんぽ中」という脱力感がとにかく…とにかく癒されるのですよ~v
主人公の呟きは複数パターンあるので、同じ空間でも何度かクリックして試してみると良。
私は1周目でこの仕掛けに気付かず、一直線にゴールを目指してしまって勿体ないことをしました…orz
(もちろん、その後何周もしましたとも!)
ちなみに、空間によって画面四隅のシルエットパターンも変わります。こちらも要チェック☆
季節もの作品ではありませんがハロウィンやクリスマスに関する魔女も登場するので、
今の時期に遊ぶのはぴったりではないでしょうか。
ホッとしたい時に何度もプレイしたくなる1作です。おまけページも充実していて楽しい!

実は、同作者様の作品は『自殺少女』という作品もプレイしています(攻略難しくて未クリア;;)。
こちらも非常に興味深いのですが…「本当に同じ作者様?」と疑ってしまうほどのテイストの違いが…!!
興味のある方は是非チャレンジしてみてください。ただし精神力がMAXの時推奨。

2016の七転八起

管理人:地獄カバさま
内容:2016年お正月短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・たまえの家が管理する春小井はるこい神社は、山奥にあるせいか
元日だというのに参拝者がさっぱり来ない。
そこでたまえは神通力を使ってある策を講じるが、それが大騒動を引き起こしてしまい…!?

たまえ :春小井神社の巫女。少々そそっかしいが、神通力はかなりのもの。
孫悟空 :某西遊記から。今年の干支(申)にちなんでたまえに呼び出された。口が悪い。



【感想】
★★★★★ :キュート度
★★★★ :ほんわか度
★☆☆☆☆ :しんみり度

温かみのある手描きMAPと可愛いキャラクターが味わい深い、沼から現れた様の新春ゲーム。
これはタイトル的にも今年の、しかも今!ご紹介しなくてはならんでしょう!!
難易度低め、MAPも小さめなので、小1時間ほどで手軽にプレイ出来るのも嬉しい^^

現在は自作モンスター素材も配布しておられるサイト様なので、敵グラフィックも見所の1つです。
とにかく可愛いし、自作素材ということでやはり画面にとてもフィットしているんですよねー。
が、とある理由から明らかにラスボスだけ造形が違います。可愛いと言うより、これは…。
そうか、たまえちゃん的にはそうなのか。でも、私としては2番目のボスさんの方が!Σo(゜∀゜o)
…とこっそり主張だけはしておきます(笑)
もちろん、味方の悟空もやんちゃ少年っぽくて魅力的。
無理矢理(?)呼び出されてもっと文句言うかと思ったら、意外と大らかで付き合いもいいし。
口が悪いところも好きよーv
MAPが小さい分、キャラクター同士の会話イベントが豊富に用意されています。
Aボタンを押すと会話が始まるので、何かイベントをクリアするごとに押してみるといいでしょう。
境内にいるお父さんと商人(猫)のミケさんに話しかけるのも忘れずに!

戦闘のレベリングはそれほど必要ありませんが、序盤は少し注意が必要です。
単体で出てくる敵はほとんど(全く?)おらず、「攻撃」だけで全滅させようとすると苦戦は必至。
(かまいたち、強いよ…orz)
各キャラの持つ「特技」をしっかり活用しましょう。
何となく「悟空=攻撃役」「たまえ=回復役」という印象がありますが、
実は一番強力な特技を持っているのはたまえの方だったりします。さすがの巫女様!
神社に戻れば(アイテムを使えばワープして戻れる)自動で体力が回復するので、
無理せずのんびりこのゆるふわな世界を楽しんでみては?

散る桜 残る桜も 散る桜

管理人:地獄カバさま
内容:未だ寒い春を呼び覚ますために野山を駆け回る短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1.5~2時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
動物や妖怪が跋扈ばっこする自然豊かな山・尾山。
ここに神使しんしとしての役割を担う1人の子狐がおりました。
彼女の名は「いろは」。
今年も冬の眠りから目覚めた いろは でしたが、辺りの空気は思いのほか暖かくありません。
彼女は春を開花させるため、あちこちで奮闘するのでした。

いろは :主人公。神の使いの使いである狐の少女。元気なのが取り柄。
山彦 :いつも崖で釣りをしている情報通の妖怪。たまに助言をくれる。
シキ :主人公の上司で稲荷の神の使い。強大な力を持っている。



【感想】
★★★★★ :和風度
★★★★ :ほっこり度
★★☆☆ :しんみり度

筆で描かれたような純和風の画面にまず目を惹かれます。
『tiny green』『ホシゾラエンボリウム』などに代表されるように、
作者様の作品は可愛く描き込まれた手描きMAPが実にオリジナリティあって素敵!
主人公・いろはが山を駆け巡って春を呼び覚ますたび、このMAPがどんどん色づいていき、
鮮やかに春めく様が圧巻なのです。
加えて、キャラクターの豊かな表情と細やかな動きも大きな魅力。
大きな立ち絵が表示される訳でもないのに、小さなデフォルメ絵だけでキャラの性格や感情が
伝わるというのもスゴイことですよね~。
いろはなどは本当にくるくると表情が変わりまして! 幼さと小動物っぽい愛らしさが全開でしたv

本作では戦闘はありません。
山の住人達と会話しつつ、花を咲かせたり眠っている動物を起こしたりして周るおつかいRPGです。
MAP自体はそう広くないので、詰まっても総当たりでいろいろ話しかければ難なくクリア出来るはず。
(相手の会話が変わらなくなるまで話しかけましょう!)
ただ、今までの作品同様ほのぼのコメディなのかと思いきや…意外とテーマは重かった。
冒頭からタヌキや山彦にちょっと意味深なことを言われ、いきなり「んん?」と思わされたりして。
何かあるぞー、何かあるぞーと警戒しながらプレイを進めていきましたら、
後半でいろはに関する衝撃の事実が明かされました。シキ様、そんな…。
これは山に春を呼ぶ物語であると同時に、いろはという新芽を芽吹かせる成長物語でもあったのですね。
とは言え、ラストは安定のほっこり大団円です。ご心配なく!(^▽^)
クリア後はタイトル画面の変化にも是非ご注目ください。

プレイが進むとメニュー画面(Sキー)から見られる「状況(持ち物リスト)」や「人物記録」が
充実していきます。こちらも必見!
特に「文字」ではなく「絵」で表示される持ち物リストは、MAP同様だんだん賑やかになっていくのが
見ていて楽しくてしょうがない!!
事あるごとについ覗きたくなってしまいますよ~。

ホシゾラエンボリウム

管理人:地獄カバさま
内容:月を探して美しい夜空を巡る短編RPG
使用ツール:RPGツクールVX Ace / プレイ時間:約1~2時間 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
大切なお月様が突然姿を消してしまった。さぁ大変!
夜空の管理人・ポーラスター(通称ポラコ)は
その行方を追って調査を始めるのだが…。

ポラコ :主人公。北のポーラスターを務める二等星。真面目でおっとりマイペース。
ウルペクラ :こぎつね座。有名になりたくてポラコの助手を買って出る。ガチョウのアンサーが相棒。
ミノール :こぐま座。ポラコが所属する天体観測所の所長。ちょっと口うるさいがしっかり者。
リンクス :やまねこ座。趣味の星間旅行を活かし、様々な品を集めては行商している。



【感想】
★★★★★ :ファンタスティック度
★★★★★ :キャラ立ち度
★★★ :戦闘難易度

七夕はもう過ぎてしまいましたが、この季節にピッタリなファンタジーRPGをご紹介♪
プレイ後は思わず夏の夜空を見上げたくなりますよ。

主人公・ポラコは夜空の管理人。
見た目は可愛らしい女の子ですが、それなりに任期も長く星々から頼りにされている有名人です。
そんな彼女と共に周る夜空の世界は、幻想的という言葉がピッタリな美しい手描きMAP。
とても雰囲気があって、見ているだけで心癒されるのですよ~。
登場するキャラ達もそれぞれが本当に個性豊かで!
表情や動きがいちいち可愛いったらありません。
私はやまねこ座・リンクスさんの「ニャー!」ポーズがお気に入りで、
天体観測所に戻るたびに無駄に彼(?)に話しかけては長話に付き合っておりました(笑)
のんびり周るのもオツですが、ダッシュ(Shift+矢印キー)時には普通に走るのではなく
ホウキ飛行で移動するポラコが見られます。
世界観に合った細やかなこだわりですねv

戦闘はランダムエンカウント。
オーソドックスながら、敵・味方共に豊富なグラフィックが用意されていて飽きが来ません。
敵を倒して入手したスキルカードを装備することでさまざまな魔法を使えるようになるのですが、
装備枠が(武器を除き)3つしかないのが悩ましいところ。
中盤以降は力押しだけではとても敵わない強敵も現れるので、敵の属性を見極めて
MAPごとに調整する必要があります。
難易度は中の上くらいで、私見では宝箱を全て回収するくらいの意識でMAPを周れば、
特にレベリングせずともラスボスを倒せるくらいにはなると思います。
(そういう意味では同作者様の過去作品よりも簡単かも…?)
シナリオのボリュームも適度なので、気軽に着手出来るのが嬉しいですね。
調査が進むにつれて書き込みが増えていく主人公のレポートも楽しいですよー。
この作品、続編…出してくださらないかしら?

最後に、自分の経験から感じた注意点を2つほど挙げておきますね。
まず、宝箱の形状がMAPごとに異なるのでうっかり見逃さないようにしましょう。
特に最後のMAPは判りにくいです。
また、セーブする際はメニューからではなくアイテム「メモワール」から行います。
実は私、日をまたいでプレイした時にこのセーブ方法を忘れてしまいまして…;;
ちょっと困ってしまった思い出があるので、頭に入れておいた方がいいと思います。
(私だけか?)

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR