リレガトゥーラ


使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:各話 約15~20分
攻略?人数:各1人 / ED数:各2種類+α
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ】
いつの間にか見覚えのない場所にいた貴方。
目の前には一人の男が。彼は自分を『司書』と名乗った。
『司書』は言う。
「ここは物語の館 特別なお客様である貴方の為にとっておきの『物語』をご用意しました」と
(制作者サイト様より引用)


【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】 up

2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。最新バージョンはver.1.4。
季節限定だったハロウィンのお話も最初から選んで読めるようになりました。

本編はオムニバス形式の短編集です。
シナリオを書かれた方がそのままご自身のキャラの立ち絵を担当しておられ、
そのため作者様の作風の個性がはっきりと出た作品群となっています。
最新作2作は『冒険者の話』(作:蜜子様)と『狐の嫁入り』(作:梅ヶ枝きな様)。
語りたいことを書くとうっかりネタバレしそうなので今回は個別の感想を控えさせて頂きますが、
両方に共通していたのは結末の意外性。そして絶妙な【後味の悪さ】!(←誉め言葉)
プレイヤーの想像を掻き立てる余韻あるラストが秀逸でした。こういうお話…好きだー!!



↓ここからはアップデート前の感想記事です。
ver.1.3までのお話(ハロウィン話除く)について書かせて頂いております。

◆『夏の幼馴染の話』
作:梅ヶ枝きな様。今より少し未来、しっかり者の主人公とオタクで少し気の弱い幼馴染のお話。
一応許婚同士の男女の物語なのですが、何やら様相が普通と違います。
デザイナーズベビー】…真面目に考えたら恐ろしい世界ですね。
このシリーズの中では恋愛色が濃い方で、積極的かつ頭の回転の早い主人公が
自己評価の低いうじうじ攻略男性をロジカルに説得、最後は無事ハッピーエンドへ…と思いきや。
選択肢によっては不穏な空気が漂い、プレイヤーは詳しい説明がなされないまま
その空気の中に置き去りにされます…! あんぐり(゜д゜)
真相を是非とも詳しく知りたいところでしたが、それは野暮というものなのかもしれません。
描かれていない部分が非常に気になる、何とも絶妙な終わり方が印象深いです。
 
◆『音楽家の話』
作:蜜子様。幽霊嫌いの主人公の前に、突然中年男性の幽霊?が現れ…!?というお話。
舞台は現代の日本で主人公も学生ですが、お相手は金髪中年紳士。
ナイスミドル!でジェントルマン!!(幽霊だけど)な攻略対象ですよー。
何か未練を残して幽霊になったらしいのに何故かその未練を思い出せない彼のために
ちょっと頑張る女の子のお話ですが、相変わらず会話のテンポが良いですね!
最初のゴーストジョークは私も主人公と同じく解ってあげられませんでしたが;;
(己の知識不足が恨めしい…)
今回も作者様らしくほのぼの明るめ、でも最後はじんわり心に沁みる物語なのですが、
こちらも選択肢によってはちょっぴり怖い展開が待ち受けています。
明るい真夏の太陽の下にいたと思ったら、いきなり夜の肝試し会場に連れ込まれた
そんな印象で思わず「ヒエッ?」と声が出てしまいました(^_^)
 
◆『醜い男と美しい妻の話』
作:梅ヶ枝きな様。悪評高い村の領主の元へ嫁いだ貧乏貴族の娘のお話。
何となく童話の『青ひげ』(大好き!)を思わせるお話でした。
『青ひげ』のヒロインは好奇心の誘惑に負けて大変な目に遭ってしまいますが、
こちらでは自分の意思(選択肢)で行動を決められます。
『青ひげ』を読むたび「何でダメって言われたのにやっちゃうんだよぉぉ」と子供心に思っていた
(もちろん、そうしないと話が進まないからでしょうが(^_^))ので、ちょっと嬉しい(笑)
どちらの行動が良かったのかは…ご自身の目でお確かめくださいませ。
陰のある使用人のバルトークがとっても好みでしたv あと、終盤の【Sな】ヒロインも!
全体的に空気が不穏で、シリアス成分高めです。
 
◆『幼い少女と不器用な青年の話』
作:蜜子様。しっかり者の小学生の少女と(一見)ヤンキー青年のお話。
現代が舞台です。とにかくヒロインの小夏ちゃん(名前変更可)が純粋で可愛くってねぇ!
口達者でおませさんなのに、生意気な感じが全然なくて。
お相手のせいちゃんも、単に子供の恋人ごっこに付き合ってあげているだけかと思いきや…
本当にイイ男でした!!
彼があの強面でキラキラパステルの映画チケットを買いに行く姿を想像すると微笑ましい^^
12歳の年の差なんて成人してしまえば気にならなくなる範囲だし、この2人に関しては将来も
ハッピーエンド以外あり得ん!と信じて疑いません。司書サン、ナニ馬鹿ナコト訊イテクルノサー
ほのぼの、時にちょっぴりしんみり…という感じの物語。




各ED後の司書さんの一言がまた良いのです。
上品で柔らかい空気の中にチラ見えする不気味さと不穏さにゾワゾワしますね…!(一部文字反転)

婚約破棄!?どうぞどうぞ歓迎します!!

管理人:飴ツユさま new
←公式バナーが無いので素材をお借りして代用
使用ツール:ティラノビルダー / プレイ時間:約20~30分
攻略?人数:1人 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
自分が乙女ゲーにおける“悪役令嬢”であると気付いた(※思い込み)主人公・ヘンリエッタ。
そう遠くない未来、その身に訪れる破滅(※思い込み)を回避するために、
ヒロイン(※思い込み)と攻略対象(※思い込み)たる自分の婚約者の仲を
進んで取り持とうとするのだが…。

ジョシュア :王族の血筋を持つ主人公の婚約者。昔は可愛かったが今はかなりツンな態度。
ギル :主人公の年下の従者。いつも主に振り回されている。
アンジェリカ :特待生として学園に編入してきた平民出身の少女。ふわふわで可愛い。



【感想】
★★★☆☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

わあっ、私の大好きな悪役令嬢!(^▽^)
選択肢なしの一本道ゲーで、公式の作品紹介も「乙女(?)ゲーム」と疑問符付きです。
が、内容的にはこれやっぱり乙女ゲーでしょ!という感じだったので、
ここでもそのように分類させて頂きました。

いやぁ、お腹抱えて大笑いしましたよ!
私のように悪役令嬢ものをディープに読み込んでいる(笑)者からすれば、
主人公のメタ的発言はいわゆる「わかりみが深い」と言いますか(←使い方合ってる?)。
いちいち「うんうん、悪役令嬢ってそうだよね!」と頷くことしきりでした。
ピンと来ない方にもこの感覚伝わるといいな…。
巷で流行の乙女本に感化され、自分を悪役令嬢と思い込んだ主人公。
何とか身の破滅を阻止しようと先読みしながら奔走するのですが、その読み方があさっての方向すぎて!
彼女にとっては一応ちゃんとした計算に則った(しかも婚約者らの幸せを願っての)行動なのですが、
周囲には全く伝わらず、その温度差とすれ違いっぷりが絶妙な笑いを誘うのです。
主人公からの無自覚な精神攻撃を受け続けるジョシュアの心中を思うとニヤニヤが止まりませんね。
やめてあげて! 彼のライフはもうゼロよ!!(訳:いいぞもっとやれ)
ラストで発端となった乙女本に関してもしっかりオチがついていたのが巧いなと思いました。
元凶はあなたかーーっ!!

お話はテンポ良く、絵柄も表情豊かで可愛くて、最後には幸せな気分になれる可愛い作品でしたv
乙女ゲーは主人公に自己投影するよりも観客として場を眺めるのが好き!という方にお勧めしたいです^^

奇譚の青にねむる

管理人:koutaさま
使用ツール:RPGツクールMV / 1周プレイ時間:約1~5時間
攻略人数:2人+1人 / ED数:7種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
由緒あるティフォージュ伯爵家へ輿入れすることになった男爵令嬢のエクリュ(名前変更可)。
しかし、彼女を出迎えたのは冷酷な態度の婚約者と彼に付き従う執事の2人のみであった。
違和感を拭う間もなく、その夜のうちに伯爵は急な用事で館を離れることに…。
エクリュに館の鍵束を託しながら伯爵はこう告げた。

「一番小さな金色の鍵の部屋だけは絶対に入らぬように」

ユーゴ :ティフォージュ伯爵。婚約者である主人公に対し、何故か初対面から辛辣に当たる。
ルネ :伯爵家に仕える若い執事。態度は慇懃だが、どこか威圧的で底知れない青年。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

童話『青髭』をモチーフとした乙女×洋風ホラーADVです。
異界に浸食された館を探索しつつ、迫り来る危険を回避して脱出しましょう。

『青髭』は大好きなお話なので、ワクワクしながらプレイさせて頂きました!
宗教の「7つの大罪」も関係しているようですね。主人公がちょいちょい【食いしん坊】発言をするのは「暴食(⇔節制)」に当たるからなのでしょうか。
しかし、この作品を年末の忙しい時期にやろうとしていた当時の自分。殴りたい。
 
そんなお気楽にコンプ出来るゲームじゃないわーーーーー!!!!!
 
ゲーム性はめちゃくちゃ高いですが、難易度もそれに比例して高いです。
特に、乙女ゲーと融合させた探索ものとしては最高レベルに難しいし、怖いんじゃないかな。
謎解きに関しては公式サイトに詳しい攻略が公開されているので何とかなるのですが、
追いかけられっこがね…すさまじく厳しくてねぇ……(白目)。
ノートPCの小さな方向キーで操作するのは本ッ当ーに骨が折れました。
それでも「どうしても諦めたくない」「どうしてもこの先の展開が知りたい」という衝動が止まらない、とてつもない魅力に溢れた作品です。
興味とお時間のある方はぜひ腰を据えてチャレンジしてみてくださいっ。

メイン攻略キャラはユーゴとルネ。あと1人(隠し?)はおまけ的な感じでした。
ユーゴルートでは館の怪異の真相が、ルネルートでは2人の真の関係性が明かされます。
彼らは序盤と終盤のギャップがすごくてですね、どちらも素晴らしく好みだった…!!
ユーゴに関しては、恋愛ED後のセーブ画面で主人公アイコンにちょっとした変化があったりも。
readmeテキストの最後の一言の意味も、彼のEDを見ると理解出来ますよ!
主人公は典型的な非力守られ型ヒロインのように見えて、とても芯がしっかりしている良い子です。
彼女が何とかしないと【攻略キャラが死んでしまう】イベントがあるので、
恋愛EDを目指すと必然的に彼女の強さを実感出来る展開もいいなと思いました。
9割9分は緊迫した雰囲気ですが、たま~にある緩い会話にクスッとさせられます。
(一部文字反転)


■本編のパラレルXmasゲー『クリスマスぱん!』(12推)も公開中です。
 可愛らしい絵柄に反して内容は「Death or DieのゆるふわループADV」って…え?汗

架谷野家の薔薇薔薇

管理人:ラシさま
使用ツール:吉里吉里2 / 1周プレイ時間:約1.5~2時間
攻略人数:2人 / ED数:6種類+α
※こちらは15推(高校生以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
架谷野家は郊外のそのまた外れに住む吸血鬼ハンターの一家。
長男の阿賀太を中心に、自分達の父親を殺した吸血鬼を探している。
そんな折、アメリカから吸血鬼・ジャルダン公とお付きの魔女らが日本へやって来た。
彼らはこの国のハロウィン騒ぎに乗じて若い女性から血を奪うつもりでいたのだが、
最初に声をかけた相手が何と架谷野家の長女である鞠愛[まりあ](名前変更可)で―?

ローズ・ド・ジャルダン :アメリカに住む吸血鬼公爵。地元で血が飲めなくなり、最近貧血気味。
ダークルル :日本出身のウェアウルフ(多分)。ジャルダン公宅にホームステイしている。
バニラ・ボニカ :ジャルダン公の取り巻き魔女。流行に敏感でスマホも操る。
架谷野阿賀太 :主人公の兄で架谷野家長男。狂気の吸血鬼ハンター。右目を失っている。
架谷野霧秋 :主人公の弟で架谷野家次男。高校を中退して吸血鬼ハンターの道を選んだ。
架谷野十里亜 :架谷野家のママ。外見は無邪気な天使だが、吸血鬼を憎む心は人一倍。



【感想】
★☆☆☆☆ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2015年ハロウィンゲーです。
以前からずっと気になっていたサイト様だったのですが、
公開済作品がどれも長編かつシリーズものだったためなかなか着手に至りませんで…。
その点、今作は短編ということで取っ掛かりとしてプレイするには最適でした。
(個人的には「中編」と言ってもいいくらいのボリュームを感じましたがね)

公式サイトやふりーむ!様のDLページ等を見ると一目瞭然かと思いますが、
非常に個性的でインパクトのある作風です。
物語の前半はすさまじいまでのギャグの応酬! ひたすら笑いしかありませんっ。
が、しかし。ここから何故、あれほどまでに凄惨なEDへと行き着いてしまうのか…!?
プレイしていた自分がビックリでしたよ…。
正直、1~2ED見ただけでは意味がよく判らずぽかーん(゜д゜)とするばかりでしたが、
キャラクター達がやたら意味深なセリフを吐くのでどうしても真相が知りたくなりまして。
最後は攻略ページのお世話になりつつ、一気プレイしてしまいましたー。
隠されていた架谷野家の真実には…唖然呆然。
キャラ絵が繊細で美しいからこそ、そして前半であれだけギャグをかっ飛ばしていたからこそ、
その猟奇性が際立っています。各キャラの印象も一変するでしょう。
真相EDまで見た後は是非冒頭シーンを読み返してみてください。
 
戦 慄 が 走 り ま す よ ‥‥‥ !!!!!
 
何気ないあの一文、あれはこういう意味だったのか…!と。

流血描写や怖い・痛いといった表現が苦手な方にはお勧め出来かねます。
痛々しいスチルが表示されたまま延々会話が続くシーンなどもあるので、苦手な方は十分ご注意を。
恋愛的な糖度は低め。でも、(歪んだ)家族愛は溢れんばかり!でした。



■'19年ハロウィンゲーとして続編『架谷野家の薔薇薔薇2』が公開されました。ローズEDの後日談となります。
 現在サイトからDLページへのリンクが繋がっていないため、DLはこちらからどうぞ。

アークワード・ロンド

管理人:のりぬこさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約15~30分
攻略人数:1人 / ED数:5種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・ティーナ(名前変更可)が目覚めるとそこは見知らぬ部屋だった。
しかも、唯一ある扉は何故か固く閉ざされていて出られない。
部屋のあちこちを調べていると、現れたのは嫌みったらしくもよく見知った顔。
そして、それは楽しそうにこう言い放つのだ。

「キミは幸運だね!ボクが作ったゲームに参加できるんだからさ!」

―そうだ、今日はハロウィンだった。(一部作中本文より引用)

アルド :魔法学校で常に成績トップの男子学生。学年2位の主人公とは衝突してばかり。


【感想】
★★★ :糖度
★★★★☆ :コミカル度
☆☆☆ :シリアス度

2019年ハロウィンゲーです。
公開前、ブログで制作途中のゲーム画面スクショを拝見した時は
「なんか、めっちゃ美人なお姉さんいるー!ε=(゜∀゜)ムッハー!!」などと思ったものですが。
まさかそのキャラが攻略対象(♂)だったとは…ヨク見タラ確カニ胸ナカッタヨ(笑)
いや、美人なお兄さんもそれはそれで嬉しいですけども!
逆に、ヒロインがちょっと野暮ったい外見設定なのが対比としていいバランスですね。

難易度的にもさほど難しくない、オーソドックスな脱出ADVです。
部屋を調べながら露わになっていく2人のケンカップル的エピソードが実に微笑ましくてv
1エピソードに結構なボリュームがあり、つい没入してニヨニヨしていると
探索の最中だということを忘れそうになってしまって困るほどでした~。
素直になれない両片想いのお話がお好きな方にオススメ!
アンハッピーエンドがないのも安心できる要素ですね。
ED5が少々特殊なのですが、この元ネタを知らなかったのがちょっと悔しいっ><
知らなくても十分楽しかったのですが、知ってたらもっと爆笑できたかなぁ。
入力の全角・半角に気を付けてくださいね!

探索に関しては、ゲーム内でアルドから3回までヒントがもらえます。
ヒント無しでも何かしらのEDは迎えられるかと思いますが、
聞いた回数によるED分岐はないので特にこだわりがなければ頼ってもいいかも。
ただし、有用度としてはサイトに掲載されている攻略情報の方が高いです(^_^)

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR