病み世に光る

管理人:塩路ハルさま new
使用ツール:ティラノビルダーPro / 1周プレイ時間:約1.5~2.5時間
攻略人数:5人 / ED数:15種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
ここは男女逆転した『源氏物語』が史実として語り継がれている世界。

ごく普通の女子高生・ひかり(名前変更可)は平々凡々な毎日に少し退屈していた。
そんな彼女の元に、ある日突然千年前の世界から自分そっくりな和装の姫君が現れる。
何でもその姫は平安時代に生きた光源氏―「光姫」で、ひかりの元の魂の持ち主。
最愛の君が千年後の現代に転生したと知り、全てを捨てて追いかけてきたのだと言う。
その強い想いに感銘を受けたひかりは、彼女の身代わりとなって平安時代へ行くことを承諾する。
自分も姫のように深く愛せる大切な何かを見つけられることを願いながら―…。

光源氏 :平安の御世、その美しさから「光姫」と称えられた皇女。恋多き姫だが、実は…。
葵 :光姫の年下の許嫁。生真面目な性格ゆえ、奔放な婚約者と打ち解けられずにいる。
六条 :光姫の教育係であり恋のお相手の1人。雅な大人の男性だが、嫉妬深い一面も。
朧月夜 :右大臣家の六男で、左大臣側の光姫とは政敵。宮中で一、二を争う美貌の遊び人。
明石 :辺境の地で出会う受領ずりょうの息子。身分はそれほどでもないが、高い教養を持つ。
紫 :幼少時に光姫が義弟として引き取り、育てた若君。光姫の想い人に瓜二つらしい。



【感想】
★★★★★ :糖度
☆☆☆ :コミカル度
★★★★☆ :シリアス度

性別が逆転した『源氏物語』のキャラクターが登場する平安恋愛ファンタジー。
女性の美の基準は昔と今で異なっているようで、平凡な主人公や彼女にそっくりである光姫は
平安の世では絶世の美姫としてもてはやされる設定です(イケメン基準は現代と変わらず)。
某ルートでめっちゃ平安顔に似顔絵描かれる主人公が可愛いw

以前レビューさせて頂いた『ナイト・メアリー』でも感じたことですが、
作者様の作品は物語の設定がかなり重いにもかかわらず描写がとても軽やかなんですよね。
例えばこの作品だと、主人公が割と葛藤少なく現代を捨てたり、
知識のない平安時代でそれほどの苦労や不自由を感じず暮らせていたり。
(もちろんそれなりの描写はあるのですが、かなりあっさりめ)
そこが長所でもあり、同時に気になるところでもあるかなと思うので、
どっぷりシリアス展開に浸りたい方にはやや物足りないかもしれません。
逆に、濃密な愛憎劇でもさくさく読み進めたいという方にはとてもオススメ!
1人につき3種類のEDがあり、少ない選択肢で分岐するのでフルコンプも容易です。
ハッピーEDを複数持つキャラもいますがバッドEDはもれなく悲惨で、そのギャップがまた楽しかったり。
個人的には 六 条 先 生 激 萌 え 。 明石君も捨てがたいですがっ。
END1は鼻血噴きそうなくらい悶えたわ…!!(危ない)
六条は「光姫の恋人(情人)」という立ち位置です。なので、攻略対象が他の女性キャラと
関係を持っているのは嫌!という方には注意が必要ですが(実は彼だけではないけど…)
彼のルートは主人公が平安に来た意義を一番感じられるルートでもありました。
ゲームDLページにも書いてありますが、六条先生(と紫君)は後半に攻略した方が良いと思います。
この2人は本人ルートと他キャラルートで見せる顔がかなり違いますのでね。

立ち絵は男女共にキャラクターがしっかり描き分けられていて非常に見やすいです。
黒目黒髪のいわゆる“純日本人”風ばかりではありませんが、舞台はあくまで異世界ですしね。
1枚絵も多くて眼福なのですが、残念なことにCGリスト・EDリストがありません。
お気に入りシーンを見返したい方はセーブ機能を活用しましょう。

今日は恋するひなまつり

管理人:夏ぷりんさま
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約20~30分
攻略人数:2体 / ED数:5種類


【あらすじ】
桃の節句を前にした2月下旬の、とあるお宅。
箱にしまわれていた雛人形たちは今年も雛壇に飾られる時を今か今かと待っていた。
1年振りに目覚めた女雛めびなもワクワクしながら隣の箱の男雛おびなに声をかけたのだが、
そこに男雛の姿はなく、代わりに1通の手紙が残されていて…。


【感想】
★★☆☆ :糖度
★★★★ :コミカル度
★★☆☆☆ :シリアス度

こちら、初公開は2018年なのですが、なかなかプレイのタイミングが合わなくて~。
今年こそは雛祭り前に…っ!と思っていたのに、気付いたら早3月でした。危ない危ない。
DL版とブラウザ版がありますが、DL版の方が動作が安定していてオススメです。

主な登場人物はよく知られた“雛人形”たち。なので、キャラ紹介については割愛します。
それでも、三人官女の三宝さんぽう(真ん中)が既婚者だとか、仕丁しちょう(五段目のおっさんズ)の役割だとか、
おぼろげにしか覚えてなかった知識が再確認できて勉強にもなる作品で。
本来の役に則りつつも違和感なく現代風にアレンジされている人形のキャラクター性が
素晴らしいの一言に尽きますっ。
薫物たきものについてのうんちくも懐かしかったー!
某乙女ゲーにハマってちょっと勉強していた日々を思い出しましたよ(^^)
それらがテンポの良い会話とエフェクトを交えた豊かな感情表現に乗せて繰り広げられ、
笑いあり、涙ありの一大エンターテイメントに仕上がっているのです。
もうもう、作者様のこのセンスには脱帽致しますわ…!
可愛いイラストもさることながら、豪華かつ上品な和のUIデザインも見どころですよ。

そして、キャラが人形と侮るなかれ。乙女ゲーとしてもかなりしっかり恋愛してくれています。
私としてはやはりワイルドイケメンな「彼」がお気に入りだったのですが、
某EDで「え、えっ、確かにそうあるべきなんだけど。でもそんなぁ…(泣)」となってしまったんですよね。
しかしっ、その後にちゃーんと救済が! わかってらっしゃる!!
人形だからこその大団円(?)EDにはとてもほっこりした気持ちになりました♪
この季節には雛人形を眺めながら毎年遊びたくなる、そんな1作です。



■外伝として『人を呪わば恋ひとつ』が公開されています。式神と呪詛人形のお話ですが、ホラーではありません。
 本編と併せて読むと「あの人」と「あの人」の物語だということが判る、ハズ。

それは間違いだった

管理人:じゅんさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約4~5時間
攻略人数:3人+α / ED数:5種類+α
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
何事にも無気力で、今も仕事を辞めてきてしまったばかりの主人公・土屋透子(名前変更可)。
そんな彼女の目の前に突如、陰陽師を名乗る怪しい男が現れた。
更にその男・上條蒼悟は何故か彼女を自分の補佐官にしたいと言い出し、猛アプローチ。
嘘くさいと疑いつつも、あまりの熱心ぶりと好待遇に主人公の心は揺らぐ。

どうせ元々くだらない人生、ならばこの奇妙な彼に託してみたっていいじゃないか。
たとえ、それが間違いだったとしても。

上條蒼悟(かみじょう そうご) :才色兼備のエリート陰陽師。真面目そうだが女性経験は豊富らしい。
南雲緋鉈(なぐも ひなた) :蒼悟の地元のお役人。男らしい外見に似合わず、乙女趣味で奥手。
翠香(すいか) :謎の超絶美青年。人付き合い、特に女性は苦手。蒼悟と親しいようだが…?



【感想】
★★★★☆ :糖度
★★★★★ :コミカル度
★☆☆☆☆ :シリアス度

【派生作品プレイによる追記あり】
舞台は架空の現代ですが、全体のデザインや人物衣装などがとっても和風なのですv
ヒロインは既に20代半ばとのことで、乙女ゲーにしてはかなり大人設定。
しかも冒頭からかなりの駄目人間っぷり&喪女っぷりを披露してくれてまして、
健気に頑張る純情可憐ヒロインがお好きな方には敬遠されるかもしれません(^_^;)ゞ
(だけど「金欲しい、でも働きたくない」ってのには同意するわ~。にんげんだもの)
そんなヒロインなのに、男性陣は彼女にメロメロになって逆ハー状態になってしまいます。
これも納得いかない方には受け容れにくいかなぁという要素なんですが…
私にとっては本作ヒロインって某女芸人さんのイメージで、磨けばそれなりに光るのに
女っぽく振舞うのが恥ずかしくて逆に慎みのない行動を取っちゃう、って感じなんですよね。
男性側もヘンタi変わった感性の持ち主ばかりで一般的な女の好みしてなさそうだし(笑)、
そう考えるとこんな逆ハー展開もアリかも!と思えてしまいました。
下ネタもばんばん飛び出すので耐性のない方はご注意を。
そういう軽妙さが楽しめる方には本当に面白い作品だと思います!

上記プレイ時間でも判るとおり、本編はなかなかの長編。
お話が一区切りつくごとにアイキャッチが入り、全5話の構成となっています。
ただし共通ルートが多いので、まず1人をクリアしてその後はスキップ機能を駆使すれば
ストレスなくコンプリートまでたどり着けると思いますよ。
八方美人にさえならなければ恋愛EDは楽勝。
…と思いきや、途中の選択肢をうまく答えて好感度を上げておかないと後日談が開きませんっ><
(上記ED数の「+α」はこの後日談分)
ワタクシ的には翠香がちょっと難しかったです~。だって、
真正のMと信じて「殴る」ばかり選んでしまったからね!(苦笑) 皆さんは優しくしてあげてね…
あと、会話中の選択肢の他に自由行動が出来るMAP式選択肢があります。
1回につき6ヶ所まで行けるので、同じ場所へ3回ずつ行くことをオススメしておきます。

そしてそして大切なこと! こちらの作品のBGM…何と作者様の自作なのだそうです!!
やはり自作の音というのは一味違いますねー。作品の世界観にそりゃもうピッタリでした♪
おまけの音楽鑑賞部屋では各曲についての作者様のコメントも読めます。
攻略対象3人のみならず個性的なサブキャラ達とも仲良くなれるし、隠しルートもあるし、
コンプリートご褒美絵は異様にエロい(!)しで、見所はたくさん。
小話が追加されるパッチも公開されているので、是非そちらも合わせてプレイしてみてください^^



ここからは派生作品『WB』(15禁)の感想です。
記事が長くなり過ぎるので以下折りたたみます。





『WB』は本編の冒頭部分(バイト退職~帰宅)を元にしたエイプリルフール?短編です。
(単に4/1が公開日というだけかもですが、作中で嘘をつく選択肢もあったりするので)
何かと言い寄って来るバイト先の店長や謎の眼鏡の男を振り切って早くお家に帰りましょう。
攻略対象は言うまでもなく、上記バナー↑のお二方です。

最初にプレイ出来るstage1ではバイト先の店長との攻防。
それを無事クリア(退職ED後?)すると、帰宅途中で眼鏡の男に捕まるstage2がオープンに。
選択肢がかなり小刻みに出てくるので、短いお話ながらなかなかEDにたどり着けません(^_^)
何言ってもめげずにしつこく迫って来る男性陣とのやり取りがウザ楽しいです!
いえ、ヒロインの身にしてみれば鬱陶しいことこの上ないんでしょうけどね~(苦笑)
EDは大まかに分けて7種類ですが、ノーマル的EDは台詞やスチルの差分別に
さらに細かく4~17種類に分かれます。何と総計41ED!!
こんなに数があるにもかかわらず、非常に丁寧に作られている差分に感激。
この辺、作者様の作品への愛情をひしひしと感じますねーv
公式サイトには「ネタバレを気にしなければ本編未プレイでも~」と書かれていますが、
私としてはやはり本編コンプ後(出来れば番外編『clear』も)にプレイを推奨致します。




■翠香っぽい男の子を育成するミニゲーム『竹から出てきた男の子を育てたら一月で成人した』が公開されました!
 その他の派生作品も多数公開中です。


冬蟲禍草

管理人:志染さま
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約1~1.5時間
攻略人数:1人+α / ED数:3種類(ゲームオーバー除く)
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
都から遠く離れた緑美しい山奥の村。
訪れた誰もが四季の自然の美しさを称えるその村は、同時に山に呪われた村とも言われていた。
何故なら、村人たちは皆「禍草」と呼ばれる植物が身体のあちこちから芽吹くという
奇病に侵されていたのだから。

村の宮司の遠縁にあたる娘アオイも若くしてその奇病を患っている1人だった。
彼女の病の進行は他の者よりも格段に早く、己が不幸を憂うばかりの日々だったが…。

あらひとがみ :村でただ1人禍草に侵されていない美貌の青年。現人神として崇められている。
ナズナ :主人公の幼馴染。村に蔓延する奇病を治すため、都の大学で医学を勉強している。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

数年前から完成を待ち望んでいた本作がいよいよ公開されましたー!
初めて知ったきっかけは何だったか…とにかく好みドンピシャリな世界観と雰囲気に
すぐさま心鷲掴みにされてしまったのを記憶しています。
ブラウザ版もDL版もありますが、うちのPC環境ではブラウザ版の方が動作が安定していました。
(その後、DL版でも無事フルコンプ出来ましたが(^^))

男性側の好感によってある程度物語が分岐するっぽいのでここでは「乙女ゲー」としましたが、
印象としては恋愛要素を含んだ一般作品という感じです。
どのルートもあらひとがみ様との絡みがメインなので、ナズナとの物語は+αといったところ。
(彼の(?)EDを見るとなおそう感じますしね…)
衝撃的なのは、右目から植物を生やした異形のヒロイン。
そして、あらひとがみ様の本当にため息が出るような妖しく美しい立ち姿です…!
「神性と魔性」「清廉にして淫靡」言葉では表せても画にするのは非常に難しいと思われるそれを、
見事に具現化されているキャラ絵がね…もうね……!!(感嘆)
他の人物が割と素朴な風貌(or シルエット)で描かれていて良い意味で“田舎臭い”ので、
その分彼の異質なまでの美貌が一層引き立っているように見えました。
スチルも優雅にアニメーションしたり、シーンごとに塗りが変えられていたり、とても幻想的です。

全体を通して感じたのは「自然への憧憬と畏怖」。
自然とは優しく、あたたかく、そして時には恐ろしい、到底人智の及ばぬものであるということを
ひしひしと痛感させられました。
あまり断定的な表現はせずほのめかし程度に留めてある文章のため、全ての結末を迎えても
すっきりしない部分は残ります。プレイヤーとしては考察(妄想)が捗りました。
香りに関する記述も多く、視覚だけではなく嗅覚にも訴えてくるのが印象深いですね。
草花の芳香のみならず、艶場では生温い濁った空気とむせ返るような体臭までもが漂ってくるようで…
プレイ前の予想を遙かに超えて扇情的。
反面、聴覚的にはBGMが必要最小限に絞られており、静かに死が蔓延する鄙びた村の雰囲気が
上手く表現されていると感じました。
痛ましい描写もありますが、怪奇ものが苦手でなければぜひぜひプレイをお勧めしたいです!


恋綴り

管理人:恋綴り製作委員会さま
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約1.5~3時間
攻略人数:3人+2人 / ED数:17種類


【あらすじ&登場人物】
日本古来より、高貴な生まれの男女は文を交わすことにより仲を深めるのが習わしであった―。

幼い頃は華族の娘とは思えぬお転婆ぶりを発揮していた主人公・鷹司文奈(名前変更可)も
そろそろお年頃。
いよいよ縁談の話が舞い込み、父が見立てた男性たちと文通を始める運びとなったのだが…。

四条華織(しじょう かおり) :優しく穏やかな華道家。兄の親友で、主人公にとっても幼馴染。
財前美彬(ざいぜん よしあきら) :銀行の若き頭取で日独二世。一代で財を築いた実業家を父に持つ。
黒田将貴(くろだ まさたか) :植物を研究する優秀な大学生。昔は名門の華族だったが…。



【感想】
★★☆☆ :糖度
★☆☆☆☆ :コミカル度
★★★ :シリアス度

手紙から始まる縁組…何て古風なの!
時代は架空の大正、顔の分からない相手との婚約の申し出を前提とした文通恋愛SLGです。
現代にはなかなかない、やや他人行儀ながらも奥ゆかしい言葉のやり取りが逆に新鮮でした。
WindowsDL版に加え、MacDL版、ブラウザ版があります。

お相手男性の顔が中盤まで見えないのが最大の特徴です。
しかしながら、手紙の文体や好む便箋の柄、食い付く話題などにそれぞれの個性が透けて見え、
相手の姿を想像しながらの文通って予想以上に楽しい!と思わせてくれました。
父親から勧められる文通相手は3名。
数回文通した後、この方と決めた相手とのみ顔合わせ(お見合い)が成立するという流れです。
―ご安心ください、全員もれなくイケメンですよ!(笑)
顔合わせ後は普通にデェトが出来るようになり、いったん文通の意義が薄まるかに見えるのですが、
そのうちのっぴきならない事情が発生し…。小道具として最後まで手紙が活きる展開が待っています。
この辺り、どのルートでも主軸にブレがなくて素晴らしいなと思いました!
親公認の交際なので恋愛模様は全体的に穏やか。EDは各キャラにつきグッド・ノーマル・バッドの
3種類となっていますが、ノーマルEDに後日談が追加されたものがグッドEDという形なので
むしろハッピー・グッド・バッドと表現した方が近いかもしれません。幸せ比率高し(*´∀`*)
ヒント機能が充実しているので、SLG部分もあまり気負わずにプレイ出来るでしょう。
展開が途中まで同じな分、グッドとノーマルのEDスチルが差分でしかないのは仕方ないのかもですが、
グッドEDのラストにもう1枚スチルが見られたらなおコンプ意欲がそそられたかなと思います。

攻略人数は「5人」と明記されている通り、他にも隠し?キャラが2名存在します。
展開としてはやはりこちらの方が障害のある恋でドラマチックでしたねー。
彼らの登場のさせ方はさほど難しくありませんが、好感度の調整には少々気を使います。
こちらもゲーム内にヒントがあるので有効に活用しましょう。
このヒント機能はイベントコンプ達成にも大いに役立ってくれて有難かった…!
(追記:現在は手紙の種類等を追加した「新版」として公開されています)



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR