となりのヒト

管理人:明野貴志さま new

 
使用ツール:ティラノビルダー / 1周プレイ時間:約30~40分
攻略人数:?人 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
大学生活最後の春休み。
仁科が住むボロアパートの隣の部屋に、同学年のゼミ仲間・根岸が突然引っ越してきた。
卒業まで残り1年での引越しを不思議に思いながらも、特に気にも留めなかった仁科。
だがその後、周囲に次々奇妙なことが起こり始め、仁科は精神的に追い詰められていく。

仁科亮司 :主人公。表情がくるくる変わる明るい性格。物事はあまり深く考えない。
根岸悠仁 :仁科の隣に越してきたゼミ仲間。いつも無口で周囲から孤立している。
三ツ橋 猛 :仁科の高校時代からの友人。筋肉マッチョ。仁科に対してはやや過保護。
青木敬太 :大学で知り合った仁科らの友人。飄々として掴みどころがない。



【感想】
☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

乙女ゲーではなくBL作品です。ご注意を!
前作の『夢見鳥』がとても素晴らしかったので、何の躊躇いもなくDLしてしまいましたよ(笑)
今回も大変良質なヤンデレゲーでした…!
性的描写は一切なく終始プラトニックなので、BLが苦手な方でも大丈夫かと思います。
(逆に濃密なBLがお好きな方には「甘い」より「切ない」系ですよ…と)
ちなみにDL不要のブラウザゲーです。

物語は選択肢のない一本道ノベル。
攻略する・されるといった類ではないため上記↑に「攻略人数」と書くのもそぐわないのですが、
表記形式を統一している関係上そちらはお見逃しください(^_^)
一本道ではあるもののラストに面白い仕掛けがありまして、簡単には終わってくれません。
この作者様がそんなあっさりした作品をお作りになる訳がないと思っていましたら…あああ!!
ここで! ここで終わるか!!(泣)
正直、全て読み終える頃にはおあずけ喰らった犬の気分にさせられるのですが、
それがまたプレイヤー心を解ってらっしゃるというか、さじ加減が何ともニクいっ。
続編とまでは言わずとも、前作のように公式サイトのおまけページなどで
何かしらその後の彼らが見られたらな…と期待せずにはいられません。
他にも語りたいことは山ほどあるのですが、やはりここではやめておきましょう。
プレイ先のふりーむ!様のコメント欄にはネタバレ感想も書かれていますが、
この作品はネタバレしない方が絶対に面白いのでプレイの際はお気をつけくださいませね。
(私はネタバレ気にしない派なのですが、これは先に読んで後悔してしまいましたorz)

『夢見鳥』とは世界が繋がっているようで、友人の1人・青木は前作でも登場したキャラですね。
脇役なのに相変わらず凄い存在感だ…! 名前だけ出てくる前作キャラもいますよ。

レムレスブルーの午前2時

管理人:ココロテンさま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約5~12時間
攻略人数:3人? / ED数:15種類

※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
中高一貫男子校に通う中学3年生のアオイは
真夜中の散歩中、旧制服を着た不思議な少年・ヒナタと出会う。
お互いをよく知らぬまま親しくなっていく2人だったが、ある人物を探しているというヒナタに
アオイはとっさの嘘をついてしまう。

その人物、"本物の天才"と称されながら7月半ばに姿を消した少年「アカネ」の真実とは―。

アオイ :明るく天真爛漫な中学3年生。人懐っこいようでいて時に辛辣。大のおじいちゃんっ子。
ヒナタ :真夜中の午前2時に現れた不思議な少年。何故か旧制服を着用している。性格は意外と気さく。
イツキ :季節外れの転校生。「アイドル探偵」として活躍する芸能人の顔も持つ。霊感が強い。
サクラ :アオイと同じ寮に住む2つ上の先輩。真面目で面倒見がよく、アオイの事を気にかける。
アカネ :"本物の天才"と称され、何事も完璧にこなすが故に周囲から畏怖されていた存在。



【感想】
★★★★☆ :少年愛度
★★☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

商業化もされている有名作品ですが、遅ればせながらようやくコンプ出来ましたー!!
オススメ頂いたゲームでもあります。T様、どうもありがとうございました!

一応「ボーイズラブ」のカテゴリに分類させて頂きましたが、「BLと言うより少年愛」との事で
確かにBL要素はさほど強くありません。
それでも、イツキ・サクラルート辺りは普通にBLだよなぁと私などには感じられたのですが、
真EDに到達する頃にはそういうのを超越して訴えかけてくるものがあるというか…。
ヒナタ(&アオイ)ルートはもう読む手が止まらなくて一気にクリアしてしまいました!
あくまで友情以上恋愛未満の関係で、確かに「少年愛」と表現する方がしっくりきますね。
BLが苦手な方でも大丈夫だと思います。

とにかくミスリードが超絶巧みな作品!
読めば読むほど謎が深まり、しっかり読み込まないと頭が混乱すること必至です。
やっと1つ謎が解けたと思ったらまた次の謎が生まれ、しかも選択肢を正しく選ばないと
先のチャプターにも進めない仕様で、全ての真実を知るには手間も時間もかかりました。
中心人物となるアオイのぶりっ子ポーズ&可愛い口調にも惑わされ、冒頭ではコミカルな印象を受けます。
が、全体的には非常に重くてシリアス。残酷描写も出てきますのでご注意ください。
最後の最後、ヒナタ&アオイの真EDへ向かう一連の展開では衝撃的事実が怒濤のように押し寄せてきて、
息をするのも忘れるほどです。
あの、プレイヤーの心を最後まで惹き込み続ける文章力と構成力は圧巻と言うほかない…!!
もちろんグラフィックの画力は言うに及ばず。
音楽もゲームのイメージととても合っていててっきりオリジナルかと思ったのですが、
実はフリーの音源なんですってね。
メインテーマの曲なんて、今後どこで聴いてもこの作品を思い出しそうです。そのくらいピッタリでした!


夢見鳥

管理人:明野貴志さま

 
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約1~1.5時間
攻略人数:5人+1人 / ED数:18種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
―それは、ほんの些細なきっかけだった。

高校生の水沢誠一まことは、父親の海外への転職を機に兄の元で暮らすことになる。
学校も変わり、新たな生活に少しずつ馴染んでいく誠一。

だが、彼の何気ない行動が、平穏だった日常を狂わせていく―。
(制作者サイト様より引用)

菊池翔太郎 :学園にやって来た教育実習生。担当教科は国語。外見・人当たりの良い王子様タイプ。
笠原直樹 :主人公のクラスメートで、自称・親友。周囲を明るくするムードメーカー。
黒峰雅貴 :主人公のクラスメート。派手な外見と悪い噂で周囲から恐れられる一匹狼の不良。
小野寺敏明 :中等部からの後輩。昔から何故かやたらと主人公に懐いているワンコ気質。
清永 聡 :1学年上の先輩で、陸上部のエース。爽やかで面倒見の良いスポーツマン。
水沢優一 :主人公の年の離れた兄。在宅でデザインの仕事をしている。弟に対して非常に過保護。



【感想】
★★★★☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

('17年4/1追記:フルボイス版が公開されました。破壊力が更に増しますね…!)

何とっ、当ブログお初となるボーイズラブ作品レビューでありますよ!
基本的にNL好きの人間なので、BLには今まで食指が動かなかったのですが。
この作品はサンプル画像の美しさや各所レビューでの高評価に加え、
「攻略対象が全員ヤンデレ」しかも「全員病み方が違う」という素敵ワードに矢も楯もたまらず…!(笑)
上記の糖度評価はとりあえず乙女ゲーと同じ感覚でつけてみました。
が、個人的にはBLってNLより愛情表現が情熱的で本能的…というイメージがありまして。
そういう意味では、この作品はまだ甘さ控えめな方なのかもしれません(主人公への執着はともかく)。
キス・ハグあり、また、キャラによっては間接的に性行為を示唆する表現もあります。
何となく匂わせる程度の安心仕様ですが、非合意なアレなので苦手な方はご注意を。
暴力表現や脅かし表現もそれなりにあります。主人公の不憫体質よ…。

とにかく、作者様のヤンデレ愛をひしひしと感じました!
一括りに呼んでいた「ヤンデレ」が実はこんなにもいろんなタイプに分かれていようとは…!と、
新発見の境地です。どのルートも楽しくてたまらなかったー!!
ほんの些細な事が非常に大きな現象の引き金になるという「バタフライ効果」がテーマとなっており、
主人公のちょっとした選択によってその運命が大きく変わってしまうのが怖い。
選択肢の内容はどれも本当に他愛ないものばかりなんですよ。
なので「きっとこの後にもっと重大な選択を迫られるのだろう」―などと安直に考えてしまうのですが、
そのままEDまで突っ走られてしまって驚愕する事もしばしば…。
選択肢の数は少ないものの、どれがグッドEDに繋がっているか全く予想出来ず気が抜けませんでした。
主人公はどのルートへ行っても全員から好意を向けられており、
攻略キャラ達が自分以外のルートでもその病みをちらちら見せてくれるのも興味深かったです。

病んでいくまでの過程や心理描写が丁寧に描かれていてその点も唸らされるのですが、
最も秀逸と感じたのはトゥルーEDまでの流れですね。まさかこういう展開で来るとは!!
ネタバレになってしまうため詳細は控えますが、トゥルーEDへ行き着く「形」が皆同じなので
攻略は一番好きなキャラから始める事をオススメ致します。やはり一番目は衝撃がハンパないです…!
私のイチ推しは不良君と先輩。あと隠し?キャラですかね。 三推しじゃねーか、というツッコミは無しで(笑)
後輩君はちょっとエグくて精神的にキツかったなぁ。もちろんっ、それでも面白かったのですが。
ヤンデレの根は深い。



■主人公誕生日記念のミニゲーム『夢見鳥1.5』も公開中されました。隠しキャラグッドEDの後日談です。
 EDクリア後のタイトル画面に仕掛けられた「おまけ」を見逃さないように。ああ、結局そうなるのね…!
page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
03 05
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード