ブラッド教授の笑わない助手

管理人:砂原みたけさま new
内容:お菓子をねだる駄々っ子教授と渋々ながらも奔走する助手の探索ADV
使用ツール:WOLF RPGエディター / 1周プレイ時間:約10分 / ED数:3種類


【あらすじ&登場人物】
主人公・イザベラ(名前変更可)は黒魔術を研究するブラッドリー教授の助手。
甘いものが食べたいという教授のため、屋敷にある材料でお菓子を作ることになったのだが…。

ブラッドリー :黒魔術研究のため主人公と共に人里離れた屋敷で暮らす、自称・天才教授。


【感想】
★★★☆☆ :糖度
★★★☆☆ :コミカル度
☆☆☆ :シリアス度

こちらの作品、「お菓子」「黒魔術」などのワードからハロウィンゲームかと思っていまして、
秋頃には既にクリア済だったりします。
が、実際プレイすると主人公の作るお菓子が全てショコラ系ということもあり、
「これ、むしろバレンタイン向きでは?」と感じるようになりまして。
この時期までレビューを温存していた作品なのでした。
(特に何かの季節イベントものと明記されている訳ではないんですけどね)

表情筋が全く機能していないヒロインと、その上司でやや自信過剰な若き天才教授のお話です。
教授の唐突な要求により、渋々ながらお菓子を用意することになった主人公。
手始めに本棚でレシピを調べてみると、レシピページには何やら不自然な折り目が…という流れ。
無表情なヒロインはもともと心の機微に疎い子なんだろうな、
教授はプライドが邪魔して素直になれないタイプで、そんな2人のすれ違い日常の1コマを描いた
物語かな―というのが当初の印象でした。
実際、どのEDも最後は微笑ましい結末で、恋愛成就とまではいかずとも
「ブラッド…頑張れ……!」と彼側を応援したくなります。スチルの照れ顔可愛いv
しかしながら、過去の2人には何となく含むものがありそうで。
そこにモヤモヤしていたら、おまけで読める“あるモノ”によって知られざる真実の断片が…!
ああ、だから黒魔術なのか。ああ、だからヒロインは無表情なのか。
ああ、だから2人きりの引きこもり生活だったのか―…と見事に伏線が回収されていきます。
本編はクスッと笑えるくらいライトでほのぼのした話なのに、隠された設定が意外と重い…!!
でも、それによりますますブラッドの健気さや一途さが伝わって、きゅんとさせられてしまいました。
そもそもの発端に関する謎は残りますが、2人の生活が今後も平和で穏やかであれと願うばかりです。

レシピを確認した後は屋敷内を探索し、お菓子の材料を集めます。
探索個所は少ないし、アイテムの場所も判り易くなっているのでさほど迷うことはありませんが、
ところどころ魔物(?)に邪魔されて取れないアイテムにはひと手間必要ですね。
「〇〇液体」だの「××粉」だの明確に何と判らない怪しい代物も見つかりますが、
一応全て食品なので安心して投入しましょう。アイテムの正体はEDを見ると判明しますよ。

   Leave a Comment


Private :



   Comments



:::: ランダム応援バナー 【一覧】 ::::

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07 09
プロフィール

ユキ


Author:ユキ
 
無料ゲームレビュー&二次創作ブログ 
当ブログについては「はじめに」を
ご一読くださいませ

最新記事
ジャンルで探す
傾向で探す
サイト名で探す
レビューリスト(あ~と)
※タイトルにオンマウスでサンプル画像表示
 *印のついた作品は公開終了しています

レビューリスト(な~ん・他)
検索フォーム
リンク
QRコード
QR