Being -君がいた日-

管理人:ありっちょさま

 
内容:ある1つのコンセプトを元にしたビジュアルノベル集
使用ツール:NScripter / プレイ時間:各話約20分~1時間 / ED数:各1種類

※サイト「Clover」名義で公開されていましたが、現在は「mint wings」様に統合されました。


【あらすじ】
ある1つのコンセプトを元にした3つの物語―、あなたは最後に何を想いますか?

【バースディ -to you-】
今日は娘の誕生日。私は夫と共にそれを祝う。今までも、そしてこれからも。
【この世界で笑いたくて】
少年はひとりビルの屋上に立っていた。その短い生涯を終わらせるために。
そこへ不意に聞こえた誰かの声。「―やめた方がいいわよ」
【桜とさくら】
専門学校へ通うため、“この街”に引っ越してきた主人公。
街を見渡せる小高い丘には1本の桜の木。そこで彼女は大切な友人―『さくら』と出会った。
(一部制作者サイト様より引用)


【感想】
★★★★★ :想いのチカラ度
★★★ :ナミダ度
★★★★ :最後にエガオ度

3本の独立したお話が入った一般向けオムニバス作品です。
『この世界で笑いたくて』『桜とさくら』のシナリオはClover名義時に合同で活動しておられた
さっちん様のご担当。『桜と~』は他2作と比べてやや長編です。
登場人物が多いため、上での人物紹介は割愛させて頂きました。

選択肢はありません。
立ち絵もありませんが、上記サンプル画像のようなスチルが多数表示されるので
キャラクターや情景のイメージはしやすいと思います。
作者様お二方の作品に何かしら触れた事のある方は、作品内の「ある1つのコンセプト」について
「ひょっとして○○かな?」と予想つく部分もあるかも。
かくいう私もある程度予測をつけて読み始めたクチでして、
最初は【生と死】がテーマなのかなぁなんて思ってたんですよ。(一部文字反転)
でも、結果的にはちょっと違った気が…。
何と言うか、もっと深いメッセージ性を感じるんですよね。
このゲームのコンセプトが何だったのかは、サイトでもあとがきでも実は語られていません。
が、全ての物語を読み終えた後にプレイヤー個々の心に残るもの
それがこの作品を貫く概念なのではないでしょうか。
人によってきっとその受け取り方はさまざまなはずです。
私が最終的に受け止めたものについては上記★評価にて表現させて頂きました。
皆様は何を感じ取られるでしょうか?
透明感のある絵・美しい音楽と共に素敵な物語をお楽しみ下さい(^▽^)

読み応えがあるのはやはり長編の『桜とさくら』ですね。
途中まではある程度話が読めるのですが(さくらの正体など)、
主人公とさくらが心から解り合えて本当の意味で“親友”になりました、めでたしめでたし
で終わるかと思ったらそうじゃなかった!
ラストシーンはBGMともぴったり合っていて圧巻の一言です。
一方、短編2作はラストのどんでん返しにビックリ。
『バースディ』などは思わず「えっ、ウソォ?」となって最初から読み返したくなりますよ。

   Leave a Comment


Private :



   Comments


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
くださいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
最新コメント
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード