メイライ・キディ

管理人:きるえさま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約40分~1時間
攻略人数:2人 / ED数:4種類
※こちらは15禁(中学生以下禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
平和で自然豊かな小国の姫・チェルシー(名前変更可)は自分の国が大好き。
だが、最近では隣国の王子との婚約話も浮上し、王族としての役割を自覚しつつも
国を離れなければならない未来に少し憂いを感じていた。
そんなある日、彼女の前に龍人族の青年が現れ、彼女は自分のつがいだと主張してきた。
まさかとは思いながらも、突然示された新しい未来に姫の心は少なからず踊って…。

レフィ :隣の大国の王子で主人公の従兄。温和な性格で、主人公も実の兄のように慕っている。
ユーリ :突然現れた龍人族。片方の角が折れている。フレンドリーだが人の話を聞かない。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2018年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
ゆうあかり様おなじみ「頭が痛くなるゲー」シリーズももう第8弾なのですね。
随分長く遊ばせて頂いております。いつもありがとうございます!

今作の主人公は15歳のお年頃とはいえ、かなりロリチック。
顔を(≧д≦)←こーんなにしてわたわたする様子が愛らしいったらありません。
が、その幼い容姿とは裏腹に、しっかりした言葉遣いと何事も筋を通そうとするものの考え方は
さすがお姫様といった感じで。ゆうあかり様の代表的ヒロイン像と言えましょう。
また、攻略対象の2人も良い意味で実に実にゆうあかり様らしい殿方でして…!
特にユーリ! あのフレンドリー極まる気さくな態度&口調に反して
まるで話がかみ合わない電波っぷりはもう…ええ。
そして2人とも息を吐くように嘘をつくし(笑)
恐らくユーリの方が作者様の好き要素をより反映させたキャラだと思うのですが、
どうやら私は「作者様の好み“ではない(要素が薄い)方”」に肩入れしがちだということが
最近判ってきました(^_^)
なので、今作でも従兄のお兄様に1票ですー!
国同士を転移装置で繋げているなら主人公が里帰りするのも容易なのだから、
そこさえ寛容になってあげれば彼女は素直にお嫁に来てくれたであろうと考えると、
何だか彼が不憫になってしまいました。
 
……EDではそれを差し引いてなお余りある鬼畜の所業でしたがね!!!!
 
どう転んでも主人公は悲惨な目にしか遭わないので、その辺は十分お覚悟くださいませ…。

タイトルの意味が不明で最後まで「?」となっていたのですが、
あとがきを読んで…やられたー!となりました。そ、それは判りませんってーーー!!


ヌシアルハナ・ハルノヨ

管理人:あきばれさま
使用ツール:吉里吉里2/KAG3 / 1周プレイ時間:約15~30分
攻略人数:5人(内1名女性) / ED数:16種類
※こちらは15禁(15歳以下禁止)作品です。

※攻略対象・シナリオ等が追加されたバージョンアップ版が公開されました!(旧版データは使用不可)
 それに伴いタイトルに「ハルノヨ」が追加されたので、当記事も修正。

【あらすじ&登場人物】
血統を守るため数代ごとに「キンシンコン」を繰り返す、とある閉鎖的な一族。
そのブンケに、しかも外の人間である母から生まれた双子の姉弟・カツラとカズラは
幼い頃に両親を亡くし、ホンケにも疎まれ、それゆえ互いを唯一の拠り所として生きてきた。
やがて、成長した姉のカツラはホンケの嫡子の結婚相手に選ばれる。
両親の死の原因でもあるホンケにはどうしても遺恨が拭えないカツラだったが…。

カズラ :カツラの双子の弟。ホンケから心身ともに傷つけられ、いつしか心を病んでいった。
ツバキ :ホンケの嫡子。カツラとカズラにとっては従兄に当たる。高圧的で容赦がない。
サツキ :ツバキの妹。異質な容姿をしており、離れに軟禁されている。
チガヤ :カツラ姉弟が世話になっていた叔母一家の息子。一見物腰柔らかだが嗜虐的。
アザミ :カツラ達のはとこ。極度の女嫌いで、敬愛するツバキの妻になったカツラを憎んでいる。



【感想】
☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

ああ、このドロッとまとわりつくような いびつくらくてよどんだ空気感…たまりません!
あらすじからも察せられるとおり近親相姦など不道徳要素が多く含まれ、
決して万人向けとは言えない作品ではあります。
が、こういう雰囲気・世界観がお好きな方にはまさに垂涎ものですよ!
プレイの際は公式サイトの注意書きを必ずお読みくださいますように。
ちなみに、タイトルの「ヌシアルハナ」は多分「主ある花(=既に決まったお相手のいる女性)」の意。

主人公のカツラは長年ホンケから不遇な扱いを受けてきたせいか、
自分の将来含めあらゆる事において主体性がなく諦念的になっている少女です。
(その割に衣装が妙にセクシーでドキドキしました…///)
ヒロインが受け身過ぎるとプレイ中どうしても歯がゆい思いにとらわれがちなのですが、
このカツラに関してはあまりそういう感情は起きませんでしたね。
シナリオが淡々として読み易く、1ルートの長さもちょうど良かったからでしょうか。
また、彼女は憎しみと紙一重になっている歪んだ愛情を攻略対象らから向けられています。
(↑バージョンアップ版で追加されたチガヤ・アザミはちょっと違いましたが)
その様子は「愛されている」というより「執着されている」といった方が正しいかも。
個人的には、ツバキのカツラへの想いが(たとえ一方的でも歪んでいても)一応本物らしい、という点に
わずかな救いを感じました。でもあの所業はヒドイけど
EDは1キャラにつきベスト・ノーマル・特殊の3種類、加えて共通ノーマルEDの計16種類。
ベストと言っても当然ハッピーEDとは言いがたいものばかりですが、
どれも読み応えのある陰鬱さと外道さ(←褒め言葉)でオススメです…!!
それでも最後はなるべく心穏やかに読み終わりたいわぁという方は、サツキ攻略を後回しにすると
良いかもしれません。



■番外編『ヤミノウツツ』も公開されています。本編の数代前にキンシンコンした2人のお話。
 本編にスチルはありませんでしたが、こちらには素敵なEDイラストがあります。

3人目のレーゾンデートル

管理人:きるえさま
使用ツール:YU-RIS / 1周プレイ時間:約1時間
攻略人数:2人 / ED数:6種類
※こちらは15禁(中学生以下禁止)かつ18推(18歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
1人目の私は本当の私。祝福に満ちた私。
2人目の私は偽りの私。貴方に恋をする私。
3人目の私は……

貴族の令嬢として生まれ、何不自由なく育ったロザリア(名前変更可)の生活は
ある日、軍のクーデターにより一変する。
家は焼かれ、家族は殺され、どうにか逃げ延びた先の辺境の村でひっそり身を隠していたが、
数年後、彼女はある決意を胸に軍へと入隊する。
自分の家に攻め入り、目の前で母を殺したあの憎い仇が誰かを突き止めるために。

そう、3人目の私は愚かな私。復讐に身を投じた私。(一部制作者サイト様より引用)

ルネ :主人公が配属になった情報部の上司。軍人らしからぬ穏やかな性格。階級は大佐。
ヴェルナー :ルネの幼馴染で第1部隊所属。若くして少将になるほどのエリート軍人の家系。
イアン :第1部隊所属の軽い男。階級は中尉。寮の隣室に住む主人公を何かと構ってくる。



【感想】
★★☆☆☆ :糖度?
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

2015年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
ゆうあかり様は3月末に『常夜灯の向こう側』をレビューさせて頂いたばかりだったので
こちらは他サイト様のAF作品を遊んでからプレイを…と思っていたのですが、
「マルチバッドED」「軍服」「大人ヒロイン」とわくわくする要素が満載で!
プレイ前からとても楽しみにしておりました~♪

この作品はとにかく主人公が好きです! 主人公!!
純真ヒロインも良いですが、やはりたまにこういうダークな悪女系ヒロインを味わいたくなりますね。
枕営業】(しかも相手は攻略対象外)までして本懐を遂げようとする主人公なんて、
少なくともフリーの乙女ゲーにはなかなかいないのではないでしょうか。
しかし、上手く立ち回っているように見えて実は男性陣には全てバレバレだというところが
元・良家の子女らしい彼女の甘さと言いますか、彼らの空恐ろしさと言いますか…!!
最後の最後で心が折れてしまうEDもあり、復讐前に相手に出し抜かれるEDもあり、
一応復讐は果たしたもののやはり最後はそうなるんですね…!なEDもあり。
一番見応えがあったのはTrueEDでしたが
(このEDスチルにしかヒロインの目に光が宿っていないとはこれ如何に)、
個人的にはどっち向いても地獄絵図となるどん底SadEDも好きですーv
ちなみに、SadEDへ向かう流れで「こ、これはもしや予想外のイアンEDか?」と
一瞬期待してしまいました。
…うん、そんな訳なかった。イアンも最後までイアンでしたね(苦笑)
全く、鬼畜しかいないわこのゲーム!!(褒め言葉ですよ)

『ミゼラット』同様、こちらもコンプには周回必須の仕様となっております。
難易度的には易しめかと思われますが、すんなり出ないEDもあるかもしれません。
詰まったときは公式サイトの攻略ヒントを参考にしましょう(完全攻略も有)。
おまけの【慰安旅行】シナリオでは本編と打って変わってキャラがはっちゃけてくれているので、
是非全てのバッドEDを堪能された後にご覧頂きたいですっ。(一部文字反転)



■'18年お正月企画として『3人目のレーゾンデートル -After the end-』(R15)が公開されました!
 他、期間限定で小話パッチや短編ゲー等公開もありましたが上記以外は終了しています。


カッコウの娘

管理人:natuさま
使用ツール:ティラノビルダー / 1周プレイ時間:約15分
攻略人数:2人 / ED数:4種類
※こちらは15禁(15歳未満禁止)作品です。


【あらすじ&登場人物】
3ヶ月後、私は義理の兄さんと祝言をする。けれど、心の中には最愛の人がいた。
そんなある日、私は義兄さんから「今夜、部屋に来い」と命じられて。
家を優先して義理の兄さんと結婚するか、最愛の人とこの屋敷から逃げ出すか……。
カッコウと月をテーマにした、女性向け近親背徳短編ノベル。
(制作者サイト様より引用)

忍 :主人公の義兄。本当の兄妹として育ってきたが、ある日突然「許婚」という関係になる。
鷹也 :主人公の世話役。忍との婚約話が出るまでは将来を誓い合っていた仲だったが…。



【感想】
★★★ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

スマホでプレイしやすい縦長画面のブラウザゲーです(DL版もあり)。
私自身はPCでのプレイ(DL版&ブラウザ版)だったのでスマホでの動作状況はわからないのですが、
PC上でのブラウザプレイは全く問題なし!で非常に快適。サクサク進められました♪

舞台は家制度が色濃く残る昭和初期辺りの日本。
まず冒頭、いきなりの衝撃展開にプレイヤーの心はグッと鷲掴みにされます。
そしてそこから過去に遡り、じっくり人物の関係性を紐解いていく話運び。
とても読みやすく惹き込まれる文章で、作者様の大いなる力量を感じずにはいられません。
母や兄、世話役らに囲まれ、とある本家の娘として育ってきた主人公・千鳥。
が、ある日。自分がもらわれっ子であること、そして兄の許婚として育てられてきたことを告げられ、
運命の歯車が狂い出します。
プレイ前はかなりドロドロの愛憎劇を想像していたのですが、このようなテーマの物語にしては
意外とハッピーエンド要素も強いなぁというのが大きな印象ですね。
(ただし、完全両想いの甘々な関係ともちょっと違う)
どんな過酷な状況に置かれてもちゃんと地に足をつけて歩めば道は開ける…ということでしょうか。
もちろん、ドロドロな部分はとことんドロッドロです。
特に鷹也ルートは全く予想もしていなかった展開で…! 先にプレイした忍ルートが吹っ飛びましたよ。
主人公が鷹也と同じ想いを彼に対して持っていればもう1つ別の道が…と思わなくもありませんが、
それはそれでまた修羅道となるのでしょうね。
忍ルートはハッピーED、鷹也ルートはバッドEDが好みでした。
鬱な話も幸せな話も楽しみたい方に^^

「付録」の物語前日譚・後日譚がこれまた読み応えあって面白かったですっ。
こちらは小説ではなく作者様による解説として書かれています。
が、せっかくなのでここも物語として読んでみたかったなぁと思ったり…贅沢言ってすみません。
(追記:現在は前日譚もシナリオ形式となった完全版が公開されています)
立ち絵は素材ですが、EDでのキャラ同士の並べ方や表情はそのルートの彼らの関係をよく表していて
まるでスチルのように効果的でした!

Sheisvery...

管理人:むらさきくまねずみ さま
使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:約40分~1時間
攻略人数:3人 / ED数:5種類
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ&登場人物】
どこまでも、どんな姿になっても、あなたを探して見つけ出すよ。
あ い し て る 。

サウル :上流貴族の青年。整った容姿をしており、物腰も柔らか。主人公を丁寧に扱う。


【感想】
★★★★☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

うおぉ…! すっごい好きなタイプの殺伐乙女ゲーでした!!
ただですね、クリアした勢いに任せて作者様にご連絡したはいいものの、
「はて、これはどうやったらネタバレ無しでレビュー出来るんだろう…?」と
頭を抱える羽目になりましてσ(=∀=;)
あらすじも、登場人物も、ある程度内容が伝わるようにきちんと書きたいのに
これ以上うまく書けない! ジレンマ!!
(DL先のふりーむ!様に名前付きでスクショが出ているので、サウルだけは書かせて頂きましたが)
正直、主人公の説明すら出来ません…。クリア後ならこの意味、解って頂けるはず。
ゲーム紹介ページの概要を読んで興味が湧いて、注意書きの項目に地雷がなければ
まぁとにかくプレイしてみてくださいな!と力強くお勧めする1作ですっ。
個人的に、あとがきのサウル評にはものすごーく共感致しました。
こういうキャラいいですよね!!(握り拳)
サウル以外では「目つきの鋭いあの人」もかなりお気に入りなので、
彼とちょっとでもラブな展開があったのは幸せでした~。ただ、結末は…ね。ショウガナイネ…

周回必須のシステムとなっており、クリアまでは最低3周する必要があります。
こう書くと面倒そうに感じるかもですが、1・2周目は選択肢のない一本道で
しかもあっという間に終わるため、それほどの手間は感じません。
周を重ねるごとに登場人物の狂気っぷりが加速していく様にゾクゾクしますよ…!
艶っぽい展開もありますが、両想いかと問われると疑問符が付くので評価はやや控えめに。
そういうシーンで【女性にリード】されるヤンデレというのも非常に新鮮でしたねー。(一部文字反転)
複数攻略キャラ&EDがある作品なので、出来ればEDリストがあると嬉しかったです。

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR