リレガトゥーラ


使用ツール:LiveMaker / 1周プレイ時間:各話 約15~20分
攻略?人数:各1人 / ED数:各2種類+α
※こちらは15推(15歳以上推奨)作品です。


【あらすじ】
いつの間にか見覚えのない場所にいた貴方。
目の前には一人の男が。彼は自分を『司書』と名乗った。
『司書』は言う。
「ここは物語の館 特別なお客様である貴方の為にとっておきの『物語』をご用意しました」と
(制作者サイト様より引用)


【感想】
★★☆☆☆ :糖度
★★☆☆☆ :コミカル度
★★★★ :シリアス度

【アップデート版プレイによる追記あり】 up
2017年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。最新バージョンはver.1.4。
季節限定だったハロウィンのお話も最初から選んで読めるようになりました。

本編はオムニバス形式の短編集です。
シナリオを書かれた方がそのままご自身のキャラの立ち絵を担当しておられ、
そのため作者様の作風の個性がはっきりと出た作品群となっています。
最新作2作は『冒険者の話』(作:蜜子様)と『狐の嫁入り』(作:梅ヶ枝きな様)。
語りたいことを書くとうっかりネタバレしそうなので今回は個別の感想を控えさせて頂きますが、
両方に共通していたのは結末の意外性。そして絶妙な【後味の悪さ】!(←誉め言葉)
プレイヤーの想像を掻き立てる余韻あるラストが秀逸でした。こういうお話…好きだー!!



↓ここからはアップデート前の感想記事です。
ver.1.3までのお話(ハロウィン話除く)について書かせて頂いております。

◆『夏の幼馴染の話』
作:梅ヶ枝きな様。今より少し未来、しっかり者の主人公とオタクで少し気の弱い幼馴染のお話。
一応許婚同士の男女の物語なのですが、何やら様相が普通と違います。
デザイナーズベビー】…真面目に考えたら恐ろしい世界ですね。
このシリーズの中では恋愛色が濃い方で、積極的かつ頭の回転の早い主人公が
自己評価の低いうじうじ攻略男性をロジカルに説得、最後は無事ハッピーエンドへ…と思いきや。
選択肢によっては不穏な空気が漂い、プレイヤーは詳しい説明がなされないまま
その空気の中に置き去りにされます…! あんぐり(゜д゜)
真相を是非とも詳しく知りたいところでしたが、それは野暮というものなのかもしれません。
描かれていない部分が非常に気になる、何とも絶妙な終わり方が印象深いです。
 
◆『音楽家の話』
作:蜜子様。幽霊嫌いの主人公の前に、突然中年男性の幽霊?が現れ…!?というお話。
舞台は現代の日本で主人公も学生ですが、お相手は金髪中年紳士。
ナイスミドル!でジェントルマン!!(幽霊だけど)な攻略対象ですよー。
何か未練を残して幽霊になったらしいのに何故かその未練を思い出せない彼のために
ちょっと頑張る女の子のお話ですが、相変わらず会話のテンポが良いですね!
最初のゴーストジョークは私も主人公と同じく解ってあげられませんでしたが;;
(己の知識不足が恨めしい…)
今回も作者様らしくほのぼの明るめ、でも最後はじんわり心に沁みる物語なのですが、
こちらも選択肢によってはちょっぴり怖い展開が待ち受けています。
明るい真夏の太陽の下にいたと思ったら、いきなり夜の肝試し会場に連れ込まれた
そんな印象で思わず「ヒエッ?」と声が出てしまいました(^_^)
 
◆『醜い男と美しい妻の話』
作:梅ヶ枝きな様。悪評高い村の領主の元へ嫁いだ貧乏貴族の娘のお話。
何となく童話の『青ひげ』(大好き!)を思わせるお話でした。
『青ひげ』のヒロインは好奇心の誘惑に負けて大変な目に遭ってしまいますが、
こちらでは自分の意思(選択肢)で行動を決められます。
『青ひげ』を読むたび「何でダメって言われたのにやっちゃうんだよぉぉ」と子供心に思っていた
(もちろん、そうしないと話が進まないからでしょうが(^_^))ので、ちょっと嬉しい(笑)
どちらの行動が良かったのかは…ご自身の目でお確かめくださいませ。
陰のある使用人のバルトークがとっても好みでしたv あと、終盤の【Sな】ヒロインも!
全体的に空気が不穏で、シリアス成分高めです。
 
◆『幼い少女と不器用な青年の話』
作:蜜子様。しっかり者の小学生の少女と(一見)ヤンキー青年のお話。
現代が舞台です。とにかくヒロインの小夏ちゃん(名前変更可)が純粋で可愛くってねぇ!
口達者でおませさんなのに、生意気な感じが全然なくて。
お相手のせいちゃんも、単に子供の恋人ごっこに付き合ってあげているだけかと思いきや…
本当にイイ男でした!!
彼があの強面でキラキラパステルの映画チケットを買いに行く姿を想像すると微笑ましい^^
12歳の年の差なんて成人してしまえば気にならなくなる範囲だし、この2人に関しては将来も
ハッピーエンド以外あり得ん!と信じて疑いません。司書サン、ナニ馬鹿ナコト訊イテクルノサー
ほのぼの、時にちょっぴりしんみり…という感じの物語。




各ED後の司書さんの一言がまた良いのです。
上品で柔らかい空気の中にチラ見えする不気味さと不穏さにゾワゾワしますね…!(一部文字反転)

毒味メイドと嫌味シェフ

管理人:ナリオさま new
内容:素直になれない両片想いケンカップルのイチャラブストーリー
使用ツール:ティラノスクリプト / プレイ時間:約30分 / ED数:1種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・ユーリャ(名前変更可)は城で女王陛下の毒見役として働くメイド。
シェフのシスティとは10年来の腐れ縁だが、とある過去の因縁もあって口を開けば喧嘩ばかり。
本当はずっと彼に想いを寄せているのに…。
そんな2人を見かねた世話好きな女王は、彼らの仲を取り持つべくドッキリ大作戦を持ちかけた!
果たして、主人公はシスティの本音を引き出すことが出来るのか…!?

ユーリャ :主人公。長年女王陛下の毒見役を務めるメイド。勝気で照れ屋な美少女。
システィ :女王の料理番。主人公には事あるごとにつっかかり、嫌味ばかり言うが…。
女王 :絶大な政治手腕を持つカリスマ女帝。身内には優しく、お茶目で世話焼き。



【感想】
★★★★ :糖度
★★★★ :コミカル度
☆☆☆☆ :シリアス度

多分?2020年エイプリルフール企画作品です(DLは常時可能)。
選択肢のない一本道ノベルゲーで、美しい絵柄と春らしく華やかなUIが目を惹きます。
メニューボタンなどが食器や厨房用品でまとめられているのが可愛いっ。
(ただ、ページ送りを示すナイフ&フォークのアイコンが最初は「!!」マークに見えて(汗)
「キャラがめっちゃ叫びまくるゲームだなぁ?」なんて勘違いしておりました…(^_^;)ゞ)
最後は甘々ハッピーエンドなストーリーで、印象としてはじれったくて甘酸っぱい少女漫画ですね。
悪意あるキャラも全く出てこなくて、幸せな気分になれること間違いなし!
今だからこそこういうお話が読みたいものです。

主役が両片想いなのが冒頭からあからさまに判るので、見守るプレイヤーとしては
「ええい、早くくっつかんかい!…けど、このくっつくまでのもだもだがたまらん!!」という
嬉しいジレンマに悶えまくりでした。
そして前半でじらされた分、後半の怒涛のラブシーンの濃密さに更に悶える…!
描写がとても丁寧で、彼らの長年の想いが伝わってくるんですよね。
ところどころシスティ視点の文章が入るのですが、その部分だけちゃんと文字色が変化しているのも
読み易くて嬉しい配慮。
もう、あっという間に読み切っちゃいましたよーぅ!!
この作品はキャラの表情変化も見どころだと思うので、立ち絵が大きめなのもいいですね。
テキストにだだ漏れる(笑)口に出来ない想いと共にくるくる変わる彼らの表情を見るのは
実に実に楽しかったです。
描かれてはいませんが、とあるシーンでの女王の表情も見たかったー!
多分、プレイヤーと全く同じ表情をしていると思われます。ある意味、彼女が我々の分身(笑)

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
03 05
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR