狐の依女鑄り

管理人:pineteaさま(管理代表:Bcarさま)

 
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約3~10分弱
攻略人数:2人+1柱 / ED数:6種類



【あらすじ&登場人物】
時は大正11年。
豪農・小崎家では古来より狐の氏神様に娘を捧げる『依女鑄よめいり』という儀式が行われていた。
60年ぶりの今回、ヨメに選ばれたのは市花という娘。
お狐様に目も声も奪われ、幽閉されてただ時を待つしかない市花の前に現れたのは…。

小崎影士 :主人公の2つ下の弟。身内として姉を心配しつつ、それ以上の想いも抱いている。
三田正一 :小崎家で働く下男。ヨメイリ前の主人公の世話をかいがいしく行う。
??? :「お狐様」と呼ばれる氏神。ヨメイリの儀式により、小崎家に富と豊穣を授けてきた。



【感想】
☆☆☆ :糖度
☆☆☆☆☆ :コミカル度
★★★★★ :シリアス度

GW中に開催されていた「一週間ゲーム製作大会」企画の参加作品です。
という事は…制作期間1週間てこと!?Σ(゜□゜;)
複数人で分業されているサークル様とはいえ、短いながらしっかりと作り込まれていて凄いですっ。
こちらは参加作品の中でもレトロでオカルティックな雰囲気が印象度抜群で、
真っ先にプレイさせて頂きました。

ヨメイリのためお狐様に呪いをかけられ、目と口が不自由な主人公。
日本人形のような楚々とした立ち絵が描かれていますが、基本的には無個性タイプです。
幽閉されている牢から弟の力を借りて脱出するか、彼の将来を案じて敢えて突き放すか。
美貌の学ラン弟君目当てで始めたので「彼の誘いを断るなんてとんでもない!」とばかりに
まずは迷いなく一緒に逃亡したのですが、当然のごとく結果は悲惨なバッドEDでした。
最後の選択肢、あれを目にした時のあの絶望感よ…orz
ゲームは探索&脱出ADVで、歩き回る過程では当然屋敷内の誰かと出くわす事もあります。
主人公以外のキャラはシルエットで表示されており、話しかけるまで相手が誰だか判りません。
お狐様を絶対的に信奉する当主の婆様や、自身の快楽のためには娘を犠牲にする事も厭わない
遊び人の母親に見つかったら最後なので要注意!
かと言って誰にも見つからなければいいのか…と言うと、そんな訳はなく。
重要なワードを発してくれるキャラもいるため、よく見極めて話しかけるようにしましょう。
ちなみに、MAP上でAボタンを押すと同行者(弟)と会話する事が出来ます。
糖度はほとんどないゲームですが(それどころじゃないしね)、少しでも彼と仲良くなりたい方は
是非Aボタンを押してみてください。
個人的には三田さんもオススメです! 特にED1の歪みっぷりが…(エッ)

お狐様のテレパシー(?)によって何故かヨメイリ道具を自分で探さなければならない主人公ですが、
pinetea様の他作品をプレイしているとその道具の数々には思わずニヤリとしてしまうかもです。
上白糖】とか【うさぎ】とか出て来ますとね、シリアスな中にもふふ…ってなっちゃいますね^^
(一部文字反転)

   Leave a Comment


Private :



   Comments


page navi  : 

:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
.
無料ゲームレビュー&二次創作のブログ。 
当ブログについては「はじめに」をご一読
下さいませ。

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード