リベリオン・ヒーローズ

管理人:ななづこさま
使用ツール:ティラノスクリプト / 1周プレイ時間:約1時間
攻略人数:1人 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・浅利ほのか(名前変更可)は柴犬が大好きな高校2年生。
学校では大人しい優等生と思われているが、放課後は半獣の不良(?)・桐生ヤマトと共に
“ヒーローごっこ”なる武闘の遊びゲームに明け暮れていた。

これはヒーローごっこで居場所を見つけた2人の、青春と柴犬のお話。
(一部制作サイト様より引用)

桐生ヤマト :主人公の同級生。人間と柴犬の半獣だが、犬扱いされることに反発心がある。
浅利はるお :主人公の年の離れた兄であり、保護者。実はヒーローごっこ連盟の幹部。



【感想】
★★★ :糖度
★★★ :コミカル度
★★☆☆ :シリアス度

ぱっと見は現代学園ものですが、獣人など架空生物の存在する世界が舞台です。
ただし、人外で登場するのは柴犬の半獣・ヤマトのみ。
「柴犬」は一見ただのキャラ付けのようでいて、物語において結構重要な役割を果たしていました。
私も犬の中では柴犬が一番好きなので、「柴犬!柴犬!!ε=(゜∀゜)ムッハー!!」と大興奮しながら
プレイさせて頂きましたよーっ(笑)
ヤマトの毛色…あれは濃い目の赤か、もしや稀少性の高い胡麻かな?

「ヒーローごっこ」という一風変わった設定に、最初は頭が「???」となりがちでした。
が、プレイを進めていくうちにだんだんその意義が解ってくるのです。
主役2人は世間に認識されている“自分”と自身が思う“自分”とに大きなズレを感じていて、
ある種の抵抗や虚無感を感じているキャラクターで。
そんな彼らをありのままに受け容れてくれたのが「ヒーローごっこ」の世界なんですね。
ここで特筆しておきたいのはこの作品が「彼らが自分の居場所を見つける物語」ではなく、
「彼らは居場所を既に見つけていて、そこでキラキラ輝いている姿を描いた物語」だということです。
(少なくとも私はそう感じました)
もちろん大なり小なりの事件は起こるし、彼らが葛藤し反発していた過去なども描かれています。
でも、それを笑顔で蹴散らかしていく姿がとても清々しくてですね…!
「全ての人に理解してもらう必要はない、1つでも何か大切なものを見つけたら
そこからゆっくりと世界を広げていけばいい」とでも言われているようで、
優しく背中を押してもらっている気持ちになりました。
少年少女を温かく見守ってくれている大人(兄ちゃんとか)の存在がまたいいのよ…。

そして、後半には初々しい恋愛模様もしっかりと描かれています。
うおお、あまりに可愛くって、甘酸っぱくて、きゅんきゅんするぅ~!
もっと友愛な感じを予想していたので、あのラブラブっぷりはちょっと反則的でしたよ。
特にヒロインちゃん、てっきり鈍感天然系かと思ったら何という甘え上手…!
あんな素直で可愛い彼女に抗える彼氏っているんですかね? いや、いない!!(反語)
相変わらずのふんわり愛らしい絵柄にスパイシーかつカッコいいUIデザインが妙にバランス良く、
ほのぼのだけじゃない世界観にとても似合っていました。


   Leave a Comment


Private :



   Comments



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
05 07
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR